*

【宝玉獣(ほうぎょくじゅう)デッキ考察】大会優勝デッキレシピ,回し方,相性の良いカードまとめ!

公開日: : 最終更新日:2019/01/11 遊戯王 最新デッキ/デッキレシピ , ,

【宝玉獣 徹底解説】新規カード,デッキレシピ,回し方,相性の良いカード

「宝玉獣」は、アニメ遊戯王GXで「ヨハン・アンデルセン」が使用する、宝石をモチーフとしたテーマです。

遊戯王の最新パック「デュエリストパック レジェンドデュエリスト編2」で新規カードが収録され、強化が期待される注目のテーマです。

様々な新規テーマが登場し、新規カードをどのように回せば良いか、どのように構築すれば良いか、わからないことも多いと思います。

 

そこでこのページでは、改めて【宝玉獣】デッキの特徴を解説し、新規カードのカード効果・使い方を考察します。

そして、実際にサンプルデッキレシピを紹介し、デッキの回し方を解説していきます。

さらに、【宝玉獣】デッキを強化する場合のオススメの相性の良いカード・テーマもまとめていきます。

是非、【宝玉獣】デッキの構築の参考にしてみてください。

 

◆ 「デュエリストパック レジェンドデュエリスト編 2」収録テーマ

 

\箱に詰めて送るだけで遊戯王カードが売れる/

>> 現在の高額買取カードはこちら <<

 

【宝玉獣】デッキ:大会優勝/入賞デッキレシピまとめ

【宝玉獣(ほうぎょくじゅう)】デッキの大会優勝/入賞デッキを以下にまとめました。

リンクをタップすることで、デッキレシピが見られます。

【宝玉獣】デッキ:大会優勝デッキレシピ

 

遊戯王のテーマごとのデッキレシピは、【遊戯王 デッキ集】どんなデッキが作りたい?180テーマの特徴まとめ!という記事にまとめています。

「遊戯王のデッキが知りたい」「デッキレシピを知りたい」という方は、ぜひ参考にしてください。

 

【宝玉獣】デッキ:大会優勝デッキレシピ

大会で優勝した【宝玉獣】のデッキレシピはこちらです。

【宝玉獣】大会優勝デッキレシピ

【メインデッキ】(40枚)

◆ モンスター(20枚)

  • 《宝玉獣 サファイア・ペガサス》3
  • 《宝玉獣 ルビー・カーバンクル》3
  • 《宝玉獣 アメジスト・キャット》1
  • 《宝玉獣 エメラルド・タートル》1
  • 《宝玉獣 アンバー・マンモス》1
  • 《宝玉獣 コバルト・イーグル》1
  • 《宝玉獣 トパーズ・タイガー》2
  • 《究極宝玉神 レインボー・ドラゴン》1
  • 《宝玉の先導者》3
  • 《宝玉の守護者》2
  • 《灰流うらら》2

◆ 魔法(13枚)

  • 《宝玉の導き》3
  • 《宝玉の契約》2
  • 《宝玉の恵み》1
  • 《虹の古代都市-レインボー・ルイン》2
  • 《宝玉の氾濫》1
  • 《レア・ヴァリュー》1
  • 《成金ゴブリン》3

◆ 罠(7枚)

  • 《宝玉の集結》3
  • 《神の警告》1
  • 《神の宣告》1
  • 《神の通告》2

【 エクストラデッキ】(3枚)

  • 《No.39 希望皇ホープ》1
  • 《CNo.39 希望皇ホープレイ》1
  • 《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》1

【サイドデッキ】(0枚)

  •  不明

ブックマーケット野々市新庄店 非公認大会 個人戦 9月24日(日)

 

【宝玉獣】デッキ:大会優勝デッキレシピを解説

 【宝玉獣】大会優勝デッキレシピを解説

さっそく、大会優勝した【宝玉獣】デッキレシピの解説をしていきます。

構築としては、「宝玉獣」をメインにとした純構築な【宝玉獣】デッキで、手札誘発系も《灰流うらら》しか入っていません。

どのように展開していくのか詳しく見ていきましょう。

 

「宝玉獣」の展開・回し方

【宝玉獣】の回し方を紹介する前に、簡単に「宝玉獣」関連カードを紹介していきます。

「宝玉獣」モンスター・魔法・罠の効果を簡単にまとめました。

◆「宝玉獣」モンスター

  • 《宝玉獣 アメジスト・キャット》
    …直接攻撃可能(戦闘ダメージは半分)。
  • 《宝玉獣 アンバー・マンモス》
    …他の「宝玉獣」モンスターの攻撃対象を自身に変更。
  • 《宝玉獣 エメラルド・タートル》
    …発動ターン内に攻撃した自分モンスターを守備表示に変更。
  • 《宝玉獣 コバルト・イーグル》
    …自分フィールド上の「宝玉獣」カード1枚をデッキトップに戻す。
  • 《宝玉獣 サファイア・ペガサス》
    …召喚・反転召喚・特殊召喚成功時、手札・デッキ・墓地から「宝玉獣」モンスター1体を永続魔法カード扱いとして自分の魔法&罠カードゾーンに置く。
  • 《宝玉獣 トパーズ・タイガー》
    …相手モンスターに攻撃する場合、ダメージステップの間、攻撃力が400ポイントアップ。
  • 《宝玉獣 ルビー・カーバンクル》
    …特殊召喚成功時、魔法&罠カードゾーンから「宝玉獣」カードを可能な限り特殊召喚。

◆ 「宝玉獣」関連魔法・罠カード

  • 《宝玉の契約》
    …魔法&罠カードゾーンに存在する「宝玉獣」カード1枚を特殊召喚。
  • 《宝玉の氾濫》
    …魔法&罠カードゾーンの「宝玉獣」カード4枚を墓地へ送って、フィールド上のカードを全て墓地へ送る+効果で墓地へ送った相手フィールド上のカードの数まで、墓地の「宝玉獣」モンスターを可能な限り特殊召喚。
  • 《宝玉の導き》
    …魔法&罠カードゾーンに「宝玉獣」カードが2枚以上存在する場合、「宝玉獣」と名のついたモンスター1体をリクルート。
  • 《宝玉の恵み》
    …自分の墓地の「宝玉獣」モンスターを2体まで魔法&罠カードゾーンに表側表示で置く。
  • 《レア・ヴァリュー》
    …自分の魔法&罠カードゾーンに「宝玉獣」カードが2枚以上存在する場合、相手が選んだ魔法&罠カードゾーンの「宝玉獣」カード1枚を墓地へ送り、2枚ドロー。
  • 《虹の古代都市-レインボー・ルイン》
    …1枚以上:破壊耐性。
    2枚以上:1ターンに1度、戦闘ダメージを半分にできる。
    3枚以上:魔法・罠カードの発動時、自分フィールドの表側表示の「宝玉獣」モンスター1体を墓地へ送ることで、その発動を無効にし破壊する。
    4枚以上:1ターンに1度、1ドロー。5枚:1ターンに1度、魔法&罠ゾーンの「宝玉獣」カード1枚を特殊召喚する。
  • 《宝玉の集結》
    …1ターンに1度、自分フィールドの表側表示の「宝玉獣」モンスターが
    戦闘・効果で破壊された場合に「宝玉獣」モンスター1体をリクルート。魔法&罠ゾーンの表側表示の自身を墓地へ送り、「宝玉獣」カード1枚とフィールドのカード1枚をバウンス。

 

「宝玉獣」モンスター

「宝玉獣」モンスターは、モンスターカードゾーンで破壊された場合、魔法&罠カードゾーンに表側表示で置く事ができる共通効果を持っています。

その効果で置かれた「宝玉獣」モンスターを活用し、「宝玉獣」関連魔法・罠カードを駆使して戦うスタイルです。

「宝玉獣」モンスターは個々に様々な効果を持っていますが、中でも要になるのは《宝玉獣 サファイア・ペガサス》《宝玉獣 ルビー・カーバンクル》です。

 

宝玉獣 サファイア・ペガサス

《宝玉獣 サファイア・ペガサス》は手札・デッキ・墓地の「宝玉獣」モンスターを自分の魔法・罠ゾーンに置くことができます。

永続魔法扱いの「宝玉獣」を駆使するカードの発動を助ける上、デッキ圧縮にもつながります。

 

宝玉獣 ルビー・カーバンクル

《宝玉獣 ルビー・カーバンクル》は、特殊召喚時に魔法・罠ゾーンから「宝玉獣」カードを可能な限り特殊召喚できます。

《宝玉獣 サファイア・ペガサス》で魔法・罠ゾーンに「宝玉獣」を補いつつ、《宝玉の導き》や《宝玉の契約》で《宝玉獣 ルビー・カーバンクル》を特殊召喚すれば複数体「宝玉獣」モンスターを並べることが可能になります。

わざわざモンスターゾーンでの破壊を待たなくても、能動的に【宝玉獣】を回すことができるのがポイントです。

フィールド・墓地に「宝玉獣」カードを7種類貯めて《究極宝玉神 レインボー・ドラゴン》を特殊召喚できたら、かなり気持ちがいいですね。

 

「宝玉」ペンデュラムモンスターの採用

「宝玉」ペンデュラムモンスター

採用されている「宝玉」ペンデュラムモンスターはこちらです。

◆「宝玉」ペンデュラムモンスター

  • 《宝玉の先導者》
    …「究極宝玉神」モンスター及び「宝玉獣」カードに対象効果耐性付与(ペンデュラム効果)。
    自身をリリースして「究極宝玉神」モンスター、「宝玉獣」モンスター、「宝玉」魔法・罠カードのいずれか1枚をサーチ。
  • 《宝玉の守護者》
    …1ターンに1度、「究極宝玉神」モンスター、「宝玉獣」カードに効果破壊耐性(ペンデュラム効果)。
    「宝玉獣」モンスターが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時、自分の手札・フィールドのこのカードをリリースしその戦闘を行うモンスターの攻撃力・守備力をダメージ計算時のみ元々の数値の倍にする。

 

《宝玉の先導者》は「宝玉」関連カードをサーチ、《宝玉の守護者》は打点アップに使えます。

主にこれらのカードは、モンスター効果の方を多用することになると思われます。

ペンデュラム効果も強力ですが、《宝玉の氾濫》の発動条件の妨げになるので、場合によって使い分けていきましょう。

 

エクストラデッキの潔さ

「宝玉獣」エクストラデッキ

エクストラデッキの採用は《No.39 希望皇ホープ》《CNo.39 希望皇ホープレイ》《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》のみとなっており、足りない打点を補う戦法となっています。

ここまでくると逆にすがすがしいですね。

エクストラデッキにはかなりの空きがあるので、比較的レベル4モンスターが並びやすい【宝玉獣】には、他のランク4エクシーズモンスターを入れてみると良いと思います。

新規で登場する《究極宝玉神 レインボー・オーバー・ドラゴン》を取り入れてみるのも面白いですね。

 

新規「宝玉獣」関連カード

最後に、「デュエリストパック レジェンドデュエリスト編2」に収録される新規「宝玉獣」関連カードを紹介します。

◆「宝玉獣」新規関連カード

  • 《虹の架け橋》
    …「宝玉」魔法・罠カードをサーチ。
  • 《究極宝玉陣》
    …「宝玉獣」モンスターの戦闘破壊時、手札・デッキ、自分フィールドの表側表示カードの「宝玉獣」カード7種類を1枚ずつ墓地へ送ることで「究極宝玉神」融合モンスターをEXデッキから特殊召喚。表側表示の「究極宝玉神」モンスターが相手の効果で自分フィールドから離れた場合、墓地のこのカードを除外して、墓地の「宝玉獣」モンスターを任意の枚数、魔法&罠ゾーンに表側表示でおく。

 

虹の架け橋

《虹の架け橋》は今まで手段がなかった「宝玉」魔法・罠カードのサーチカードです。

このカードの登場により、【宝玉獣】デッキの序盤の展開力は大幅にアップします。

 

究極宝玉陣

《究極宝玉陣》の発動条件もかなり緩いので、《究極宝玉神 レインボー・オーバー・ドラゴン》を容易に特殊召喚することが可能です。

これらのカードを取り入れることで、また違った展開法を見せてくれるかもしれませんね。

 

▼ タップできりぶろ!を応援できます。喜びます。

遊戯王人気ブログランキング

>> 人気ブログランキングとは <<

 

【宝玉獣】デッキ:デッキレシピ

「宝玉獣」サンプルデッキレシピ

「宝玉獣」の新規カードを採用した、【宝玉獣】デッキのサンプルデッキレシピの紹介をします。

今回紹介するのは、「宝玉獣」モンスターを7種類採用した純構築の【宝玉獣】デッキです。

【メインデッキ】(40枚)

◆ モンスター(18枚)

  • 《究極宝玉神 レインボー・ドラゴン》2
  • 《宝玉獣サファイア・ペガサス》3
  • 《宝玉獣ルビー・カーバンクル》3
  • 《宝玉獣トパーズ・タイガー》1
  • 《宝玉獣コバルト・イーグル》1
  • 《宝玉獣エメラルド・タートル》1
  • 《宝玉獣アメジスト・キャット》1
  • 《宝玉獣アンバー・マンモス》1
  • 《灰流うらら》3
  • 《増殖するG》2

◆ 魔法(17枚)

  • 《虹の架け橋》3
  • 《宝玉の絆》3
  • 《宝玉の導き》3
  • 《宝玉の契約》2
  • 《レア・ヴァリュー》1
  • 《宝玉の恵み》1
  • 《宝玉の氾濫》1
  • 《ドラゴン・目覚めの旋律》1
  • 《ハーピィの羽根箒》1
  • 《ブラック・ホール》1

◆ 罠(5枚)

  • 《宝玉の集結》3
  • 《激流葬》1
  • 《究極宝玉陣》1

◆ エクストラデッキ(15枚)

  • 《究極宝玉神 レインボー・オーバー・ドラゴン》1
  • 《No.39 希望皇ホープ》1
  • 《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》1
  • 《No.20 蟻岩土ブリリアント》1
  • 《電光千鳥》1
  • 《鎖龍蛇ースカルデット》1
  • 《ヴァレルロード・ドラゴン》1
  • 《トポロジック・ボマー・ドラゴン》1
  • 《セキュリティ・ドラゴン》2
  • 《デコード・トーカー》1
  • 《アカシック・マジシャン》1
  • 《星杯戦士ニンギルス》1
  • 《ファイアウォール・ドラゴン》2

 

ドラゴン・目覚めの旋律

変わったカードの採用としては、《ドラゴン・目覚めの旋律》を採用しています。

《ドラゴン・目覚めの旋律》は、攻撃力3000以上・守備力2500以下のドラゴン族を2体サーチでき、《究極宝玉神 レインボー・ドラゴン》を2枚同時に手札に加えることができます。

 

究極宝玉神 レインボー・ドラゴン

《究極宝玉神 レインボー・ドラゴン》は、墓地に7種類の「宝玉獣」モンスターがいれば手札から何度でも特殊召喚できますので、《究極宝玉陣》で一気に墓地を肥やし、《究極宝玉神 レインボー・ドラゴン》2体で一気に勝負を決めましょう。

また、「宝玉獣」はエクストラデッキを使わないので、自由に汎用エクストラモンスターを入れることができます。

モンスターを並べることが得意なデッキなので、リンク召喚とも相性が良いです。

 

「宝玉獣」鎖龍蛇ースカルデット

リンクモンスターの中でも《鎖龍蛇ースカルデット》はおすすめです。

4体以上でリンク召喚でき、手札のいらない「宝玉獣」モンスターをデッキに戻しましょう。

流行っているエクストラデッキのモンスターを採用し、《浮幽さくら》で除外を狙っていくのも良いでしょう。

▲ 目次に戻る

\箱に詰めて送るだけで遊戯王カードが売れる/

>> 現在の高額買取カードはこちら <<

 

【宝玉獣】デッキ:回し方

【宝玉獣】デッキ:回し方

【宝玉獣】デッキの回し方・動かし方・展開方法について解説します。

回し方のポイントは以下の3点です。

◆ 【宝玉獣】デッキを回すポイント

  • 《宝玉獣サファイア・ペガサス》を使い回す
  • 《宝玉獣ルビー・カーバンクル》での大量展開
  • 《究極宝玉陣》を狙う

▲ 目次に戻る

《宝玉獣サファイア・ペガサス》を使い回す

宝玉獣サファイア・ペガサス

「宝玉獣」モンスターの中で、最優先で召喚したいモンスターが《宝玉獣サファイア・ペガサス》です。

《宝玉獣サファイア・ペガサス》は、召喚・特殊召喚成功時にデッキから「宝玉獣」モンスターを魔法・罠ゾーンに置くことができ、「宝玉」サポート魔法・罠の展開に繋げることができます。

攻撃力も1800と高めで、【宝玉獣】デッキのメインアタッカーとなります。

永続魔法化させるのは、キーカードである《宝玉獣サファイア・ペガサス》《宝玉獣ルビー・カーバンクル》を選択すると良いでしょう。

「1ターンに1度」や「自身以外の」といった制約もないので、同一ターンに何度も発動ができます。

新規カード《宝玉の絆》《虹の架け橋》の登場により、初手で《宝玉獣サファイア・ペガサス》を手札に引き込めるようになりました。

 

《宝玉獣ルビー・カーバンクル》での大量展開

宝玉獣ルビー・カーバンクル

《宝玉獣ルビー・カーバンクル》の効果を活用することで、《宝玉の絆》《宝玉の導き》からリンク4モンスターのリンク召喚が狙えます。

以下の手順で4体のモンスターが並びます。

  • ①:《宝玉の絆》で《宝玉獣ルビーカーバンクル》を永続魔法化し、《宝玉獣サファイア・ペガサス》をサーチ。
  • ②:《宝玉獣サファイアペガサス》を召喚し、更に《宝玉獣サファイア・ペガサス》を永続魔法化する。
  • ③:《宝玉の導き》を発動し、デッキから《宝玉獣ルビー・カーバンクル》を特殊召喚。《宝玉獣ルビー・カーバンクル》効果で魔法・罠ゾーンの「宝玉獣」モンスターを特殊召喚。

更にこの時、特殊召喚した《宝玉獣サファイア・ペガサス》の効果を発動することができます。

 

「宝玉獣」ワンターンキル

また、こういった大量展開の結果、《宝玉獣サファイア・ペガサス》が3体と《宝玉獣ルビー・カーバンクル》2体を並べることができれば、ワンターンキルが狙えます。

《宝玉獣ルビー・カーバンクル》2体で《No.20 蟻岩土ブリリアント》をエクシーズ召喚し、効果を発動。

攻撃力2100のモンスター4体が揃い、全てのダイレクトアタックが成功すれば、一気に8000以上のライフを削ることができます。

 

《究極宝玉陣》の発動を狙う

究極宝玉陣

新規カード《究極宝玉陣》は、「宝玉獣」モンスターを一気に7種類墓地に送り、《究極宝玉神 レインボー・オーバー・ドラゴン》を特殊召喚することができます。

このカードの発動に成功すれば、かなり有利にデュエルをすすめることができます。

ただ注意が必要なのが、「宝玉獣」モンスターが手札・デッキ・フィールドに7種類存在しない場合発動できないということです。

現環境では《宝玉獣サファイア・ペガサス》《宝玉獣ルビー・カーバンクル》以外の「宝玉獣」モンスターが役立つ機会が少なく、これらの「宝玉獣」モンスターの採用枚数は少なくなりがちです。

《究極宝玉陣》を発動する前に、1枚採用の「宝玉獣」モンスターを墓地に送らないよう気をつけましょう。

▲ 目次に戻る

▼ タップできりぶろ!を応援できます。喜びます。

遊戯王人気ブログランキング

>> 人気ブログランキングとは <<

 

【宝玉獣】デッキ:相性の良いカード・テーマ

「宝玉獣」相性の良いカード・テーマ

最後に、【宝玉獣】デッキを強化できる、相性の良いオススメのカード・テーマを紹介していきます。

◆ 相性の良いモンスター

  • 《召喚僧サモンプリースト》
  • 《レッド・リゾネーター》

◆ 相性の良い魔法

  • 《エアーズロック・サンライズ》
  • 《精神操作》

◆ 相性の良い罠

  • 《激流葬》

◆ 相性の良いテーマ

  • 「真竜」
  • 「機界騎士」

▲ 目次に戻る

《召喚僧サモンプリースト》

遊戯王カード TRC1-JP013 召喚僧サモンプリースト スーパーレア 遊戯王アーク・ファイブ [THE RARITY COLLECTION] 《召喚僧サモンプリースト》 
効果モンスター(準制限カード)
星4/闇属性/魔法使い族/攻 800/守1600
(1):このカードが召喚・反転召喚に成功した場合に発動する。
このカードを守備表示にする。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
このカードはリリースできない。
(3):1ターンに1度、手札から魔法カード1枚を捨てて発動できる。
デッキからレベル4モンスター1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン攻撃できない。(引用:遊戯王データベース

《召喚僧サモンプリースト》は、手札の魔法カードを1枚捨てることで、デッキからレベル4モンスターを特殊召喚できるモンスターです。

重要なモンスターである《宝玉獣サファイア・ペガサス》にアクセスする確率を上げることができます。

 

《レッド・リゾネーター》

遊戯王カード SPHR-JP016 レッド・リゾネーター ノーマル 遊戯王アーク・ファイブ [ハイスピード・ライダーズ] 《レッド・リゾネーター》 
チューナー・効果モンスター
星2/炎属性/悪魔族/攻 600/守 200
「レッド・リゾネーター」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
手札からレベル4以下のモンスター1体を特殊召喚する。
(2):このカードが特殊召喚に成功した時、
フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力分だけ自分はLPを回復する。(引用:遊戯王データベース

《レッド・リゾネーター》は、召喚成功時に手札からモンスターを特殊召喚することができるチューナーモンスターです。

手札の《宝玉獣ルビー・カーバンクル》を特殊召喚し効果を発動することができるので、相性が良いです。

また、《宝玉の絆》《レッド・リゾネーター》の2枚から、レベル9シンクロ《氷結界の龍 トリシューラ》をシンクロ召喚することができます。

  • ①:《宝玉の絆》でレベル4の「宝玉獣」モンスターを永続魔法化し、《宝玉獣ルビー・カーバンクル》をサーチ。
  • ②:《レッドリゾネーター》を召喚し、効果で《宝玉獣ルビー・カーバンクル》を特殊召喚。
  • ③:《宝玉獣ルビー・カーバンクル》効果で、魔法、罠ゾーンのレベル4「宝玉獣」モンスターを特殊召喚。3体でシンクロ召喚。

 

魔法・罠ゾーンに置く「宝玉獣」モンスターのレベルを変えれば、様々なレベルのシンクロモンスターをシンクロ召喚することが可能です。

このように、【宝玉獣】デッキにチューナーを入れておくと、アクセントに良いかもしれません。

シンクロモンスターでは、《獣神ヴァルカン》などが相性が良いでしょう。

 

《エアーズロック・サンライズ》

遊戯王OCG エアーズロック・サンライズ ノーマル CPL1-JP020 遊戯王アーク・ファイブ [コレクターズパック 伝説の決闘者編] 《エアーズロック・サンライズ》 
通常魔法
「エアーズロック・サンライズ」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の墓地の獣族モンスター1体を対象として発動できる。
その獣族モンスターを特殊召喚し、
相手フィールドのモンスターの攻撃力はターン終了時まで、
自分の墓地の獣族・鳥獣族・植物族モンスターの数×200ダウンする。(引用:遊戯王データベース

《エアーズロック・サンライズ》は、獣族モンスターを蘇生しながら相手のモンスターの攻撃力を下げる魔法カードです。

このカードで《宝玉獣サファイア・ペガサス》を特殊召喚することができます。

【宝玉獣】デッキの弱点である打点不足も解消でき、相性が良いです。

 

《精神操作》

遊戯王/第10期/SD32-JP028 精神操作 《精神操作》 
通常魔法
(1):相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターのコントロールをエンドフェイズまで得る。
この効果でコントロールを得たモンスターは攻撃宣言できず、リリースできない。(引用:遊戯王データベース

《精神操作》は、相手モンスターのコントロールを得る魔法カードです。

「宝玉獣」はリンク召喚と相性が良く、相手のモンスターを除去しながら高リンクのリンク召喚を狙うことができます。

 

《激流葬》

遊戯王OCG 激流葬 ノーマル SD29-JP039 遊戯王アーク・ファイブ [STRUCTURE DECK -マスター・オブ・ペンデュラム-] 《激流葬》 
通常罠
(1):モンスターが召喚・反転召喚・特殊召喚された時に発動できる。
フィールドのモンスターを全て破壊する。(引用:遊戯王データベース

《激流葬》は、モンスターの召喚・特殊召喚時に発動できる全体除去カードです。

「宝玉獣」モンスターは破壊されても魔法・罠ゾーンに残るため相手より被害が少なく、魔法・罠ゾーンの「宝玉獣」モンスターは次の展開の布石になります。

また、【宝玉獣】デッキは一気にライフを奪う手段が多いので、相手の場のモンスターを一掃した後、ワンターンキルに繋げることができます。

▲ 目次に戻る

「真竜」

「宝玉獣」相性の良いテーマ「真竜」(しんりゅう)

「真竜(しんりゅう)」は、永続魔法・永続罠をリリースしてアドバンス召喚するデッキテーマです。

「宝玉獣」モンスターは破壊されると自然と魔法・罠ゾーンに永続魔法として置かれるので、相性が良いです。

 

「機界騎士」

「宝玉獣」相性の良いテーマ「機界騎士」

「機界騎士(ジャックナイツ)」は、同列に2枚以上のカードがある場合に、手札から特殊召喚できるデッキテーマです。

《宝玉獣サファイア・ペガサス》《宝玉の絆》を使い、永続魔法化された「宝玉獣」モンスターと相手カードで、同列に2枚の状況を作り、「機界騎士」の特殊召喚が狙えます。

「宝玉獣」の打点不足も解消でき、相性が良さそうです。

▲ 目次に戻る

\箱に詰めて送るだけで遊戯王カードが売れる/

>> 現在の高額買取カードはこちら <<

 

「宝玉獣」とは

宝玉獣とは

まず、【宝玉獣(ほうぎょくじゅう)】というデッキテーマについて説明していきます。

【宝玉獣】は、7種類のモンスターが存在し、いずれも「このカードがモンスターゾーンで破壊された時に、墓地へは行かずに魔法・罠ゾーンに表側表示で置くことができる」という共通効果を持ちます。

▲ 目次に戻る

宝玉獣ルビー・カーバンクル

キーカードである《宝玉獣ルビー・カーバンクル》は、自身が特殊召喚に成功した時に自分の魔法・罠ゾーンから「宝玉獣」モンスターを可能な限り特殊召喚することができます。

【宝玉獣】モンスターを魔法・罠ゾーンにためて、《宝玉獣ルビー・カーバンクル》の効果で一気に展開していくのが主な戦い方になります。

 

宝玉獣サファイア・ペガサス

《宝玉獣サファイア・ペガサス》は、召喚・特殊召喚・反転召喚に成功した時に、デッキから「宝玉獣」モンスターを魔法・罠ゾーンに置くことができるモンスターです。

効率良く魔法・罠ゾーンに【宝玉獣】モンスターを溜めるために、非常に重要な役割を持ちます。

 

究極宝玉神 レインボー・ドラゴン

また、「宝玉獣」には《究極宝玉神 レインボー・ドラゴン》という大型モンスターが存在します。

《究極宝玉神 レインボー・ドラゴン》は、「宝玉獣」モンスターが7種類存在する時に特殊召喚することができ、自身の攻撃力を上げる効果とフィールドのカードを全てデッキに戻す効果を持ちます。

ただ、特殊召喚したターンには効果を発動できないというデメリットがあるので、注意が必要です。

▲ 目次に戻る

\箱に詰めて送るだけで遊戯王カードが売れる/

>> 現在の高額買取カードはこちら <<

 

「宝玉獣」既存・新規カード

次は、【宝玉獣】関連カードの画像・効果・ステータスを紹介し、簡単に解説していきます。

「宝玉獣」の新規カード・既存カードの順番に紹介していきます。

 

「宝玉獣」新規カード

【宝玉獣】新規カード

「宝玉獣」新規カードは、以下の4枚が判明しています。

どれも「デュエリストパック レジェンドデュエリスト編2」に収録されています。

それぞれ、画像・ステータス・カード効果を紹介し、特徴・活用方法・デッキの採用について解説・考察していきます。

◆ 「宝玉獣」新規カード

  • 《究極宝玉神 レインボー・オーバー・ドラゴン》
  • 《虹の架け橋》
  • 《宝玉の絆》
  • 《究極宝玉陣》

 

《究極宝玉神 レインボー・オーバー・ドラゴン》

遊戯王/究極宝玉神 レインボー・オーバー・ドラゴン(ウルトラレア)/デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2- 《究極宝玉神 レインボー・オーバー・ドラゴン》
レベル12/光属性/ドラゴン族/融合/効果/ATK 4000/DEF 0
「宝玉獣」モンスター×7
このカードは融合召喚及び以下の方法でのみ特殊召喚できる。
●自分フィールドのレベル10の「究極宝玉神」モンスター1体をリリースした場合にEXデッキから特殊召喚できる(融合は必要としない)
①:1ターンに1度、自分の墓地から「宝玉獣?」モンスター1体を除外して発動できる。
このカードの攻撃力はターン終了時まで、除外したモンスターの攻撃力分アップする。
②:融合召喚したこのカードをリリースして発動できる。
フィールドのカードを全て持ち主のデッキに戻す。
この効果は相手ターンでも発動できる。(引用:遊戯王データベース

《究極宝玉神 レインボー・オーバー・ドラゴン》は、レベル10の「究極宝玉神」モンスターをリリースすることで特殊召喚できる「究極宝玉神」融合モンスターです。

《究極宝玉神 レインボー・ドラゴン》と似た効果を持っていますが、《究極宝玉神 レインボー・ドラゴン》は特殊召喚したターンに効果を発動できないので、それだけでも上位の効果を持つモンスターといえます。

②効果の「フィールドのカード全てをデッキバウンスする効果」が誘発即時効果になっているのが大きなポイントで、後述する新規カード《究極宝玉陣》で相手ターンに特殊召喚することに成功すれば、エンドフェイズに相手の展開した場のカードを全てデッキに戻すことができます。

その後、自分のターンで《ドラゴン・目覚めの戦慄》を使い《究極宝玉神 レインボー・ドラゴン》を2枚サーチすれば、4000打点のモンスター2体で1ターンキルが狙えます。

この動きが新たな【宝玉獣】デッキの勝ちパターンですね。

 

《宝玉の絆》

遊戯王/宝玉の絆(スーパーレア)/デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2- 《宝玉の絆》
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):デッキから「宝玉獣」モンスター1体を手札に加え、
そのモンスターとカード名が異なる「宝玉獣」モンスター1体をデッキから選び、
永続魔法カード扱いとして自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く。(引用:遊戯王データベース

《宝玉の絆》は、デッキから「宝玉獣」モンスターを魔法・罠ゾーンに置いて、「宝玉獣」モンスターを手札に加えるサーチカードです。

元々【宝玉獣】デッキは初手に《宝玉獣サファイア・ペガサス》を握れるかどうかが非常に重要だったため、このカードは待望のサーチカードです。

《宝玉の絆》で魔法・罠ゾーンに「宝玉獣」モンスターを置いて、サーチした《宝玉獣サファイア・ペガサス》を召喚し、更に「宝玉獣」モンスターを魔法・罠ゾーンに置くことで3種類の「宝玉獣」モンスターを揃えることができます。

1枚から2枚の「宝玉獣」モンスターを魔法・罠ゾーンに置くことができるので、《宝玉の導き》や《レア・ヴァリュー》の発動条件を簡単に満たすことができます。

《宝玉の導き》で《宝玉獣ルビー・カーバンクル》を特殊召喚し、効果を発動すれば一気に4体のモンスターが並び、リンク4モンスターの特殊召喚に繋げることもできます。

また、カード名に「宝玉」と付いており、後述する新規カード《虹の架け橋》でサーチすることもできます。

このカードの登場により、【宝玉獣】デッキの初手の安定性が一気に増しました。

 

《虹の架け橋》

遊戯王/虹の架け橋(ノーマル)/デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2- 《虹の架け橋》 
通常魔法
(1):デッキから「宝玉」魔法・罠カード1枚を手札に加える。(引用:遊戯王データベース

《虹の架け橋》は、「宝玉」魔法・罠カードを手札に加えることができるサーチ魔法カードです。

前述の《宝玉の絆》もサーチすることができ、【宝玉獣】デッキであればほぼ全てのカードにアクセスすることができます。

このカードの登場によって、更に初手から《宝玉獣サファイア・ペガサス》を召喚できる確率が上がりました。

 

《究極宝玉陣》

遊戯王/究極宝玉陣(スーパーレア)/デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2- 《究極宝玉陣》
通常罠
①:自分の「宝玉獣」モンスターが戦闘で破壊された時に、手札・デッキ及び自分フィールドの表側表示カードの中から、「宝玉獣」カード7種類を1枚ずつ墓地へ送って発動できる。「究極宝玉神」融合モンスター1体を融合召喚扱いとしてEXデッキから特殊召喚する。
②:表側表示の「究極宝玉神」モンスターが相手の効果で自分フィールドから離れた場合、墓地のこのカードを除外して発動できる。自分の墓地の「宝玉獣」モンスターを任意の数だけ選び、永続魔法扱いとして自分の魔法&罠ゾーンに表側表示でおく。(引用:遊戯王データベース

《究極宝玉陣》は、「宝玉獣」モンスターが戦闘で破壊された時にデッキ・手札・フィールドから7種類の「宝玉獣」モンスターを1枚ずつ墓地に送り、《究極宝玉神 レインボー・オーバー・ドラゴン》を融合召喚扱いで特殊召喚できる罠カードです。

このカード1枚で、墓地を大量に肥やしながら、簡単に大型モンスターにつなげることができます。

新規カードの《虹の架け橋》でもサーチができますが、サーチをしてしまうと、相手は戦闘破壊を避けるように展開するでしょう。

その場合、あえて自分から攻撃力の高い相手モンスターに攻撃し、効果を発動しても良いと思います。

さらに《究極宝玉陣》は、「究極宝玉神」モンスターが相手の効果で場から離れた場合に、墓地から《究極宝玉陣》を除外することで、墓地の「宝玉獣」モンスターを魔法・罠ゾーンに任意の枚数置くことができます。

特殊召喚した《究極宝玉神 レインボー・オーバー・ドラゴン》をすぐに処理されてしまった場合でも、次の展開に備えることができます。

▲ 目次に戻る

「宝玉獣」既存カード

【宝玉獣】既存カード

「宝玉獣」の既存カードは、モンスターが10枚、魔法・罠カードが11枚存在しています。

多くのサポートカードが存在しますが、実際に使われるカードはそう多くはありません。

◆「宝玉」モンスター

【共通効果】モンスターゾーンで破壊された時に、墓地へ送らず魔法・罠ゾーンに表側表示で置くことができる。

  • 《宝玉獣サファイア・ペガサス》
    …召喚・特殊召喚・反転召喚成功時に「宝玉獣」モンスターを表側表示で魔法・罠ゾーンに置くことができる。
  • 《宝玉獣ルビー・カーバンクル》
    …特殊召喚成功時、魔法・罠ゾーンの「宝玉獣」モンスターを可能な限り特殊召喚。
  • 《宝玉獣トパーズ・タイガー》
    …モンスターに攻撃する場合、攻撃力が上がり2000になる。
  • 《宝玉獣アンバー・マンモス》
    …「宝玉獣」モンスターが攻撃された場合、このカードに攻撃対象を変更できる。
  • 《宝玉獣コバルト・イーグル》
    …「宝玉獣」カードをデッキトップに戻す。
  • 《宝玉獣アメジスト・キャット》
    …ダイレクトアタックできる。
  • 《宝玉獣エメラルド・タートル》
    …攻撃をおこなったモンスターを守備表示に変更することができる。
  • 《宝玉の先導者》
    …ペンデュラム効果 Pゾーンに存在する時に、「宝玉獣」モンスターと「究極宝玉神」モンスターに対象耐性を付ける。
    …モンスター効果 自身をリリースして「究極宝玉神」「宝玉獣」モンスター、「宝玉」魔法・罠カードのサーチ。
  • 《宝玉の守護者》
    …ペンデュラム効果 Pゾーンに存在する時に、「宝玉獣」モンスターと「究極宝玉神」モンスターに破壊耐性を付ける。
    …モンスター効果 「宝玉獣」モンスターが相手モンスターとの戦闘時に、手札・フィールドのこのカードをリリースすることで攻守を倍にアップ。
  • 《究極宝玉神レインボー・ドラゴン》
    …「宝玉獣」モンスターが7種ある時に特殊召喚可。自分フィールドの「宝玉獣「モンスターを墓地に送って、送った枚数×1000攻撃力アップ。墓地の「宝玉獣」モンスターを全て除外して、フィールドのカード全てをデッキバウンス。

◆「宝玉」魔法カード

  • 《宝玉の導き》
    …魔法・罠ゾーンに「宝玉獣」が2枚以上ある時に、デッキから「宝玉獣」を特殊召喚。
  • 《宝玉の契約》
    …魔法・罠ゾーンの「宝玉獣」を特殊召喚する。
  • 《宝玉の恵み》
    …墓地の「宝玉獣」モンスターを2枚まで魔法・罠ゾーンに置く。
  • 《宝玉の解放》
    …装備魔法。攻撃力800アップ。フィールドから墓地に送られた時にデッキから「宝玉獣」を魔法・罠ゾーンに置く。
  • 《宝玉の氾濫》
    …魔法・罠ゾーンの「宝玉獣」モンスター4体を墓地に送って発動。フィールドのカードを全て墓地に送る。この効果で相手のカードを墓地に送った分だけ墓地から「宝玉獣」を特殊召喚できる。
  • 《虹の古代都市 レインボー・ルイン》
    …魔法・罠ゾーンの「宝玉獣」モンスターの数によって効果が増える。3枚あれば魔法・罠カードの発動を無効にすることができ、4枚あればノーコストで1ドローができる。
  • 《レア・ヴァリュー》
    …魔法・罠ゾーンに2枚以上「宝玉獣」がある場合、1枚を墓地に送って2ドロー。
  • 《アドバンスド・ダーク》
    …「宝玉獣」モンスターを闇属性として扱う効果と、墓地肥やしの効果等を持つフィールド魔法。
  • 《宝玉の樹》
    …永続魔法。「宝玉獣」が魔法・罠ゾーンに置かれるたびにカウンターが乗り、このカードを墓地に送ることでカウンターの数だけデッキから魔法・罠ゾーンに宝玉獣を置く。

◆「宝玉」罠カード

  • 《宝玉の祈り》
    …魔法・罠ゾーンの「宝玉獣」モンスターを墓地に送り、相手カード1枚破壊。
  • 《虹の引力》
    …「宝玉獣」モンスターが7種類ある時に、デッキか墓地から「究極宝玉神」モンスターを特殊召喚。
  • 《宝玉の集結》
    …永続罠。「宝玉獣」が破壊された時にデッキから「宝玉獣」をリクルート。自身を墓地に送り、「宝玉獣」カードとフィールドのカード1枚をバウンス。

▲ 目次に戻る

▼ タップできりぶろ!を応援できます。喜びます。

遊戯王人気ブログランキング

>> 人気ブログランキングとは <<

 

まとめ

11番

いかがだったでしょうか。

「デュエリストパック レジェンドデュエリスト編2」で強化される【宝玉獣】デッキの既存カード・新規カードを紹介し、サンプルデッキレシピ・回し方を解説・考察しました。

【宝玉獣】デッキはかなり昔からあるテーマなので、新規を待ち望んでいた方も多いのではないでしょうか。

シンプルなサーチカードが登場するのは本当に嬉しいですね。

引き続き、遊戯王の新規テーマについて記事にしていきます。

それでは、またお会いしましょう。

 

◆ 「デュエリストパック レジェンドデュエリスト編 2」収録テーマ

 

◆ 「遊戯王 環境デッキ」おすすめ記事

【遊戯王 2019年2月環境】最強デッキランキング: 大会優勝デッキレシピ300個以上まとめ

【遊戯王 環境デッキ】環境上位〜中堅デッキまとめ【2018年度版】

「遊戯王 環境デッキ/優勝デッキレシピ」記事一覧まとめ

 

◆ 「遊戯王 デッキ」おすすめ記事

【遊戯王 デッキ集】どんなデッキが作りたい?170テーマの特徴まとめ!

「遊戯王 最新デッキ/デッキレシピ」記事一覧まとめ

 

 

\箱に詰めて送るだけで遊戯王カードが売れる/

あなたにオススメの遊戯王記事はこちら

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 「テーマ名」「デッキ名」「パック名」などでブログ内を検索できます。例)「閃刀姫」「EM魔術師」「サベージ・ストライク」

  • きりぶろLINE

    \ おかげさまで友だち5,000人突破!! 

    きりぶろLINE

    * 新規友だちは停止中。予約待ちできます

    ◆ きりぶろLINEの3つのメリット

    ・①:遊戯王の最新情報高騰情報をお届け
    ・②:LINE限定記事×2を特別公開
    ・③:完全無料、いつでも解除できます

    ◆ きりぶろLINEの限定記事×2

    ・最新情報を集める5つ+αの方法
    ・高騰カードを見つける3つの方法

    友だち数が5,000に到達しましたので、新規友だち募集は停止しました。
    参加希望の方は、LINEボタンから参加の予約ができます。
    準備が整い次第、予約してくれた方から優先に友だち追加します。

    きりぶろLINEの配信内容や特典については、【きりぶろLINE5,000突破!!】遊戯王の最新情報,高騰カードや限定記事をLINEにお届け!で紹介しています。

  • 【遊戯王カード買取】おすすめサイトランキング TOP 4: 高額買取ショップの選び方/使い方

    【1位】 トレトク
    トレトク
    【おすすめポイント】
    ◯:遊戯王カード専門買取サイト
    ◯:ノーマル・レアの仕分けが不要
    ◯:買取実績圧倒的(累計160万件)
    ◯:多くのブログでオススメされるNo.1買取サイト

    【2位】ホビーコレクト
    ホビーコレクト
    【おすすめポイント】
    ◯:ホビー専門買取サイト
    ◯:ノーマル・レアの仕分けが不要
    ◯:フィギュア・アニメグッズも買取可能
    ×:買取金額の明細が見れない
    【3位】Next One(ネクストワン)
    ネクストワン
    【おすすめポイント】
    ◯:遊戯王カード専門買取サイト
    ×:ノーマル・レアの仕分けが必要
    ×:買取金額の明細が見れない
    ×:Webサイトがかなり使いにくい

    買取サイトの使い方/選び方については【遊戯王 買取サイト】おすすめランキング TOP 3: 高額買取ショップの選び方/使い方で解説しています。

  • 遊戯王環境デッキランキング

    遊戯王環境デッキ

    遊戯王デッキ集

    遊戯王 最新情報 最新パック/ストラクチャーデッキ

    遊戯王高騰カードと相場

  • 遊戯王の最新情報・環境デッキ・高騰カード・買取価格の速報まとめブログ

    「きりぶろ!(切り込み隊長の遊戯王ブログ)」は、遊戯王OCG/TCGの最新情報・環境デッキ・高騰カード・買取価格をまとめたブログです。

    最新パック・ストラクチャーデッキの収録カードリスト・新規カードも速報的に更新しています。

    また、最新デッキテーマのデッキレシピ・回し方・相性の良いカードなども考察しています。

    遊戯王ブログとしては異例の月間250万PVを達成!遊戯王人気ブログランキングでも1位の常連です。

    *きりぶろ!はリンクフリーです。自由にシェアしてください。

     

    ● ブログの更新情報をLINEで配信中

    きりぶろLINEの詳細はこちら

    ● 遊戯王記事を執筆する”ブログライター”を募集中

    ブログライターの詳細はこちら

    ● ブログへの広告掲載は「お問い合わせ」へ

    お問い合わせはこちら

  • きりぶろ 切り込み隊長

    遊戯王ブログ「きりぶろ!」を約3年運営してます。遊戯王歴は約10年。

    最近のお気に入りデッキは【サラマングレイト】【列車】【魔弾】【不知火】【魔妖】です。

    ガチデッキも好き。ファンデッキはもっと好き。

    遊戯王OCGの最新パック/ストラクは必ず3箱買います。

    >> 切り込み隊長って誰? <<

  • \遊戯王カードを高く売る方法まとめました/

    「売るなら」遊戯王カードを高く売る方法

    \遊戯王カードはネットで簡単に売れる/

    【遊戯王カード買取】おすすめサイトランキング