*

【遊戯王】リミットレギュレーション(2017年7月禁止制限改訂):規制予想カード25枚まとめ!

公開日: : 最終更新日:2017/06/14 コラム ,

2017年7月の遊戯王の禁止制限改訂(リミットレギュレーション)を予想した記事です。

禁止制限改訂予想(2017年7月):規制候補カード

 

2017年6月21日、Vジャンプ2017年8月特大号が発売されます。

そして、このVジャンプで2017年7月禁止制限改訂(リミットレギュレーション)」が発表される予定です。

発売日が迫っているということで、今回は2017年7月の禁止制限改訂で規制されそうなカードを網羅的に25枚まとめてみました。

あくまでも「網羅的」ですので、全てが規制されるというわけではなく、規制されそうなカードをまとめたといったイメージで見ていただければと思います。

ぜひ、禁止制限改訂の予想にお役立てください。

 

(追記)リミットレギュレーションが判明しました!

【遊戯王フラゲ】リミットレギュレーション(2017年7月禁止制限カード)判明!

 

SPONCERD LINK

 

禁止制限改訂とは

まず、2017年7月の禁止制限改訂を予想する前に、禁止制限改訂について簡単におさらいしておきましょう。

おさらい内容は以下の4つです。

  • 「禁止制限改訂」とは
  • 「禁止制限改訂」の目的
  • 「禁止制限改訂」で規制されるカードの特徴
  • 2017年1月の禁止・制限カード(リミットレギュレーション)

おさらいが必要ない方は、こちらから規制候補カードに飛べます。

▼規制候補カード

 

①:「禁止制限改訂」とは

禁止制限改訂は、遊戯王カードの禁止・制限・準制限カード(リミットレギュレーション)を決める改訂です。

遊戯王カードでは、同じカードをデッキに3枚まで採用できるのですが、中には枚数が規制されているカードが存在し、それが禁止・制限・準制限カードと呼ばれます。

そして採用可能枚数は、禁止カード0枚・制限カード1枚・準制限カード2枚と決まっています。

この禁止・制限・準制限カードを決める改訂が「禁止制限改訂」なわけです。

この「禁止制限改訂」は1月、4月、7月、12月の年に4回行われています。

 

②:「禁止制限改訂」の目的

「禁止制限改訂」の目的は、「健全な環境でデュエルを楽しんでもらう」です。

そのため、健全な環境を破壊する、強すぎるカードを定期的に規制しておくわけです。

公式ページにも禁止制限改訂の目的が掲載されています。予想の参考にお使いください。

◆ 基本的な選定理由

遊戯王OCGにおいては過去に発売された全てのカードが使用可能であり、今後も新しいカード・商品が追加されていく、というゲームの環境下において慎重に検討しております。
また、検討の際には、世界中のプレイヤーが遊んでいる事も十分に考慮に入れた上で行われます。
適用される「禁止・制限・準制限カード」は基本的に以下の観点から選定していますが、恒久的なものではありません。

  • ゲームバランスを維持し、遊戯王OCG全体の活性化を促すプレイ環境を作り出す事
  • デッキの選択肢やプレーの幅を広げる事
  • デュエルの駆け引きの要素が激減するようなカード・コンボへの一定の規制
  • プレイヤーが一方的に有利になる状況を作り出すカードへの一定の規制
  • 現状の環境下ではプレイヤーが対処・対策がしづらいカードについての一定の規制
  • デュエルの進行に支障をきたすようなカードへの一定の規制
  • 大会での使用を考慮した際に、規制をかけるべきと判断されるカードへの規制

 (公式ホームページより引用)

 

③:「禁止制限改訂」で規制されるカードの特徴

「禁止制限改訂」で規制されるカードの特徴には、傾向があります。

規制されるカードは、以下の3種類に分類することができ流のです。

  • ⑴ 環境デッキパーツ
    (環境デッキで使われるキーカード)
  • ⑵ 汎用パワーカード
    (多くのデッキで使われる強力な汎用カード)
  • ⑶ ワンキル・ハンデス・ループなどに関するカード

これら3つに当たるカードは「健全な環境」を破壊するため、規制される可能性が高めです。

一方、規制されにくいカードにも特徴があります。

  • 最近発売したカード
  • 今後再販されるカード
  • KONAMIがプッシュしているテーマ

これら2つの性質を考えることで、禁止制限改訂内容を予想することができます。

▲ 目次に戻る

④:2017年4月の禁止制限カード一覧(リミットレギュレーション)

最後のおさらいとして、現在の禁止制限カードを見ておきましょう。

【リミットレギュレーション(2017年4月)】

◆ 禁止カード

  • 《イレカエル》
  • 《ヴィクトリー・ドラゴン》
  • 《エルシャドール・ネフィリム》
  • 《焔征竜-ブラスター》
  • 《Emダメージ・ジャグラー》
  • 《Emヒグルミ》
  • 《EMモンキーボード》
  • 《巌征竜-レドックス》
  • 《旧神ノーデン》
  • 《サイバーポッド》
  • 《The tyrant NEPTUNE》
  • 《十二獣ドランシア》
  • 《処刑人-マキュラ》
  • 《ゼンマイハンター》
  • 《D-HERO ディスクガイ》
  • 《星守の騎士 プトレマイオス》
  • 《同族感染ウィルス》
  • 《No.16 色の支配者ショック・ルーラー》
  • 《瀑征竜-タイダル》
  • 《ファイバーポッド》
  • 《フィッシュボーグ-ガンナー》
  • 《マジェスペクター・ユニコーン》
  • 《魔導サイエンティスト》
  • 《メンタルマスター》
  • 《八汰烏》
  • 《ラヴァルバル・チェイン》
  • 《嵐征竜-テンペスト》
  • 《レベル・スティーラー》
  • 《悪夢の蜃気楼》
  • 《いたずら好きな双子悪魔》
  • 《押収》
  • 《大嵐》
  • 《苦渋の選択》
  • 《強引な番兵》
  • 《強奪》
  • 《強欲な壺》
  • 《心変わり》
  • 《サンダー・ボルト》
  • 《次元融合》
  • 《十二獣の会局》
  • 《生還の宝札》
  • 《大寒波》
  • 《蝶の短剣-エルマ》
  • 《天使の施し》
  • 《早すぎた埋葬》
  • 《ハリケーン》
  • 《マスドライバー》
  • 《魔導書の神判》
  • 《突然変異》
  • 《遺言状》
  • 《異次元からの帰還》
  • 《王宮の弾圧》
  • 《第六感》
  • 《ダスト・シュート》
  • 《血の代償》
  • 《刻の封印》
  • 《ライフチェンジャー》
  • 《ラストバトル!》

◆ 制限カード

  • 《A・ジェネクス・バードマン》
  • 《E・HERO シャドー・ミスト》
  • 《EMドクロバット・ジョーカー》
  • 《EMペンデュラム・マジシャン》
  • 《黒き森のウィッチ》
  • 《PSYフレームロード・Ω》
  • 《十二獣モルモラット》
  • 《重爆撃禽 ボム・フェネクス》
  • 《召喚僧サモンプリースト》
  • 《深海のディーヴァ》
  • 《SRベイゴマックス》
  • 《ダーク・アームド・ドラゴン》
  • 《TG ハイパー・ライブラリアン》
  • 《デビル・フランケン》
  • 《深淵の暗殺者》
  • 《影霊衣の術士 シュリット》
  • 《ネクロフェイス》
  • 《彼岸の悪鬼 スカラマリオン》
  • 《彼岸の旅人 ダンテ》
  • 《氷結界の虎王ドゥローレン》
  • 《氷結界の龍 トリシューラ》
  • 《封印されしエクゾディア》
  • 《封印されし者の右足》
  • 《封印されし者の右腕》
  • 《封印されし者の左足》
  • 《封印されし者の左腕》
  • 《BF-朧影のゴウフウ》
  • 《ブリューナクの影霊衣》
  • 《魔界発現世行きデスガイド》
  • 《メタモルポット》
  • 《餅カエル》
  • 《ユニコールの影霊衣》
  • 《竜剣士ラスターP》
  • 《レスキューキャット》
  • 《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》《異次元からの埋葬》
  • 《一時休戦》
  • 《インフェルニティガン》
  • 《おろかな埋葬》
  • 《儀式の準備》
  • 《緊急テレポート》
  • 《継承の印》
  • 《原初の種》
  • 《機殻の生贄》
  • 《妨げられた壊獣の眠り》
  • 《死者蘇生》
  • 《増援》
  • 《ソウル・チャージ》
  • 《超融合》
  • 《手札抹殺》
  • 《貪欲な壺》
  • 《影霊衣の反魂術》
  • 《ハーピィの羽根帚》
  • 《汎神の帝王》
  • 《ブラック・ホール》
  • 《ペンデュラム・コール》
  • 《マスク・チェンジ・セカンド》
  • 《霞の谷の神風》
  • 《未来融合-フューチャー・フュージョン》
  • 《名推理》
  • 《ユニオン格納庫》
  • 《揺れる眼差し》
  • 《リミッター解除》
  • 《竜呼相打つ》
  • 《竜の渓谷》
  • 《ワン・フォー・ワン》
  • 《王宮の勅命》
  • 《虚無空間》
  • 《神の警告》
  • 《神の宣告》
  • 《停戦協定》
  • 《破壊輪》
  • 《マジカル・エクスプロージョン》

◆ 準制限カード

  • 《イビリチュア・ガストクラーケ》
  • 《E・HERO エアーマン》
  • 《海皇の竜騎隊》
  • 《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》
  • 《慧眼の魔術師》
  • 《ゴヨウ・ガーディアン》
  • 《終末の騎士》
  • 《ダンディライオン》
  • 《DDスワラル・スライム》
  • 《爆竜剣士イグニスターP》
  • 《氷結界の龍 ブリューナク》
  • 《妖精伝姫-シラユキ》
  • 《輪廻天狗》
  • 《炎舞-「天キ」》
  • 《真帝王領域》
  • 《洗脳-ブレインコントロール》
  • 《連鎖爆撃》
  • 《モンスターゲート》

▲ 目次に戻る

SPONCERD LINK

 

規制候補カード①:環境デッキパーツ

環境デッキパーツ

それでは、2017年7月の制限改訂の規制候補のカードを紹介していきます。

まず禁止制限カードになりやすい、環境デッキに採用されるカードをデッキごとにまとめていきます。

2017年4〜6月の環境で使われたテーマはこの8つです。

  • 「真竜」
  • 「恐竜族」
  • 「十二獣」
  • 「Kozmo」
  • 「召喚獣」
  • 「WW」
  • 「魔導」
  • 「インフェルノイド」

それでは、デッキテーマごとに規制候補カードを網羅的に紹介していきます。

 

「真竜」

真竜

「真竜」の規制候補カードはこちらです。

  • 《真竜剣皇マスターP》
  • 《ドラゴニックD》

「真竜」は、今環境で最も猛威を振るったテーマで、 大会では「真竜」を採用したデッキで埋め尽くされました。

現環境トップである「真竜」には、かなり厳しめの規制が予想されます。

特に「真竜」を凶悪にしている《真竜剣皇マスターP》《ドラゴニックD》の規制は避けられないでしょう。

悪ければ両方、少なくともどちらかに規制がかかるはずです。

 

「恐竜」

恐竜族

「恐竜」の規制候補カードはこちらです。

  • 《魂喰いオヴィラプター》
  • 《ベビケラサウルス》
  • 《真竜皇リトスアジムD》
  • 《化石調査》

「恐竜」は、【真竜恐竜】として環境で高い採用率を誇りました。

ただ、どちらかというと「真竜」の方がパーツ的に強く、「恐竜」は規制がかからない可能性もあります。

規制候補をあげると、この4枚かなと思います。

 

「十二獣」

十二獣(じゅうにしし)

「十二獣」の規制候補カードはこちらです。

  • 《十二獣ヴァイパー》
  • 《十二獣ブルホーン》

前々環境のトップである「十二獣」は、今環境でも【十二獣】【十二獣真竜】として活躍しました。

禁止カード2枚・制限カード1枚が指定されたにも関わらず、未だに環境で結果を残しています。

今後の混合デッキの出現を考えると、さらなる規制がかかりそうです。

《十二獣ブルホーン》制限はありえそうな気がしますね。

下級ももしかしたら規制されるかもしれません。

 

「Kozmo」

Kozmo(コズモ)

「Kozmo」の規制候補カードはこちらです。

  • 《Kozmo-ダーク・シミター》

「Kozmo」は、【真竜メタルKozmo】として大会環境で活躍しました。

ただ環境トップではないですし、「真竜」が規制されるとなると「Kozmo」は規制を免れる気がします。

もし規制されるとすると、遊戯王TCG環境で制限になっている《Kozmo-ダーク・シミター》かな。

 

「召喚獣」

召喚獣

「召喚獣」の規制候補カードはこちらです。

  • 《召喚師アレイスター》
  • 《召喚魔術》

「召喚獣」は、大会環境では【真竜召喚獣】【WW召喚獣真竜】などで活躍しました。

ただ、規制されるほどではないかなという印象です。

一応、大会環境で採用されている出張ギミックなので挙げておきました。

 

「WW」

ww(ウィンド・ウィッチ)

「WW」の規制候補カードはこちらです。

  • 《WW-アイス・ベル》

「WW」は、【WW真竜】【WW魔導真竜】などで活躍した出張パーツです。

《WW-アイス・ベル》1枚から破壊耐性付き《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》が特殊召喚でき、苦しめられた方も多いのではないでしょうか。

どんなデッキでもとりあえず入れれば強いギミックとなっており、規制候補として挙げておきます。

《WW-アイス・ベル》を制限or準制限にするだけで、かなり効果があると思います。

 

「魔導」

魔導

「魔導」の規制候補カードはこちらです。

  • 《魔導書士バテル》
  • 《グリモの魔導書》

「魔導」は、大会環境では【WW魔導真竜】で活躍した出張パーツです。

「魔導」本来の動きではなく、単なるドローソースとして採用されており、汎用出張カードとして規制されるかもしれません。

個人的には規制する必要はないかなと思いますが、Twitterのフラゲの噂で候補に上がっていましたので、一応挙げておきました。

 

「インフェルノイド」

インフェルノイド

「インフェルノイド」の規制候補カードはこちらです。

  • 《隣の芝刈り》
  • 《妖精伝姫-シラユキ》

「インフェルノイド」は、2017年4月環境初期で活躍しましたが、現在はかなり大人しくなっています。

そのため、「インフェルノイド」自体からは規制カードはでないと思います。

ただ、【インフェルノイド】デッキに採用されている《隣の芝刈り》《妖精伝姫-シラユキ》は汎用性が高く、そろそろ規制されるかもしれません。

遊戯王TCG環境では、《隣の芝刈り》が制限カードとなっており、いつか規制されそうです。

▲ 目次に戻る

規制候補カード②:汎用パワーカード

汎用パワーカード

「禁止制限改訂」では、環境デッキカードに加え、汎用パワーカードも規制されます。

汎用パワーカードとは、デッキのシナジーとは関係なく「とりあえず入れておけば強い」と言うカードです。

これらのカードは、デッキの多様性を損なうため、規制される可能性があります。

2017年4月に高い使用率を誇った汎用カードはこちらのカードです。

  • 《幽鬼うさぎ》
  • 《灰流うらら》
  • 《増殖するG》
  • 《強欲で貪欲な壺》
  • 《命削りの宝札》
  • 《ブリリアント・フュージョン》
  • 《ジェムナイト・セラフィ》

 

《幽鬼うさぎ》《灰流うらら》《増殖するG》

手札誘発モンスター

《幽鬼うさぎ》《灰流うらら》《増殖するG》は、全デッキで高い採用率を誇り、汎用カードというよりほぼ必須カードとして使われていました。

手札誘発モンスターは、デュエルに駆け引きを生む一方、デッキの多様性を損なったり、大会に参加のハードルを上げていると言う面もあります。

そのため、賛否両論ありそうですが、規制候補カードとして挙げておきました。

 

《強欲で貪欲な壺》《命削りの宝札》

強欲で貪欲な壺 命削りの宝札

《強欲で貪欲な壺》《命削りの宝札》は、「真竜」のドローソースとして高い採用率を誇りました。

環境トップの「真竜」で採用されていたカードとして、規制される可能性は比較的高そうです。

 

《ブリリアント・フュージョン》《ジェムナイト・セラフィ》

《ブリリアント・フュージョン》《ジェムナイト・セラフィ》

《ブリリアント・フュージョン》《ジェムナイト・セラフィ》は、大会で使用されていたわけではありませんが、ファンデッキを組む上で非常に強力な出張カードとなっています。

最近だと、「剣闘獣」「聖杯」「剛鬼」「トリックスター」「トワイライトロード」などで採用されており、デッキの多様性を失わせるカードになってしまいました。

そのため、日に日に規制の確率が上がっています。

【ジェムナイト】デッキのために、《ジェムナイト・セラフィ》を禁止にすればちょうどいいかな。

▲ 目次に戻る

規制候補カード③:ワンキル・ハンデス・ループ関連カード

ワンキル・ハンデス・ループ関連カード

「禁止制限改訂」では、大会環境とは関係なく、ワンキル・ハンデス・ループ関連のカードも規制されます。

これは、もちろん、健全なデュエル環境を破壊してしまうからですね。

2017年4月に問題になったカードは、こちらの2枚です。

  • 《ドロール&ロックバード》
  • 《地霊神グランソイル》

 

《ドロール&ロックバード》

ドロール&ロックバード

《ドロール&ロックバード》は、「トリックスター」とともに全ハンデスコンボとして悪用(?)されました。

今後「トリックスター」が強化されていくのを考えると、この辺りで1度規制しておくのもいいかも知れません。

 

《地霊神グランソイル》

地霊神グランソイル

《地霊神グランソイル》は、《ファイアウォール・ドラゴン》と無限ループコンボを生み出しました。

《ファイアウォール・ドラゴン》はまだ規制のタイミングではありませんので、こちらが規制されるのではないでしょうか。

▲ 目次に戻る

SPONCERD LINK

 

禁止制限改訂ー規制候補カード一覧

以上をまとめると、2017年4月の規制候補は以下25枚になります。

  • 《真竜剣皇マスターP》
  • 《ドラゴニックD》
  • 《魂喰いオヴィラプター》
  • 《ベビケラサウルス》
  • 《真竜皇リトスアジムD》
  • 《化石調査》
  • 《十二獣ヴァイパー》
  • 《十二獣ブルホーン》
  • 《Kozmo-ダーク・シミター》
  • 《召喚師アレイスター》
  • 《召喚魔術》
  • 《WW-アイス・ベル》
  • 《魔導書士バテル》
  • 《グリモの魔導書》
  • 《隣の芝刈り》
  • 《妖精伝姫-シラユキ》
  • 《幽鬼うさぎ》
  • 《灰流うらら》
  • 《増殖するG》
  • 《強欲で貪欲な壺》
  • 《命削りの宝札》
  • 《ブリリアント・フュージョン》
  • 《ジェムナイト・セラフィ》
  • 《ドロール&ロックバード》
  • 《地霊神グランソイル》

かなりの枚数をあげましたが、これら全てが規制されると予想しているわけではなく、規制される可能性があるカードとして紹介しています。

 

SPONCERD LINK

 

まとめ

切り込み隊長

いかがだったでしょうか。

2017年7月の禁止制限改訂(リミットレギュレーション)の規制候補カードを25枚まとめてみました。

環境デッキ・汎用カード・ハンデス/ ワンキル/ ループ系カードから考えることで、規制候補カードを網羅的に挙げられたかなと思います。

皆さんは、どのカードが規制されると思いますか。

記事の最後にアンケートフォームを作成しましたので、ぜひ皆さんの意見を聞かせてください。

引き続き、「禁止制限改訂」「リミットレギュレーション」について記事にしていきます。

それでは、またお会いしましょう。

 

「禁止制限改訂」「リミットレギュレーション」についてはこちらの記事もオススメです。

 

【アンケート】2017年7月に規制されそうなカードは?

▲ 目次に戻る

SPONCERD LINK

関連記事

  • 切り込み隊長

    「きりぶろ!」の管理人。(旧:遊戯王カードのメルカリ攻略だよ。)

    遊戯王の最新情報・高騰情報・最新デッキ・大会デッキレシピ・収録カードリストなどを解説・考察しています。

    遊戯王ブログとしては異例の月間200万PVを達成し、ブログランキング1位を獲得しました。

    好きなカードは《切り込み隊長》です。

    相互リンク・アンテナ登録・広告掲載などのお問い合わせはこちら

    ボタン こうなる
    Twitterに更新情報が届く
    follow us in feedly Feedlyに更新情報が届く
    人気ブログ投票 人気ブログに投票、僕が喜ぶ
  • トレーディングカード/ブロマイド販売 通販ショップの駿河屋 トレーディングカード/ブロマイド販売 通販ショップの駿河屋
PAGE TOP ↑