*

【サイバース族(コード・トーカー)デッキ】大会優勝デッキレシピの回し方,採用カードを解説,考察!

公開日: : 最終更新日:2018/06/25 環境デッキ・大会優勝デッキレシピ , ,

【サイバース族(コード・トーカー)デッキ】大会優勝デッキレシピ,回し方,採用カード考察!

【サイバース族(コード・トーカー)】デッキの大会優勝デッキレシピ・回し方・採用カードなどを考察した記事です。

【サイバース族】デッキは、第10期から新マスタールールと共に登場した種族「サイバース族」を中心としたデッキで、リンク召喚・リンクモンスターを中心に戦います。

サイバース族は、現在放送中のアニメ「遊☆戯☆王VRAINS」の主人公「藤木遊作/Playmaker」が使用するテーマでもあります。

以前から徐々に強化されていましたが、「ストラクチャーデッキ マスター・リンク」で新規カードが登場し、大会で結果を残せるほど強力なデッキとなっています。

 

このページでは、大会で優勝した【サイバース族(コード・トーカー)】デッキのデッキレシピ・採用カードを紹介し、動かし方・回し方について解説・考察していきます。

《レディ・デバッガー》《サイバネット・コーデック》を使ったエクストラリンクへの展開ルートもまとめています。

新しい構築の【サイバース族】デッキを作ろうとしている方は、ぜひデッキ構築の参考にしてください。

 

◆ 【サイバース族】デッキ:おすすめ記事

⇒ 【ストラクチャーデッキ マスター・リンク】3箱合体+α デッキレシピ: 回し方,強化改造方法

 

 

【サイバース族】大会優勝デッキレシピ ①(新規採用型)

「ストラクチャーデッキ マスター・リンク」の新規カードを採用した【サイバース族(コード・トーカー)】デッキの大会優勝デッキレシピはこちらです。

新規カードの《マイクロ・コーダー》《コード・ラジエーター》《サイバネット・オプティマイズ》《サイバネット・コーデック》《サイバネット・コンフリクト》などを採用しています。

【サイバース族】大会優勝デッキレシピ(新規採用型)

【メインデッキ】(40枚)

◆ モンスター(26枚)

  • 《サイバース・ガジェット》3
  • 《レディ・デバッガー》3
  • 《マイクロ・コーダー》3
  • 《バランサーロード》2
  • 《フォーマッド・スキッパー》1
  • 《コード・ラジエーター》1
  • 《フレイム・バッファロー》1
  • 《デグレネード・バスター》1
  • 《RAMクラウダー》1
  • 《ROMクラウディア》1
  • 《SIMMタブラス》1
  • 《ドットスケーパー》1
  • 《スワップリースト》1
  • 《シーアーカイバー》1
  • 《ガベージコレクター》1
  • 《リンク・インフライヤー》1
  • 《バックアップ・セクレタリー》1
  • 《サイバース・コンバーター》1
  • 《夢幻崩界イヴリース》1

◆ 魔法(11枚)

  • 《サイバネット・コーデック》3
  • 《サイバネット・オプティマイズ》1
  • 《ツインツイスター》3
  • 《ハーピィの羽根帚》1
  • 《墓穴の指名者》3

◆ 罠(3枚)

  • 《サイバネット・コンフリクト》3

【エクストラデッキ】(15枚)

  • 《リンクリボー》1
  • 《セキュア・ガードナー》1
  • 《トークバック・ランサー》2
  • 《リンク・ディサイプル》2
  • 《コード・トーカー》2
  • 《エクスコード・トーカー》1
  • 《エンコード・トーカー》1
  • 《トランスコード・トーカー》2
  • 《パワーコード・トーカー》1
  • 《シューティングコード・トーカー》1
  • 《ファイアウォール・ドラゴン》1

【サイドデッキ】(0枚)

  • 不明

 

【サイバース族】大会優勝デッキ① 考察

【サイバース族】大会優勝デッキ① 考察

それでは、大会優勝した【サイバース族】デッキのデッキレシピを解説・考察していきます。

紹介する【サイバース族】デッキは、「ストラクチャーデッキ マスター・リンク」で登場した新規カードを多数採用しており、複数の「コード・トーカー」リンクモンスターを活用することから、【コード・トーカー】デッキとも呼べそうです。

新規サイバース族モンスターが加わることで、どのような展開が可能になったのか、詳しく見ていきましょう。

 

最小限の展開で相手を妨害

マイクロ・コーダー

まず、新規モンスター《マイクロ・コーダー》は、「コード・トーカー」モンスターのリンク素材として墓地に送られた場合、「サイバネット」魔法・罠カードをサーチできるモンスターです。

これに加え、自分フィールドのサイバース族モンスターを「コード・トーカー」モンスターのリンク素材とする場合、手札からリンク素材に使用できる効果を持っています。

リンク召喚する「コード・トーカー」モンスターとしては、リンク2の《コード・トーカー》が適しています。

大会優勝した【サイバース族】デッキでは、2枚の採用となっています。

 

サイバネット・コーデック

次に《サイバネット・コーデック》は、「コード・トーカー」をEXデッキから特殊召喚した場合、同じ属性のサイバース族をサーチできる永続魔法カードです。

基本的にターン1の効果ですが、属性が違えば再び効果を使うことができるため、異なる「コード・トーカー」を連続でリンク召喚することで、複数回のサーチが可能です。

「ストラクチャーデッキ マスター・リンク」発売以降の【サイバース族】デッキでは、《サイバネット・コーデック》の効果でどれだけサーチができるかが重要となっています。

 

サイバネット・コンフリクト

最後に《サイバネット・コンフリクト》は、フィールドに「コード・トーカー」がいる場合、モンスター効果・魔法・罠の発動を無効にし除外する「サイバネット」カウンター罠カードです。

次のターン終了時まで、この効果で除外したカードと同名カードの発動を制限する効果もあるため、類似効果を持つ《墓穴の指名者》と合わせれば、相手の展開を大きく妨害します。

発動条件として、自分フィールドに「コード・トーカー」モンスターが存在する必要がありますが、この条件は《レディ・デバッガー》1枚で満たすことができ、【サイバース族】デッキでは多用されるコンボとなるでしょう。

遊戯王/第10期/SD34-JP32 サイバネット・コンフリクト

遊戯王/第10期/SD34-JP32 サイバネット・コンフリクト

288円(08/18 03:28時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

《レディ・デバッガー》《サイバネット・コーデック》によるエクストラリンク

レディ・デバッガー

《レディ・デバッガー》は、召喚・特殊召喚成功時、デッキからレベル3以下のサイバース族モンスターをサーチできるモンスターです。

「ストラクチャーデッキ マスター・リンク」でサイバース族の新規カードが登場したおかげで、《レディ・デバッガー》《サイバネット・コーデック》の2枚でエクストラリンクすることが可能になりました。

エクストラリンクまでのルートは、以下にまとめています。

◆ 《レディ・デバッガー》+《サイバネット・コーデック》によるエクストラリンク

  • ①:《サイバネット・コーデック》を発動後、《レディ・デバッガー》で《バックアップ・セクレタリー》をサーチ、そのまま特殊召喚。②:《レディ・デバッガー》《バックアップ・セクレタリー》で《コード・トーカー》をリンク召喚。《サイバネット・コーデック》で《マイクロ・コーダー》をサーチ。
  • ③:《コード・トーカー》、手札の《マイクロ・コーダー》で《トランスコード・トーカー》をリンク召喚。《サイバネット・コーデック》効果で《ドットスケーパー》、《マイクロ・コーダー》効果で《サイバネット・オプティマイズ》をサーチ。
  • ④:《トランスコード・トーカー》効果で《コード・トーカー》を蘇生。《サイバネット・オプティマイズ》で《ドットスケーパー》を通常召喚。
  • ⑤:《コード・トーカー》《ドットスケーパー》で《エンコード・トーカー》をリンク召喚。《ドットスケーパー》を蘇生し《サイバネット・コーデック》効果で《フォーマッド・スキッパー》をサーチ。
  • ⑥:《エンコード・トーカー》《ドットスケーパー》で《ファイアウォール・ドラゴン》をリンク召喚。《トランスコード・トーカー》で《セキュア・ガードナー》をリンク召喚したときに《ファイアウォール・ドラゴン》効果で手札の《フォーマッド・スキッパー》を特殊召喚。
  • ⑦:《フォーマッド・スキッパー》で《リンクリボー》をリンク召喚。《フォーマッド・スキッパー》効果で《SIMMタブラス》をサーチ。
  • ⑧:《ファイアウォール・ドラゴン》効果で《ドットスケーパー》《バックアップ・セクレタリー》をサルベージ。
  • ⑨:《SIMMタブラス》効果で《レディ・デバッガー》をサルベージし自身を特殊召喚。
  • ⑩:《リンクリボー》《SIMMタブラス》で《コード・トーカー》をリンク召喚。
  • ⑪:《ファイアウォール・ドラゴン》効果で《ドットスケーパー》を特殊召喚。《ドットスケーパー》をリリースし《リンクリボー》を蘇生。
  • ⑫:《ファイアウォール・ドラゴン》効果で《レディ・デバッガー》を特殊召喚し、《コード・トーカー》《リンクリボー》で《エクスコード・トーカー》をリンク召喚。
  • ⑬:《サイバネット・コーデック》効果で《ガベージコレクター》をサーチし、《ファイアウォール・ドラゴン》効果で特殊召喚。
  • ⑭:《ガベージコレクター》効果で《レディ・デバッガー》をバウンスし、《RAMクラウダー》をリクルート。
  • ⑮:《ガベージコレクター》で《トークバック・ランサー》をリンク召喚し、《トークバック・ランサー》効果で《ファイアウォール・ドラゴン》をリリースし、《トランスコード・トーカー》を蘇生。
  • ⑯:《RAMクラウダー》効果で《セキュア・ガードナー》をリリースし、《ファイアウォール・ドラゴン》を蘇生。
  • ⑰:《RAMクラウダー》で《リンク・ディサイプル》をリンク召喚し、エクストラリンクが完成。

 

《レディ・デバッガー》《サイバネット・コーデック》以外でも、手札次第で他の「コード・トーカー」モンスターのリンク展開を行うことができ、後攻でもワンターンキルが可能な打点にまで向上することも可能です。

新規で登場したサイバース族を採用することで、最近の主流であった「トロイメア」を使わずにエクストラリンクが可能となりました。

【サイバース族】大会優勝デッキレシピ ②

「ストラクチャーデッキ マスター・リンク」発売以前に大会優勝した、【サイバース族】デッキのデッキレシピはこちらです。

【遊戯王】『サイバース』デッキ: 大会優勝デッキレシピ,回し方考察!

【メインデッキ】(41枚)

◆ モンスター(26枚)

  • 《ドットスケーパー》1
  • 《ウィジェット・キッド》2
  • 《バックアップ・セクレタリー》2
  • 《フレイム・バッファロー》2
  • 《デグレネード・バスター》2
  • 《サイバース・ガジェット》2
  • 《バランサーロード》2
  • 《レディ・デバッガー》2
  • 《サイバース・コンバーター》1
  • 《RAMクラウダー》1
  • 《ドングルドングリ》1
  • 《トーチ・ゴーレム》1
  • 《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》1
  • 《灰流うらら》1
  • 《幽鬼うさぎ》2
  • 《増殖するG》2

◆ 魔法(8枚)

  • 《サイバネット・ストーム》2
  • 《サイバネット・リカバー》1
  • 《貪欲な壺》1
  • 《コズミック・サイクロン》1
  • 《死者蘇生》1
  • 《スケープ・ゴート》1
  • 《ハーピィの羽根帚》1

◆ 罠(7枚)

  • 《リコーデッド・アライブ》2
  • 《拮抗勝負》2
  • 《激流葬》1
  • 《神風のバリア -エア・フォース-》1
  • 《次元障壁》1

【エクストラデッキ】(15枚)

  • 《リンクスパイダー》1
  • 《リンクリボー》2
  • 《アカシック・マジシャン》1
  • 《アンダークロックテイカー》1
  • 《セキュリティ・ドラゴン》2
  • 《エクスコード・トーカー》1
  • 《エンコード・トーカー》1
  • 《デコード・トーカー》1
  • 《トランスコード・トーカー》1
  • 《パワーコード・トーカー》1
  • 《ヴァレルソード・ドラゴン》1
  • 《トポロジック・ボマー・ドラゴン》1
  • 《ファイアウォール・ドラゴン》1

【サイドデッキ】(0枚)

  • 不明

※カードボックス天理店 非公認大会 個人戦 6月10日(日)

【サイバース族】大会優勝デッキ② 考察

【サイバース族】大会優勝デッキ② 考察

それでは、大会優勝した【サイバース族】デッキのデッキレシピを解説・考察していきます。

デッキ構築としては手札誘発系を除けば、ほとんど混じりけの無い【サイバース族】デッキとなっています。

「コード・トーカー」に関する罠カード《リコーデッド・アライブ》を採用しているのも特徴的です。

さっそくですが、【サイバース族】デッキがどのように展開していくのか、詳しく見ていきましょう。

 

採用している「サイバース」カード

採用している「サイバース」カード

【サイバース族】デッキで採用された「サイバース」関連カードは、以下に効果概要をまとめました。

サイバース族モンスターのほとんどが、特殊召喚する効果やトークンを生成する効果を持っています。

◆サイバース族モンスター

  • 《デグレネード・バスター》(上級モンスター)
    …墓地のサイバース族2体を除外した場合に特殊召喚。自身より高い攻撃力の相手モンスター1体をエンドフェイズまで除外。
  • 《ドットスケーパー》
    …墓地へ送られたor除外された場合、自身を特殊召喚。
  • 《ウィジェット・キッド》
    …召喚・特殊召喚に成功した場合、手札のサイバース族を特殊召喚。
  • 《バックアップ・セクレタリー》
    …自分フィールドにサイバース族が存在する場合、手札から特殊召喚。
  • 《フレイム・バッファロー》
    …自身がフィールドから離れた場合、手札からサイバース族1体を捨てて2枚ドロー。
  • 《サイバース・ガジェット》
    …召喚成功時、レベル2以下のモンスターを蘇生。フィールドから墓地へ送られた場合、「ガジェット・トークン」を生成。
  • 《バランサーロード》
    …1000ライフ払うことでサイバース族の召喚権を追加。自身が除外された場合、手札からレベル4以下のモンスターを特殊召喚。
  • 《レディ・デバッガー》
    …召喚・特殊召喚に成功した場合、レベル3以下のサイバース族をサーチ。
  • 《サイバース・コンバーター》
    …自分フィールドがサイバース族のみの場合、手札から特殊召喚。自分のモンスターの種族をサイバース族に変更可能。
  • 《RAMクラウダー》
    …自分フィールドのモンスター1体をリリースし、墓地のサイバース族1体を蘇生。
  • 《ドングルドングリ》
    …特殊召喚に成功した場合、「ドングルトークン」を生成。

◆「サイバース」関連魔法・罠

  • 《サイバネット・ストーム》(フィールド魔法)
    …フィールドのリンク状態のモンスターの攻・守は500アップ。リンクモンスターのリンク召喚は無効化されない。自分が2000以上の戦闘・効果ダメージを受けた場合、自分のエクストラデッキの裏側表示のカードをめくり、サイバース族リンクモンスターなら特殊召喚。
  • 《サイバネット・リカバー》(永続魔法)
    …自分フィールドのリンクモンスターが戦闘or相手の効果で破壊された場合、リンクモンスター以外のモンスター1体を蘇生。
  • 《リコーデッド・アライブ》(通常罠)
    …自分のフィールド・墓地のリンク3のサイバース族リンクモンスター1体を除外し、エクストラデッキから「コード・トーカー」モンスター1体を特殊召喚。また、墓地の自身を除外し、除外されている自分の「コード・トーカー」モンスター1体を特殊召喚。

 

サイバース

「サイバース」はリンク召喚を多用するテーマです

サイバース族モンスターはトークン生成能力や特殊召喚効果を備えているものが多く、容易に素材を確保することができ、リンクモンスターを大量に展開できます。

例えば《サイバース・ガジェット》は、召喚時、墓地からレベル2以下モンスターを蘇生でき、自身がフィールドから離れるとトークンを1体生成します。

これらの2つの効果を活用することで、1体でリンク3まで繋げることができます。

 

レディ・デバッガー

また、《レディ・デバッガー》と《バックアップ・セクレタリー》を組み合わせれば、1体からモンスターを2体並べることができます。

《レディ・デバッガー》は、召喚・特殊召喚に成功した場合、レベル3以下のサイバース族をサーチできるモンスターです。

この時《バックアップ・セクレタリー》をサーチすれば、自身の効果で特殊召喚が可能となります。

 

多様な特殊召喚モンスター

大会優勝した【サイバース族】デッキでは、リンク召喚を容易にするため、トークン生成効果をもつモンスターを採用しています。

《トーチ・ゴーレム》と《スケープ・ゴート》の2枚です。

 

トーチ・ゴーレム

《トーチ・ゴーレム》は、自身を相手フィールドに特殊召喚することで、トークンを2体生成できるモンスターです。

攻撃力3000のモンスターが相手に与えるのは厄介ですが、トークンを使用し《アカシック・マジシャン》《ファイアウォール・ドラゴン》のバウンス効果を活用することで、《トーチ・ゴーレム》を回収しつつ展開をすすめることが可能です。

 

スケープ・ゴート

《スケープ・ゴート》は、トークンを4体生成できる速攻魔法カードです。

速攻魔法であることを活かし、セットしておき相手ターンに発動するのがオススメです。

トークンは効果モンスター扱いにはならないため、リンク素材に「効果モンスター」や「トークン以外のモンスター」を指定する「コード・トーカー」リンクモンスターには使えません。

この問題は、トークンを素材にリンク召喚できる効果モンスターである《リンクスパイダー》や《リンクリボー》を採用することで、解決できます。

 

また、リンク素材となったモンスターを除外して特殊召喚できる《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》も採用されています。

 

カオスソルジャー‐開闢の使者‐

《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》は、墓地の光属性と闇属性のモンスターを1体ずつ除外した場合に特殊召喚できる、カオスモンスターです。

モンスターを除外する効果か、自身の攻撃で相手モンスターを破壊した時に連続攻撃できる強力な効果を持っています。

大会優勝した【サイバース族】デッキには光・闇属性のモンスターが多数採用されているので、《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》は問題なく特殊召喚可能です。

 

豊富な「コード・トーカー」

「コードトーカー」リンクモンスター

大会優勝した【サイバース族】デッキでは、登場している全ての「コードトーカー」リンクモンスターが採用されています。

以下に、「コード・トーカー」モンスターの主な効果をまとめました。

◆「コード・トーカー」リンクモンスター

  • 《エクスコード・トーカー》
    …自身が存在する間、指定したモンスターゾーンを封じる。リンク先のモンスターの攻撃力を500アップし、効果破壊耐性を付与。
  • 《エンコード・トーカー》
    …リンク先の自分モンスターに戦闘破壊耐性、自分が受ける戦闘ダメージを0にする。その後自身又はリンク先の自分モンスターの攻撃力を戦闘を行った相手モンスターの攻撃力分アップ。
  • 《デコード・トーカー》
    …リンク先のモンスターの数だけ攻撃力を500アップ。リンク先の自分モンスターをリリースする事で、自分フィールドのカードを対象とする相手の効果の発動を無効にして破壊。
  • 《トランスコード・トーカー》
    …相互リンク状態の場合、自身と相互リンク先のモンスターの攻撃力は500アップし、対象耐性付与。リンク3以下のサイバース族をリンク先に蘇生。
  • 《パワーコード・トーカー》
    …ターン終了時までフィールドの表側表示モンスターの効果を無効。リンク先のモンスターをコストに元々の攻撃力を倍にする。

 

トランスコード・トーカー

例えば《トランスコード・トーカー》は、リンク3以下のサイバース族をリンク先に蘇生する効果を持っています。

発動ターンはサイバース族モンスターしか特殊召喚できなくなるデメリットが生じますが、これらの「コード・トーカー」リンクモンスターを蘇生可能で、相互リンク状態を作りやすいです。

【遊戯王カード買取】おすすめサイトランキング

「サイバース族」収録ストラクチャーデッキ

紹介したサイバース族モンスターと「サイバース」カードのほとんどは、ストラクチャーデッキに収録されています。

ストラクチャーデッキごとに、収録カード・解説記事・通販情報をまとめておきます。

 

マスター・リンク

「ストラクチャーデッキ マスター・リンク」

収録カード:《マイクロ・コーダー》《コード・ラジエーター》《スワップリースト》《サイバネット・コーデック》《サイバネット・オプティマイズ》《サイバネット・コンフリクト》《トークバック・ランサー》《シューティングコード・トーカー》

解説記事【ストラクチャーデッキ マスター・リンク】全収録カードリスト,新規カード考察まとめ!

 

スターターデッキ2018

スターターデッキ2018

収録カード:《ウィジェット・キッド》《サイバネット・リカバー》《トランスコード・トーカー》《リンクリボー》

解説記事【スターターデッキ2018】全収録カードリスト,秘蔵レアカード31種,封入率まとめ!

遊戯王OCG デュエルモンスターズ STARTER DECK 2018

遊戯王OCG デュエルモンスターズ STARTER DECK 2018

982円(08/18 10:13時点)
Amazonの情報を掲載しています

パワーコード・リンク

パワーコード・リンク

収録カード:《フレイム・バッファロー》《レディ・デバッガー》《ドングルドングリ》《サイバース・ガジェット》《トーチ・ゴーレム》《サイバネット・ストーム》《パワーコード・トーカー》

解説記事【ストラクチャーデッキ パワーコード・リンク】全収録カードリスト,新規/再録カードまとめ!

 

サイバース・リンク

サイバース・リンク

収録カード:《ドットスケーパー》《バランサーロード》《リコーデッド・アライブ》《エンコード・トーカー》

解説記事【ストラクチャーデッキ サイバース・リンク】全収録カードリストまとめ!

 

スターターデッキ2017

スターターデッキ2017

収録カード:《ビットロン》《デコード・トーカー》《リンク・スパイダー》

解説記事【遊戯王】「スターターデッキ2017」収録カード一覧・ストラク情報まとめ!

遊戯王OCGデュエルモンスターズ STARTER DECK 2017

遊戯王OCGデュエルモンスターズ STARTER DECK 2017

1,358円(08/18 10:13時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

まとめ

鳩鷺(はとさぎ)

今回は、大会優勝した【サイバース族】デッキのデッキレシピを紹介し、動かし方・回し方、採用カードについて解説・考察しました。

登場当初は少し物足りなさを感じていた「サイバース」ですが、主人公補正もあって徐々に強化されていますね。

新ストラクチャーデッキに新規「コード・トーカー」の収録が決定しているので、今後の強化にも期待が膨らみます。

気になる方は、ぜひ【サイバース族】デッキを組んでみてください。

引き続き、遊戯王の環境情報として、大会優勝デッキレシピの考察をしていきます。

 

◆ 【サイバース族】デッキ:おすすめ記事

⇒ 【ストラクチャーデッキ マスター・リンク】3箱合体+α デッキレシピ: 回し方,強化改造方法

 

◆ 「環境デッキ・大会優勝デッキレシピ」おすすめ記事

【遊戯王】環境デッキランキング TOP 8(2018年7月): 大会優勝デッキレシピ62個まとめ

【遊戯王 デッキ集】どんなデッキが作りたい?170テーマの特徴まとめ!

「環境デッキ・大会優勝デッキレシピ」記事一覧

 

 

▼ 人気記事ランキング・最新記事一覧はこちら ▼

 

【遊戯王カード買取】おすすめサイトランキング

関連記事

Comment

  1. 匿名 より:

    サイバースカード···コーダーでカテゴリされたサイバネットの事を言いたいのかな?
    それに全てって言ってたけど、リンク2のコードトーカーが···

  2. 匿名 より:

    Link2のコードトーカーは2017年9月9日に登場。記事には、登場している全ての「コードトーカー」リンクモンスターが~と書かれているけど間違っている。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • きりぶろ!LINE@登録

    「きりぶろ!」の更新情報が届く、「きりぶろ!LINE@」を始めました。

    遊戯王の最新記事や高騰カードなどの情報はもちろん、ブログでは書けない限定情報も特別にお知らせします。

    友だち追加

  • 【遊戯王カード買取】おすすめサイトランキング TOP 4: 高額買取ショップの選び方/使い方

    遊戯王カードが “高額” & “簡単” に売れる買取サイトのおすすめランキングを作成しました。

    詳しくは【遊戯王 買取サイト】おすすめランキング TOP 3: 高額買取ショップの選び方/使い方をクリック!

    各買取サイトのおすすめポイントをまとめたものがこちらです。

    【1位】 トレトク
    トレトク
    【おすすめポイント】
    ◯:遊戯王カード専門買取サイト
    ◯:買取実績圧倒的(累計160万件)
    ◯:高額買取保証
    ◯:ノーマル・レアの仕分けが不要
    ◯:買取価格20%アップ!(8月31日まで)
    ◯:多くのブログでオススメされるNo.1買取サイト

    【2位】Next One(ネクストワン)
    ネクストワン
    【おすすめポイント】
    ◯:遊戯王カード専門買取サイト
    ◯:買取実績(累計4万件)
    ×:レアカードの仕分けが必要
    ×:Webサイトがかなり使いにくい
    【3位】なんでもんホビー
    買取サイト なんでもんホビー
    【おすすめポイント】
    ◯:ホビー専門買取サイト
    ◯:買取作業簡単
    ◯:フィギュア・アニメグッズも買取可能
    ×:遊戯王カード専門買取サイトではない
  • 遊戯王 環境デッキランキング

    遊戯王 最新パック・ストラクチャーデッキ 収録カード

    遊戯王 全デッキテーマまとめ

    遊戯王 高騰・値上がりカード

    遊戯王カードを高く売る方法

  • 「テーマ名」「デッキ名」「パック名」などでブログ内を検索できます。例)「閃刀姫」「EM魔術師」「コレクターズパック2018」

  • ブログランキング

  • 「売るなら」遊戯王カードを高く売る方法

    【遊戯王カード買取】おすすめサイトランキング

TOPへ戻る