*

【遊戯王】リミットレギュレーション(2018年7月)フラゲ!【禁止/制限カード改定】

【遊戯王】2018年7月リミットレギュレーション フラゲ!【禁止/制限カード改定】

先ほど、公式サイト「遊戯王.jp」から最新情報がフラゲされ、2018年7月の「リミットレギュレーション(禁止制限改定)」が発表されました。

「リミットレギュレーション」は、1デッキに採用可能な枚数を決定する改定で、1月/ 4月/ 7月/ 10月の年4回実施されています。

規制されたカードは、採用可能枚数によって「禁止カード・制限カード・準制限カード」の3つに分かれています。

今回のリミットレギュレーション改定も、禁止・制限・準制限・規制緩和に多くの変更点があったようです。

さて、今回の禁止・制限カードはどのようになったのでしょうか、早速見てみましょう。

 

(追記)2018年7月新制限の環境デッキランキングを以下の記事にまとめました。

【遊戯王 2019年4月環境】最強デッキランキング: 大会優勝デッキレシピ500個以上まとめ

 

magi

 

2018年7月リミットレギュレーション内容

2018年7月リミットレギュレーション内容

2018年7月1日から適用される、リミットレギュレーションの変更点はこちらです。

新禁止カード・新制限カード・新準制限カード・新制限解除カードに分けて、リストにしています。

【リミットレギュレーション変更点(2018年7月)】

◆ 新禁止カード

  • 《キャノン・ソルジャー》
  • 《トゥーン・キャノン・ソルジャー》
  • 《マジカル・エクスプロージョン》

◆ 新制限カード

  • 《アストログラフ・マジシャン》
  • 《調弦の魔術師》
  • 《ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム》
  • 《閃刀機-ホーネットビット》
  • 《盆回し》

◆ 新準制限カード

  • 《エルシャドール・ネフィリム》
  • 《エルシャドール・ミドラーシュ》
  • 《SPYRAL GEAR-ドローン》
  • 《SRベイゴマックス》
  • 《D-HERO ディスクガイ》
  • 《緊急テレポート》

◆ 制限解除

  • 《WW-アイス・ベル》
  • 《影霊衣の術士 シュリット》
  • 《マスマティシャン》
  • 《命削りの宝札》
  • 《真竜の継承》

情報ソース:https://yu-gi-oh.jp/index.php?page=details&id=303

 

新禁止カード

キャノン・ソルジャー

新禁止カードは、《キャノン・ソルジャー》《トゥーン・キャノン・ソルジャー》《マジカル・エクスプロージョン》の3枚です。

◆ 新禁止カード

  • 《キャノン・ソルジャー》
  • 《トゥーン・キャノン・ソルジャー》
  • 《マジカル・エクスプロージョン》

 

《キャノン・ソルジャー》《トゥーン・キャノン・ソルジャー》

トゥーン・キャノン・ソルジャー

《キャノン・ソルジャー》《トゥーン・キャノン・ソルジャー》は、【リンクユニオン】デッキなどの先攻ワンキルを規制するためでしょう。

遊戯王OCGの運営会社であるKONAMIは、ワンターンキルや無限ループなど、健全なデュエル環境を破壊するカードを嫌います。

実際、【リンクユニオン】は大会環境でも結果を残していましたので、この規制は致し方ないと思います。

 

《マジカル・エクスプロージョン》

マジカル・エクスプロージョン

《マジカル・エクスプロージョン》も、【マジエクワンキル】デッキのワンターンキルデッキを規制するためです。

こちらは、大会環境で目立った活躍をしていたわけではありません。

しかし、今後カードが増えていくにつれ、問題になるのは明らかなので、早めに潰しておこうということでしょう。

 

新制限カード

新制限カードは、《アストログラフ・マジシャン》《調弦の魔術師》《ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム》《閃刀機-ホーネットビット》《盆回し》の5枚です。全て規制強化です。

◆ 新制限カード(強化)

  • 《アストログラフ・マジシャン》
  • 《調弦の魔術師》
  • 《ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム》
  • 《閃刀機-ホーネットビット》
  • 《盆回し》

◆ 新制限カード(緩和)

  • なし

 

《アストログラフ・マジシャン》《調弦の魔術師》《ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム》

アストログラフ・マジシャン

《アストログラフ・マジシャン》《調弦の魔術師》《ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム》の3枚は、環境で猛威を振るう【魔術師】デッキ・【セフィラ】デッキに対する規制です。

新マスタールール以降、弱体化していたペンデュラム系デッキですが、新カードが登場するにつれ、着実と元々の力を取り戻しつつありました。

2018年4月環境では、【閃刀姫】デッキに続く環境デッキとなっていましたので、規制は仕方ないでしょう。

 

《閃刀機-ホーネットビット》

閃刀機-ホーネットビット

環境トップの【閃刀姫】デッキに対しては、《閃刀機-ホーネットビット》が規制されました。

《閃刀機-ホーネットビット》は「閃刀姫」トークンを生成するカードで【閃刀姫】デッキの起点となるカードです。

そのため、【閃刀姫】デッキの弱体化を狙うのに最も効果的なカードと言えるでしょう。

ただ、環境トップを徹底的に弱体化させるには、まだまだ規制が軽く見えます。公式としては、まだ「閃刀姫」を売りたいのでしょうね。

 

《盆回し》

盆回し

《盆回し》は、デッキからフィールド魔法カードを発動するフィールド魔法です。

フィールド魔法のサーチカードとしては、すでに《テラ・フォーミング》が制限カードになっており、《盆回し》もそれを追う形になるのでしょう。

最近のデッキのフィールド魔法は、展開の起点となることが多く、デュエル環境全体の低速化が狙えます。

このペースで行くと、フィールド魔法罠カード《メタバース》の規制もそう遠くないかもしれませんね。

 

新準制限カード

新準制限カードは、《エルシャドール・ネフィリム》《エルシャドール・ミドラーシュ》《SPYRAL GEAR-ドローン》《SRベイゴマックス》《D-HERO ディスクガイ》《緊急テレポート》の6枚です。全て規制緩和です。

◆ 新準制限カード(強化)

  • なし

◆ 新準制限カード(緩和)

  • 《エルシャドール・ネフィリム》
  • 《エルシャドール・ミドラーシュ》
  • 《SPYRAL GEAR-ドローン》
  • 《SRベイゴマックス》
  • 《D-HERO ディスクガイ》
  • 《緊急テレポート》

 

《エルシャドール・ネフィリム》《エルシャドール・ミドラーシュ》

エルシャドール・ネフィリム

《エルシャドール・ネフィリム》《エルシャドール・ミドラーシュ》の緩和は、前回のリミットレギュレーション改定後、【シャドール】デッキがあまり活躍しなかったためでしょう。

切り札の融合モンスターが準制限へと緩和された【シャドール】が、大会環境にどんな影響を与えるのか、今から楽しみですね。

《エルシャドール・ネフィリム》の2枚体制は、出張パーツとしてもかなり使われそうです。

 

《SRベイゴマックス》

SRベイゴマックス

《SRベイゴマックス》は、1枚から召喚権を使わず、レベル4・5・6・7シンクロ、ランク3エクシーズ、リンク2に使用できる汎用性の広さから、長らく規制されていましたが、ついに準制限へと緩和されました。

1枚では出張する旨味はあまりありませんでしたが、2枚となると十分採用候補として入るのではないでしょうか。

今後、シンクロ召喚デッキ、ランク3エクシーズデッキ(【彼岸】など)、リンク召喚デッキで《SRベイゴマックス》を見ることも増えてくるでしょう。

準制限緩和から、《SRベイゴマックス》の買取強化もされていきそうですね。

 

《緊急テレポート》

緊急テレポート

《緊急テレポート》は、デッキからレベル3以下のサイキック族を特殊召喚する速攻魔法カードです。

以前規制された理由が【超量帝】や【Kozmo】での使用だったため、これらのデッキが落ち着いたことにより緩和されたのでしょう。

《緊急テレポート》は、現環境でも十分活躍できる汎用カードなため、規制緩和に伴い買取強化も増えるでしょう。

 

制限解除カード

新制限解除カードは、《WW-アイス・ベル》《影霊衣の術士 シュリット》《マスマティシャン》《命削りの宝札》《真竜の継承》の5枚です。

◆ 制限解除カード

  • 《WW-アイス・ベル》
  • 《影霊衣の術士 シュリット》
  • 《マスマティシャン》
  • 《命削りの宝札》
  • 《真竜の継承》

 

WW-アイス・ベル

今回制限解除されたカードは、段階的に緩和されているカードたちです。

《WW-アイス・ベル》の緩和により「WW」出張が増え、《影霊衣の術士 シュリット》の緩和により【影霊衣(ネクロス)】デッキが強化され、《命削りの宝札》《真竜の継承》により【命削り真竜】が復帰に近づいて行くでしょう。

大きな緩和ではありませんが、少しずつ環境に影響を与えそうなカードたちです。

 

規制されなかったカード

一方、2018年7月のリミットレギュレーションで規制されると予想されながらも、規制されなかったカードには、《水晶機巧-ハリファイバー》《サモン・ソーサレス》などがあります。

◆ 規制されなかったカード

  • 《水晶機巧-ハリファイバー》
  • 《サモン・ソーサレス》
  • 《ファイアウォール・ドラゴン》
  • 《閃刀起動-エンゲージ》

 

水晶機巧-ハリファイバー

これらのカードは規制が予想され、リミットレギュレーション発表前に値段が下がっていましたが、規制されないと分かった今、高騰・値上がりが予想されます。

手に入れたいカードがある場合、早めに買っておくと良いでしょう。

magi

 

まとめ

ついに、2018年7月のリミットレギュレーションがフラゲされ、新禁止カード・制限カード・準制限カード・規制解除カードが判明しました。

環境デッキからは【閃刀姫】【魔術師】【セフィラ】が規制されましたが、【閃刀姫】デッキの規制は比較的緩い結果となりました。

そのため、2018年7月からの環境は、引き続き【閃刀姫】デッキを中心とする環境となりそうです。

引き続き、「リミットレギュレーション」「環境」について記事にしていきます。

それでは、またお会いしましょう。

 

(追記)2018年7月新制限の環境デッキランキングを以下の記事にまとめました。

【遊戯王 2019年4月環境】最強デッキランキング: 大会優勝デッキレシピ500個以上まとめ

 

◆ 「遊戯王 最新情報」おすすめ記事

【遊戯王 最新情報】最新パック/ストラクチャーデッキ | 商品発売日,収録カード,予約情報まとめ

「遊戯王 最新情報(速報,フラゲ)」記事一覧まとめ

 

遊戯王カードを高く売るには

遊戯王カードを売る方法

遊戯王歴10年以上の僕が、遊戯王カードを売る5つの方法をお教えします。

 

遊戯王 最新パック/ストラクの予約情報

遊戯王の人気の予約商品はこちらです。
基本的に送料無料のAmazonが安いですよ。

YU-GI-OH! OCG 20th ANNIVERSARY MONSTER ART BOX (愛蔵版 コミックス)

YU-GI-OH! OCG 20th ANNIVERSARY MONSTER ART BOX (愛蔵版 コミックス)

Vジャンプ編集部
17,600円(07/20 02:19時点)
発売日: 2019/11/20
Amazonの情報を掲載しています

あなたにオススメの遊戯王記事はこちら

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 遊戯王カードを高く売る方法遊戯王カード買取 おすすめサイト5選

  • 【No.1】 トレトク
    トレトク
    【おすすめポイント】
    ◯:高額買取カードが多数公開
    ◯:ノーマル・レアの仕分けが不要
    ◯:買取実績が多い(累計160万件)
    ◯:買取金額の明細が見れる
    △:査定期間が少し長め(1週間)
    No.2】王の洞窟
    王の洞窟
    【おすすめポイント】
    ◯:高額買取カードが多数公開
    ◯:ノーマル・レアの仕分けが不要
    ◯:相場による査定減額なし
    △:買取金額の明細が見れない
    △:買取実績が不明
    No.3】ホビーコレクト
    ホビーコレクト
    【おすすめポイント】
    △:遊戯王カード特化の買取サイトでない
    ◯:ノーマル・レアの仕分けが不要
    ◯:フィギュア・アニメグッズも買取可能
    △:買取金額の明細が見れない
    △:買取実績が不明