*

【遊戯王】SPYRAL環境でも健在!?「十二獣」大会優勝デッキレシピの回し方,採用カードを解説,考察!

公開日: : 最終更新日:2018/09/19 環境デッキ・大会優勝デッキレシピ

『十二獣』デッキ大会優勝!デッキレシピ,回し方

【十二獣(じゅうにしし)】は、「レイジング・テンペスト」で登場したエクシーズテーマです。

メインデッキに入る「十二獣」モンスターは地属性・獣戦士族・レベル4で統一され、「十二獣」エクシーズモンスターは自身以外の「十二獣」モンスターの上に重ねてエクシーズ召喚できる特徴を持っています。

2016年の環境において圧倒的な環境トップに君臨しましたが、現在はキーカードが徹底的に規制され、大会上位からは退いています。

このページでは、そんな中大会優勝した【十二獣】デッキのデッキレシピを紹介し、動かし方・回し方について解説・考察していきます。

今から【十二獣】デッキを作ろうとしている方は、ぜひデッキ構築の参考にしてください。

 

◆ 「環境デッキ・大会優勝デッキレシピ」おすすめ記事

【遊戯王】環境デッキランキング TOP 8(2018年7月): 大会優勝デッキレシピ62個まとめ

【遊戯王 環境デッキ】環境上位〜中堅デッキまとめ【2018年度版】

【遊戯王 デッキ集】どんなデッキが作りたい?170テーマの特徴まとめ!

「環境デッキ・大会優勝デッキレシピ」記事一覧

 

\遊戯王カードはネットで簡単に売れる

【遊戯王カード買取】おすすめサイトランキング

>> オススメの遊戯王買取サイト1位は? <<

 

【十二獣】大会優勝デッキレシピ

大会で優勝した【十二獣】のデッキレシピはこちらです。

モンスターは少数の「十二獣」と手札誘発モンスターだけで、魔法・罠カードの数が非常に多いのが特徴です。

【十二獣】大会優勝デッキレシピ

【メインデッキ】(45枚)

◆ モンスター(14枚)

  • 《十二獣サラブレード》3
  • 《十二獣ヴァイパー》3
  • 《十二獣クックル》2
  • 《十二獣ラム》1
  • 《灰流うらら》3
  • 《増殖するG》2

◆ 魔法(14枚)

  • 《強欲で貪欲な壺》2
  • 《貪欲な壺》2
  • 《おろかな埋葬》1
  • 《禁止令》3
  • 《炎舞-「天璣」》3
  • 《ストイック・チャレンジ》3

◆ 罠(17枚)

  • 《御前試合》2
  • 《群雄割拠》3
  • 《十二獣の方合》3
  • 《神の通告》2
  • 《神の警告》1
  • 《神の宣告》1
  • 《業炎のバリア -ファイヤー・フォース-》3
  • 《昇天の剛角笛》2

【エクストラデッキ】(15枚)

  • 《十二獣タイグリス》3
  • 《十二獣ハマーコング》2
  • 《十二獣ライカ》3
  • 《十二獣ワイルドボウ》3
  • 《M・HERO ダーク・ロウ》1
  • 《ミセス・レディエント》1
  • 《SPYRAL-ザ・ダブルヘリックス》1
  • 《ヴァレルロード・ドラゴン》1

【サイドデッキ】(15枚)

  • 《浮幽さくら》3
  • 《アーティファクト-デスサイズ》2
  • 《海亀壊獣ガメシエル》2
  • 《ブラック・ホール》2
  • 《アーティファクトの神智》3
  • 《御前試合》1
  • 《手違い》2

※カードボックス奈良本店 非公認大会 個人戦 ‏10月13日(金)

 

【十二獣】大会優勝デッキレシピ解説

【十二獣】大会優勝デッキレシピ解説

それでは、大会優勝した【十二獣】デッキのデッキレシピの解説をしていきます。

構築としては、メインデッキの「十二獣」以外のモンスターは手札誘発系のみで、“純”【十二獣】なデッキタイプとなっています。

魔法・罠カードが豊富に含まれているのもポイントです。

早速ですが、【十二獣】がどのように展開していくのか、詳しく見ていきましょう。

 

制限改定を受けて

制限改定を受けた「十二獣」

9期にて環境をほぼ独占していた【十二獣】ですが、《十二獣ドランシア》の禁止を受け弱体化の一途をたどります。

リンク召喚が登場後は、《ミセス・レディエント》を容易く出せてしまうコンボが見出され、《十二獣ブルホーン》が注目されましたが、こちらも禁止カードとなり、【十二獣】自体の展開力も大幅に削られてしまいました。

そのため、構築は以前と比べるとかなり変わってきています。

 

《炎舞-「天璣」》のフル投入

炎舞-「天キ」

制限改定は【十二獣】にとってマイナスな面ばかりではありません。

《炎舞-「天璣」》は今回のリミットレギュレーションの変更を受けて制限解除となりました。

《炎舞-「天璣」》は発動時の効果処理として、レベル4以下の獣戦士族モンスター1体をサーチできます。

「十二獣」モンスター1体からエクシーズ召喚できる【十二獣】にとって、必要なモンスターをサーチできる《炎舞-「天璣」》は展開の要であり、デッキ圧縮にもつながります。

 

豊富なドローソース

強欲で貪欲な壺

大会優勝した【十二獣】デッキでは、ドローソース系の魔法カードをふんだんに採用されています。

「十二獣」モンスター1体から複数回エクシーズ召喚できることから、墓地にモンスターが貯まりやすく、《貪欲な壺》や《十二獣の方合》の発動条件を満たすことができます。

また最悪の場合、何か1枚「十二獣」モンスターがあれば展開が可能なので、《強欲で貪欲な壺》を使用しても大幅な事故にはなりにくいでしょう。

デッキ枚数が45枚なのも、こう言った理由があるのでしょう。

 

永続罠カードの利用

御前試合

大会優勝した【十二獣】デッキでは、《御前試合》と《群雄割拠》の2種類の妨害系永続罠カードを採用しています。

  • 《御前試合》…1種類の属性のモンスターしか表側表示で存在できない。
  • 《群雄割拠》…1種類の種族のモンスターしか表側表示で存在できない。

リンク召喚をふんだんに使うデッキでは属性や種族がバラバラになることが多く、どちらか片方が存在するだけでも相手の妨害に一役買ってくれることでしょう。

「十二獣」モンスターは地属性・獣戦士族で統一されているため、これらのカードの影響を受けることなく展開することができます。

 

《ストイック・チャレンジ》の採用

ストイック・チャレンジ

《ストイック・チャレンジ》は、エクシーズ素材を持つエクシーズモンスターの攻撃力を、自分フィールド上のエクシーズ素材の数×600ポイントアップさせる装備魔法です。

「十二獣」モンスター1体から《十二獣タイグリス》《十二獣ハマーコング》《十二獣ライカ》《十二獣ワイルドボウ》へと重ねていけば、最大2400ポイントまでアップします。

また、相手モンスターとの戦闘によって相手ライフに与える戦闘ダメージが倍になる効果もあります。

 

十二獣ワイルドボウ

《十二獣ワイルドボウ》を最後に重ねれば、自身の効果で相手に直接攻撃が可能で、一撃で相手のライフを大きく削ることができます。

ただ《ストイック・チャレンジ》のデメリットとして、装備モンスターは効果を発動できなくなりますが、《十二獣ワイルドボウ》の直接攻撃が可能になる効果は永続効果なので、問題なく使用することができます。

 

抜かりない【SPYRAL】対策

【SPYRAL】対策

現環境を独占している【SPYRAL】の対策にも抜かりありません。

「SPYRAL」モンスターは種族も属性もあまり統一されていないので、上記で紹介した《御前試合》や《群雄割拠》はかなり刺さります。

表側表示で存在できないだけでなく、1種類になるよう墓地に送らなければならないので、リンク召喚自体を妨害することが可能です。

 

禁止令

また、「SPYRAL」対策に採用している《禁止令》は、宣言したカード1枚のプレイを禁止される効果を持っています。

《SPYRAL-ダンディ》と宣言すれば、フィールドでは同名カードとして扱う《SPYRAL-タフネス》や《SPYRAL-ザ・ダブルヘリックス》も封じることができます。

 

浮幽さくら

またここ最近のトレンドである《浮幽さくら》もサイドデッキに採用されています。

【SPYRAL】と対戦する場合に、サイドチェンジから投入することになります。

 

ちなみに、遊戯王の大会優勝デッキ情報は「きりぶろLINE」に参加すれば最速でゲットできます。

「きりぶろLINE」はきりぶろ!の更新情報が届くLINEグループです。遊戯王の大会優勝デッキ情報・最新情報・高騰カードをお知らせしつつ、ブログでは書きにくい情報をLINE限定記事として特別公開しています。

きりぶろLINEについては、【きりぶろLINE1,111人突破!!】遊戯王の最新情報,高騰カードや限定記事をLINEにお届け!をご覧ください。

 

▼ 直接登録する場合はこちら ▼

\ ついに友だち1,111人突破!! 

きりぶろLINE

  • ①:遊戯王の最新情報高騰情報をお届け
  • ②:限定記事を特別公開(9月30日まで
  • ③:登録無料、いつでも解除できます

 

\遊戯王カードはネットで簡単に売れる

【遊戯王カード買取】おすすめサイトランキング

>> オススメの遊戯王買取サイト1位は? <<

 

まとめ

鳩鷺(はとさぎ)

いかがだったでしょうか。

今回は、【十二獣】の大会優勝デッキについて解説・考察しました。

制限改定を受けた今でも、少しコンセプトを変えることで、環境クラス相手でもまだまだ戦えるようです。

ここまで規制されながらもまだ息があるとは恐ろしい限りですね。

引き続き「十二獣」「環境情報」について記事にしていきます。

それでは、またお会いしましょう。

 

◆ 「環境デッキ・大会優勝デッキレシピ」おすすめ記事

【遊戯王】環境デッキランキング TOP 8(2018年7月): 大会優勝デッキレシピ62個まとめ

【遊戯王 環境デッキ】環境上位〜中堅デッキまとめ【2018年度版】

【遊戯王 デッキ集】どんなデッキが作りたい?170テーマの特徴まとめ!

「環境デッキ・大会優勝デッキレシピ」記事一覧

 

 

▼ 人気記事ランキング・最新記事一覧 ▼

 

【遊戯王カード買取】おすすめサイトランキング

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 【遊戯王カード買取】おすすめサイトランキング TOP 4: 高額買取ショップの選び方/使い方

    遊戯王カードが “高額” & “簡単” に売れる買取サイトのおすすめランキングを作成しました。

    詳しくは【遊戯王 買取サイト】おすすめランキング TOP 3: 高額買取ショップの選び方/使い方をクリック!

    各買取サイトのおすすめポイントをまとめたものがこちらです。

    【1位】 トレトク
    トレトク
    【おすすめポイント】
    ◯:遊戯王カード専門買取サイト
    ◯:買取実績圧倒的(累計160万件)
    ◯:高額買取保証
    ◯:ノーマル・レアの仕分けが不要
    ◯:買取価格20%アップ!(9月30日まで)
    ◯:多くのブログでオススメされるNo.1買取サイト

    【2位】Next One(ネクストワン)
    ネクストワン
    【おすすめポイント】
    ◯:遊戯王カード専門買取サイト
    ◯:買取実績(累計4万件)
    ×:レアカードの仕分けが必要
    ×:Webサイトがかなり使いにくい
    【3位】なんでもんホビー
    買取サイト なんでもんホビー
    【おすすめポイント】
    ◯:ホビー専門買取サイト
    ◯:買取作業簡単
    ◯:フィギュア・アニメグッズも買取可能
    ×:遊戯王カード専門買取サイトではない
  • 遊戯王環境デッキランキング

    遊戯王環境

    遊戯王デッキ集

    遊戯王最新パック/ストラクチャーデッキ

    遊戯王高騰カードと相場

    遊戯王カードを高く売る方法

  • 「テーマ名」「デッキ名」「パック名」などでブログ内を検索できます。例)「閃刀姫」「EM魔術師」「コレクターズパック2018」

  • 「きりぶろ!(切り込み隊長の遊戯王ブログ)」は、遊戯王OCG/TCGの最新情報・環境デッキ・高騰カード・買取価格をまとめたブログです。

    最新パック・ストラクチャーデッキの収録カードリスト・新規カードも速報的に更新しています。

    また、最新デッキテーマのデッキレシピ・回し方・相性の良いカードなども考察しています。

    遊戯王ブログとしては異例の月間250万PVを達成!

    LINEで遊戯王の最新情報もお知らせしています。

    >> 切り込み隊長って誰? <<

    >> きりぶろLINEって何? <<

  • \遊戯王カードを高く売る方法まとめました

    「売るなら」遊戯王カードを高く売る方法

    \遊戯王カードはネットで簡単に売れる

    【遊戯王カード買取】おすすめサイトランキング