*

【遊戯王】2018年1月リミットレギュレーション(禁止制限改定)フラゲ!エンフェ禁止!

公開日: : 最終更新日:2018/03/14 遊戯王 最新情報 , ,

2018年1月リミットレギュレーション(禁止制限改定)

先ほど、公式サイト「遊戯王.jp」から最新情報がフラゲされ、2018年1月の「リミットレギュレーション」が発表されました。

「リミットレギュレーション」は、1デッキに採用可能な枚数を決定する改定で、1月/ 4月/ 7月/ 10月の年4回実施されています。

規制されたカードは、採用可能枚数によって「禁止カード・制限カード・準制限カード」の3つに分かれています。

今回のリミットレギュレーション改定も、禁止・制限・準制限・規制緩和に多くの変更点があったようです。

さて、今回の禁止・制限カードはどのようになったのでしょうか、早速見てみましょう。

 

(追記)2018年4月のリミットレギュレーションがフラゲされました!

【遊戯王】2018年4月リミットレギュレーション(禁止制限改定)フラゲ!アマリリス/ゴウフウ禁止!ネフィリム緩和!

 

 

2018年1月リミットレギュレーション内容

2018年1月リミットレギュレーション

2018年1月1日から適用される、リミットレギュレーションの変更点はこちらです。

新禁止カード・新制限カード・新準制限カード・新制限解除カードに分けて、リストにしています。

【リミットレギュレーション変更点(2018年1月)】

◆ 新禁止カード

  • 《エンシェント・フェアリー・ドラゴン》

◆ 新制限カード

  • 《SPYRAL GEAR-ドローン》
  • 《SPYRAL-ジーニアス》
  • 《SPYRAL RESORT》
  • 《ダンディライオン》
  • 《BF-隠れ蓑のスチーム》
  • 《ファイアウォール・ドラゴン》

◆ 新準制限カード

  • 《同族感染ウイルス》
  • 《トーチ・ゴーレム》
  • 《ネクロスの術士 シュリット》
  • 《マスマティシャン》
  • 《ロ一ンファイア・ブロッサム》
  • 《スケープ・ゴート》
  • 《汎神の帝王》
  • 《盆回し》
  • 《神の警告》

◆ 制限解除カード

  • 《海皇の竜騎隊》
  • 《増殖するG》
  • 《ブラック・ホール》
  • 《未来融合一フューチャー・フュージョン》

 

新禁止カード

「リミットレギュレーション」新禁止カード

新禁止カードは、《エンシェント・フェアリー・ドラゴン》1枚のみです。

◆ 新禁止カード

  • 《エンシェント・フェアリー・ドラゴン》

 

《エンシェント・フェアリー・ドラゴン》は、フィールド魔法のサーチ効果と、手札からモンスターを特殊召喚する効果を持っており、《亡龍の戦慄-デストルドー》を活用することで、《竜の渓谷》からシンクロ召喚が可能です。

環境トップの【SPYRAL】をはじめとする様々なデッキで採用され、デュエルスピードの加速やソリティア環境を助長した汎用カードでした。

健全な大会環境・デュエル環境のためには、《エンシェント・フェアリー・ドラゴン》の禁止は良改定だったと思います。

 

新制限カード

「リミットレギュレーション」新制限カード

新制限カードは、《SPYRAL GEAR-ドローン》《SPYRAL-ジーニアス》《SPYRAL RESORT》《ダンディライオン》《BF-隠れ蓑のスチーム》《ファイアウォール・ドラゴン》の6枚です。

◆ 新制限カード

  • 《SPYRAL GEAR-ドローン》
  • 《SPYRAL-ジーニアス》
  • 《SPYRAL RESORT》
  • 《ダンディライオン》
  • 《BF-隠れ蓑のスチーム》
  • 《ファイアウォール・ドラゴン》

 

SPYRALージーニアス

環境トップの【SPYRAL】のキーカードを徹底的に規制しており、機械族モンスターが制限になったことにより、《機械複製術》を使った大量展開ができなくなりました。

ただ、似た規制内容の海外遊戯王TCG環境では、【SPYRAL】はまだまだ活躍しており、まだ駆逐されたとは言えないでしょう。

 

ファイアウォール・ドラゴン

また、トークンを使った連続リンク展開・ループコンボ・先行ワンキルなどを助長していた《ダンディライオン》《BF-隠れ蓑のスチーム》《ファイアウォール・ドラゴン》も規制されました。

《ファイアウォール・ドラゴン》は、アニメ遊戯王VRAINSの主人公「藤木遊作(プレイメーカー)」が使用するエースモンスターで、「今までの傾向から規制されないのでは」と噂されていましたが、ついに制限へと規制されました。

規制されたカードはどれも、一強環境・ソリティア環境に関するカードですので、こちらも良改定だなと思います。

 

新準制限カード

「リミットレギュレーション」新準制限カード

新準制限カードは、《同族感染ウイルス》《トーチ・ゴーレム》《ネクロスの術士 シュリット》《マスマティシャン》《ロ一ンファイア・ブロッサム》《スケープ・ゴート》《汎神の帝王》《盆回し》《神の警告》の9枚です。

◆ 新準制限カード

  • 《同族感染ウイルス》
  • 《トーチ・ゴーレム》
  • 《ネクロスの術士 シュリット》
  • 《マスマティシャン》
  • 《ロ一ンファイア・ブロッサム》
  • 《スケープ・ゴート》
  • 《汎神の帝王》
  • 《盆回し》
  • 《神の警告》

 

トーチ・ゴーレム

《トーチ・ゴーレム》《マスマティシャン》《ロ一ンファイア・ブロッサム》《スケープ・ゴート》は、トークン生成とリンク召喚に関するカードです。

リンク召喚はKONAMIが推している新召喚方法ですが、これらのカードはあまりにパワーが強すぎるため、規制したのでしょう。

来期の活躍次第では、さらに制限カードへと規制される可能性も高そうです。

 

盆回し

《盆回し》は、フィールド魔法サーチの《テラ・フォーミング》の代用として活躍していましたが、段階的に準制限カードへと規制されました。

次の2018年4月のリミットレギュレーション改定では、制限カードになりそうな予感です。

今度、フィールド魔法サーチとしては罠カードの《メタバース》が採用されていくかもしれませんね。

 

汎神の帝王

その他、気になるのは、《ネクロスの術士 シュリット》《汎神の帝王》の緩和です。

これらを採用している【影霊衣(ネクロス)】【帝王】は元環境デッキです。

重要なキーカードが緩和されたことで、環境へ復帰する可能性もありそうです。

 

制限解除カード

「リミットレギュレーション」制限解除カード

新制限解除カードは、《海皇の竜騎隊》《増殖するG》《ブラック・ホール》《未来融合一フューチャー・フュージョン》の4枚です。

◆ 制限解除カード

  • 《海皇の竜騎隊》
  • 《増殖するG》
  • 《ブラック・ホール》
  • 《未来融合一フューチャー・フュージョン》

 

増殖するG

以前から謎改定と言われていた、《増殖するG》が無制限へと緩和されました。

先行展開を止める有用なカードなので、緩和されるべきカードでしょう。

 

ブラック・ホール

《ブラック・ホール》は、先行制圧盤面を捲るのに使えるカードです。

これらの緩和により、遊戯王の先行環境が少しずつ変化していくかもしれません。

 

海皇の竜騎隊

最後に《海皇の竜騎隊》は、元環境デッキの【海皇水鱗精(かいおうマーメイル)】のキーカードです。

このカードの緩和により、【海皇水鱗精】はほぼフルパワーで戦えるようになり、環境復帰も見えてきたのではないでしょうか。

 

新リミットレギュレーション 環境への影響

新リミットレギュレーション 環境への影響

2018年1月のリミットレギュレーションの環境への影響を考察していきます。

現在の大会優勝・入賞デッキテーマは以下のような分布になっています。

順位 デッキテーマ 入賞数
1 SPYRAL 356
2 セフィラ 23
3 E・HERO 16
3 インフェルノイド 16
5 トリックスター 14
6 彼岸 12
6 サブテラー 12
8 恐竜族 10
8 EM魔術師 10
10 トーチSPYRAL 7

参考記事【遊戯王 環境】2017年10月新制限:大会優勝デッキレシピ 82個まとめ!

 

SPYRAL

SPYRAL(スパイラル)

まず、圧倒的環境トップだった【SPYRAL(スパイラル)】デッキの大幅な弱体化は避けられないでしょう。

ただ、同様の規制がされた海外TCG環境でも、【SPYRAL】デッキは未だトップクラスの強さを誇っています。

そのため、環境トップから下りるかどうかは、実際に大会が開かれるまで断言できません。

 

セフィラ

セフィラ

【SPYRAL】に次ぐデッキテーマはどれも団子状態ですが、最近の大会の様子を見ると、【セフィラ】が頭一つ抜けているという印象があります。

【SPYRAL】の環境トップが陥落すれば、次にくるのは【セフィラ】【魔術師】などのペンデュラムデッキかもしれません。

となると今後、《魔封じの芳香》《醒めない悪夢》などのペンデュラム対策カードが高騰・値上がりしていきそうです。

 

新リミットレギュレーション 解説動画

2018年1月のリミットレギュレーションについては、遊戯王Youtuberの方々も動画にしています。

以下の動画は、画像や言葉でわかりやすく解説されています。

\遊戯王の最新情報を無料でお届け/

きりぶろLINE 遊戯王の最新情報 高騰情報をお届け

>> きりぶろLINEって何? <<

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

ついに、2018年1月のリミットレギュレーションがフラゲされ、新禁止カード・制限カード・準制限カード・規制解除カードが判明しました。

引き続き、「リミットレギュレーション」「環境」について記事にしていきます。

それでは、またお会いしましょう。

 

◆ 「遊戯王 最新商品」おすすめ記事

【遊戯王 最新商品まとめ】最新パック/ストラクの発売日,収録,付録,予約一覧

【ストラクチャーデッキR アンデットワールド】収録カードリスト,新規/再録カード,最新情報まとめ!

【サベージ・ストライク】収録カードリスト,当たり,最新情報まとめ!

【デュエリストパック レジェンドデュエリスト編4】収録カードリスト,当たり,最新情報まとめ!

 

▼ 人気記事ランキング・最新記事一覧 ▼

 

【遊戯王カード買取】おすすめサイトランキング

関連記事

Comment

  1. 匿名 より:

    アニメ出自のカードが禁止・・・(月日は要るが)来るぞエラッタ!

  2. 匿名 より:

    龍可のエンシェントさんが···

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 【遊戯王カード買取】おすすめサイトランキング TOP 4: 高額買取ショップの選び方/使い方

    遊戯王カードが “高額” & “簡単” に売れる買取サイトのおすすめランキングを作成しました。

    詳しくは【遊戯王 買取サイト】おすすめランキング TOP 3: 高額買取ショップの選び方/使い方をクリック!

    各買取サイトのおすすめポイントをまとめたものがこちらです。

    【1位】 トレトク
    トレトク
    【おすすめポイント】
    ◯:遊戯王カード専門買取サイト
    ◯:買取実績圧倒的(累計160万件)
    ◯:高額買取保証
    ◯:ノーマル・レアの仕分けが不要
    ◯:買取価格20%アップ!(9月30日まで)
    ◯:多くのブログでオススメされるNo.1買取サイト

    【2位】Next One(ネクストワン)
    ネクストワン
    【おすすめポイント】
    ◯:遊戯王カード専門買取サイト
    ◯:買取実績(累計4万件)
    ×:レアカードの仕分けが必要
    ×:Webサイトがかなり使いにくい
    【3位】なんでもんホビー
    買取サイト なんでもんホビー
    【おすすめポイント】
    ◯:ホビー専門買取サイト
    ◯:買取作業簡単
    ◯:フィギュア・アニメグッズも買取可能
    ×:遊戯王カード専門買取サイトではない
  • 遊戯王環境デッキランキング

    遊戯王環境

    遊戯王デッキ集

    遊戯王最新パック/ストラクチャーデッキ

    遊戯王高騰カードと相場

    遊戯王カードを高く売る方法

  • 「テーマ名」「デッキ名」「パック名」などでブログ内を検索できます。例)「閃刀姫」「EM魔術師」「コレクターズパック2018」

  • 「きりぶろ!(切り込み隊長の遊戯王ブログ)」は、遊戯王OCG/TCGの最新情報・環境デッキ・高騰カード・買取価格をまとめたブログです。

    最新パック・ストラクチャーデッキの収録カードリスト・新規カードも速報的に更新しています。

    また、最新デッキテーマのデッキレシピ・回し方・相性の良いカードなども考察しています。

    遊戯王ブログとしては異例の月間250万PVを達成!

    LINEで遊戯王の最新情報もお知らせしています。

    >> 切り込み隊長って誰? <<

    >> きりぶろLINEって何? <<

  • \遊戯王カードを高く売る方法まとめました

    「売るなら」遊戯王カードを高く売る方法

    \遊戯王カードはネットで簡単に売れる

    【遊戯王カード買取】おすすめサイトランキング