*

【遊戯王VRAINS(ヴレインズ)28話】「三騎士、最後の将」感想&あらすじ

公開日: : 最終更新日:2017/11/30 コラム ,

【遊戯王VRAINS 28話感想】「三騎士、最後の将」感想&あらすじ

アニメ遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第28話「三騎士、最後の将」の感想&あらすじを紹介する記事です。

11月22日に【遊☆戯☆王VRAINS(ヴレインズ)】の28話「三騎士、最後の将」が放送されました。

皆さんはご覧になりましたか?

今週も【遊☆戯☆王VRAINS】第28話を視聴してみた感想をお送りしたいと思います。

最後までお付き合いよろしくお願いします。

 

【遊☆戯☆王VRAINS】第28話を視聴してみた感想

それでは、【遊☆戯☆王VRAINS】第28話を視聴してみた感想をまとめていきます。

 

最後の三騎士

「Playmaker」とのデュエルを望む「ファウスト」。

その要求を受けて「Playmaker」は颯爽と登場します。

憧れのデュエリストとの対面に感動する島くんですが、自分にはまだ荷が重いと前話で大活躍だった《サイバース・ウィザード》を返却します。

その後も島くんは自分の要望をごにょごにょ言っていますが、「Playmaker」はスルーして「ファウスト」と対峙。

 

アナザー事件の最後の首謀者であることを確認しつつ、サイバースのカードのデータを抜き取った犯人かどうかも尋ねます。

しかし、やったのは自分ではないとのこと。

じゃあ誰が?と疑問が生まれますが、「そんなことより、さっさとやってしまおう」と横やりを入れる「Ai」。いかにも怪しいですね・・・

 

「ファウスト」も自分の目的をまっとうするため、すぐさま「データゲイル」を発動。

デュエルの下準備は整いました。

 

お互いに疾走。屋上からD・ボードに飛び乗り、スピードデュエル開始です。

 

「ファウスト」戦、開幕!

先攻は「ファウスト」。

 

永続魔法《守護蟲穴(プロテクション・ワームホール)》の発動とともに、何やらデカいものが空から降りてきました。

 

このカードの発動時の効果処理で《モーターワームトークン》1体を守備表示で特殊召喚します。

先ほどの屋上からかなり離れた場所まで流れていったらしく、島くんはメットに備わった機能で拡大してデュエルを見守ります。

 

続けて《モーターワーム・ベイト》を発動し、《モーターワームトークン》をさらに2体特殊召喚します。

カード名がちょっと盛ってあるだけで、完全に効果は《ワーム・ベイト》そのものですねw

 

《モーターワームトークン》が3体並んだことで、未来回路を展開!

《電動蟲スプレッド女王》をリンク召喚します。

 

《電動蟲スプレッド女王》はリンク先にモンスターが存在しない場合、《モーターワームトークン》1体をリンク先に特殊召喚します。

《電動蟲スプレッド女王》がいる限り《モーターワームトークン》を攻撃対象にできません。

また《電動蟲スプレッド女王(クイーン)》の攻撃力はフィールドの昆虫族の数×700ポイントアップするので、2400にまで上昇します。

「ファウスト」はカードを2枚セットし、ターンエンド。

 

続いて「Playmaker」のターン。

自分のフィールドにモンスターが存在しないので、《リンクスレイヤー》を特殊召喚し、サイバース族がいるので《バックアップ・セクレタリー》も特殊召喚します。

ここでサーキットを展開!

 

《リンクスレイヤー》と《バックアップ・セクレタリー》で《スペース・インシュレイター》をリンク召喚します。

 

そして《スペース・インシュレイター》のリンク先に《リンク・インフライヤー》を特殊召喚し、再びサーキットを展開!

エースモンスター、《デコード・トーカー》をリンク召喚します。

 

《デコード・トーカー》のリンク先に、先ほど返ってきた《サイバース・ウィザード》を通常召喚し、《デコード・トーカー》の攻撃力上昇につなげます。

カードを1枚セットし、バトルフェイズへ移行。

《デコード・トーカー》で《電動蟲スプレッド女王》攻撃しますが、《守護蟲穴》の効果で《電動蟲スプレッド女王》の身代わりに、《モーターワームトークン》が破壊されます。

 

《モーターワームトークン》がいなくなったことで、《電動蟲スプレッド女王》の攻撃力は1700まで減少。

《サイバース・ウィザード》で倒されますが、罠カード《ワーム・リヴァイブ》で蘇生しつつ、リンク先に《モーターワームトークン》まで特殊召喚され、結局局面は変わらない状態に。

 

そして永続罠カード《産卵床》を発動し、《サイバース・ウィザード》を守備表示に変更。種族も昆虫族になり、効果は無効化されてしまいます。

 

昆虫族が増えたことで《電動蟲スプレッド女王》の攻撃力はさらに上昇。

ここで「Playmaker」はターン終了。何も手がないことに「Ai」は焦りを隠せません。

 

驚異の昆虫デッキ

「ファウスト」のターン。

《産卵床》の更なる効果で、《モーターワームトークン》1体をリリースして、《モーターワームトークン》2体を「Playmaker」のフィールドに特殊召喚します。

リンク先にモンスターがいなくなったことで《電動蟲スプレッド女王》の効果により、再び《モーターワームトークン》が特殊召喚され、結果的に昆虫族が増えたことで《電動蟲スプレッド女王》の攻撃力は4500にまで上昇!

まだ止まらない「ファウスト」は永続魔法《電動蟲門(モーターワーム・ゲート)》を発動。相手の表側表示モンスターが昆虫族のみの場合、自分の昆虫族1体は直接攻撃可能となります。

 

そしてバトルフェイズへ。

《電動蟲スプレッド女王》で《デコード・トーカー》撃破したことで、「Playmaker」のフィールドは虫だらけになっています。

志半ばに散った仲間の無念を晴らすべく、ここでスキル《ダブル・バイト》を発動。

《電動蟲スプレッド女王》の攻撃回数を増やし、この一撃で決めようとします。

これで終わりかと思いきや、「Playmaker」は罠カード《アージェント・リンク》を発動。エクストラモンスターゾーンに自分のモンスターがいない場合、戦闘ダメージを半分にします。

 

ライフポイント残り50になるも、何とか敗北を回避。虫の息とはまさにこのことですね。

 

《アージェント・リンク》により、バトルフェイズ終了時にサイバース族1体をリンク召喚できるので《モーターワームトークン》で《リンク・スパイダー》を呼び出そうとしますが、反応がありません。

それもそのはず。《守護蟲穴》によって「Playmaker」は昆虫族をリリース不可&リンク素材にできない状態に陥っていました。

 

デュエルの合間ですが、「ファウスト」は過去の過ちについて振り返ります。

遊作が囚われている間の実験により、「イグニス」は誕生したようです。

開発チームには鴻上博士のほか滝の姿もあります。

ハノイの騎士の上位メンバーはあの事件に大きく関わっているようですね。

しかし干渉は許されないと、次のターンで決着をつける宣言をし「ファウスト」はターンエンド。

 

逆転の《ストームアクセス》

まだ勝機はあると「Playmaker」。ターンが返ります。

魔法カード《サイバーサル・サイクロン》を発動。

墓地の《デコード・トーカー》を除外し、相手のリンク1体《電動蟲スプレッド女王》を破壊しようとしますが、代わりに《モーターワームトークン》を破壊することで回避されてしまいます。

 

これを待っていた「Playmaker」。

《サイバーサル・サイクロン》は除外したモンスターがサイバース族の場合、相手の表側魔法・罠カード1枚を破壊できるので、もちろん《守護蟲穴》を破壊。

しかし4500の《電動蟲スプレッド女王》は健在。

 

どう打ち破るのか?といったところで都合よくデータストームが・・・

 

これには「ファウスト」も納得の表情。

「Playmaker」はスキル《ストームアクセス》を発動。あらたなカードを手に、ここからが本番です。

サーキットを展開し、《モーターワームトークン》2体と《サイバース・ウィザード》で《パワーコード・トーカー》をリンク召喚します。

 

リンク召喚と同時に、フィールド昆虫族が減ったことで《電動蟲スプレッド女王》の攻撃力は2400にまでダウン。

そして《パワーコード・トーカー》がリンク召喚に成功したので、墓地の《スペース・インシュレイター》自身の効果でリンク先に蘇生します。

《パワーコード・トーカー》の効果により、《電動蟲スプレッド女王》の効果が無効化され、攻撃力は元々の数値になります。

次の一撃で決めようとした瞬間、「ファウスト」は「イグニス」の危険性を訴えかけます。

 

が、それをさえぎり、攻撃を勧める「Ai」。

 

ここは攻めの一手を変えずに、バトルフェイズへ。

《パワーコード・トーカー》で《電動蟲スプレッド女王》を攻撃する際、《スペース・インシュレイター》をリリースすることで自身の攻撃力を倍にします。

この攻撃が決まり、「ファウスト」の敗北が決定しました。

 

デュエルの負けが決まったと同時に、「ファウスト」は「人類の未来が・・・」と言い残します。

 

デュエルを終えて

島くんは自分のした行動に反省し、「Playmaker」に謝罪します。

そんな姿をみて「Playmaker」は「前に進む勇気はあるか」と尋ねます。

 

「自分の進む道は自分の手で切り開け。たとえ困難なみちでも」と言い残しログアウト。

 

現実世界でも無事、島くんを助け出し一件落着。

今回は《サイバース・ウィザード》のデータを送った相手がそもその発端ですが、「ファウスト」でないとすると・・・

 

一方、滝のマンションにて。

本棚に隠してあったカメラの映像から、遊作と草薙さんの写ったデータを確認する怪しい人物が。

新キャラの登場でしょうか?

 

と、本日はここまで。

次回の遊戯王VRAINS29話は、「クサナギ・リポート」です。

 

SPONCERD LINK

 

まとめ

鳩鷺(はとさぎ)

いかかだったでしょうか。

三騎士のデュエルは意外にもあっけなく終わってしまいました。

それにしても、今回の「Ai」は意味深な態度が多かったですね。

今後の伏線なのでしょうが、いったいどのように進んでいくのか楽しみです。

次週も【遊☆戯☆王VRAINS】について記事にしていきます。

それでは、またお会いしましょう。

 

◆ 感想・あらすじ

【27話感想】「闘う男、島 直樹」感想&あらすじ

【29話感想】「クサナギ・リポート」感想&あらすじ

 

この記事を書いた人
鳩鷺(はとさぎ)@hatosagi

鳩鷺(はとさぎ)
きりぶろ!のライター。遊戯王の環境情報やアニメのあらすじをまとめている。
鳩鷺さんの記事
きりぶろライター募集中

 

遊戯王VRAINSの動画ををストレスなく見たい方へ

遊戯王VRAINS

遊戯王VRAINSの動画は、こちらのサイトで見ることができます。

U-NEXT

*31日間無料らしいです。

 

遊戯王の最新商品

遊戯王最新商品情報

現在予約開始されている遊戯王最新商品はこちらです。

 

【1/13】 フレイムズ・オブ・デストラクション

フレイムズ・オブ・デストラクション 予約

【予約】フレイムズ・オブ・デストラクション(Amazon)

【予約】フレイムズ・オブ・デストラクション(楽天市場)

【予約】フレイムズ・オブ・デストラクション(Yahoo!ショッピング)

 

【12/23】 LINK VRAINS BOX

LINK VRAINS BOX(リンクヴレインズボックス)

【予約】LINK VRAINS BOX(Amazon)プレミア価格

【予約】LINK VRAINS BOX(楽天市場)プレミア価格

【予約】LINK VRAINS BOX(Yahoo!ショッピング)プレミア価格

 

【12/21】 Vジャンプ2018年2月号

Vジャンプ2018年2月号

【予約】Vジャンプ2018年2月号(Amazon)送料無料

【予約】Vジャンプ2018年2月号(楽天ブックス)送料無料

【予約】Vジャンプ2018年2月号(セブンネット)コンビニ受取で送料無料

【予約】Vジャンプ2018年2月号(Yahoo!ショッピング)

SPONCERD LINK

関連記事

Comment

  1. ZERO より:

    ≪CIPHER VRAINS≫
    Photonmazer=自由主義者
    Playmaker=影の司令塔
    Alchemist=台湾最高判検事
    Dr.Sterben=ロシア外科医
    Daytrader=ウォール街投資家
    A.R.Shaman=シンガポール女優

  2. ZERO より:

    28話で謎の出来事は3つ⁉︎
    1つ、ファウストが語った最後の言葉は「そのイグニスは人類の未来」を語った最後の言葉は何なのか。
    2つ、出ずれ島は遊作の仲間になるだろう。島に≪サイバース・ウィザード≫を渡した人物は白髪の青年⁉︎一体何者なのか。
    3つ、アナザー事件の首謀者【ハノイの騎士三騎士】が倒した今…戦争計画を実行している。鴻上博士の立てた戦争計画は新時代を掛ける頂上決戦。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  •  

  • SPONCERD LINK

  • 「きりぶろ!」の管理人。(旧:遊戯王カードのメルカリ攻略だよ。)

    遊戯王の最新情報・環境情報・高騰情報をまとめ、最新パック・ストラクチャーデッキの収録カードリストも最速更新しています。

    また、最新デッキテーマと相性の良いカード・回し方・デッキレシピなども解説・考察しています。

    遊戯王ブログとしては異例の月間200万PVを達成し、ブログランキング1位も獲得しています。

    Twitter メルマガ 人気ブログ投票
    お問い合わせ
  • SPONCERD LINK

PAGE TOP ↑