*

【遊戯王】「EM魔術師」デッキ: 大会優勝デッキレシピの回し方,採用カードを解説,考察!

公開日: : 最終更新日:2018/09/19 環境デッキ・大会優勝デッキレシピ , ,

『EM魔術師』大会優勝デッキレシピ,採用カード

【EM魔術師】デッキは、ペンデュラムを活用する魔法使い族テーマ「魔術師」に「EM(エンタメイト)」を出張させたデッキです。

「EM」「魔術師」は、遊戯王ARC-Vの主人公「榊遊矢」が使用したことでも有名で、環境デッキとして大会でも活躍していました。

ただ、キーカードの徹底的な規制、相性の悪い新マスタールールが登場により、環境から退いていました。

このページでは、先日ある大会で優勝した【EM魔術師】デッキの大会優勝デッキレシピや採用カードについて解説・考察していきます。

【EM魔術師】デッキに採用されているカードのシナジー、注目するところをあげていきます。

ぜひ、【EM魔術師】デッキのデッキ構築の参考にしてください。

 

\遊戯王の最新情報を無料でお届け/

きりぶろLINE 遊戯王の最新情報 高騰情報をお届け

>> きりぶろLINEって何? <<

 

【EM魔術師】大会優勝デッキレシピ①

大会優勝した【EM魔術師】のデッキレシピはこちらです。

【EM魔術師】大会優勝デッキレシピ

【メインデッキ】(40枚)

◆ モンスター(34枚)

  • 3《調弦の魔術師》
  • 2《EMペンデュラム・マジシャン》
  • 3《虹彩の魔術師》
  • 3《紫毒の魔術師》
  • 1《黒牙の魔術師》
  • 1《アストログラフ・マジシャン》
  • 3《慧眼の魔術師》
  • 1《EMドクロバット・ジョーカー》
  • 3《EMセカンドンキー》
  • 3《EMダグ・ダガーマン》
  • 1《EMラディッシュ・ホース》
  • 1《EMギタートル》
  • 1《竜剣士ラスターP》
  • 2《エキセントリック・デーモン》
  • 3《灰流うらら》
  • 3《増殖するG》

◆ 魔法(4枚)

  • 3《デュエリスト・アドベント》
  • 1《星霜のペンデュラムグラフ》

◆ 罠(2枚)

  • 2《時空のペンデュラムグラフ》

【エクストラデッキ】(15枚)

  • 1《デコード・トーカー》
  • 1《ミセス・レディエント》
  • 1《No.39 希望皇ホープ》
  • 1《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》
  • 2《No.41 泥睡魔獣バグースカ》
  • 1《覇王眷竜ダーク・リベリオン》
  • 1《星刻の魔術師》
  • 1《竜巻竜》
  • 2《深淵に潜む者》
  • 1《覇王眷竜クリアウィング》
  • 1《PSYフレームロード・Ω》
  • 1《爆竜剣士イグニスターP》
  • 1《覇王眷竜スターヴ・ヴェノム》

【サイドデッキ】

  • (不明)

遊戯王公認大会(2017年7月制限) CREATIVE STYLE

 

【EM魔術師】大会優勝デッキ①解説

EM魔術師

それでは、大会優勝した【EM魔術師】デッキを解説していきます。

「EM」は元々3年前に登場したテーマで、ペンデュラム初期のテーマとも言えます。

アニメ遊 戯 王ARC-Vの主人公が使用するテーマなため、ストラクチャーデッキや新規カードが大量に作られ、2015年には《EMモンキーボード》《Emヒグルミ》を中心とした【EMEm】という凶悪な環境トップデッキが開発されました。

その後、《EMモンキーボード》《Emヒグルミ》は共に禁止カードとなり、新マスタールールとの相性の悪さも合間って【EMEm】は消滅しました。

現在は、同じくペンデュラムテーマの「魔術師」と組み合わされ、大会でも活躍しています。

 

優秀な「魔術師」Pモンスター

虹彩の魔術師

《虹彩の魔術師》は、ペンデュラム効果を使用し自壊した後もモンスター効果を発動する事ができ、アドバンテージを効率よく稼ぐ事が出来ます。

自壊した後はペンデュラム召喚をする事により損失をカバーする事ができ、エクシーズ召喚に繋げられるなど多様な動きに繋がります。

 

慧眼の魔術師

《慧眼の魔術師》はとても強力なサーチカードとして働きます。

《灰流うらら》などに妨害されない点はとても評価できるでしょう。

 

優秀な永続魔法と永続罠

「魔術師」には、《星霜のペンデュラムグラフ》《時空のペンデュラムグラフ》という優秀なサポートカードが存在します。

 

星霜のペンデュラムグラフ

《星霜のペンデュラムグラフ》
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、自分フィールドの魔法使い族モンスターを相手は魔法カードの効果の対象にできない。
(2):表側表示の「魔術師」Pモンスターカードが自分のモンスターゾーン・Pゾーンから離れた場合に発動する。デッキから「魔術師」Pモンスター1体を手札に加える。

《星霜のペンデュラムグラフ》は、主にサーチをする役目の永続魔法です。

「魔術師」モンスターが離れた場合なので除外などにも対応している点などが評価できます。

 

時空のペンデュラムグラフ

《時空のペンデュラムグラフ》
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、自分フィールドの魔法使い族モンスターを相手は罠カードの効果の対象にできない。
(2):自分のモンスターゾーン・Pゾーンの「魔術師」Pモンスターカード1枚と相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。この効果でカードを2枚破壊できなかった場合、フィールドのカード1枚を選んで墓地へ送る事ができる。

《時空のペンデュラムグラフ》は、《星刻の魔術師》との相性は抜群で、同時に2枚のカードを除去する事が可能です。

サーチと除去をこなす、非常に優秀なサポートカードです。

 

「EM」との組み合わせ

「魔術師」と「EM」

「魔術師」は、同じキャラクターが使用していることもあり「EM」と親和性が高いです。

例えば、《EMドクロバット・ジョーカー》は「魔術師」カードもサーチする事が出来ます。

また、《EMペンデュラム・マジシャン》の破壊効果は、「魔術師」モンスターの効果発動トリガーとして使うことも出来ます。

このように親和性が高く、【EM魔術師】はかなり強力なデッキになっています。

 

エクストラの組み合わせ

調弦の魔術師

《調弦の魔術師》の登場により、様々なシンクロモンスターを展開する事が出来ます。

《覇王眷竜クリアウィング》《PSYフレームロード・Ω》《爆竜剣士イグニスターP》などの強力なレベル7,8のシンクロモンスターを展開でき、盤面が制圧出来ます。

エクストラデッキのエクシーズモンスターとしては、強力な効果を持つ《覇王眷竜ダーク・リベリオン》が採用出来ます。

\遊戯王の最新情報を無料でお届け/

きりぶろLINE 遊戯王の最新情報 高騰情報をお届け

>> きりぶろLINEって何? <<

【EM魔術師】大会優勝デッキレシピ②

新制限適用の大会で優勝した【EM魔術師】のデッキレシピはこちらです。

「EM魔術師」大会優勝デッキレシピ メインデッキ

「EM魔術師」大会優勝デッキレシピ サイドデッキ

【メインデッキ】(43枚)

◆ モンスター(33枚)

  • 1《EMドクロバット・ジョーカー》
  • 2《EMペンデュラム・マジシャン》
  • 1《EMオッドアイズ・ディゾルヴァー》
  • 1《EMダグ・ダガーマン》
  • 2《EMリザードロー》
  • 1《EMギタートル》
  • 2《EMセカンドンキー》
  • 3《紫毒の魔術師》
  • 3《調弦の魔術師》
  • 3《虹彩の魔術師》
  • 1《賤竜の魔術師》
  • 3《慧眼の魔術師》
  • 2《黒牙の魔術師》
  • 2《アストログラフ・マジシャン》
  • 3《灰流うらら》
  • 3《増殖するG》

◆ 魔法(9枚)

  • 2《デュエリスト・アドベント》
  • 2《月の書》
  • 2《コズミック・サイクロン》
  • 1《星霜のペンデュラムグラフ》
  • 1《ペンデュラム・コール》
  • 1《強欲で貪欲な壺》

◆ 罠(1枚)

  • 1《時空のペンデュラムグラフ》

【サイドデッキ】(15枚)

  • 2《スカル・マイスター》
  • 2《アーティファクト-ロンギヌス》
  • 2《幽鬼うさぎ》
  • 2《粘糸壊獣クモグス》
  • 1《コズミック・サイクロン》
  • 1《ハーピィの羽根帚》
  • 1《聖なるバリア-ミラーフォース-》
  • 1《神の警告》
  • 1《虚無空間》
  • 2《異次元グランド》

【エクストラデッキ】(15枚)

  • 1 《オッドアイズ・ボルテックス・ドラゴン》
  • 1《EMガトリングール》
  • 1《覇王眷竜スターヴ・ヴェノム》
  • 1《デコード・トーカー》
  • 1《ミセス・レディエント》
  • 2《星刻の魔術師》
  • 1《No.41 泥睡魔獣バグースカ》
  • 1《深淵に潜む者1キングレムリン》
  • 1《No.39 希望皇ホープ》
  • 1《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》
  • 1《爆竜剣士イグニスターP》
  • 1《PSYフレームロード・Ω》
  • 1《魔王龍 ベエルゼ》

※ドラマ下北沢PART9店 06月21日 非公認大会 個人戦(32名)

大会の形式上、全勝者が2名いますが、今回はそのうちの1人が使用したデッキを優勝デッキとして紹介させていただきました。

 

【EM魔術師】大会優勝デッキ②を解説

EM魔術師

さっそく、この【EM魔術師】デッキの解説をしていきます。

デッキタイプとしては「EM(エンタメイト)」と「魔術師」を混合させており、言うなれば『遊☆戯☆王ARC-V(アークファイブ)』の主人公”榊 遊矢”デッキそのもののコンセプトです。

登場した当初の「EM」「魔術師」は、ペンデュラム召喚が最盛期でサポートカードも充実し、さまざまなペンデュラムテーマと組み合わせることで採用率も上がり、一世を風靡していました。

最近ではキーカードの規制や新ルールに移行したことによるペンデュラム召喚自体の弱体化により、使用者も減っていきました。

そんな【EM魔術師】ですが新制限にて見事結果を残しました。

それでは、【EM魔術師】デッキをどのように回していくのか、詳しく見ていきましょう。

 

ペンデュラムゾーンで破壊(自壊)する

慧眼の魔術師

このデッキの要は何といってもペンデュラム召喚。

しかし普通に行うと手札の消費が激しいのが欠点ですが、それをカバーするのが「魔術師」の自壊時の効果です。

制限解除されました《慧眼の魔術師》は、もう片方のペンデュラムゾーンに「魔術師」カードまたは「EM」カードがある時、自身を破壊してデッキの「魔術師」Pモンスターをペンデュラムゾーンに置くことができます。

これだけでも《慧眼の魔術師》をエクストラデッキから特殊召喚できる状態になるので、1枚のアドバンテージを稼げます。

しかもターン1制限はありません。そりゃ以前は規制もかかりますよ。

 

調弦の魔術師

また、手札に《調弦の魔術師》があればシンクロ召喚につなげることもできます。

このデッキでは《爆竜剣士イグニスターP》《PSYフレームロード・Ω》《魔王龍 ベエルゼ》とシンクロモンスターはレベル8のみ。

「魔術師」が基本レベル4なので比較的出しやすいのも採用の理由でしょう。もちろんランク4につないでいくこともアリです。

《慧眼の魔術師》からのサーチ候補としては《賤竜の魔術師》《紫毒の魔術師》《虹彩の魔術師》《黒牙の魔術師》が挙げられます。

それぞれのペンデュラム効果は以下のようになっており、どんどんアドバンテージを稼いでいくことができます。

  • 《賤竜の魔術師》
    →もう片方の自分のペンデュラムゾーンに「魔術師」カードが存在する場合、エクストラデッキの表側表示の同名カード以外の「魔術師」Pモンスターまたは「オッドアイズ」Pモンスター1体を手札に加える。
  • 《紫毒の魔術師》
    →魔法使い族・闇属性モンスターの攻撃力をダメージステップ終了時まで1200アップ。その後、破壊。+破壊されたらフィールドのカードを破壊。
  • 《虹彩の魔術師》
    →魔法使い族・闇属性の戦闘ダメージを倍にする。その後、破壊。+破壊されたら「ペンデュラムグラフ」カード1枚をサーチ。
  • 《黒牙の魔術師》
    →相手モンスターの攻撃力を半分にする。その後、破壊。+破壊されたら魔法使い族・闇属性モンスターを蘇生。

 

アストログラフ・マジシャン

なお、破壊なので《アストログラフ・マジシャン》の特殊召喚のトリガーとなり、破壊されたモンスターの同名カードをサーチすることで手札消費を軽減することが可能です。

エクストラデッキにペンデュラムモンスターが溜まって複数体出せなくなっても、リンク召喚でエクストラゾーンを拡張することで、同時に召喚が可能になります。

 

「EM」でサーチ、ドローソースの確保

ペンデュラムテーマ

一方、「EM」はどのように回るかというと、サーチとドローで手札を増やしていきます。

準制限になった《EMペンデュラム・マジシャン》は特殊召喚に成功した場合に自分フィールドのカードを2枚まで破壊して、同じ枚数の「EM」モンスターをサーチすることができるので、

ペンデュラム召喚→自身破壊→《EMドクロバット・ジョーカー》サーチとすれば更なるサーチへとつながります。

《EMリザードロー》《EMギタートル》がペンデュラムゾーンにそろえば最大で2枚のドローも行えます。

流石、主人公コンセプト。強すぎます。

 

《魔王龍 ベエルゼ》の採用

魔王龍 ベエルゼ

上記でも述べていますがレベルの関係上、レベル8シンクロモンスターが出しやすいです。

こちらも制限解除された《爆竜剣士イグニスターP》だったり、《PSYフレームロード・Ω》のような優秀なモンスターも容易に特殊召喚できるというわけです。

ここで注目したいのは《魔王龍 ベエルゼ》。最近採用率が上がっています。

戦闘・効果での破壊耐性を持っているため、《真竜剣皇マスターP》で除去される心配がありません。

元々の攻撃力も3000とかなりの高数値ですが、自身の効果で受けたダメージ分攻撃力をさらに上げることができるので、《ドラゴニックD》で上回れた場合でも2回目の攻撃で仕留めることができます。

 

 

\遊戯王の最新情報を無料でお届け/

きりぶろLINE 遊戯王の最新情報 高騰情報をお届け

>> きりぶろLINEって何? <<

 

まとめ

くずもち

いかがだったでしょうか。

大会優勝した【EM魔術師】デッキのデッキレシピ・採用カードについて解説・考察しました。

「魔術師」というテーマは2014年から始まり、様々な変化を続けて行きました。

「オッドアイズ魔術師」や《霞の谷の巨神鳥》など様々なカードが採用され、「魔術師」型デッキなど様々なデッキタイプが登場しました。

そして、今後も進化を続ける「魔術師」がどんな変化を起こすのか楽しみです。

引き続き、遊戯王の大会優勝デッキレシピを解説していきます。

それでは、またお会いしましょう。

 

◆ 「環境デッキ・大会優勝デッキレシピ」おすすめ記事

【遊戯王 2018年10月環境】最強デッキランキング: 大会優勝デッキレシピ56個まとめ

【遊戯王 環境デッキ】環境上位〜中堅デッキまとめ【2018年度版】

【遊戯王 デッキ集】どんなデッキが作りたい?170テーマの特徴まとめ!

「環境デッキ・大会優勝デッキレシピ」記事一覧

 

◆ 今回の記事は「くずもち」さんが書きました。ブログライター(記事投稿者)はこちらで募集しています。

【Webライター募集】当ブログの記事を書いてくれる方を募集します。

 

▼ 人気記事ランキング・最新記事一覧 ▼

 

【遊戯王カード買取】おすすめサイトランキング

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 「テーマ名」「デッキ名」「パック名」などでブログ内を検索できます。例)「閃刀姫」「EM魔術師」「サベージ・ストライク」

  • きりぶろLINE

    \ おかげさまで友だち3,500人突破!! 

    きりぶろLINE

    10秒で参加、いつでも解除できます

    ◆ きりぶろLINEの3つのメリット

    ・①:遊戯王の最新情報高騰情報をお届け
    ・②:LINE限定記事×2を特別公開
    ・③:登録無料、簡単に解除できます

    ◆ きりぶろLINEの限定記事×2

    ・最新情報を集める5つ+αの方法
    ・高騰カードを見つける3つの方法

    * 参加者数が集まり次第、LINE募集を停止する可能性があります。ご了承ください。

     

    きりぶろLINEの詳細はこちら

    ⇒ 【きりぶろLINE3,500人突破!!】遊戯王の最新情報,高騰カードや限定記事をLINEにお届け!

  • 【遊戯王カード買取】おすすめサイトランキング TOP 4: 高額買取ショップの選び方/使い方

    遊戯王カードが “高額” & “簡単” に売れる買取サイトのおすすめランキングを作成しました。

    詳しくは【遊戯王 買取サイト】おすすめランキング TOP 3: 高額買取ショップの選び方/使い方をクリック!

    各買取サイトのおすすめポイントをまとめたものがこちらです。

    【1位】 トレトク
    トレトク
    【おすすめポイント】
    ◯:遊戯王カード専門買取サイト
    ◯:買取実績圧倒的(累計160万件)
    ◯:ノーマル・レアの仕分けが不要
    ◯:買取価格20%アップ!(11月30日まで)
    ◯:多くのブログでオススメされるNo.1買取サイト

    【2位】Next One(ネクストワン)
    ネクストワン
    【おすすめポイント】
    ◯:遊戯王カード専門買取サイト
    ◯:買取実績(累計4万件)
    ×:レアカードの仕分けが必要
    ×:Webサイトがかなり使いにくい
    【3位】なんでもんホビー
    買取サイト なんでもんホビー
    【おすすめポイント】
    ◯:ホビー専門買取サイト
    ◯:買取作業簡単
    ◯:フィギュア・アニメグッズも買取可能
    ×:遊戯王カード専門買取サイトではない
  • 遊戯王環境デッキランキング

    遊戯王環境デッキ

    遊戯王デッキ集

    遊戯王最新パック/ストラクチャーデッキ

    遊戯王高騰カードと相場

    遊戯王カードを高く売る方法

  • 遊戯王の最新情報・環境デッキ・高騰カード・買取価格の速報まとめブログ

    「きりぶろ!(切り込み隊長の遊戯王ブログ)」は、遊戯王OCG/TCGの最新情報・環境デッキ・高騰カード・買取価格をまとめたブログです。

    最新パック・ストラクチャーデッキの収録カードリスト・新規カードも速報的に更新しています。

    また、最新デッキテーマのデッキレシピ・回し方・相性の良いカードなども考察しています。

    ブログの更新情報をLINEで配信しています。

    >> きりぶろLINEって何? <<

  • \遊戯王カードを高く売る方法まとめました

    「売るなら」遊戯王カードを高く売る方法

    \遊戯王カードはネットで簡単に売れる

    【遊戯王カード買取】おすすめサイトランキング