*

『トワイライトロード』を強化する!相性の良いオススメカード23枚まとめ!

公開日: : 最終更新日:2017/04/28 最新デッキ考察&レシピ ,

トワイライトロード コード・オブ・ザ・デュエリスト

2017年4月15日、コード・オブ・ザ・デュエリストが発売され、新テーマトワイライトロードが登場します。

既存テーマ「ライトロード」が闇落ちしたということで、デッキを組んでみたいという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、【トワイライトロード】デッキを構築する上で相性の良い、おすすめ強化カードをまとめて紹介していきたいと思います。

初めて「トワイライトロード」を組む方も、「トワイライトロード」を強化・改造したい方にも役立つ内容にしていきます。

【トワイライトロード】デッキの構築の参考にしていただければ嬉しいです。

 

 

SPONCERD LINK

 

「トワイライトロード」と相性の良いカードとは

トワイライトロード

「トワイライトロード」は、闇属性で統一されたテーマです。

種族としては戦士族・魔法使い族が多いですが、全体的にバラけています。

そして、デッキからカードを墓地に送るギミックに長けており、除外を活用した効果を持っています。

また、《ライトロード・セイント ミネルバ》の存在から、ランク4エクシーズを得意とします。

「トワイライトロード」カードについては、こちらにまとめています。

『トワイライトロード』デッキ:カード効果まとめ+解説・考察!

 

これらから、「トワイライトロード」と相性の良いカードはこんなカードです。

  • デッキからカードを墓地に送る
  • 墓地で効果が発動する
  • カードを除外できる
  • 除外されると効果が発動する

それぞれ、相性の良いおすすめカードを紹介していきます。

 

強化①:デッキからカードを墓地に送る

「ライトロード」

「ライトロード」は、墓地に送る効果に長けており、専用カードも共有できることから非常に相性が良いです。

《ライトロード・アサシン ライデン》メインフェイズにカードを墓地に送ることができ、《ライトロード・サモナー ルミナス》「ライトロード」を蘇生できますので、特に優先順位が高いです。

 

また、専用魔法カード《ソーラー・エクスチェンジ》《光の援軍》もほぼ必須カードと言えます。

【トワイライトロード】デッキを組む上では、「ライトロード」と混合デッキを組む形になるでしょう。

 

《隣の芝刈り》

となり芝刈しばかり/That Grass Looks Greener》
通常魔法
(1):自分のデッキの枚数が相手よりも多い場合に発動できる。 デッキの枚数が相手と同じになるように、自分のデッキの上からカードを墓地へ送る。

《隣の芝刈り》は、自分のデッキを相手のデッキと同じ枚数になるまで墓地に送るカードです。

60枚デッキで構築すれば、20枚近くのカードを削ることができ、大幅な墓地肥やしになります。

 

《ブリリアント・フュージョン》

《ブリリアント・フュージョン/Brilliant Fusion》
永続魔法
「ブリリアント・フュージョン」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):このカードの発動時に自分のデッキから 「ジェムナイト」融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、 その融合モンスター1体を、攻撃力・守備力を0にしてエクストラデッキから融合召喚する。 このカードがフィールドから離れた場合にそのモンスターを破壊する。
(2):1ターンに1度、手札の魔法カード1枚を捨てて発動できる。 このカードの効果で特殊召喚したモンスターの攻撃力・守備力は相手ターン終了時まで元々の数値分アップする。

《ブリリアント・フュージョン》は、「ジェムナイト」融合モンスターを、デッキ融合する魔法カードです。

融合モンスターに《ジェムナイト・セラフィ》を選択すれば、デッキの光属性モンスターを墓地に送ることができます。

《妖精伝姫-シラユキ》《エクリプス・ワイバーン》《Emトリック・クラウン》などを墓地に送ることができるのため、非常に有用なカードです。

 

強化②:墓地で効果が発動する

《エクリプス・ワイバーン》

《エクリプス・ワイバーン/Eclipse Wyvern》
効果モンスター
星4/光属性/ドラゴン族/攻1600/守1000
(1):このカードが墓地へ送られた場合に発動する。 デッキから光属性または闇属性のドラゴン族・レベル7以上のモンスター1体を除外する。
(2):墓地のこのカードが除外された場合に発動できる。 このカードの(1)の効果で除外されているモンスターを手札に加える。

《エクリプス・ワイバーン》は、墓地に送られた時デッキの光属性or闇属性のドラゴン族・レベル7以上モンスターを除外し、自信が除外された時、そのモンスターを手札に加えることができます。

「トワイライトロード」では、《裁きの龍》《戒めの龍》が対象になります。

戒めの龍(パニッシュメント・ドラグーン)

《妖精伝姫-シラユキ》を使えば、簡単に除外しこれらを手札に加えることができます。

 

《超電磁タートル》

超電磁ちょうでんじタートル/Electromagnetic Turtle》
効果モンスター
星4/光属性/機械族/攻 0/守1800
「超電磁タートル」の効果はデュエル中に1度しか使用できない。
(1):相手バトルフェイズに墓地のこのカードを除外して発動できる。 そのバトルフェイズを終了する。

《超電磁タートル》は、墓地から除外し、相手のバトルフェイズを終了させるモンスターです。

光属性・レベル4ですので、「ライトロード」とステータスの相性も良いです。

 

《ペロペロケルペロス》

《ペロペロケルペロス/Peropero Cerperus》
効果モンスター
星3/地属性/獣族/攻 0/守1800
(1):このカードが墓地に存在し、 戦闘または相手の効果で自分がダメージを受けた場合、 墓地のこのカードを除外し、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。 そのカードを破壊する。

《ペロペロケルペロス》は、ダメージを受けた時墓地から発動でき、フィールドのカードを1枚破壊することができます。

墓地からカードを破壊できる珍しいモンスターですので、1枚入れておくと役立つかもしれません。

 

《Emトリック・クラウン》《H・C サウザンド・ブレード》

Emエンタメイジトリック・クラウン/Performage Trick Clown》
効果モンスター
星4/光属性/魔法使い族/攻1600/守1200
「Emトリック・クラウン」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが墓地へ送られた場合、自分の墓地の「Em」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを、攻撃力・守備力を0にして特殊召喚する。 その後、自分は1000ダメージを受ける。

ヒロイックチャレンジャー サウザンド・ブレード/Heroic Challenger – Thousand Blades》
効果モンスター
星4/地属性/戦士族/攻1300/守1100
「H・C サウザンド・ブレード」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):1ターンに1度、手札から「ヒロイック」カード1枚を捨てて発動できる。 デッキから「ヒロイック」モンスター1体を特殊召喚し、 このカードを守備表示にする。 この効果の発動後、ターン終了時まで自分は「ヒロイック」モンスターしか特殊召喚できない。
(2):このカードが墓地に存在し、戦闘・効果で自分がダメージを受けた時に発動できる。 このカードを墓地から攻撃表示で特殊召喚する。

《Emトリック・クラウン》は、墓地に送られると墓地から特殊召喚でき、1000ダメージを受ける効果を持ちます。

そして、《H・C サウザンド・ブレード》は、ダメージを受けた時、墓地から特殊召喚できます。

これら2枚は「クラウンブレード(クレブレ)」と呼ばれ、《H・C サウザンド・ブレード》が墓地に存在する時に《Emトリック・クラウン》が墓地に送られると、2体を墓地から特殊召喚できるギミックです。

墓地送りが得意な「トワイライトロード」と相性抜群のギミックです。

 

《ブレイクスルー・スキル》

《ブレイクスルー・スキル/Breakthrough Skill》
通常罠
(1):相手フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。 その相手モンスターの効果をターン終了時まで無効にする。
(2):自分ターンに墓地のこのカードを除外し、 相手フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。 その相手の効果モンスターの効果をターン終了時まで無効にする。 この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

《ブレイクスルー・スキル》は、墓地から除外することで相手モンスターの効果を無効にすることができます。

墓地から効果モンスターを無効にできるため、「トワイライトロード」と相性の良いカードです。

 

強化③:カードを除外できる

《妖精伝姫-シラユキ》

妖精伝姫フェアリーテイル-シラユキ/Fairy Tail – Snow》
効果モンスター(準制限カード)
星4/光属性/魔法使い族/攻1850/守1000
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、 相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを裏側守備表示にする。
(2):このカードが墓地に存在する場合、 自分の手札・フィールド・墓地からこのカード以外のカード7枚を除外して発動できる。 このカードを墓地から特殊召喚する。 この効果は相手ターンでも発動できる。

《妖精伝姫-シラユキ》は、手札・フィールド・墓地のカードを7枚除外し墓地から特殊召喚でき、特殊召喚成功時相手モンスターを裏側守備表示にすることができます。

「トワイライトロード」を除外することができ、さらにバトルフェイズの追撃、相手の展開の妨害ができるため、非常に強力です。

【トワイライトロード】デッキでは、ほぼ必須カードと言えるでしょう。

 

《暗黒竜コラプサーペント》

暗黒竜あんこくりゅう コラプサーペント/Black Dragon Collapserpent》
特殊召喚・効果モンスター
星4/闇属性/ドラゴン族/攻1800/守1700
このカードは通常召喚できない。 自分の墓地から光属性モンスター1体を除外した場合のみ特殊召喚できる。 この方法による「暗黒竜 コラプサーペント」の特殊召喚は 1ターンに1度しかできない。
(1):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。 デッキから「輝白竜 ワイバースター」1体を手札に加える。

《暗黒竜コラプサーペント》は、墓地の光属性モンスターを除外し、手札から特殊召喚できます。

「ライトロード」《エクリプス・ワイバーン》を除外しつつ、「トワイライトロード」が得意なランク4が立てられるため相性が良いです。

 

《カオスソルジャー -開闢の使者-》

《カオス・ソルジャー -開闢かいびゃく使者ししゃ-/Black Luster Soldier – Envoy of the Beginning》
特殊召喚・効果モンスター(準制限カード)
星8/光属性/戦士族/攻3000/守2500
このカードは通常召喚できない。 自分の墓地から光属性と闇属性のモンスターを1体ずつ除外した場合に特殊召喚できる。 このカードの(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを除外する。 この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。
(2):このカードの攻撃で相手モンスターを破壊した時に発動できる。 このカードはもう1度だけ続けて攻撃できる。

《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》は、墓地の光属性・闇属性を1体ずつ除外し特殊召喚できます。

「ライトロード」は光属性、「トワイライトロード」は闇属性なため、特殊召喚しやすく相性が良いです。

 

強化④:除外されると効果が発動する

《ネクロフェイス》

《ネクロフェイス/Necroface》
効果モンスター(制限カード)
星4/闇属性/アンデット族/攻1200/守1800
このカードが召喚に成功した時、 ゲームから除外されているカード全てをデッキに戻してシャッフルする。 このカードの攻撃力は、この効果でデッキに戻したカードの枚数×100ポイントアップする。 このカードがゲームから除外された時、 お互いはデッキの上からカードを5枚ゲームから除外する。

《ネクロフェイス》は、除外されると互いのデッキの上から5枚除外する効果を持ちます。

「トワイライトロード」をデッキから直接除外できるため、相性が良いです。

 

強化⑤:その他

《フォトン・スラッシャー》

《フォトン・スラッシャー/Photon Thrasher》
特殊召喚・効果モンスター
星4/光属性/戦士族/攻2100/守 0
このカードは通常召喚できない。 自分フィールドにモンスターが存在しない場合に特殊召喚できる。
(1):自分フィールドにこのカード以外のモンスターが存在する場合、 このカードは攻撃できない。

《フォトン・スラッシャー》は、手札から特殊召喚できるレベル4モンスターです。

レベル4「トワイライトロード」モンスターと、《ライトロード・セイント ミネルバ》をエクシーズ召喚できるため相性が良いです。

特に《フォトン・スラッシャー》は光属性なため、《武神帝-ツクヨミ》をエクシーズ召喚することもできます。

その他、《ゴブリンドバーグ》《H・C 強襲のハルベルト》も同様にランク4につなげることができます。

 

《捕食植物オフリス・スコーピオ》

捕食植物プレデター・プランツオフリス・スコーピオ》
効果モンスター
星3/闇属性/植物族/攻1200/守 800
「捕食植物オフリス・スコーピオ」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、 手札からモンスター1体を墓地へ送って発動できる。 デッキから「捕食植物オフリス・スコーピオ」以外の 「捕食植物」モンスター1体を特殊召喚する。

《捕食植物オフリス・スコーピオ》は、デッキから「捕食植物」を特殊召喚できるモンスターです。

このモンスター1体からリンク召喚を活用することで、《ミセス・レディエント》と「クラウンブレード」を揃えることができます。

この展開については、こちらで解説しています。

《捕食植物オフリス・スコーピオ》のリンク召喚展開!《ミセス・レディエント》と「クラブレ」が揃う!?

 

「召喚獣」

「召喚獣」は、《召喚師アレイスター》を中心とする融合テーマです。

墓地の光属性モンスターを除外することができ、光属性で融合できる相手ターンに動ける《召喚獣メルカバー》を特殊召喚できます。

レベル4という点でも、「トワイライトロード」と相性が良いです。

 

《同胞の絆》

同胞どうほうきずな/Ties of the Brethren》
通常魔法
このカードを発動するターン、自分はバトルフェイズを行えない。
(1):2000LPを払い、自分フィールドのレベル4以下のモンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターと同じ種族・属性・レベルでカード名が異なるモンスター2体を デッキから特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。 このカードの発動後、ターン終了時まで自分はモンスターを特殊召喚できない。

《同胞の絆》は、自分フィールドの同じ種族・属性・レベルのモンスターを2体特殊召喚する魔法カードです。

「ライトロード」「トワイライトロード」はレベル4の戦士族が多いため、3体の「ライトロード」から一気に墓地を肥やすことができます。

そのため、相性が良いです。

 

《闇の誘惑》

やみ誘惑ゆうわく/Allure of Darkness》
通常魔法
(1):自分はデッキから2枚ドローし、その後手札の闇属性モンスター1体を除外する。 手札に闇属性モンスターが無い場合、手札を全て墓地へ送る。

《闇の誘惑》は、2枚ドローし手札の闇属性モンスターを除外する魔法カードです。

「トワイライトロード」は闇属性で統一されており、除外も重要なため相性が良いです。

 

《D・D・R》

D・D・Rディファレント・ディメンション・リバイバル/D.D.R. – Different Dimension Reincarnation》
装備魔法
手札を1枚捨て、ゲームから除外されている自分のモンスター1体を選択して発動できる。 選択したモンスターを表側攻撃表示で特殊召喚し、このカードを装備する。 このカードがフィールド上から離れた時、そのモンスターを破壊する。

《D・D・R》は、除外されているモンスターを特殊召喚する装備魔法カードです。

「トワイライトロード」は除外を得意としますので、相性が良いです。

 

SPONCERD LINK

 

まとめ

切り込み隊長

いかがだったでしょうか。

新パック「コード・オブ・ザ・デュエリスト」で登場する「トワイライトロード」と相性の良い、オススメ強化カードをまとめて紹介しました。

【トワイライトロード】デッキ構築の参考になれば嬉しいです。

引き続き、「トワイライトロード」について記事にしていきます。

それでは、またお会いしましょう。

 

「トワイライトロード」については、こちらの記事もオススメです。

『トワイライトロード』デッキ:カード効果まとめ+解説・考察!

『トワイライトロード』回し方・展開方法を解説!

『トワイライトロード』はどう作る?:デッレシピ・デッキ構築を解説!

 

「コード・オブ・ザ・デュエリスト」の予約・購入はこちら

トワイライトロード コード・オブ・ザ・デュエリスト

コード・オブ・ザ・デュエリスト(Amazon)

コード・オブ・ザ・デュエリスト(駿河屋)

コード・オブ・ザ・デュエリスト(楽天市場)

SPONCERD LINK

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • トレーディングカード/ブロマイド販売 通販ショップの駿河屋
  • ◆ 遊戯王相場・高騰情報まとめあんてな
    koto

    ◆遊戯王最新情報・デッキ考察あんてな
    遊戯王アンテナ

  • 切り込み隊長

    このサイトの管理人。

    遊戯王の情報を調べるのが好きで、毎日ブログ・wiki・youtubeを見まくっています。

    このブログでは、集めた遊戯王の情報をまとめて、テーマの特徴・デッキの作り方・大会デッキレシピなどを中心に書いています。

    好きなカードは《切り込み隊長》。好きなデッキは「ライトロード」と「剣闘獣」です。

  • 広告枠

    広告をご掲載いただける企業・個人の方を募集しています。(実績あり)

    お気軽にお問い合わせください。

    お問い合わせ

PAGE TOP ↑