*

【遊戯王】《サイバネット・バックドア》考察!サイバース族を支える速攻魔法カード!

遊戯王カード《サイバネット・バックドア》を考察した記事です。

サイバネット・バックドア

 

2017年6月17日、最新ストラク「ストラクチャーデッキ サイバース・リンク」が発売されます。

今回は、このストラクに収録されている《サイバネット・バックドア》の効果を解説し、考察していきたいと思います。

「サイバース族」を支える便利な速攻魔法カードのようです。

 

SPONCERD LINK

 

《サイバネット・バックドア》とは

「ストラクチャーデッキ サイバース・リンク」に収録される《サイバネット・バックドア》はこちらのカードです。

サイバネット・バックドア 《サイバネット・バックドア》
速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分フィールドのサイバース族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを除外し、そのモンスターの元々の攻撃力より低い攻撃力を持つサイバース族モンスター1体をデッキから手札に加える。この効果で除外したモンスターは次の自分スタンバイフェイズにフィールドに戻り、そのターン直接攻撃できる。

 

《サイバネット・バックドア》は、サイバース族サポートの速攻魔法で、モンスターを一時除外しながらサイバース族をサーチする効果を持っています。

さらにこの効果で除外され戻ってきたモンスターは、相手プレイヤーに直接攻撃をすることができます。

1枚で除去の回避・サーチ・攻撃と3つの役割をこなす強力なカードです。

 

一時除外で相手の除去を回避・盤面を調整

ファイアウォール・ドラゴン 裁定情報

効果の対象にできるのは自分のサイバース族モンスターで、サーチ効果の兼ね合いから攻撃力1以上のモンスターとなります。

「自分フィールドの」とあるため、EXモンスターゾーンのモンスターを対象にすることもできます。

この効果で除外したモンスターは次の自分スタンバイフェイズに自分フィールドへと戻ってきます。

戻す場所は自分メインモンスターゾーンの空いている所から選ぶことになります。

これはEXモンスターゾーンのモンスター(現状ではリンクモンスターのみ)を除外した場合も同様で、また位置やリンクマーカーの向きが重要となるリンクモンスターを除外する場合は、メインモンスターゾーンのどこに戻すのかを考えておく必要があります。

速攻魔法であることを活かし、相手の《ブラック・ホール》などにチェーンして《サイバネット・バックドア》を発動すると、除外されたモンスターは破壊されず、次の自分のターンに戻ってきます。似たカードに《亜空間物質転送装置》がありますね。

また《サイバネット・バックドア》が収録される「ストラクチャーデッキ サイバース・リンク」には、除外されると効果を発動するモンスターも収録されているため、《サイバネット・バックドア》で除外しサイバース族をサーチ、さらに除外されたモンスターの効果発動、そして次の自分ターンに戻ってくるというコンボもできそうです。

他にも、除外されてからフィールドに戻ったモンスターはフィールド上で付与された情報がリセットされるため、1度バウンス効果を使った《ファイアウォール・ドラゴン》を除外すると再び効果を使えるようになったり、新規の《デュアル・アセンブルム》の攻撃力が半分になってしまうデメリットを打ち消したりできます。

 

サイバース族をサーチ

サイバース族

サーチできるのは除外された「モンスターの元々の攻撃力より低い攻撃力を持つサイバース族モンスター」ですので、必然的に同名モンスターはサーチできないことになります。

現状「これをサーチしておけば間違いない!」といったモンスターが存在しないため、《サイバネット・バックドア》と相性がいいサイバース族モンスターを挙げます。

バックリンカー 《バックリンカー》
星3 闇属性 サイバース族 ATK/1600 DEF/0
①:EXモンスターゾーンに相手モンスターのみが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
②:このカードをリリースして発動できる。EXモンスターゾーンのモンスターをすべて持ち主のデッキに戻す。この効果の発動後、ターン終了時まで自分はEXデッキからモンスターを特殊召喚できない。

EXモンスターゾーンに相手モンスターのみが存在する場合に手札から特殊召喚でき、フィールドからリリースすることでEXモンスターゾーンのモンスターを全て持ち主のデッキに戻すことができます。

《サイバネット・バックドア》でEXモンスターゾーンのモンスターを除外すれば簡単に特殊召喚条件を満たすことができます。

 

クラインアント 《クラインアント》
星3 光属性 サイバース族 ATK/1500 DEF/1500
①:通常召喚したこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分フィールドのサイバース族モンスターの攻撃力・守備力は、自分のターンの間500アップする。
②:フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊される場合、代わりに自分の手札・フィールドのサイバース族モンスター1体を破壊できる。

通常召喚すると自分のサイバース族モンスターは自分のターンの間攻撃力・守備力が500アップします。

《サイバネット・バックドア》で戻ってきたモンスターは直接攻撃ができるため、追加で500ダメージを与えるカードとして使うことができます。

 

大型モンスターでダイレクトアタック

団結の力

相手フィールドに何体モンスターが居たとしても、それを無視して相手に直接攻撃することができます。

単純に戻ってきたモンスターの攻撃力を相手のライフ以上まで強化すれば、そのままゲームエンドに持っていくことができます。

《団結の力》を装備すれば最大で攻撃力が4800上がった状態でダイレクトアタック、なんてこともできるかもしれません。

 

SPONCERD LINK

 

まとめ

ねこしょ

いかがだったでしょうか。

総括すると、大型モンスターを相手の妨害から守りつつ次の自分のターンの展開に必要なモンスターをサーチし、隙をみて相手のライフを削りきるといった使い方ができそうです。

今後強力なサイバース族モンスターが登場すれば、それをサーチできるこのカードはさらに強化されることになるため、将来性もあるカードと言えるでしょう。

引き続き、「ストラクチャーデッキ サイバース・リンク」収録カードについて記事にしていきます。

それでは、またお会いしましょう。

 

今回の記事は「ねこしょ」さんが書きました。ブログライター(記事投稿者)はこちらで募集しています。

【Webライター募集】当ブログの記事を書いてくれる方を募集します。

 

「ストラクチャーデッキ サイバース・リンク」の収録カードについては、こちらにまとめています。

「ストラクチャーデッキ サイバース・リンク」全収録カードリスト・予約情報等まとめ!

 

SPONCERD LINK

関連記事

  • 遊戯王カード 安く買う方法

    遊戯王カード 高く売る方法




  • 切り込み隊長

    「きりぶろ!」の管理人。(旧:遊戯王カードのメルカリ攻略だよ。)

    遊戯王の最新情報・高騰情報・最新デッキ・大会デッキレシピ・収録カードリストなどを解説・考察しています。

    遊戯王ブログとしては異例の月間200万PVを達成し、ブログランキング1位を獲得しました。

    好きなカードは《切り込み隊長》です。

    相互リンク・アンテナ登録・広告掲載などのお問い合わせはこちら

    ボタン こうなる
    Twitterに更新情報が届く
    follow us in feedly Feedlyに更新情報が届く
    人気ブログ投票 人気ブログに投票、僕が喜ぶ

  • 遊戯王の買取なら「トレトク」がオススメ!

    とりあえず申し込めば梱包キットが届きます。あとは、ダンボールにカードを詰めるだけ。

    今なら、創業20周年で買取金額20%アップ!

     

  • 遊戯王カード 安く買う方法

    遊戯王カード 高く売る方法

PAGE TOP ↑