*

【遊戯王】「星杯(せいはい)デッキ」を強化する!相性の良いオススメカード26枚まとめ!

公開日: : 最終更新日:2017/05/21 最新デッキ考察&レシピ

星杯 コード・オブ・ザ・デュエリスト

2017年4月15日、コード・オブ・ザ・デュエリスト(CODE OF THE DUELIST)が発売されます。

この「コードオブザデュエリスト」には、リンク召喚テーマ星杯(せいはい)が登場します。

デッキ体験会が開催されることから次期環境デッキになるのではと噂されており、【星杯】デッキを組んでみたい方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、【星杯】デッキを構築する上で相性の良い、おすすめ強化カードをまとめて紹介していきたいと思います。

初めて「星杯」を組む方も、「星杯」を強化・改造したい方にも役立つ内容にしていきます。

【星杯】デッキの構築の参考にしていただければ嬉しいです。

 

 

SPONCERD LINK

 

「星杯」と相性の良いカードとは

星杯(せいはい)

「星杯」は、リンク召喚を得意とする通常モンスターテーマです。

レベル・属性・種族はバラバラです。

通常モンスターは、攻撃力or守備力が「 0 」という共通のステータスを持っています。

一方リンクモンスターは、フィールドから墓地に送られると手札の「星杯」を特殊召喚できる共通効果を持っています。

「星杯」カードについては、こちらにまとめています。

『星杯(せいはい)』デッキ:カード効果まとめ+解説・考察!

 

これらから、「星杯」と相性の良いカードはこんなカードです。

  • 攻守0サポート
  • 通常モンスターサポート
  • リンク召喚サポート

それぞれ、相性の良いおすすめカードを紹介していきます。

 

強化①:攻守0サポート

《おもちゃ箱》

《おもちゃばこ/Box of Friends》
効果モンスター
星1/光属性/機械族/攻 0/守 0
このカードが破壊され墓地へ送られた場合、 デッキから攻撃力または守備力が0の、 カード名が異なる通常モンスター2体を表側守備表示で特殊召喚できる。 この効果で特殊召喚したモンスターはシンクロ素材にできず、 次の自分のエンドフェイズ時に破壊される。 「おもちゃ箱」の効果は1ターンに1度しか発動できない。

《おもちゃ箱》は、破壊されるとデッキから攻撃力or守備力0の通常モンスターを2体特殊召喚できます。

「星杯」には攻撃力or守備力0の通常モンスターが3種類もいますので、うまく使えれば一気にモンスターが展開でき、相性が良いです。

《ドラゴニックD》「メタルフォーゼ」を使えば、簡単に破壊することができます。

 

《カメンレオン》

《カメンレオン/Masked Chameleon》
チューナー・効果モンスター
星4/地属性/爬虫類族/攻1600/守1100
このカードは自分フィールドに レベル5以上のモンスターが存在しない場合のみ召喚できる。 このカードの効果を発動するターン、 自分はエクストラデッキからの特殊召喚及びこのカードの効果でしか特殊召喚できない。
(1):このカードが召喚に成功した時、 自分の墓地の守備力0のモンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。

《カメンレオン》は、召喚時、墓地の守備力0のモンスターを特殊召喚することができます。

「星杯」では、《星杯に選ばれし者》《星杯に誘われし者》の2枚が守備力0ですので、発動タイミングは多いでしょう。

【星杯】デッキにレベル7・8シンクロの戦略を導入でき、相性が良いです。

 

強化②:通常モンスターサポート

《ドラコネット》

《ドラコネット》
効果モンスター
星3/闇属性/サイバース族/攻1400/守1200
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。 手札・デッキからレベル2以下の通常モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。

《ドラコネット》は、召喚時、手札・デッキからレベル2以下の通常モンスターを特殊召喚できるモンスターです。

《星杯を戴く巫女》が特殊召喚でき、2体からリンク召喚展開ができるため相性が良いです。

 

《レスキューラビット》

《レスキューラビット/Rescue Rabbit》
効果モンスター
星4/地属性/獣族/攻 300/守 100
「レスキューラビット」の効果は1ターンに1度しか使用できない。 このカードはデッキから特殊召喚できない。
(1):フィールドのこのカードを除外して発動できる。 デッキからレベル4以下の同名の通常モンスター2体を特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに破壊される。

《レスキュー・ラビット》は、自身を除外してデッキから同名の通常モンスター2体を特殊召喚できます。

「星杯」通常モンスターを並べ、リンク召喚に繋げられますので、非常に相性が良いです。

状況に応じて、ランク2・3・4エクシーズの戦略も取ることができます。

 

「幻煌龍」

「幻煌龍」は、通常モンスター《幻煌龍スパイラル》を中心とする通常モンスターテーマです。

「星杯」も通常モンスターを多く採用しますので、デッキとして相性が良いです。

【幻煌龍星杯】なんてデッキが登場するかもしれません。

 

《苦渋の決断》

苦渋くじゅう決断けつだん/Painful Decision》
通常魔法
「苦渋の決断」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):デッキからレベル4以下の通常モンスター1体を墓地へ送り、 その同名カード1枚をデッキから手札に加える。

《苦渋の決断》は、デッキからレベル4以下の通常モンスターを墓地に送り、その同名カードをデッキから手札に加える魔法カードです。

「星杯」通常モンスターを墓地に送りつつ、「星杯」通常モンスターをサーチできるため、相性が良いです。

 

《思い出のブランコ》

おものブランコ/Swing of Memories》
通常魔法
(1):自分の墓地の通常モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターはこのターンのエンドフェイズに破壊される。

《思い出のブランコ》は、墓地の通常モンスターを特殊召喚できる魔法カードです。

墓地の「星杯」バニラを蘇生できますので、相性が良いです。

 

《黙する死者》

もくする死者ししゃ/Silent Doom》
通常魔法
(1):自分の墓地の通常モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターは攻撃できない。

《黙する死者》は、墓地の通常モンスターを守備表示で特殊召喚できる魔法カードです。

《思い出のブランコ》同様、墓地の「星杯」バニラを蘇生できますので、相性が良いです。

 

《魔の試着部屋》

試着部屋しちゃくべや/Enchanting Fitting Room》
通常魔法
800ライフポイントを払う。 自分のデッキの上からカードを4枚めくり、 その中のレベル3以下の通常モンスターを自分フィールド上に特殊召喚する。 それ以外のカードはデッキに戻してシャッフルする。

《魔の試着部屋》は、デッキの上から4枚めくり、レベル3以下の通常モンスターを全て特殊召喚する魔法カードです。

「星杯」には、レベル3以下の通常モンスターが2体いますので、うまくいけば通常モンスターを並べることができ、相性が良いです。

このカードを活かすべく、 多数の通常モンスターを採用した【バニラ星杯】なども面白そうです。

 

《闇の量産工場》

やみ量産工場りょうさんこうじょう/Dark Factory of Mass Production》
通常魔法
(1):自分の墓地の通常モンスター2体を対象として発動できる。 そのモンスターを手札に加える。

《闇の量産工場》は、墓地の通常モンスター2体を手札に加える魔法カードです。

「星杯」は墓地に通常モンスターが溜まりやすく、手札の通常モンスターを有効活用できますので、非常に相性が良いです。

ただ、「星杯」にはすでに《星杯の加護》というサルベージ魔法カードがありますので、うまく使い分ける必要があります。

 

《予想GUY》

予想GUYよそうガイ/Unexpected Dai》
通常魔法
(1):自分フィールドにモンスターが存在しない場合に発動できる。 デッキからレベル4以下の通常モンスター1体を特殊召喚する。

《予想GUY》は、自分フィールドにモンスターが存在しない場合、デッキからレベル4以下の通常モンスターを特殊召喚できる魔法カードです。

条件はありますが、状況に応じた「星杯」通常モンスターを特殊召喚できるため、相性が良いです。

 

《トライワイトゾーン》

《トライワイトゾーン/Tri-Wight》
通常魔法
自分の墓地に存在するレベル2以下の通常モンスター3体を選択して発動する。 選択したモンスターを墓地から特殊召喚する。

《トライワイトゾーン》は、墓地のレベル2以下の通常モンスター3体を特殊召喚する魔法カードです。

「星杯」の《星杯を戴く巫女》はレベル2通常モンスターですので、このカードで特殊召喚でき、相性が良いです。

ただ、1種類だけでは発動しにくいので、このカードを活用する場合、さらに通常モンスターを採用する必要があるでしょう。

 

強化③:リンク召喚サポート

《創造の代行者ヴィーナス》

創造そうぞう代行者だいこうしゃ ヴィーナス/The Agent of Creation – Venus》
効果モンスター
星3/光属性/天使族/攻1600/守 0
(1):500LPを払って発動できる。 手札・デッキから「神聖なる球体」1体を特殊召喚する。

《創造の代行者ヴィーナス》は、手札・デッキから通常モンスター《神聖なる球体》を特殊召喚できる天使族モンスターです。

500LP払うごとに効果が発動できますので、1枚で3体の《神聖なる球体》を並べることができ、リンク召喚につなげることができます。

《神聖なる球体》は通常モンスターですので、《星杯竜イムドゥーク》をリンク召喚することもでき、非常に相性が良いです。

 

《ソウル・チャージ》

《ソウル・チャージ/Soul Charge》
通常魔法(制限カード)
「ソウル・チャージ」は1ターンに1枚しか発動できず、 このカードを発動するターン、自分はバトルフェイズを行えない。
(1):自分の墓地のモンスターを任意の数だけ対象として発動できる。 そのモンスターを特殊召喚し、 自分はこの効果で特殊召喚したモンスターの数×1000LPを失う。

《ソウル・チャージ》は、墓地のモンスターを好きなだけ特殊召喚できる魔法カードです。

そのターンバトルフェイズは行えませんが、特殊召喚したモンスターでリンク召喚が行え、非常に相性が良いです。

このカードを使えば、「星杯」で「先行エクストラリンク」を達成することもできます。

「先行エクストラリンク」が『星杯』で達成できる!?展開ルートは?

 

その他リンク召喚サポートカード、つまりリンク召喚と相性の良いカードは、こちらにまとめています。

「リンク召喚」「リンクモンスター」と相性の良いカードまとめ!

「リンク召喚」に使える「トークン」関連カード21枚まとめ!

 

強化④:その他

《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》

《サイバー・ドラゴン・ノヴァ/Cyber Dragon Nova》
エクシーズ・効果モンスター
ランク5/光属性/機械族/攻2100/守1600
機械族レベル5モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。 自分の墓地の「サイバー・ドラゴン」1体を選択して特殊召喚する。 また、1ターンに1度、自分の手札・フィールド上の 「サイバー・ドラゴン」1体を除外して発動できる。 このカードの攻撃力はエンドフェイズ時まで、2100ポイントアップする。 この効果は相手ターンでも発動できる。 このカードが相手の効果によって墓地へ送られた場合、 機械族の融合モンスター1体をエクストラデッキから特殊召喚できる。

《サイバー・ドラゴン・インフィニティ/Cyber Dragon Infinity》
エクシーズ・効果モンスター
ランク6/光属性/機械族/攻2100/守1600
機械族・光属性レベル6モンスター×3
「サイバー・ドラゴン・インフィニティ」は1ターンに1度、 自分フィールドの「サイバー・ドラゴン・ノヴァ」の上に重ねてX召喚する事もできる。
(1):このカードの攻撃力は、このカードのX素材の数×200アップする。
(2):1ターンに1度、フィールドの表側攻撃表示モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターをこのカードの下に重ねてX素材とする。
(3):1ターンに1度、カードの効果が発動した時、 このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。 その発動を無効にし破壊する。

《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》は、レベル5・機械族2体でX召喚できるランク5エクシーズです。

そして、《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》は、《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》に重ねてX召喚でき、魔法・罠・モンスター効果を無効にする効果を持ちます。

「星杯」の《星遺物-『星杯』》がレベル5・機械族なため、《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》のエクシーズ召喚が狙え、相性が良いです。

エクストラデッキに余裕があれば、入れておくと活躍するかもしれません。

 

《M.X-セイバー インヴォーカー》

M.Xミッシングエックス-セイバー インヴォーカー/M-X-Saber Invoker》
エクシーズ・効果モンスター
ランク3/地属性/戦士族/攻1600/守 500
レベル3モンスター×2
(1):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。 デッキから、戦士族または獣戦士族の地属性・レベル4モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに破壊される。

《M.Xセイバー インヴォーカー》は、レベル4・地属性・戦士族をデッキから特殊召喚できるランク3エクシーズです。

「星杯」の《星杯に誘われし者》がこの条件に対応しており、相性が良いです。

 

《機械複製術》

機械複製術きかいふくせいじゅつ/Machine Duplication》
通常魔法
(1):自分フィールドの攻撃力500以下の機械族モンスター1体を対象として発動できる。 デッキからその表側表示モンスターの同名モンスターを2体まで特殊召喚する。

《機械複製術》は、攻撃力500以下の機械族を対象として発動し、デッキから同名モンスターを2体まで特殊召喚する魔法カードです。

「星杯」の《星遺物-『星杯』》は攻撃力500以下の機械族なため、このカードで特殊召喚でき、相性が良いです。

《星遺物-『星杯』》は、特殊召喚されたEXモンスターを破壊する効果を持ちますので、3体もいるとかなり厄介でしょう。

また、《星遺物-『星杯』》はレベル5・機械族ですので、2体で《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》がエクシーズ召喚できます。

 

《緊急テレポート》

緊急きんきゅうテレポート/Emergency Teleport》
速攻魔法(制限カード)
(1):手札・デッキからレベル3以下の サイキック族モンスター1体を特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターは、 このターンのエンドフェイズに除外される。

《緊急テレポート》は、手札・デッキからレベル3以下のサイキック族を特殊召喚する速攻魔法カードです。

「星杯」の《星杯に選ばれし者》がこれに対応しており、相性が良いです。

デッキに《幽鬼うさぎ》も採用しておけば、状況に応じて対応することができます。

 

《ブリリアント・フュージョン》

《ブリリアント・フュージョン/Brilliant Fusion》 
永続魔法
「ブリリアント・フュージョン」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):このカードの発動時に自分のデッキから 「ジェムナイト」融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、 その融合モンスター1体を、攻撃力・守備力を0にしてエクストラデッキから融合召喚する。 このカードがフィールドから離れた場合にそのモンスターを破壊する。
(2):1ターンに1度、手札の魔法カード1枚を捨てて発動できる。 このカードの効果で特殊召喚したモンスターの攻撃力・守備力は相手ターン終了時まで元々の数値分アップする。

《ブリリアント・フュージョン》は、デッキから融合素材を墓地に送り「ジェムナイト」融合モンスターを特殊召喚する魔法カードです。

《ジェムナイト・セラフィ》を融合素材にすれば、デッキから《星杯の妖精リース》《ジェムナイト・ラズリー》を墓地に送ることができます。

《星杯の妖精リース》は墓地から手札に加えることができますし、《ジェムナイト・ラズリー》は墓地に送られると墓地の通常モンスターを手札に加えられ、さらに相性が良いです。

また、《ジェムナイト・セラフィ》は召喚権を増やす効果も持ちます。

これらから様々な展開が考えられ、【星杯】デッキと非常に相性が良いカードと言えます。

 

《ワン・フォー・ワン》

《ワン・フォー・ワン/One for One》
通常魔法(制限カード)
(1):手札からモンスター1体を墓地へ送って発動できる。 手札・デッキからレベル1モンスター1体を特殊召喚する。

《ワン・フォー・ワン》は、手札のモンスターを1体捨て、手札・デッキからレベル1モンスターを特殊召喚できる魔法カードです。

「星杯」の《星杯の守護竜》がこれに対応しており、相性が良いです。

 

《トランスターン》

遊戯王カード SD26-JP026 トランスターン ノーマル 遊戯王ゼアル [機光竜襲雷]

《トランスターン/Transmodify》
通常魔法
自分フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を墓地へ送って発動できる。 墓地へ送ったモンスターと種族・属性が同じで レベルが1つ高いモンスター1体をデッキから特殊召喚する。 「トランスターン」は1ターンに1枚しか発動できない。

《トランスターン》は、モンスターを墓地に送り、同じ属性・種族・レベル+1のモンスターをリクルートする魔法です。

《星杯の妖精リース》を墓地に送ることで、《創造の代行者ヴィーバス》をリクルートすることができます。

【代行星杯】デッキを作るなら、是非とも入れておきたい相性の良いカードです。

 

SPONCERD LINK

 

まとめ

切り込み隊長

いかがだったでしょうか。

新パック「コード・オブ・ザ・デュエリスト」で登場する「星杯」と相性の良い、オススメ強化カードをまとめて紹介しました。

【星杯】デッキ構築の参考になれば嬉しいです。

引き続き、「星杯」について記事にしていきます。

それでは、またお会いしましょう。

 

「星杯(せいはい)」についてはこちらの記事もオススメです。

『星杯(せいはい)』デッキ:カード効果まとめ+解説・考察!

『星杯(せいはい)』デッキ:回し方・展開方法を解説!

『星杯(せいはい)』デッキレシピまとめ!「ブリリアント」型・「ジェネクス」型など

『星杯(せいはい)』デッキ初日大会優勝!デッキレシピ・構築を解説!

「先行エクストラリンク」が『星杯』で達成できる!?展開ルートは?

 

「コード・オブ・ザ・デュエリスト」の予約はこちら

星杯 コード・オブ・ザ・デュエリスト

コード・オブ・ザ・デュエリスト(Amazon)

コード・オブ・ザ・デュエリスト(駿河屋)

コード・オブ・ザ・デュエリスト(楽天市場)

SPONCERD LINK

関連記事

  • 切り込み隊長

    「きりぶろ!」の管理人。(旧:遊戯王カードのメルカリ攻略だよ。)

    遊戯王の最新情報・高騰情報・最新デッキ・大会デッキレシピ・収録カードリストなどを解説・考察しています。

    遊戯王ブログとしては異例の月間200万PVを達成し、ブログランキング1位を獲得しました。

    好きなカードは《切り込み隊長》です。

    相互リンク・アンテナ登録・広告掲載などのお問い合わせはこちら

    ボタン こうなる
    Twitterに更新情報が届く
    follow us in feedly Feedlyに更新情報が届く
    人気ブログ投票 人気ブログに投票、僕が喜ぶ
PAGE TOP ↑