*

【遊戯王VRAINS(ヴレインズ)35話】「もう一つのロスト事件」感想,あらすじ,考察

公開日: : コラム , ,

【遊戯王VRAINS(ヴレインズ)35話】「もう一つのロスト事件」感想,あらすじ,考察

アニメ遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第35話「もう一つのロスト事件」の感想&あらすじを紹介する記事です。

1月17日に【遊☆戯☆王VRAINS(ヴレインズ)】の35話「もう一つのロスト事件」が放送されました。

皆さんはご覧になりましたか?

今週も【遊☆戯☆王VRAINS】第35話を視聴してみた感想をお送りしたいと思います。

最後までお付き合いよろしくお願いします。

 

\箱に詰めて送るだけで遊戯王カードが売れる/

>> 現在の高額買取カードはこちら <<

 

【遊☆戯☆王VRAINS】第35話を視聴してみた感想

それでは、【遊☆戯☆王VRAINS】第35話を視聴してみた感想をまとめていきます。

 

「ブルーエンジェル」戦を終えて

「ブルーエンジェル」が敗れ、一目散に帰宅する財前兄。

「おかえり」のお出迎えをしてくれたメイドロボを足蹴にし、向かうはもちろん葵のもと。

 

きれいな顔してソファに座っている葵の姿を見るや否や、財前兄もログイン。

 

倒れた「ブルーエンジェル」に対して罵声を浴びせるだけで、特になにかするわけでもなく「スペクター」はその場をあとにします。

 

すぐさま、財前兄は「ブルーエンジェル」のもとに駆け付けますが、そこにはトラップが。

 

いばらの棘のような罠には電脳ウィルスが仕込んである、という説明と同時に突如現れる鴻上博士。

1度「SOLテクノロジー社」の手にかかり死んだそうですが、蘇ったようです。

 

いまだに走り続ける「Playmaker」。

道路や建物もデータ化され始め、行く手を阻みます。

そして長い橋にたどり着きます。ここが消えるとハノイの塔にたどり着けません。

データストームが吹いていない以上、急いで渡るしかなく、結局走り続けます。

 

そして突如現れる「スペクター」。

 

草薙さんは遊作の座標を確認するも、映像がないため詳細を把握できていません。

ネットテレビの映像が生きていることを確認した草薙さんは、カエル&鳩に遊作の座標を送ります。

 

「きっとここに何かあるってことだな」と単純な彼らは、もちろん向かいます。

 

罠にかかった財前兄に鴻上博士は語ります。

10年前、「SOLテクノロジー社」の一員だった鴻上博士。

「SOLテクノロジー社」は博士の開発した「イグニス」を独占するために、ロスト事件を公表し、捜査機関に没収させる作戦をとります。

 

その後、鴻上博士監禁、電脳ウイルスを仕込まれ昏睡状態になります。

 

会社は博士が死んだと思っていましたが、博士の息子により電脳ウイルスを除去。

博士の脳をネットワーク上に再現することに成功します。

 

「SOLテクノロジーに復讐しようと?」と財前兄は問いかけます。

 

「違う」と鴻上博士。

目的はあくまで意思を持つAI「イグニス」の抹殺です。

という本当の意味を知らず、世界を導くはずのものだったはずが、世界を破滅に導く怪物だったと気づき、それを清算しようとします。

ハノイの塔に囚われた者は抜け出すことはできず、世界のあらゆるデータはデータと繋がっている私達も含め、塔の完成した瞬間に破壊されます。

「せめてこの世界が終わる瞬間をその目で見たければじっとしているのだな」と言い残し、博士は立ち去ります。

 

そして「ブルーエンジェル」は、財前兄の悲痛な叫びもむなしくデータ化されてしまいます。

 

「Playmaker」VS「スペクター」戦、開幕!

消えかかっている橋の上でデュエルは幕を開けます。

 

ルールはもちろんマスターデュエル。先行は「スペクター」。

《サンシード・ゲニウス・ロキ》を通常召喚し、未来回路を展開!

 

《サンシード・ゲニウス・ロキ》で《サンアバロン・ドリュアス》をリンク召喚します。

そしてカードを1枚セットし、ターンエンド。

 

「ブルーエンジェル」のデッキを早々に倒したとすると、かなり厄介なのではと念には念を入れる「Playmaker」。

 

戦う前に「何のために戦うのか?」と「スペクター」に問いかけます。

 

「戦うのはもちろんリボルバー様のため。たとえ世界が滅びようと私は常にリボルバー様と共にある」とブレない「スペクター」。

「ハノイの騎士」達が、ロスト事件から多くの人間を傷つけその人生を滅茶苦茶にしたと言及し、そこに関係ない「スペクター」がでしゃばるなと「Playmaker」は結構な言い方。

 

しかし「スペクター」は事件の関係者のようです。

 

10年前のロスト事件でさらわれた子供達は6人。彼らはすべて別々の部屋に監禁されていたので互いの顔を知りません。

「スペクター」はその6人のなかの1人だったのです。

 

もう一つのロスト事件

「あの地獄を経験したのなら、なぜ?」と疑問に思う「Playmaker」。

 

「スペクター」から見れば地獄ではなかったようです。

 

元々、天涯孤独の身だった「スペクター」はずっと施設で育ちました。

他の人間と交わる能力が欠けており、人々の中にいても「スペクター」はずっと孤独で退屈な日々を送ります。

 

そんな時、ロスト事件が起きます。

施設に帰っても彼に待つのは孤独と退屈。監禁の日々が楽しかったようです。

それまでの彼は生きながらにしての「スペクター」。幽霊のような存在だった。誰とも喋らず、誰にも構われず。故に「スペクター」。

誰かが自分を試し、自分に期待していたと思った瞬間、「スペクター」はそれまで感じたことのない生きる実感を得ていました。

 

再び施設に戻された「スペクター」ですが、自分の体験を話すことは禁止され、大人達は私を腫れ物のように扱い敬遠したことで、より一層孤独に。

 

ある時、「スペクター」は施設を脱走し、事件以来封鎖されている監禁された場所に向かいます。

 

あの時の楽しいひと時が再び戻ってこないかと期待しながら待っていると、その思いが通じたのか「リボルバー」と出会います。

すっかり「リボルバー」に心酔している「スペクター」は、自分の価値観を声高に正義と振りかざす「Playmaker」の方がよっぽど不思議と言います。

 

事件から時間が止まった「Playmaker」と、時間が動き出した「スペクター」。

 

怒涛の連続リンク召喚!

「Ai」はこのままでは「Playmaker」の信念が揺らぐと判断。

「これ以上話しても無駄だ。あいつはお前とはまったく違う。グズグズしてるとハノイの塔が完成しちまう」と「Playmaker」を煽り、デュエルを再開させます。

 

手札の《レイテンシ》を墓地に送り、《ビットルーパー》を特殊召喚。

 

未来を導くサーキットを展開!

《ビットルーパー》で《リンク・ディサイプル》をリンク召喚します。

そして《リンク・インフライヤー》を自身の効果で《リンク・ディサイプル》のリンク先に特殊召喚。

 

再びサーキット展開!

《リンク・インフライヤー》で《リンク・ディヴォーティー》をリンク召喚します。

リンク・ディヴォーティー

そしてリンク先《リンク・ディヴォーティー》をリリースし《リンク・ディサイプル》の効果発動。カードを1枚ドローして手札1枚をデッキの1番下に戻します。

 

この瞬間《リンク・ディヴォーティー》の効果も発動。《リンクトークン》2体を特殊召喚します。

 

更に《サイバース・ガジェット》を通常召喚。召喚時の効果で先ほど墓地に送った《レイテンシ》を蘇生します。

レイテンシ

 

盤石の体勢を取るとサーキット展開!

《レイテンシ》と《サイバース・ガジェット》で《バイナル・ソーサレス》をリンク召喚。

フィールドから墓地に送られた《サイバース・ガジェット》の効果で、《ガジェット・トークン》を特殊召喚。

 

《ガジェット・トークン》と《リンク・ディサイプル》で《マルチスレッジハンマー》をリンク召喚。

マルチスレッジハンマー

 

2体の《リンクトークン》を《バイナル・ブレーダー》と3連続リンク召喚を決めます!

バイナル・ブレーダー

 

そしてバトルフェイズへ。

《バイナル・ソーサレス》でアタックしますが《サンアバロン・ドリュアス》は攻撃対象にできないため「スペクター」へのダイレクトアタックになります。

 

ダメージを受けたことで《サンアバロン・ドリュアス》の効果が発動。《サンヴァイン・ガードナー》を《サンアバロン・ドリュアス》のリンク先に特殊召喚します。

そして受けたダメージを回復。

 

木との思い出

唐突に「赤ん坊の時、この木の下に捨てられていた」と告白する「スペクター」。

木は施設の近くの裏山に立っていましたが、発見されるまでの数日間「スペクター」を雨風や獣達から守っていました。

 

施設で育てられた日々、安らぎを覚えたのはこの木のそばだけ。辛い事があった時は木の下で癒やされました。

事件の間は楽しかったようですが、唯一、木に会えないことが気がかりでした。

 

しかし、事件後に施設に帰るとその木はなくなっていました。

あの時から世間に対する未練はすべて消えた「スペクター」。

 

残された居場所は「リボルバー」の所のみ。

「私はリボルバー様にこの魂を捧げる!」とここに誓います。

 

・・・と今回はここまで。

次回の遊戯王VRAINS36話は、「くだらない正義」です。

 

遊戯王VRAINS 35話 考察

「Playmaker」と「スペクター」戦が開幕。

ロスト事件の被害者同士ですが、お互いの考え方の違いに、「Playmaker」の心は揺れそうですね。

「サンアバロン」は安定して《サンアバロン・ドリュアノーム》までつながっていきそうですね。

「Playmaker」の新規リンクモンスターの効果が明確になっていないので、次回はこれらを活かしたプレイが見られると予想します。

 

\箱に詰めて送るだけで遊戯王カードが売れる/

>> 現在の高額買取カードはこちら <<

 

まとめ

鳩鷺(はとさぎ)

いかかだったでしょうか。

アニメ遊戯王VRAINS第35話「もう一つのロスト事件」の感想&あらすじを紹介しました。

ついに「Playmaker」と「スペクター」のデュエルが始まりました。

「Ai」のあおり方もかなり気になった方も多いはず。

連続リンクを決めるもエースがまだ出ていないので、今後の展開が楽しみですね。

次週も【遊☆戯☆王VRAINS】について記事にしていきます。

それでは、またお会いしましょう。

 

◆ 感想・あらすじ

【34話感想】「聖なる天樹」感想&あらすじ

⇒ 【36話感想】「くだらない正義」感想&あらすじ

 

 

遊戯王VRAINS アニメDVD

【予約】 遊戯王VRAINS DUEL-2

遊戯王VRAINS DUEL-2

「遊戯王VRAINS」のアニメDVD2巻、『遊戯王VRAINS DUEL-2』が2018年1月17日に発売されます。14話〜25話が収録されます。

【予約】遊戯王VRAINS DUEL-2(Amazon)最安価

【予約】遊戯王VRAINS DUEL-2(楽天市場)

【予約】遊戯王VRAINS DUEL-2(Yahoo!ショッピング)

 

商品情報・予約情報は、こちらの記事にまとめています。

『遊戯王VRAINS DUEL-2』予約開始!価格比較/商品情報まとめ!

 

【発売中】遊戯王VRAINS DUEL-1

遊戯王VRAINS DUEL-1

『遊戯王VRAINS DUEL-1』も発売中です。1話〜13話が収録されています。

【発売中】遊戯王VRAINS DUEL-1(Amazon)最安価

【発売中】遊戯王VRAINS DUEL-1(楽天市場)

【発売中】遊戯王VRAINS DUEL-1(Yahoo!ショッピング)

 

▼ 人気記事ランキング・最新記事一覧 ▼

 

【遊戯王カード買取】おすすめサイトランキング

関連記事

Comment

  1. ZERO より:

    スペクターがロスト事件の被害者の一人。事件から10年たち遊作は復讐者となったが他の5人は別、詰まらない時間を送って来た子供はロスト事件のVR空間のお陰で彼らの時間が動き出した。スペクターは森の木のためリボルバーと出会いハノイに入った。事件の後、スペクターの時間が動き出し遊作の時間は止まった。遊作はハノイに復讐するためにハッカーになったがこれは罠かもしれない。10年前、遊作が救い出した声の主が遊作を復讐で操り事件の真相を知らないため遊作がロスト事件に関する記憶を抹消しLINK VRAINSのヒーローと弄んだ。ロスト事件で遊作を救った声の主はもう一人、正体不明の組織の一員が遊作を復讐で操られた。

  2. ZERO より:

    「ハノイゲーム」の犠牲者
    ゴーストガール ※最初の犠牲者
    LINKVRAINS2000人以上のデュエリスト ※ 犠牲者
    ===「ハノイの塔」を阻止する者 ===
    ==== LINK VRAINSヒーロー ====
    Playmaker
    Go鬼塚 ※リボルバーに破れた2人目の犠牲者、脱落者
    ブルーエンジェル ※スペクターに破れた犠牲者、脱落者
    ==== SOLテクノロジー社 ====
    財前晃 ※Playmakerとの決着で葵と共に去った。
    北村 ※スペクターに破れた犠牲者
    ==== 「ハノイの騎士」のハノイのプログラムを成功する者====
    リボルバー
    スペクター ※Playmakerに破れた犠牲者

  3. ZERO より:

    鴻上博士が開発したイグニスを独断したSOLテクノロジー社は全てを隠蔽され捜査機関に没収した。理由は3つある。1つ、捜査機関とはSOLテクノロジー社と手を組みイグニスを使い緻密な殺人計画を立てている。捜査機関「IBSクライシス局」がデンシティを緻密計画を実行しておる。2つ、ロスト事件の首謀者はもう一人いた。正体不明の組織の一員が遊作を事件から解放する様にハノイに復讐で操り、遊作がロスト事件に関する記憶を抹消させハノイに復讐から操られているだけだ。3つ、スペクターが被害者の一人がハノイの一員でPlaymakerに負ければスペクターも犠牲者となる。スペクターが死ねば被害者は5人になるがそれは違う生命という意志が被害者の一人が死ねばその意志を受け継ぐ者が現れる。スペクターが死ねばスペクターの意志を継ぐ者がいつか現れる。

  4. ZERO より:

    サイバー事件「ハノイゲーム」を終わらせるため「ハノイの塔」を迎うPlaymaker、だが最初にゴーストガールが犠牲者と成りハノイの塔が始動しLINKVRAINSの2000人以上が犠牲者となり北村もデータに吸収された。Playmakerはカリスマデュエリストを連れてLINK VRAINSのデュエリストを結成した。二手に分かれた3人の内1人のブルーエンジェルがスペクターに破れ此処で脱落した。ブルーエンジェルが負けた後、財前晃がLINKVRAINSに行き鴻上博士と出会った。鴻上博士に事件の真実を知りPlaymakerとデュエルをする。PlaymakerVSスペクターのデュエルで遊作はスペクターが被害者の一人を知ったが遊作とは別の道を歩みリボルバーに命を救われた事で今度はスペクターが森の木やリボルバーの為、Playmakerを倒す。Playmakerがスペクターに破れデータに吸収しGo鬼塚がリボルバーとデュエルをするがリボルバーのエースモンスターでGo鬼塚を倒し2人目の脱落者となった。残るはPlaymaker、リボルバー、財前晃の3人、Playmakerが財前晃とデュエルをし最後はリボルバーと決着をつける。

  5. ZERO より:

    遂に決定しました。「ハノイゲーム」で残るべきはPlaymaker、リボルバー、財前晃の3人。リボルバーとの決着が近づいて来たPlaymakerは財前晃と決着をつける。「LINK VRAINS」へと行き妹の葵を晃はトラップに仕掛けられ財前晃は鴻上博士と出会い事件の真実を知った。鴻上博士が財前晃に語り出した頃、底には驚くべき情報が隠されていた。財前晃は鴻上博士に事件の真実をもう一度知る為、鴻上博士が仕掛けられたトラップを逃れた。Go鬼塚はやっとリボルバーに到着しデュエルを挑んだ。しかしリボルバーのトポロジックでとどめを刺しGo鬼塚は2人目の脱落者となった。それから財前晃はリボルバーと出会いPlaymakerと決着をつける。財前晃はPlaymakerに事件の真実を知り遊作が本当のロスト事件の記憶を思い出す。遊作だけがなぜ事件の後、遊作がロスト事件に関する記憶を抹消させ遊作を復讐から操られているのはまだわかりませんがPlaymakerが財前晃を倒しリボルバーと決着をつけ出す時、遊作が失われた記憶が全て蘇る。遊作が本当に復讐するべき存在が明らかになる。

  6. ZERO より:

    遊作が財前晃に本当のロスト事件を蘇させるためデュエルを仕掛ける。財前晃が鴻上博士からロスト事件の真実を知った財前晃、しかし財前の問題はロスト事件の被害者となった6人の子供が鍵を握っている。遊作はハノイに復讐するためハッカーとなったがスペクターは事件を楽しんだ後、リボルバーに居場所をくれてハノイの騎士に入った。だとすれば遊作はロスト事件の記憶を誰かに書き換えられハノイに復讐から操られているんだ。財前晃はリボルバーに部屋に閉じこもった遊作の記憶を蘇させ遊作が本当の敵と立ち向かう、ハノイゲームもいよいよクライマックス、PlaymakerVS財前晃のデュエルは遊作の本来の記憶を少しでも取り戻すための闘い、そして、PlaymakerVSリボルバーの決着は遊作が全ての記憶が蘇りPlaymakerの《ファイアウォール・ドラゴン》とリボルバーの《ヴァレルロード・ドラゴン》で最後の引き金を撃つ。「ハノイゲーム」でPlaymakerVSリボルバーの決着が「VRAINS」にも伝わった。

  7. ZERO より:

    「ロスト事件」の被害者
    藤木遊作
    草薙仁
    スペクター→日比野莇
    鬼挽照憲
    星崎裕里紅
    キーラ・サロヴァーラ

  8. ZERO より:

    大企業「SOLテクノロジー社」
    新任セキュリティ部長・安室昴

    ハッカー集団「ハノイの騎士」
    新リーダー・ボルメデウス

    暴力団「IBSドラゴン組」
    プロジェクト組長・LOGAN

    諜報機関「WALセキュリティ局」
    エージェント・FRANK

    秘密結社「ゾルタクスゼイアン」
    リーダー・ユーロ/エメラルド

  9. ZERO より:

    遊戯王VRAINS ハノイゲーム編クライマックス。Playmaker VSリボルバーの決着は遊作の過去を思い出し真の敵を知るべき闘い、そして、新しい時代を懸ける結末のデュエルが始まる。この最後の闘いを生中継する人々は息を噛むだけで怯えてる。Playmakerがリボルバーとの決着は人類の命運を懸ける「サイバー事件」と呼ばれている。遊作が本当の敵に復讐するためこの時代を終わらせる。いよいよクライマックス遊戯王VRAINSⅠいよいよクライマックス!

  10. ZERO より:

    遊戯王VRAINSⅡは新たな組織がネットワーク世界に襲撃する。大企業「SOLテクノロジー社」、ハッカー集団「ハノイの騎士」に続きイグニスを捉える新たな組織が出現。暴力団「蚊水流」と諜報機関「匿名情報捜査室(NES)」が動き出す。凡ゆる国を舞台にロスト事件の被害者「VRAINS」の持つAIプログラム「イグニス」を捕獲するため蚊水流組長・中谷傘雪とNES本部長・西嶋宗介がSOLテクノロジー社新任セキュリティ部長・安室昴と手を組みハッカー達を抹殺しイグニスを捕獲するのを狙ってくる。遊作達「VRAINS」がサイバース族の本来の力、究極リンクモンスター「VIV」をリンク召喚し4つの組織を滅す。そして、正体不明の組織が活動中の情報得た遊作達はロスト事件に驚いた情報を見つけ闘いの青煙を出る。

  11. ZERO より:

    「ロスト事件」の被害者である6人の子供が現在、3人が判明した。藤木遊作、草薙仁、スペクターの中で闘っている Playmakerとスペクターはハノイゲームの犠牲者となるためのデュエル。だがスペクターがハノイゲームの犠牲者となればスペクターの意志を受け継ぐ者が遊作と闘う。ロスト事件の被害者はただの被害者ではない王の素質を持つ選ばれし子供が監禁場所に集まり期待をしくしている。その中で草薙仁は事件の後、植物状態になったのは魂が抜き取られたかもしれない。後の3人は遊作と違う道を歩んでいる。遊作はゾルタクスゼイアンに復讐と言う正義を与え、スペクターはリボルバーに居場所をくれハノイの騎士に入り、仁は植物状態に暗闇に落ちた。イグニスが世界を滅ぼすAIが出来た事で6人の子供の中で記憶を失い、復讐から操り、記憶を書き換えたかもしれない。

  12. Linkは環境荒らしのP規制でいい筈だ より:

    過去に自分と同様に苦しんだ被害者とその家族のためにも復讐を遂げると揺るぎない自身の正義を語ってくれたので 遊作大好きです。
    《ハノイの騎士について大した調べもついてない(遊作は過去の事件の真実を知りたがっている)のにハノイの騎士を一層しまくってたのは ハノイプロジェクトと呼ばれるロスト事件の別名としてハノイの騎士が過去のロスト事件と大きく関わっていることを突き止めたから(もしかするとハノイの騎士が事件と関わっていること自体の大部分が既に ソルテクノロジーまたはハノイの騎士自身の手で 消去されている可能性が高く 突き止めることができた情報が ハノイプロジェクトくらいしか無かった可能性)

    遊作自身何もない部屋の中で首謀者からの通信も来ず 半年実験台にされ続けたのだから 事件後の数年でようやく突き止めたハノイプロジェクト=世間から嫌われているハッカー集団 ハノイの騎士が事件の元凶だと焦っていたんでしょう。 結果事件を引き起こしたのはハノイの騎士で間違いなかったわけですが。 》 早く事件を解決したいという正義感に駆られる復讐者が主人公 珍しくていいと思います。揺るぎない信念を持ちながら復讐を焦る未熟さも主人公として 成長のしがいがありますし

    ただスーツピチピチにしすぎて スピードデュエルするときに揺れる服がないし 風も一瞬役者達を遮るように吹かず そのまま川で棒立ちしてる感じにしてるから スピード感は無い。 もっと言うとブルーエンジェルの服 ネクタイやスカート 後ろの羽とか余裕で風に吹かれそうなのに そんな吹かれずやはり川にボード置いて突っ立ってる場合が多い、 てか 見やすくしてる時点でスピード感ゼロ。 スピード感出したいなら 動かなくても 風が吹かれる描写もっと描け、予算足りないのか?

    折角登場したハノイの三騎士はパッと出で すぐに退場するのはあっけなくて悲しいし (とりあえずゲノムは狂った研究者 バイラは昔世界をよくするために仲間とともに研究没頭してた、 ハノイの塔計画に反対的でフツーにいい人 ファウストはバイラやリボルバーと義理?兄弟で ロスト事件をバイラと共に心を痛めながら実行していた人 なのはわかったけどね) スペクターのようなロスト事件前は孤独で退屈だったが事件後は自分を必要としてくれた犯人側に手を貸すキチガイキャラは
    遊作にとって どのように成長させてくれる存在か楽しみ。

  13. ZERO より:

    遊作が本当の記憶がリボルバーと決着をつけた後、ロスト事件の真の首謀者が明らかになる。そして、遊作が秘密結社「ゾルタクスゼイアン」と何中の関わりがあり遊作が声の主の情報を叩くしている可能性が高い。本当の敵はSOLテクノロジー社とハノイの騎士、ゾルタクスゼイアンの3つの組織と捜査機関「NSV」と暴力団「上座龍」の新たな組織が活動中と言う新たな情報を得る。ハノイゲームの後、ハノイの騎士は手を引くと思うがそれは違う、事件の後、テロリストの攻撃を受けサイバース世界のAIプログラム「イグニス」が封印を解き人間界に侵略し新たなテロリスト事件が始まる。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • きりぶろLINE

    \ おかげさまで友だち2,600人突破!! 

    きりぶろLINE

    10秒で参加、いつでも解除できます

    ◆ きりぶろLINEの3つのメリット

    • ・遊戯王の最新情報高騰情報をお届け
    • 限定記事を特別公開(10月31日まで
    • 登録無料、簡単に解除できます

    限定記事:「遊戯王の最新情報を集める5つ+αの方法」

    * 限定記事は予告なく非公開にする可能性があります。ご了承ください。

     

    きりぶろLINEの詳細はこちら

    ⇒ 【きりぶろLINE2,600人突破!!】遊戯王の最新情報,高騰カードや限定記事をLINEにお届け!

  • 【遊戯王カード買取】おすすめサイトランキング TOP 4: 高額買取ショップの選び方/使い方

    遊戯王カードが “高額” & “簡単” に売れる買取サイトのおすすめランキングを作成しました。

    詳しくは【遊戯王 買取サイト】おすすめランキング TOP 3: 高額買取ショップの選び方/使い方をクリック!

    各買取サイトのおすすめポイントをまとめたものがこちらです。

    【1位】 トレトク
    トレトク
    【おすすめポイント】
    ◯:遊戯王カード専門買取サイト
    ◯:買取実績圧倒的(累計160万件)
    ◯:高額買取保証
    ◯:ノーマル・レアの仕分けが不要
    ◯:買取価格20%アップ!(10月31日まで)
    ◯:多くのブログでオススメされるNo.1買取サイト

    【2位】Next One(ネクストワン)
    ネクストワン
    【おすすめポイント】
    ◯:遊戯王カード専門買取サイト
    ◯:買取実績(累計4万件)
    ×:レアカードの仕分けが必要
    ×:Webサイトがかなり使いにくい
    【3位】なんでもんホビー
    買取サイト なんでもんホビー
    【おすすめポイント】
    ◯:ホビー専門買取サイト
    ◯:買取作業簡単
    ◯:フィギュア・アニメグッズも買取可能
    ×:遊戯王カード専門買取サイトではない
  • 遊戯王環境デッキランキング

    遊戯王環境デッキ

    遊戯王デッキ集

    遊戯王最新パック/ストラクチャーデッキ

    遊戯王高騰カードと相場

    遊戯王カードを高く売る方法

  • 「テーマ名」「デッキ名」「パック名」などでブログ内を検索できます。例)「閃刀姫」「EM魔術師」「サベージ・ストライク」

  • 「きりぶろ!(切り込み隊長の遊戯王ブログ)」は、遊戯王OCG/TCGの最新情報・環境デッキ・高騰カード・買取価格をまとめたブログです。

    最新パック・ストラクチャーデッキの収録カードリスト・新規カードも速報的に更新しています。

    また、最新デッキテーマのデッキレシピ・回し方・相性の良いカードなども考察しています。

    遊戯王ブログとしては異例の月間250万PVを達成!

    LINEで遊戯王の最新情報もお知らせしています。

    >> 切り込み隊長って誰? <<

    >> きりぶろLINEって何? <<

  • \遊戯王カードを高く売る方法まとめました

    「売るなら」遊戯王カードを高く売る方法

    \遊戯王カードはネットで簡単に売れる

    【遊戯王カード買取】おすすめサイトランキング