*

【遊戯王】「メタルセフィラ」デッキ: 大会優勝デッキレシピの回し方,採用カードを解説,考察!

【メタルセフィラ デッキ】大会優勝デッキレシピ,回し方,採用カード考察

【メタルセフィラ】デッキは、従来の【セフィラ】デッキに「メタルフォーゼ」のギミックを投入した、融合・シンクロ・ペンデュラム・リンクの4つの召喚法を操るハイブリットデッキです。

昨年度から頻繁に大会で見かけるようになった【セフィラ】デッキが、現環境でも「メタルフォーゼ」の力を借り、環境で活躍しているようです。

このページでは、WCSブロック代表に輝いた【メタルセフィラ】デッキのデッキレシピ・採用カードを紹介し、動かし方・回し方について解説・考察していきます。

大会優勝した【メタルセフィラ】デッキがどのような構築なのか、ぜひ参考にしてください。

 

◆ 「環境デッキ・大会優勝デッキレシピ」おすすめ記事

【遊戯王】環境デッキランキング TOP 8(2018年7月): 大会優勝デッキレシピ62個まとめ

【遊戯王 環境デッキ】環境上位〜中堅デッキまとめ【2018年度版】

【遊戯王 デッキ集】どんなデッキが作りたい?170テーマの特徴まとめ!

「環境デッキ・大会優勝デッキレシピ」記事一覧

 

\遊戯王の最新情報を無料でお届け/

きりぶろLINE 遊戯王の最新情報 高騰情報をお届け

>> きりぶろLINEって何? <<

 

【メタルセフィラ】大会優勝デッキレシピ

大会優勝した【メタルセフィラ】デッキのデッキレシピはこちらです。

【メタルセフィラ】大会優勝デッキレシピ メインデッキ

【メタルセフィラ】大会優勝デッキレシピ エクストラデッキ

【メタルセフィラ】大会優勝デッキレシピ サイドデッキ

【メインデッキ】(46枚)

◆ モンスター(33枚)

  • 《メタルフォーゼ・シルバード》3
  • 《メタルフォーゼ・ゴルドライバー》3
  • 《アストログラフ・マジシャン》3
  • 《智天の神星龍》3
  • 《秘竜星―セフィラシウゴ》2
  • 《宝竜星ーセフィラフウシ》1
  • 《英霊獣使いーセフィラムピリカ》1
  • 《影霊獣使いーセフィラウェンディ》1
  • 《炎獣の影霊衣―セフィラエグザ》1
  • 《星読みの魔術師》1
  • 《レスキューラビット》2
  • 《幻獣機オライオン》2
  • 《エフェクト・ヴェーラー》1
  • 《PSYフレームギア・γ》3
  • 《PSYフレーム・ドライバー》1
  • 《灰流うらら》2
  • 《増殖するG》3

◆ 魔法(11枚)

  • 《セフィラの神託》3
  • 《セフィラの神意》3
  • 《苦渋の決断》2
  • 《墓穴の指名者》2
  • 《錬装融合》1

◆ 罠(2枚)

  • 《セフィラの神撃》
  • 《竜星の九支》

【エクストラデッキ】(15枚)

  • 《メタルフォーゼ・ミスリエル》2
  • 《フォーミュラ・シンクロン》1
  • 《TG ワンダーマジシャン》1
  • 《源竜星―ボウテンコウ》1
  • 《メタファイズ・ホルス・ドラゴン》1
  • 《邪竜星―ガイザー》1
  • 《輝竜星―ショウフク》1
  • 《PSYフレームロード・Ω》1
  • 《ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム》2
  • 《水晶機巧―ハリファイバー》2
  • 《サモン・ソーサレス》1
  • 《ヴァレルソード・ドラゴン》1

【サイドデッキ】(15枚)

  • 《浮幽さくら》2
  • 《幽鬼うさぎ》1
  • 《墓穴の指名者》1
  • 《ハーピィの羽箒》1
  • 《ツインツイスター》3
  • 《拮抗勝負》3
  • 《神の宣告》2
  • 《神の警告》1
  • 《神の通告》1

 

【メタルセフィラ】大会優勝デッキ解説・考察

【メタルセフィラ】大会優勝デッキ解説・考察

それでは、大会優勝した【メタルセフィラ】デッキを解説・考察していきます。

やはり【メタルセフィラ】デッキの特徴といえば、「メタルフォーゼ」ペンデュラムモンスターと、《錬装融合》が採用されている点でしょう。

これらのカードを使うことで、【セフィラ】デッキがどのように変化したのか、デッキの注目カードとともに見ていきましょう。

 

ちなみに、前環境(2018年1〜3月)の【セフィラ】デッキについては、【2018年1月環境】『セフィラ』デッキ: 大会優勝デッキレシピ,採用カード考察!という記事で解説しています。

純構築の【セフィラ】デッキについて知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

 

採用されている注目カード

「メタルフォーゼ」Pモンスター

「メタルフォーゼ」Pモンスター

大会優勝した【メタルセフィラ】デッキでは、《メタルフォーゼ・ゴルドライバー》と《メタルフォーゼ・シルバード》の2種類のスケール1のペンデュラム・通常モンスターが採用されています。

スケール1の「メタルフォーゼ」Pモンスターは、スケール7になることが多い《智天の神星龍》とペンデュラム召喚につなげやすく、「メタルフォーゼ」の共通P効果は、使い終わった《セフィラの神託》を対象に取ることで無駄なく活用できます。

さらに、通常モンスターであることを利用した《苦渋の決断》や《レスキューラビット》等、サポートカードも豊富です。

このように「メタルフォーゼ」Pモンスターは、【セフィラ】デッキの安定感を壊すことなく投入でき、「セフィラ」カードとの相性が抜群です。

 

ちなみに、「メタルフォーゼ」を採用した【メタルマジェスペクター】デッキについて、【遊戯王】『メタルマジェスぺクター』デッキ: 大会優勝デッキレシピ,回し方を解説,考察!という記事で解説しています。

「メタルフォーゼ」についてもっと知りたいという方は、ぜひ参考にしてください。

 

《メタルフォーゼ・ミスリエル》

メタルフォーゼ・ミスリエル

エクストラデッキに投入されている《メタルフォーゼ・ミスリエル》は、使いやすいバウンス能力を持っていますが、このカードの真骨頂は(2)の「フィールドから墓地に送られた場合に、「メタルフォーゼ」Pモンスターを特殊召喚する」効果です。

《メタルフォーゼ・ミスリエル》を素材にリンク・シンクロ召喚をすれば、(2)の効果によって、次なる召喚のための素材の確保が可能になります。

例えば、リンク2の《メタルフォーゼ・エレクトラム》と合わせて《サモン・ソーサレス》の素材にし、《サモン・ソーサレス》のリンク先に「メタルフォーゼ」Pモンスターを蘇生。《サモン・ソーサレス》の効果でサイキック族の「PSYフレーム」モンスターや、《英霊獣使い-セフィラムピリカ》などを特殊召喚するコンボは非常に強力です。

さらに、融合召喚自体が《セフィラの神託》とのシナジーにもなっており、《メタルフォーゼ・ミスリエル》は除去も展開もこなせるデッキの要となるカードです。

 

《サモン・ソーサレス》

サモン・ソーサレス

《サモン・ソーサレス》は、同じ種族のモンスター2体以上でリンク召喚できるリンク3モンスターです。

本来「セフィラ」モンスターの種族はバラバラでしたが、サイキック族の「メタルフォーゼ」モンスターや《英霊獣使い-セフィラムピリカ》《影霊獣使い-セフィラウェンディ》によって、「《ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム》+サイキック族」で《サモン・ソーサレス》のリンク召喚が安定するようになっています。

さらに、《サモン・ソーサレス》は《水晶機巧―ハリファイバー》+《幻獣機オライオン》でもリンク召喚できるため、想像以上にリンク召喚しやすいです。

状況に応じて、《源竜星―ボウテンコウ》のシンクロ素材をそろえたり、モンスターを並べてワンショットキルを狙ったりと、【メタルセフィラ】の展開を大いにサポートしてくれます。

 

《アストログラフ・マジシャン》

アストログラフ・マジシャン

【EM魔術師】デッキでおなじみ、サーチと展開を同時にこなすパワーカード、《アストログラフマジシャン》。

「メタルフォーゼ」のカード破壊ギミックとの非常に相性が良く、《アストログラフマジシャン》の能力を最大限に活用できるのは、【メタルセフィラ】デッキの強みのひとつと言えるでしょう。

《メタルフォーゼ・エレクトラム》から回収し、即座に効果を発動するコンボも健在で、高い打点を生かした攻撃要員としての活躍も期待できます。

 

《炎獣の影霊衣―セフィラエグザ》

炎獣の影霊衣―セフィラエグザ

《炎獣の影霊衣―セフィラエグザ》は、自分フィールド・Pゾーンの「セフィラ」カードが効果で破壊された時、手札・墓地から特殊召喚できるPモンスターです。

従来の【セフィラ】デッキでは採用が珍しかった《炎獣の影霊衣―セフィラエグザ》も、《アストログラフ・マジシャン》と同様に「メタルフォーゼ」の破壊効果をトリガーとして効果が発動できます。

《炎獣の影霊衣―セフィラエグザ》の場合、墓地でも効果が使えるので、《メタルフォーゼ・ミスリエル》の融合素材に使って積極的に墓地に送りましょう。

また、「セフィラ」Pモンスターの採用を最小限に抑えているこの【メタルセフィラ】デッキでは、貴重なペンデュラムスケールとしても機能します。

 

《ヴァレルソード・ドラゴン》

ヴァレルソードドラゴン

【メタルセフィラ】デッキの展開力であれば、大型リンクモンスター《ヴァレルソード・ドラゴン》もリンク召喚は難しくありません。

【メタルセフィラ】デッキは、どちらかといえば守備に重点を置いたデッキですが、《ヴァレルソード・ドラゴン》のリンク召喚に成功すれば、相手ライフを一気に奪い去ることができます。

同じくアタッカーとして優秀な《HSRーチャンバライダー》と比べると、召喚難度はやや高いですが、攻撃性能では《ヴァレルソード・ドラゴン》が勝ります。

リンクマーカーの位置がペンデュラム召喚と相性が良いことも考慮して、採用されているのでしょう。

 

デッキの回し方・プレイング

次は、【メタルセフィラ】デッキの回し方・プレイングを先行・後攻に分けて簡単に紹介します。

 

先攻

【メタルセフィラ】デッキ 先行

先攻では、《智天の神星龍》《サモン・ソーサレス》《水晶機巧―ハリファイバー》の効果で使いつつ、《秘竜星―セフィラシウゴ》のP召喚と《源竜星―ボウテンコウ》のS召喚を目指し、「竜星」モンスターの効果で強力なカウンター罠を用意して、相手ターンに備えます。

余裕があれば《メタルフォーゼ・エレクトラム》や《錬装融合》の効果で手札を整え、さらに強力な布陣を築きましょう。

 

後攻

【メタルセフィラ】デッキ 後攻

後攻では、ペンデュラム召喚からの《輝竜星―ショウフク》《邪竜星―ガイザー》などのシンクロ召喚、《メタルフォーゼ・ミスリエル》の融合召喚で、相手のカードを除去しつつ、盤面を取り返します。

隙があれば《ヴァレルソード・ドラゴン》を呼び出し、相手のライフを詰め切ってしまいましょう。

 

デッキ構築ワンポイント

最後に、【メタルセフィラ】デッキを構築する上でのワンポイントを紹介します。

 

《墓穴の指名者》の採用

墓穴の指名者

【メタルセフィラ】デッキは、「メタルフォーゼ」Pモンスターを取り入れたことで、デッキの安定感や展開力は向上していますが、その代償として《増殖するG》《幽鬼うさぎ》などの手札誘発系のカードには弱くなっています。

その対策として大会優勝した【メタルセフィラ】デッキでは、《墓穴の指名者》がメインデッキに採用されており、弱点がフォローされています。

《墓穴の指名者》自体、手札誘発カードへの対策だけでなく、相手の墓地の《閃刀姫ーレイ》や《A-アサルトコア》を除外できたりと、現環境での使い勝手は十分なので、一石二鳥の採用といえるしょう。

 

《グローアップ・バルブ》の不採用

グローアップ・バルブ

《水晶機巧―ハリファイバー》を頻繁にリンク召喚するので、《グローアップ・バルブ》の採用は自然なように思われますが、大会優勝した【メタルセフィラ】デッキでは、エクストラデッキに融合モンスターを増やすために、《グローアップ・バルブ》《リンクリボー》が採用されていません。

そこで、手札に来た場合も《智天の神星龍》と「メタルフォーゼ」モンスターでペンデュラム召喚できる、《幻獣機オライオン》が優先して採用されています。

 

ちなみに、遊戯王の大会優勝デッキ情報は「きりぶろLINE」に参加すれば最速でゲットできます。

「きりぶろLINE」はきりぶろ!の更新情報が届くLINEグループです。遊戯王の大会優勝デッキ情報・最新情報・高騰カードをお知らせしつつ、ブログでは書きにくい情報をLINE限定記事として特別公開しています。

きりぶろLINEについては、【きりぶろLINE1,111人突破!!】遊戯王の最新情報,高騰カードや限定記事をLINEにお届け!をご覧ください。

 

▼ 直接登録する場合はこちら ▼

\ ついに友だち1,111人突破!! 

きりぶろLINE

  • ①:遊戯王の最新情報高騰情報をお届け
  • ②:限定記事を特別公開(9月30日まで
  • ③:登録無料、いつでも解除できます

 

\箱に詰めて送るだけで遊戯王カードが売れる/

>> 現在の高額買取カードはこちら <<

 

まとめ

ハチビー

今回は、大会優勝した【メタルセフィラ】デッキのデッキレシピ・採用カードを紹介し、動かし方・回し方について解説・考察しました。

【メタルセフィラ】デッキは、従来【セフィラ】デッキの良い部分はそのままに、展開力を高め、相性の良い流行カードを取り入れた最新鋭のデッキといえるでしょう。

複数の召喚法を取り入れた多彩な動きができるのも、このデッキの大きな魅力になっていると思います。

【セフィラ】デッキの強化に悩んでいる方や、複数の召喚法を大会環境で楽しみたいという方にはオススメです。

引き続き、遊戯王の環境情報として、大会優勝デッキレシピを解説していきます。

 

◆ 【セフィラ】【メタルフォーゼ】デッキ:おすすめ記事

【2018年1月環境】『セフィラ』デッキ: 大会優勝デッキレシピ,採用カード考察!

【2018年1月環境】『メタルマジェスぺクター』デッキ: 大会優勝デッキレシピ,回し方を解説,考察!

 

◆ 「環境デッキ・大会優勝デッキレシピ」おすすめ記事

【遊戯王】環境デッキランキング TOP 8(2018年7月): 大会優勝デッキレシピ62個まとめ

【遊戯王 環境デッキ】環境上位〜中堅デッキまとめ【2018年度版】

【遊戯王 デッキ集】どんなデッキが作りたい?170テーマの特徴まとめ!

「環境デッキ・大会優勝デッキレシピ」記事一覧

 

▼ 人気記事ランキング・最新記事一覧 ▼

 

【遊戯王カード買取】おすすめサイトランキング

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 【遊戯王カード買取】おすすめサイトランキング TOP 4: 高額買取ショップの選び方/使い方

    遊戯王カードが “高額” & “簡単” に売れる買取サイトのおすすめランキングを作成しました。

    詳しくは【遊戯王 買取サイト】おすすめランキング TOP 3: 高額買取ショップの選び方/使い方をクリック!

    各買取サイトのおすすめポイントをまとめたものがこちらです。

    【1位】 トレトク
    トレトク
    【おすすめポイント】
    ◯:遊戯王カード専門買取サイト
    ◯:買取実績圧倒的(累計160万件)
    ◯:高額買取保証
    ◯:ノーマル・レアの仕分けが不要
    ◯:買取価格20%アップ!(9月30日まで)
    ◯:多くのブログでオススメされるNo.1買取サイト

    【2位】Next One(ネクストワン)
    ネクストワン
    【おすすめポイント】
    ◯:遊戯王カード専門買取サイト
    ◯:買取実績(累計4万件)
    ×:レアカードの仕分けが必要
    ×:Webサイトがかなり使いにくい
    【3位】なんでもんホビー
    買取サイト なんでもんホビー
    【おすすめポイント】
    ◯:ホビー専門買取サイト
    ◯:買取作業簡単
    ◯:フィギュア・アニメグッズも買取可能
    ×:遊戯王カード専門買取サイトではない
  • 遊戯王環境デッキランキング

    遊戯王環境

    遊戯王デッキ集

    遊戯王最新パック/ストラクチャーデッキ

    遊戯王高騰カードと相場

    遊戯王カードを高く売る方法

  • 「テーマ名」「デッキ名」「パック名」などでブログ内を検索できます。例)「閃刀姫」「EM魔術師」「コレクターズパック2018」

  • 「きりぶろ!(切り込み隊長の遊戯王ブログ)」は、遊戯王OCG/TCGの最新情報・環境デッキ・高騰カード・買取価格をまとめたブログです。

    最新パック・ストラクチャーデッキの収録カードリスト・新規カードも速報的に更新しています。

    また、最新デッキテーマのデッキレシピ・回し方・相性の良いカードなども考察しています。

    遊戯王ブログとしては異例の月間250万PVを達成!

    LINEで遊戯王の最新情報もお知らせしています。

    >> 切り込み隊長って誰? <<

    >> きりぶろLINEって何? <<

  • \遊戯王カードを高く売る方法まとめました

    「売るなら」遊戯王カードを高く売る方法

    \遊戯王カードはネットで簡単に売れる

    【遊戯王カード買取】おすすめサイトランキング