*

【遊戯王VRAINS(ヴレインズ)31話】「終末のトリガー」感想&あらすじ

公開日: : 最終更新日:2017/12/25 コラム , ,

【遊戯王VRAINS(ヴレインズ)31話】「終末のトリガー」感想&あらすじ

アニメ遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第31話「終末のトリガー」の感想&あらすじを紹介する記事です。

12月13日に【遊☆戯☆王VRAINS(ヴレインズ)】の31話「終末のトリガー」が放送されました。

皆さんはご覧になりましたか?

今週も【遊☆戯☆王VRAINS】第31話を視聴してみた感想をお送りしたいと思います。

最後までお付き合いよろしくお願いします。

 

SPONCERD LINK

 

【遊☆戯☆王VRAINS】第31話を視聴してみた感想

それでは、【遊☆戯☆王VRAINS】第31話を視聴してみた感想をまとめていきます。

 

「ゴーストガール」対「リボルバー」戦の続き

引き続き、下水路から現れた謎のデータの化物に追われる「Playmaker」。

 

走り回っている一方で「ゴーストガール」と「リボルバー」のデュエルが開始されます。

 

先攻の「ゴーストガール」ターンを終了し、返しのターンを迎える「リボルバー」。

《ゲートウェイ・ドラゴン》を召喚し、効果で手札の《スニッフィング・ドラゴン》を特殊召喚します。

《スニッフィング・ドラゴン》の効果で新たな《スニッフィング・ドラゴン》をサーチ。

続けて、手札の《バックグランド・ドラゴン》を捨て、《デフラドラグーン》を特殊召喚します。

 

ここで未来回路を展開!

《ゲートウェイ・ドラゴン》、《スニッフィング・ドラゴン》で《ツイン・トライアングル・ドラゴン》をリンク召喚します。

 

その上《ツイン・トライアングル・ドラゴン》の効果でライフを500払うことで、先ほど捨てた《バックグランド・ドラゴン》を蘇生します。

LINK-2と効果モンスターが2体・・・さらなる未来回路を展開!!

《トポロジック・ボマー・ドラゴン》をリンク召喚します。

 

デュエルが長引けば、圧倒的に不利と感じていた「ゴーストガール」をよそに、後攻1ターン目からの登場です。

あれだけ敵対していた「サイバース」ですが、スピードデュエルでは相棒化してますね。

 

「リボルバー」はカードを1枚セットし、バトルフェイズへ移行。

《トポロジック・ボマー・ドラゴン》で《オルターガイスト・マリオネッター》を攻撃しますが、手札の《オルターガイスト・クンティエリ》を特殊召喚することで攻撃を回避。

《オルターガイスト・クンティエリ》の効果で《トポロジック・ボマー・ドラゴン》の効果も無効化します。

 

「オルターガイスト」の展開

お宝探しに来たのに、とんでもないものを見つけてしまった「ゴーストガール」は何としてもデュエルに勝利し、ここを抜け出したいところ。

 

ターンは「ゴーストガール」に移ります。

《オルターガイスト・シルキタス》を通常召喚と同時に《オルターガイスト・プロトコル》を発動。

 

《オルターガイスト・シルキタス》の効果で、《オルターガイスト・プロトコル》と《トポロジック・ボマー・ドラゴン》をバウンスします。

意外とあっけなく退場する《トポロジック・ボマー・ドラゴン》ですねw

 

ここで、いけると確信した「ゴーストガール」はサーキットを展開!

《オルターガイスト・シルキタス》と《オルターガイスト・クンティエリ》で、新規リンクモンスター《オルターガイスト・キードゥルガー》をリンク召喚します。

 

効果を活用していくのかと思いきや、再度サーキットを展開?!

《オルターガイスト・キードゥルガー》と《オルターガイスト・マリオネッター》で《オルターガイスト・プライムバンシー》をリンク召喚します。

 

墓地に「オルタ―ガイスト」が溜まったことで、《オルターガイスト・マテリアリゼーション》を発動。

「いま必要なのは攻撃力じゃなく、チャンスを活かす効果」と判断し、《オルターガイスト・キードゥルガー》を蘇生します。

セットカードに臆することなく、バトルフェイズへ。

《オルターガイスト・プライムバンシー》でダイレクトアタックし、「リボルバー」をデータの集合体まで吹き飛ばしつつ、ライフを1400まで削ります。

 

反動で飛ばされた「リボルバー」ですが、集合体を踏み台にDボードに戻ります。

意外と硬いんですね、データって・・・w

 

《オルターガイスト・プライムバンシー》が戦闘ダメージを与えたことで、《オルターガイスト・キードゥルガー》の効果が発動。

自身のリンク先に「リボルバー」の《ツイン・トライアングル・ドラゴン》を蘇生します。

勝利を確信した「ゴーストガール」は《オルターガイスト・キードゥルガー》でダイレクトアタック。

オルターガイスト・キードゥルガー

 

《ツイン・トライアングル・ドラゴン》が決まれば・・・というところで「リボルバー」は罠カードを発動。

 

この発動はすさまじかったらしく、場外の草薙さんのPCまで反応を検知します。

 

延々と走ったせいで「Playmaker」もバテバテのご様子。

しかし道は行き止まりに。万事休すかと思いきや、先ほどの罠カードから放たれた光の影響で消え去る怪物。

いままでの苦労は何だったのかw

「Playmaker」は出所を確かめるべく、光があふれてきた亀裂をたどることにします。

また延々と走るのかと思いきや、あっという間にシステムの中枢に着いちゃいます。

 

第二の良き力

罠カードにより「ゴーストガール」のモンスターは全滅。

何故ダメージを受け続けていたのか・・・それはスキルの発動条件を満たすためでした。

見抜けなかった「ゴーストガール」を三流と「リボルバー」は罵りますが、まだあきらめるわけにはいきません。

 

《オルターガイスト・プライムバンシー》が破壊されたことで、《オルターガイスト・マリオネッター》をサルベージ。

《ストームアクセス》を使われないよう、「ゴーストガール」はスキル《シークレット・キュア》を発動。

 

モンスターが出るまでドローし、最初に引いたモンスターの攻撃力分のライフをお互いに回復させ、「リボルバー」のスキルの発動条件であるライフ1000が以下になることを回避しようとします。

運命のドロー。

しかし引きあてたのは《オルターガイスト・クンティエリ》。

 

攻撃力0なのでライフポイントは回復しません。

「運にも見放されたか」と「リボルバー」。「ゴーストガール」は奇しくもターンエンドです。

 

続いて「リボルバー」のターン。

「ゴーストガール」はスタンバイフェイズ時に、再び《オルターガイスト・プロトコル》を発動。

いろいろな展開を計算にいれて対応しようとします。

 

しかし、「リボルバー」は手札からカウンター罠《レッド・リブート》を発動。

《オルターガイスト・プロトコル》をセットした状態に戻します。

さらに相手はデッキから罠カードをセットすることができますが、《レッド・リブート》の発動ターンは使用することができません。

 

アドバンテージは「ゴーストガール」の方が有利ですが、「自分が生き残れると思っているのか?」と「リボルバー」。

ここから大きく動きます。

 

墓地の《バックグランド・ドラゴン》の効果を発動。

自分フィールドにモンスターが存在しないとき、自身を蘇生するとともに、手札から《スニッフィング・ドラゴン》を特殊召喚します。

そして《スニッフィング・ドラゴン》の効果で3枚目の《スニッフィング・ドラゴン》をサーチし、そのまま通常召喚。

ここでデータストームを呼び起こし、スキル《ストームアクセス》を発動します。

 

良き力を手にした「リボルバー」。未来回路を展開!

《バックグランド・ドラゴン》、《スニッフィング・ドラゴン》2体で、新規リンクモンスター《トポロジック・トゥリスバエナ》をリンク召喚します。

 

新たな「トポロジック」モンスターの登場です。

さらに墓地の《デフラドラグーン》の効果を発動。《スニッフィング・ドラゴン》3体を墓地から除外する事で、自身を蘇生します。

《トポロジック・トゥリスバエナ》のリンク先にモンスターが特殊召喚された事で《トポロジック・トゥリスバエナ》の効果も発動。

 

特殊召喚された《スニッフィング・ドラゴン》とフィールドの魔法・罠カードを全て除外し、除外された相手のカードの数×500のダメージを与えます。

「ゴーストガール」のカードは魔法罠の伏せカード3枚、1500のダメージを受けてしまいます。

そしてガラ空きになった「ゴーストガール」のフィールド。

《トポロジック・トゥリスバエナ》のダイレクトアタックが決まり、「リボルバー」の勝利が確定しました。

 

ハノイの塔、始動!

敗北した「ゴーストガール」

それを助けようと「Playmaker」は必死にゲートを開けようとしますが、思うようにいきません。

「そんなことより」と自分が手にしたお宝を「ゴーストガール」はホタルちゃんを使って「Playmaker」のディスクに転送します。

 

と同時に、あの罠カードの恐ろしさを伝え、「ゴーストガール」は消滅してしまいます。

 

再び対峙する「Playmaker」と「リボルバー」。

システムの中枢の崩壊とともにその場を後にする「リボルバー」にいらだちが抑えきれない「Playmaker」。

 

大変なことになっているのに現状が見えていないため、あえなく「Ai」は強制的にログアウトします。

 

カエル&ハトコンビが「平和だな~」としみじみ思っていると、突如巨大な塔が地面を突き破って現れます。

ログアウトした遊作もリンクヴレインズ内の状況を確認。

 

ついにハノイの塔が始動します。

 

と、今回はここまで。

次回の遊戯王VRAINS32話は、「ハノイの塔」です。

 

SPONCERD LINK

 

まとめ

鳩鷺(はとさぎ)

いかかだったでしょうか。

「ゴーストガール」、「リボルバー」ともに、新規リンクモンスターが登場してので、次のパックも楽しみですね。

「オルタ―ガイスト」を寄せ付けない、あの罠カードも気になりますね。

次週も【遊☆戯☆王VRAINS】について記事にしていきます。

それでは、またお会いしましょう。

 

◆ 感想・あらすじ

【30話感想】「奈落への扉」感想&あらすじ

【32話感想】「ハノイの塔」感想&あらすじ

 

この記事を書いた人
鳩鷺(はとさぎ)@hatosagi

鳩鷺(はとさぎ)
きりぶろ!のライター。遊戯王の環境情報やアニメのあらすじをまとめている。
鳩鷺さんの記事
きりぶろライター募集中

 

遊戯王VRAINS アニメDVD

【予約】 遊戯王VRAINS DUEL-2

遊戯王VRAINS DUEL-2

「遊戯王VRAINS」のアニメDVD2巻、『遊戯王VRAINS DUEL-2』が2018年1月17日に発売されます。14話〜25話が収録されます。

【予約】遊戯王VRAINS DUEL-2(Amazon)最安価

【予約】遊戯王VRAINS DUEL-2(楽天市場)

【予約】遊戯王VRAINS DUEL-2(Yahoo!ショッピング)

 

商品情報・予約情報は、こちらの記事にまとめています。

『遊戯王VRAINS DUEL-2』予約開始!価格比較/商品情報まとめ!

 

【発売中】遊戯王VRAINS DUEL-1

遊戯王VRAINS DUEL-1

『遊戯王VRAINS DUEL-1』も発売中です。1話〜13話が収録されています。

【発売中】遊戯王VRAINS DUEL-1(Amazon)最安価

【発売中】遊戯王VRAINS DUEL-1(楽天市場)

【発売中】遊戯王VRAINS DUEL-1(Yahoo!ショッピング)

 

※ 遊戯王の最新商品

遊戯王最新商品情報

今後発売する遊戯王の最新商品の予約情報を、以下の表にまとめました。

Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングの該当ページと、収録カード一覧へのリンクを設置しています。

基本的に送料無料のAmazonが一番安い場合が多いです。

【8/18】 20th ANNIVERSARYSET
Amazon(送料無料) 楽天市場
Yahoo!ショッピング 収録カード一覧
【7/14】 ソウル・フュージョン
Amazon(送料無料) 楽天市場
Yahoo!ショッピング 収録カード一覧
【6/23】 ストラクチャーデッキ マスター・リンク
Amazon(送料無料) 楽天市場
Yahoo!ショッピング 収録カード一覧
【6/9】 デュエリストパック レジェンドデュエリスト編3
Amazon(送料無料) 楽天市場
Yahoo!ショッピング 収録カード一覧
【5/12】コレクターズパック2018
「コレクターズパック2018」 Amazon(送料無料) 楽天市場
Yahoo!ショッピング 収録カード一覧

SPONCERD LINK

関連記事

Comment

  1. ZERO より:

    等々始まった「LINK VRAINS」の戦場!ハノイの塔が完成したことでゴーストガールに続き犠牲者が増加した。まるでアカウントが消滅したことで現実世界の人間はアカウントが消滅し死んだことになっている。再び「LINK VRAINS」へ行ったPlaymakerとGo鬼塚とブルーエンジェル!ハノイの騎士リーダー:リボルバーを見つけ出す頃、ブルーエンジェルはハノイの騎士No.2:スペクターと出会う。そして、北村はAI部隊を全滅したことで新型を開発できない。底で北村はハノイの残党共を捕まえるがそれは手がなかった。今や「LINK VRAINS」は戦場貸してる。ハノイの騎士VSSOLテクノロジー社VSデュエリストの三つ巴の闘戦が開幕する。

  2. ZERO より:

    遊戯王VRAINS 第1期はサイバー事件編で放送終了となります。遂に遊戯王VRAINS 第2期に突入します。2年後を舞台としたDEN Cityを表現したいです。底で遊戯王VRAINS 第1期のクライマックスに第2期に登場するキャラを第1期のクライマックスに未公開キャラとして「サイバー事件」を見守り遊作を助け出す。

  3. ZERO より:

    遊戯王VRAINS 第1期クライマックスに新たな異変は3つ。1つ.Aiはサイバース世界のイグニス達を復活して遊作を含むロスト事件被害者が目立たない所に顔を出す。そして、遊作を助け出す新たな仲間に出会う。
    2つ.ハノイの騎士とSOLテクノロジー社に続く謎の組織「RIOLクライシス社」が現れハノイの塔を越える力を貸す。
    3つ、SOLテクノロジー社治安維持局社長が「サイバー事件」の後、北村セキュリティ部長の失脚を得て北村を襲撃する。

  4. ZERO より:

    後もう一つメッセージを送ります。決着をつける遊作とリボルバーと財前晃の3人が遂に決着をつける。サイバー事件は唯の事件ではない歴史を変える者である。消滅した人間は死者から世み替えない。だがリボルバーとの決着を疲ればサイバー事件は終わる、Playmaker VS リボルバー VS 財前晃の決着で生き残るのは1人、人類の命運を懸ける。そして、サイバー事件の後、Den CityやLINK VRAINSで高い変化を得る。

  5. ZERO より:

    Den Cityの電脳世界「LINK VRAINS」中半の世界「CENTRAL ZONE」に突入する。「CENTRAL ZONE」は「STAR DUST ROAD」が発症の地に向かっている。その「STAR DUST ROAD」が「LINK VRAINS」後半の世界になっている。「CENTRAL ZONE」は未知なる決闘者が底に行き本物のヤバイ連中が集まる場所。

  6. ZERO より:

    VR空間
    前半「LINK VRAINS」
    中半「CENTRAL ZONE」
    後半「STAR DUST ROAD」

  7. ZERO より:

    カリスマデュエリストはGo鬼塚とブルーエンジェルの2人だが、4話で財前晃がファイルを見た8人のカリスマデュエリスト、その中にGo鬼塚が入ってた。ブルーエンジェルを含めば9人になっている。未だ麻が一つ残っている。島がブレイヴ・マックスに変身していたから恐らく10人目のカリスマデュエリストはブレイヴ・マックスに認定する筈だろう。そして、人工知能政府専用航路「CENTRAL ZONE」の一角となる。カリスマデュエリスト、ハノイの騎士、SOLテクノロジー社、LAGNAテクノロジー社の4つになるだろう。

  8. ZERO より:

    LAGNAテクノロジー社が別名「イグドラシルSWORD」と呼ばれた事がある。新任カリスマデュエリスト ブレイヴ・マックスがGo鬼塚とブルーエンジェルの仲間入りとなり「LINK VRAINS」専用大戦「CENTRAL ZONE」はSOLテクノロジー社、ハノイの騎士、カリスマデュエリスト、「イグドラシルSWORD」の四大組織に分かれている。

  9. ZERO より:

    「ロスト事件の被害者」
    草薙仁
    藤木遊作
    篠盛伊吹
    中上紗織
    松井夢阿
    ソフィア・ブラギナ

  10. ZERO より:

    ブルーエンジェルと闘うのはリボルバーの補佐官のしてハノイの騎士のサブリーダー「スペクター」と闘う。「スペクター」が操る《アナグラム》は寄り強い効果を持つ、まさかリンク4のリンクモンスターをリンク召喚する。ブルーエンジェルの最期のデュエルとなるがな!。

  11. 匿名 より:

    ズァークは、悪魔じゃない。

    • ZERO より:

      確かにズァークは悪魔じゃありません。悪魔は金と権力に神に怯える政府と屑供だから、既に赤馬零王は死亡している。サイバーテロリストの攻撃を受けてアカデミアの連中は壊滅し遊矢と柚子はレイに封じ込めた悪魔を倒し零羅は元の姿に戻り遊矢と柚子はズァークとレイの分身に戻った。研究の結果、新たな召喚法が誕生するとその新たなズァークとレイの分身が生まれてくる。第5次元で言うとその新たな召喚法の次元を「リンク次元」と呼ぶ。「リンク次元」は遊戯王ヴレインズが放送している世界でそのランサーズの1人が次元を超えて現れる。そのランサーズとは「沢渡シンゴ」!

  12. ZERO より:

    ハノイの塔編が突入してから3話が立った。ブルーエンジェルが負ければ次にスペクターと戦うのはカリスマデュエリストのGo鬼塚だと思います。それでもGo鬼塚が負ければ次はPlaymakerです。もう1人、SOLテクノロジー社データ機材管理課長「財前晃」が動き出しPlaymaker寄り先にハノイの塔へ行きリボルバーとデュエルを挑む。財前が負ければ最後はPlaymakerVSリボルバーの決着をつける。だがリボルバーを倒した後、これで「サイバースゲーム」が終わる訳がない。新たな組織が乱入してくるに違いない。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 遊戯王カード おすすめ買取サイトランキング

    【1位】 トレトク
    トレトク
    【おすすめポイント】
    ◯:遊戯王カード専門買取サイト

    ◯:買取実績圧倒的(累計130万件)
    ◯:高額買取保証/ 買取作業簡単
    ◯:今なら買取価格20%アップ!
    ◯:多くのブログでオススメされるNo.1買取サイト
    【2位】Next One(ネクストワン)
    ネクストワン
    【おすすめポイント】
    ◯:遊戯王カード専門買取サイト
    ◯:買取実績(累計4万件)
    ×:レアカードの仕分けが必要
    ×:Webサイトがかなり使いにくい
    【3位】なんでもんホビー
    買取サイト なんでもんホビー
    【おすすめポイント】
    ◯:ホビー専門買取サイト
    ◯:買取作業簡単
    ◯:フィギュア・アニメグッズも買取可能
    ×:遊戯王カード専門買取サイトではない
  • 「カード名」「デッキ名」「テーマ名」「パック名」などでサイト内を検索できます。「灰流うらら」「閃刀姫」「スターターデッキ2018」など




  • きりぶろ!LINE@

    「きりぶろ!」の情報が定期的に届く、「きりぶろ!LINE@」を始めました。

    記事の更新情報はもちろん、ブログでは書けないお得情報を特別にお知らせします。

    現在、事前登録者を募集中です。

    抽選で3名に「Amazonギフトカード1000円分」をお送りします。

    友だち追加

  • 「きりぶろ!」の管理人。(旧:遊戯王カードのメルカリ攻略だよ。| キリブロ!)

    遊戯王の最新情報・環境情報・高騰情報をまとめ、最新パック・ストラクチャーデッキの収録カードリストも最速更新しています。

    また、最新デッキテーマと相性の良いカード・回し方・デッキレシピなども解説・考察しています。

    遊戯王ブログとしては異例の月間250万PVを達成!

    メニュー
    Twitter 人気ブログに投票
    相互リンク一覧 お問い合わせ・広告依頼
  • (2018/1/29 設置)

  • トレトク

    遊戯王カードを高く売るなら、買取サイト「トレトク」の利用がおすすめです。

    買取サイトはネットでカードを売れるサービスで、ダンボールにカードを詰め郵送すれば、家にいながら遊戯王カードを売ることができます。

    実際に僕も買取サイトを利用し、使っていない遊戯王カードを10,110円で売ることができました。( ⇒ 買取作業〜振込の流れを写真で解説

     

    「トレトク」なら、ダンボールを家まで送ってくれます。カードを詰めた後は、ダンボールを家まで取りに来てくれます。カードの整理は全く必要ありません。

    10年で買取実績130万件を誇り、多くのブログ・サイトでおすすめされる人気No.1買取サイトです。

    2018年4月30日まで買取金額20%アップのキャンペーン中

    遊戯王カード専門買取サイト トレトク

PAGE TOP ↑