*

【遊戯王 環境】2018年4月新制限:大会環境で強いデッキテーマ18個まとめ!

公開日: : 最終更新日:2018/09/11 環境デッキ・大会優勝デッキレシピ

2018年4月新制限:大会環境で強そうな遊戯王のデッキテーマ

先日、2018年4月1日から適用される、新しい「リミットレギュレーション(禁止・制限カード)」が発表されました。

この「リミットレギュレーション」により、前環境トップの【魔術師】デッキや【セフィラ】デッキの展開を助長するカードや、【植物リンク】デッキのループ・ワンキルのキーカードが規制されました。

さて、これらのカードが規制された新制限の2018年4月環境では、どのデッキテーマが大会で活躍する環境デッキとなるのでしょうか。

 

そこでこのページでは、2018年4月以降の新制限環境の大会で活躍しそうな強いデッキを18個まとめました。

それぞれのデッキについて、簡単な強みと、環境デッキだと予想した理由を解説・考察していきます。

また、すでに大会で優勝しているデッキは、デッキレシピを紹介しています。

ぜひ、新制限のデッキ選びやデッキ構築の参考にしてください。

 

(追記)2018年7月新制限の環境デッキランキングを以下の記事にまとめました。

【遊戯王】環境デッキランキング TOP 13(2018年7月): 大会優勝デッキレシピ88個まとめ

 

◆ 「環境情報」おすすめ記事

⇒ 【遊戯王】環境上位〜中堅デッキ, 環境候補デッキ33選【2018年度版】

【遊戯王 環境】2018年4月新制限:大会優勝デッキレシピ43個まとめ!

 

\遊戯王カードはネットで簡単に売れる

【遊戯王カード買取】おすすめサイトランキング

>> オススメの遊戯王買取サイト1位は? <<

 

 

【2018年4月環境】大会で強いデッキまとめ

【2018年4月環境】大会で強そうなデッキまとめ

2018年4月以降、大会環境で活躍しそうなデッキはこの18デッキです。

それぞれのデッキの簡単な強みと、なぜ今期の環境デッキ候補なのかを簡単に解説・考察していきます。

また、すでに大会で優勝・入賞しているデッキは、デッキレシピも紹介しています。

【新制限 環境デッキ候補 一覧】

◆ 前環境デッキ

  • 【魔術師】デッキ
  • 【セフィラ】デッキ
  • 【トリックスター】デッキ
  • 【オルターガイスト】デッキ
  • 【剛鬼】デッキ
  • 【彼岸】デッキ
  • 【サブテラー】デッキ
  • 【植物リンク】デッキ
  • 【海皇水精鱗】デッキ
  • 【HERO】デッキ
  • 【ABC】デッキ
  • 【恐竜】デッキ

◆ 新勢力デッキ

  • 【閃刀姫】デッキ
  • 【インフェルノイド】デッキ
  • 【シャドール】デッキ
  • 【帝王】デッキ
  • 【真竜】デッキ
  • 【ゼンマイ】デッキ
  •  その他

▲ 目次に戻る

【魔術師】デッキ

魔術師(まじゅつし)

【魔術師】は、「ストラクチャーデッキ ペンデュラム・エボリューション」で大幅強化された、前環境トップクラスの魔法使い族ペンデュラムデッキです。

ペンデュラム召喚の展開を得意とし、《ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム》をリンク召喚することで、《アストログラフ・マジシャン》のサーチ効果を容易に発動できます。

状況に合わせてランク4エクシーズやレベル8シンクロを使い分け、高打点のモンスターが複数体並ぶ布陣が作れます。

 

前環境では、《覇王眷竜ダークヴルム》を採用した【覇王魔術師】と、「EM」Pモンスターを採用した【EM魔術師】、2つのデッキタイプが結果を残しました。

新しいリミットレギュレーションでは、キーカードである《虹彩の魔術師》《覇王眷竜ダークヴルム》が制限カードへと規制され、【魔術師】は弱体化しています。

特に【覇王魔術師】では、《虹彩の魔術師》《覇王眷竜ダークヴルム》の規制により、ペンデュラム召喚に必要なスケールの選択肢が限られることとなります。

しかし【EM魔術師】の場合、高ペンデュラムスケールの代用は可能なため、新しいリミットレギュレーションの影響は少なく、今後は【EM魔術師】デッキが活躍しそうです。

 

大会優勝デッキレシピ

 

◆【魔術師】デッキ:おすすめ記事

【2018年1月環境】『オッドアイズ覇王魔術師』デッキ: 大会優勝デッキレシピ,採用カード

【遊戯王】『EM魔術師』大会優勝デッキレシピ,採用カード

【遊戯王】『EM魔術師』デッキ:大会優勝デッキレシピ・回し方

【遊戯王】『覇王魔術師』デッキが熱い!デッキレシピ・回し方

▲ 目次に戻る

【セフィラ】デッキ

【セフィラ】

【セフィラ】は、サーチ効果とシンクロ召喚を得意とするペンデュラムテーマのデッキです。

「LINK VRAINS PACK」で登場した《ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム》《水晶機巧-ハリファイバー》と相性が良く、大会優勝が相次いでいる環境トップクラスのデッキです。

《セフィラの神意》《セフィラの神託》《秘竜星-セフィラシウゴ》のサーチ効果で安定的に動くことができ、サーチできる罠カード《セフィラの星戦》《セフィラの神撃》《竜星の九支》で相手の展開を妨害できます。

 

前環境では【魔術師】同様、《アストログラフ・マジシャン》を採用することで、能動的に破壊した「セフィラ」モンスターをサーチしていく構築も見られました。

《ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム》のリンク召喚を容易に行うため《覇王眷竜ダークヴルム》の採用も見られましたが、新しいリミットレギュレーションで《覇王眷竜ダークヴルム》が規制されます。

しかし、【セフィラ】デッキの展開としては大きな変更点はないため、規制前とはさほど変わらない構築のまま活躍すると思われます。

 

大会優勝デッキレシピ

 

◆【セフィラ】デッキ:おすすめ記事

⇒ 【2018年1月環境】『セフィラ』デッキ: 大会優勝デッキレシピ,採用カード

【遊戯王】『セフィラ』デッキ大会優勝!デッキレシピ,回し方

【遊戯王】『メタルセフィラ真竜』デッキ大会優勝!デッキレシピ・回し方

【2017年1月環境】「セフィラ」公式デッキレシピを解説!全召喚方法を操れる!?

▲ 目次に戻る

【トリックスター】デッキ

トリックスター

【トリックスター】は、アニメ遊戯王VRAINSの財前葵(ブルーエンジェル)が使用する光属性・天使族のデッキで、高いサーチ能力やバーン効果が特徴的です。

基本的なビートダウン+αを得意としており、+αに加えるカードによって、様々な構築が存在します。

前環境では、《百万喰らいのグラットン》《盆回し》の採用に加え、新しく登場した《トリックスター・キャロベイン》による展開力・打点の向上もみられました。

「閃刀姫」や「機界騎士(ジャックナイツ)」などとの組み合わせも見られ、今後も活躍が期待されるテーマです。

 

大会優勝デッキレシピ

 

◆【トリックスター】デッキ:おすすめ記事

【2018年1月環境】『トリックスター』デッキ: 大会優勝デッキレシピ,採用カード

【遊戯王】『トリックスター』日本代表(西日本選考)デッキレシピ・回し方

【遊戯王】『光天使トリックスター』大会優勝デッキレシピ・回し方

▲ 目次に戻る

【オルターガイスト】デッキ

オルターガイスト

【トリックスター】は、アニメ「遊戯王VRAINS」で別所エマ(ゴーストガール)が使用する魔法使い族のテーマデッキです。

今までは展開に少々難がありましたが、「フレイムズ・オブ・デストラクション」で登場した《オルターガイスト・マルチフェイカー》により、容易にリンク召喚までつなぐことが可能となりました。

新しいリミットレギュレーションでは規制されるどころか、《神の宣告》が準制限に緩和されたことで、セットカードがより恐ろしさを増しています。

《レッド・リブート》や《拮抗勝負》による対策をされがちですが、安定した展開力を誇っていることは確かです。

 

大会優勝デッキレシピ

 

◆【オルターガイスト】デッキ:おすすめ記事

⇒ 【2018年1月環境】『オルターガイスト』デッキ: 大会優勝デッキレシピ採用カード

⇒ 【遊戯王】『オルターガイスト』デッキ大会優勝!デッキレシピ,回し方

▲ 目次に戻る

【剛鬼】デッキ

剛鬼(ごうき)

【剛鬼(ごうき)】は、アニメ「遊戯王VRAINS」で鬼塚豪(Go鬼塚)が使用する、プロレスをモチーフとした地属性・戦士族のリンク召喚デッキです。

「剛鬼」単体でもそれなりの展開力を見せていましたが、最近では「LINK VRAINS PACK」で登場した《聖騎士の追想 イゾルデ》と「フレイムズ・オブ・デストラクション」で登場した「トロイメア」を採用した【剛鬼トロイメア】の入賞がよく見られました。

新しいリミットレギュレーションでは全くダメージを受けていないので、【植物リンク】同様、リンク召喚を多用した展開で、今後も活躍していくと予想されます。

 

大会優勝デッキレシピ

 

◆【剛鬼】デッキ:おすすめ記事

【2018年1月環境】『剛鬼トロイメア』デッキ: 大会優勝デッキレシピ,回し方

▲ 目次に戻る

【彼岸】デッキ

【彼岸】

【彼岸(ひがん)】は、墓地効果とランク3エクシーズを得意とする闇属性・悪魔族デッキです。

「彼岸」モンスターの墓地に送られると発動する共通効果がリンク召喚と相性が良く、環境前期からある程度活躍していましたが、「彼岸」リンク2モンスター《彼岸の黒天使 ケルビーニ》が登場し、「彼岸」モンスターを墓地に送りやすくなりました。

また、同じパックで登場した《水晶機巧-ハリファイバー》とも相性が良く、リンクモンスター・リンクサポートカードが増えるにつれ強化されていくテーマといえます。

対戦相手に合わせて罠を使い分けるタイプや、魔法・罠を全抜きし《雪花の光》を採用するタイプも生まれています。

新しいリミットレギュレーションでは規制を免れているため、今期でも、環境デッキ候補となるでしょう。

 

大会準優勝デッキレシピ

 

◆【彼岸】デッキ:おすすめ記事

【遊戯王】『彼岸』大会優勝デッキ:新規リンク採用デッキレシピ,回し方

【遊戯王】『彼岸サクリファイス』デッキ大会優勝!デッキレシピ,回し方

【遊戯王】『彼岸デーモン地縛神』デッキ大会優勝!デッキレシピ,回し方

【遊戯王】『彼岸(ひがん)』デッキ:回し方・デッキ構築・デッキレシピ

▲ 目次に戻る

【サブテラー】デッキ

サブテラー

【サブテラー】は、「エクストラパック2017」で登場した、リバース・上級モンスターを中心とする地属性のデッキです。

《地中界シャンバラ》から《サブテラーの導師》をサーチし、セット・リバースすることで、《サブテラーの妖魔》をサーチできます。

《サブテラーの妖魔》の広範囲な無効効果が非常に強力で、手札誘発モンスターや罠カードと合わせたパーミッション的な動きが得意です。

 

◆【サブテラー】デッキ:おすすめ記事

【2018年1月環境】『サブテラー』デッキ: 大会優勝デッキレシピ,採用カード

【遊戯王】『サブテラー』デッキ大会優勝!「真竜皇」採用のデッキレシピ

【遊戯王】『サブテラー』デッキ初日大会準優勝!デッキレシピ・回し方

【遊戯王】『サブテラー』デッキを強化する!相性の良いカード22枚まとめ!

▲ 目次に戻る

【植物リンク】デッキ

植物族

【植物リンク】は、植物族モンスターを主体とする種族デッキで、トークン生成とリンク召喚を得意としたデッキです。

《フェニキシアン・クラスター・アマリリス》と《トポロジック・ボマー・ドラゴン》を使ったループワンキルが確立されたことで、大会での使用率が格段に上がったデッキです。

ただ、新しいリミットレギュレーションで《フェニキシアン・クラスター・アマリリス》が禁止になり、《ローンファイア・ブロッサム》《捕食植物オフリス・スコーピオ》も制限になったことで、ワンキルルートは展開不可能となりました。

しかし、「植物族」自体の展開力はいまだ健在で、《ダンディライオン》や《BF-隠れ蓑のスチーム》のトークン生成を活かした展開により、リンク召喚の安定性は向上しています。

ワンキルルートが失われてもなお、展開力は衰えることはなさそうです。

 

◆【植物族】デッキ:おすすめ記事

【2018年1月環境】『植物リンク』大会優勝デッキ: デッキレシピ,回し方

【遊戯王】『植物デブリダンディ』デッキ大会優勝!デッキレシピ・回し方

▲ 目次に戻る

【海皇水精鱗】デッキ

海皇水精鱗(マーメイル)

【海皇水精鱗(かいおうマーメイル)】は、コストになると効果が発動できる「海皇」モンスターと、水属性をコストにする「水精鱗」モンスターの混合デッキです。

モンスター効果のみで展開できるため、最近では《雪花の光》を採用し、手札コストを確保しつつ展開を加速しています。

新しいリミットレギュレーションでは規制を免れているため、来期も変わらぬ強さをみせることでしょう。

ワンキル性能が高く、後攻で相手にはしたくないですね。

 

◆【海皇水精鱗】デッキ:おすすめ記事

⇒ 【遊戯王】『海皇水精鱗(マーメイル)』デッキ:大会優勝デッキレシピ,回し方

▲ 目次に戻る

【HERO】デッキ

マスクHERO

【HERO(ヒーロー)】は、「遊戯王GX」の主人公の遊城十代が使用する、融合召喚を主体とする戦士族のテーマです。

《M・HERO ダーク・ロウ》は、「相手だけマクロコスモス」効果と、サーチ効果に対してランダムハンデス効果を持っています。

環境デッキが得意とする墓地活用・サーチを妨害することができ、今期の環境候補の【オルターガイスト】【セフィラ】【彼岸】にも優位に戦うことができます。

「PREMIUM PACK 20」で登場した《X・HERO ワンダー・ドライバー》の採用で、今後リンク召喚のギミックも多用されるかもしれません。

 

◆【HERO】デッキ:おすすめ記事

⇒ 【遊戯王】『リボルバーHERO』デッキ大会優勝!デッキレシピ,回し方

【遊戯王】『マスクHERO』大会優勝デッキレシピ

【遊戯王】『マスクHERO』デッキ大会優勝!デッキレシピ・回し方

▲ 目次に戻る

【ABC】デッキ

abc

【ABC】は、「ストラクチャーデッキ-海馬瀬人-」で登場したユニオンモンスターを駆使して戦う融合召喚デッキです。

《ABC-ドラゴン・バスター》のフリーチェーン除外効果は強力で、リンク召喚をはさむことで墓地に融合素材をそろえやすくなっています。

主体となるユニオンモンスターが光属性なので、「召喚獣」と組み合わせることで《召喚獣メルカバー》の融合召喚が可能です。

制圧展開だけでなく《キャノン・ソルジャー》によるワンキル展開もみられ、今後も環境に食い込むと予想されます。

 

大会優勝デッキレシピ

 

◆【ABC】デッキ:おすすめ記事

【遊戯王】『おじゃまABC』デッキ大会優勝!デッキレシピ,回し方

【遊戯王】『ABC』デッキ大会優勝!デッキレシピ・回し方

▲ 目次に戻る

【恐竜】デッキ

恐竜族

【恐竜】は、「ストラクチャーデッキR 恐獣の鼓動」で大幅強化された、恐竜族モンスターを主体とする種族デッキです。

「竜星」と組み合わせた【恐竜竜星】が、【恐竜】デッキのシェアのほとんどを占めています。

《終末の騎士》からの《オーバーテクス・ゴアトルス》を介した《究極進化薬》サーチも強力で、容易に《究極伝導恐獣》を特殊召喚できます。

引き続き《魂喰いオヴィラプター》は制限ですが、このカード1枚から《源竜星-ボウテンコウ》がシンクロ召喚でき、いまだに絶滅することはないでしょう。

 

◆【恐竜族】デッキ:おすすめ記事

【遊戯王】『シャドール恐竜』大会優勝デッキ:デッキレシピ,回し方

【2017年10月環境】新制限でも健在!?『恐竜竜星』大会優勝デッキレシピ,展開方法

▲ 目次に戻る

【閃刀姫】デッキ

【閃刀姫(せんとうき)】デッキ

【閃刀姫(せんとうき)】は、「デッキビルドパック ダーク・セイヴァーズ」で登場した、魔法カードを駆使するリンク召喚のテーマデッキです。

登場して早々、怒涛の展開力による後攻ワンキルで、一躍環境に登り詰めました。

「召喚獣」と組み合わせた【閃刀姫召喚獣】や、「ストラクチャーデッキR-闇黒の呪縛-」で登場した《闇黒の魔王ディアボロス》を採用した【魔王閃刀姫】といったデッキタイプも活躍しています。

登場したばかりなこともあり、新しいリミットレギュレーションでは規制されず、今期は【閃刀姫】が環境トップになるのではと予想しています。

 

大会優勝デッキレシピ

 

◆【閃刀姫】デッキ:おすすめ記事

【2018年1月環境】『閃刀姫(せんとうき)』デッキ: 大会優勝デッキレシピ,採用カードを解説,考察!

【2018年1月環境】『閃刀姫(せんとうき)召喚獣』デッキ: 大会優勝デッキレシピ,採用カードを解説,考察!

【2018年1月環境】『魔王閃刀姫(せんとうき)』デッキ: 大会優勝デッキレシピ,採用カードを解説,考察

▲ 目次に戻る

【インフェルノイド】デッキ

インフェルノイド

【インフェルノイド】は、大量墓地肥やしと墓地からの大量展開を得意とする炎属性・悪魔族のテーマです。

《水晶機巧-ハリファイバー》の登場で、チューナーである《インフェルノイド・デカトロン》の墓地送り効果が活かせます。

前環境では《トーチ・ゴーレム》を採用した【トーチノイド】というデッキタイプも登場しましたが、《トーチ・ゴーレム》は制限カードになり、展開の要にするのは厳しくなりました。

そんな中、「ストラクチャーデッキR -闇黒の呪縛-」で登場した《闇黒の魔王ディアボロス》《闇黒世界-シャドウ・ディストピア-》を採用したデッキタイプが登場しました。

これらを採用した【魔王インフェルノイド】は、ここ最近大会でも結果を残してきています。

 

大会優勝デッキレシピ

 

◆【インフェルノイド】デッキ:おすすめ記事

【遊戯王】『インフェルノイド』デッキ:大会優勝デッキレシピ,回し方,構築

▲ 目次に戻る

【シャドール】デッキ

【シャドール】

【シャドール】は、デッキ融合と墓地効果を得意とする闇属性・魔法使い族のデッキです。

「LINK VRAINS PACK」にて、リンク2モンスターの《シャドール・ネフィリム》が登場しましたが、前環境では今一つ成果をあげていないのが現状です。

新しいリミットレギュレーションでは、待望の《エルシャドール・ネフィリム》が制限カードとして復帰します。

墓地に送れる属性の選択肢が増えたことで、今後の新規カード次第では化けるかもしれません。

 

◆【シャドール】デッキ:おすすめ記事

⇒ 【シャドールデッキとは?】デッキレシピ,回し方,相性の良いカードまとめて解説!

【2018年1月環境】『植物シャドール』デッキ大会優勝!デッキレシピ,リンク展開を解説,考察!

【遊戯王】『シャドール恐竜』大会優勝デッキ:デッキレシピ,回し方を解説,考察!

【遊戯王】『シャドール影霊衣』大会優勝!デッキレシピ・回し方を解説!

▲ 目次に戻る

【帝王】デッキ

【帝王(ていおう)】

【帝王】は、「ストラクチャーデッキR 真帝王降臨」で登場した、アドバンス召喚を主体とするデッキです。

一時期は環境デッキとして君臨していましたが、《汎神の帝王》が準制限カードとなった今もあまり結果を残せていないのが現状です。

しかし、新しいリミットレギュレーションで《汎神の帝王》が3枚積めるようになり、ドローとサーチが大幅に回復しました。

エクストラデッキからの特殊召喚を封じる《真帝王領域》が現環境のリンク召喚に非常に強く、環境のメタゲームに影響を与えるかもしれません。

 

◆【帝王】デッキ:おすすめ記事

⇒ 【遊戯王】『真帝王降臨』3箱合体デッキ:デッキレシピ・回し方・強化方法を解説!

⇒ 【遊戯王】『帝王(0帝)』デッキ:大会優勝デッキレシピ,回し方を解説,考察!

⇒ 【遊戯王】『真竜帝』デッキ大会優勝!デッキレシピ・回し方を解説!

⇒ 【遊戯王】『帝王』デッキ大会準優勝!デッキレシピ・回し方を解説!

▲ 目次に戻る

【真竜】デッキ

【真竜(しんりゅう)】

【真竜(しんりゅう)】は、前年に環境トップとして君臨した、アドバンス召喚のデッキです。

永続魔法・永続罠をリリースしてアドバンス召喚できる効果を持ち、相手のカードの発動をトリガーとしてサーチ効果も発動できます。

キーカードがことごとく規制され、大幅に弱体化していますが、新しいリミットレギュレーションで《真竜の継承》が準制限に緩和されます。

《真竜の継承》のドロー効果と「真竜」モンスターのサーチ効果で、リリース要因を確保しやすくなりました。

《虚無空間》や《マクロコスモス》のような相手の展開を妨害する永続罠との相性の良さから、《真竜剣皇マスターP》亡き今でも、依然として環境でも戦えるスペックを誇ると思います。

 

◆ 「真竜」おすすめ記事

【2017年10月環境】マスP禁止でも大会優勝!?新制限『真竜』デッキレシピ,回し方を解説,考察!

【遊戯王】『魔弾真竜』デッキ大会優勝!デッキレシピ・回し方を解説!

【遊戯王】『真竜帝』デッキ大会優勝!デッキレシピ・回し方を解説!

【遊戯王】『メタルセフィラ真竜』デッキ大会優勝!デッキレシピ・回し方を解説!

【遊戯王】『アンティークギア真竜』デッキ:大会優勝デッキレシピ・回し方を解説!

【遊戯王】『魔導真竜召喚獣』大会優勝デッキレシピ・回し方を解説!

▲ 目次に戻る

【ゼンマイ】デッキ

【ゼンマイ】

【ゼンマイ】は、「ジェネレーション・フォース」で登場した、エクシーズ・リンク召喚を主軸とするテーマです。

リンクモンスター《発条補修ゼンマイコン》の登場により、《キャノン・ソルジャー》を使用したワンキルルートが確立されたことで話題になっています。

現状最も行いやすい先行ワンキルな上、新しいリミットレギュレーションの影響を受けていないため、今後は使用率が上がりそうです。

 

◆ 「ゼンマイ」おすすめ記事

【2018年1月環境】『ゼンマイ先行ワンキル』デッキ: 大会優勝デッキレシピ,回し方を解説,考察!

【遊戯王】『ゼンマイ』大会優勝デッキ:デッキレシピ,回し方を解説,考察!

▲ 目次に戻る

その他

その他、大会優勝したデッキはこちらです。

 

【青眼】デッキ:大会優勝デッキレシピ

▲ 目次に戻る

【2018年1月環境】大会優勝・入賞デッキテーマ

【2018年1月環境】大会優勝・入賞デッキテーマ

2018年4月の環境デッキ候補は、2018年1月〜3月の環境デッキから予想しました。

前環境の大会で優勝・入賞したデッキテーマは、以下の表にランキング形式でまとめています。

順位 デッキテーマ 入賞数
1 魔術師 97
2 セフィラ 61
3 トリックスター 48
4 彼岸 47
4 植物リンク 47
6 オルターガイスト 32
7 ABC 18
8 恐竜族 14
9 海皇水精鱗 11
10 サブテラー 9
10 剛鬼 9
12 SPYRAL 8
12 インフェルノイド 8
14 Kozmo 6
14 BF 6
16 青眼 5
16 ヴェルズ 5
16 HERO 5

関連記事 ⇒ 【遊戯王 環境】2018年1月新制限:大会優勝/入賞デッキレシピ107個まとめ!

 

2018年4月の環境デッキはどうなる?

ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム

前環境は、【SPYRAL】デッキの大幅規制や、「LINK VRAINS PACK」で登場したリンクモンスターにより、様々なテーマが入り乱れる群雄割拠状態となっていました。

中でも【魔術師】【セフィラ】は、リンクモンスター《ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム》を主軸にした構築で、数々の大会で活躍していました。

また、リンク召喚を交えた【植物リンク】による、《フェニキシアン・クラスター・アマリリス》を使ったワンターンキルも猛威を振るいました。

2018年4月のリミットレギュレーションでは、これらのデッキが規制され弱体化しています。

 

新規テーマが環境デッキ候補

新規テーマや新規カード

環境上位デッキの規制により、今期は新規テーマや新規カードを取り入れたデッキが大会で活躍しそうです。

「デッキビルドパック ダーク・セイヴァーズ」の新規テーマの【閃刀姫(せんとうき)】、「ストラクチャーデッキR -闇黒の呪縛-」に収録された《闇黒の魔王ディアボロス》の登場により、環境が大きく変わると予想します。

実際、大会優勝したデッキを見てみると、【閃刀姫】デッキの入賞が多数報告されているようです。

 

2018年4月環境で大会優勝・入賞したデッキは、「【遊戯王 環境】2018年4月新制限:大会優勝デッキレシピ◯◯個まとめ!」という記事にまとめています。

もっと大会優勝したデッキレシピを知りたいという方は、ぜひ参考にしてください。

▲ 目次に戻る

 

まとめ

鳩鷺(はとさぎ)

いかがだったでしょうか。

新しい「リミットレギュレーション」が適用された2018年4月以降の新制限環境で、大会で活躍しそうなデッキをまとめてみました。

群雄割拠状態の前環境でしたが、【閃刀姫】と【インフェルノイド】あたりは次環境でも結果を残しそうですね。

個人的には、様々なテーマが入り乱れてくれていると嬉しかったりします。

引き続き、遊戯王の環境について記事にしていきます。

 

(追記)2018年7月新制限の環境デッキランキングを以下の記事にまとめました。

【遊戯王】環境デッキランキング TOP 13(2018年7月): 大会優勝デッキレシピ88個まとめ

 

◆ 「環境情報」おすすめ記事

⇒ 【遊戯王】環境上位〜中堅デッキ, 環境候補デッキ33選【2018年度版】

【遊戯王 環境】2018年4月新制限:大会優勝デッキレシピ43個まとめ!

 

 

▼ 人気記事ランキング・最新記事一覧 ▼

 

【遊戯王カード買取】おすすめサイトランキング

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 【遊戯王カード買取】おすすめサイトランキング TOP 4: 高額買取ショップの選び方/使い方

    遊戯王カードが “高額” & “簡単” に売れる買取サイトのおすすめランキングを作成しました。

    詳しくは【遊戯王 買取サイト】おすすめランキング TOP 3: 高額買取ショップの選び方/使い方をクリック!

    各買取サイトのおすすめポイントをまとめたものがこちらです。

    【1位】 トレトク
    トレトク
    【おすすめポイント】
    ◯:遊戯王カード専門買取サイト
    ◯:買取実績圧倒的(累計160万件)
    ◯:高額買取保証
    ◯:ノーマル・レアの仕分けが不要
    ◯:買取価格20%アップ!(9月30日まで)
    ◯:多くのブログでオススメされるNo.1買取サイト

    【2位】Next One(ネクストワン)
    ネクストワン
    【おすすめポイント】
    ◯:遊戯王カード専門買取サイト
    ◯:買取実績(累計4万件)
    ×:レアカードの仕分けが必要
    ×:Webサイトがかなり使いにくい
    【3位】なんでもんホビー
    買取サイト なんでもんホビー
    【おすすめポイント】
    ◯:ホビー専門買取サイト
    ◯:買取作業簡単
    ◯:フィギュア・アニメグッズも買取可能
    ×:遊戯王カード専門買取サイトではない
  • 遊戯王環境デッキランキング

    遊戯王環境デッキ

    遊戯王デッキ集

    遊戯王最新パック/ストラクチャーデッキ

    遊戯王高騰カードと相場

    遊戯王カードを高く売る方法

  • 「テーマ名」「デッキ名」「パック名」などでブログ内を検索できます。例)「閃刀姫」「EM魔術師」「コレクターズパック2018」

  • 「きりぶろ!(切り込み隊長の遊戯王ブログ)」は、遊戯王OCG/TCGの最新情報・環境デッキ・高騰カード・買取価格をまとめたブログです。

    最新パック・ストラクチャーデッキの収録カードリスト・新規カードも速報的に更新しています。

    また、最新デッキテーマのデッキレシピ・回し方・相性の良いカードなども考察しています。

    遊戯王ブログとしては異例の月間250万PVを達成!

    LINEで遊戯王の最新情報もお知らせしています。

    >> 切り込み隊長って誰? <<

    >> きりぶろLINEって何? <<

  • \遊戯王カードを高く売る方法まとめました

    「売るなら」遊戯王カードを高く売る方法

    \遊戯王カードはネットで簡単に売れる

    【遊戯王カード買取】おすすめサイトランキング