*

【遊戯王 環境 新制限】『ABC』デッキ大会優勝!デッキレシピ・回し方を解説!

公開日: : 最終更新日:2017/06/25 環境デッキ考察&レシピ ,

大会優勝した【ABC】デッキのデッキレシピ・回し方を解説したページです。

ABCデッキ大会優勝!デッキレシピ・回し方 

 

こんにちは、「鳩鷺(はとさぎ)」です。

来期からのリミットレギュレーションの情報が出回っており、影響を受けたデッキは数多くあると思います。

しかし、制限されるものばかりでなく復帰してくるカードもあります。

《ユニオン格納庫》もその内の1つで、この度晴れて準制限カードとなります。

このカードを採用している【ABC】デッキが新制限ルールでの大会で見事優勝を果たしました。

今後「新環境ではどんなデッキが強いのか」と考えている方も多いはず。

ぜひ新制限での構築の参考にしてみてください。

 

SPONCERD LINK

 

【ABC】大会優勝デッキレシピ

大会優勝した【ABC】のデッキレシピはこちらです。

ABC大会優勝デッキレシピ

【メインデッキ】(40枚)

◆モンスター(22枚)

  • 3《灰流うらら》
  • 3《幽鬼うさぎ》
  • 3《A-アサルト・コア》
  • 3《B-バスター・ドレイク》
  • 3《C-クラッシュ・ワイバーン》
  • 2《ゴールド・ガジェット》
  • 2《シルバー・ガジェット》
  • 3《銀河戦士》

◆魔法(16枚)

  • 1《ハーピィの羽根帚》
  • 2《強欲で貪欲な壺》
  • 3《コズミック・サイクロン》
  • 2《テラ・フォーミング 》
  • 3《トランスターン》
  • 2《ブラック・ホール》
  • 1《死者蘇生》
  • 2《ユニオン格納庫》

◆罠(2枚)

  • 1《神の警告》
  • 1《神の宣告》

【エクストラデッキ】(15枚)

  • 3《ABC-ドラゴン・バスター》
  • 1《No.39 希望皇ホープ》
  • 1《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》
  • 1《SNo.39 希望皇ホープONE》
  • 1《励輝士 ヴェルズビュート》
  • 1《鳥銃士カステル》
  • 1《ギアギガント X》
  • 1《恐牙狼 ダイヤウルフ》
  • 1《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》
  • 1《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》
  • 3《デコード・トーカー》

【サイドデッキ】(15枚)

  • 2《聖なるバリア -ミラーフォース-》
  • 3《激流葬》
  • 2《神の通告》
  • 2《ツインツイスター》
  • 3《増殖するG》
  • 3《スカル・マイスター》

※ALANN尼崎 非公認大会(新制限) 06月16日(金) 個人戦

 

【ABC】大会優勝デッキを解説

ABC

それでは、この【ABC】デッキの解説をしていきます。

【ABC】とは 「ストラクチャーデッキ-海馬瀬人-」に収録されていた《A-アサルト・コア》《B-バスター・ドレイク》《C-クラッシュ・ワイバーン》と、その融合体《ABC-ドラゴン・バスター》のことをさします。

発売前から存在している、同じく海馬瀬人が使用しているテーマの「XYZ」を意識したデザインをしています。

登場初期から怒涛の展開力を持ち、環境に君臨するほどのパワーを持っていましたが、《ユニオン格納庫》が制限カードになったことをきっかけに大きく弱体化していました。

しかし次の制限改定により、デッキに2枚まで入れることができるようになり、見事結果を残すことができた模様です。

さっそく、どのように回していくのかも踏まえて詳しく見ていきましょう。

 

「ABC」の基本展開

abcモンスター

「ABC」モンスターを簡単に説明しますと、このようになります。

  • 《A-アサルト・コア》・・・装備モンスターにモンスター効果耐性付与、フィールドから墓地へ送られた場合にユニオンをサルベージ。
  • 《B-バスター・ドレイク》・・・装備モンスターに魔法耐性付与、フィールドから墓地へ送られた場合にユニオンをサーチ。
  • 《C-クラッシュ・ワイバーン》・・・装備モンスターに罠耐性付与、フィールドから墓地へ送られた場合に手札のユニオンを特殊召喚。

これだけですとちょっと展開が遅い印象を受けますが、「ABC」モンスターは全てユニオンモンスターであるという点がポイントになります。

フィールドから墓地に送られた場合の効果は装備された状態で送られても発動できるので、わざわざ複数体「ABC」モンスターを並べる必要がありません。

条件も機械族・光属性モンスターを対象に装備カード扱いとして装備できるので、デッキ内のモンスターも統一させてしまえば問題なく装備が可能です。

このデッキではいかに早く《ABC-ドラゴン・バスター》を特殊召喚できるかにかかっています。

《ABC-ドラゴン・バスター》は自分のフィールド・墓地の《A-アサルト・コア》《B-バスター・ドレイク》《C-クラッシュ・ワイバーン》を除外した場合に特殊召喚でき、融合カードを必要としないので比較的容易に出せます。

手っ取り早く「ABC」モンスターを3種類揃えなければならないので、この時活躍するのはご存知、準制限にまで復帰してきた《ユニオン格納庫》です。

 

《ユニオン格納庫》の効果を見てみると、

  • ①:発動時の効果処理として、デッキから機械族・光属性のユニオンモンスター1体をサーチ。
  • ②:1ターンに1度、自分フィールドに機械族・光属性のユニオンモンスターが召喚・特殊召喚された場合、そのモンスターに装備可能でカード名が異なる機械族・光属性のユニオンモンスター1体をデッキから選び、そのモンスターに装備。

となっています。

アドバンテージしかありませんねw

この効果で装備したユニオンモンスターはこのターン特殊召喚できない。という制約が付きますがわざわざ出す必要もないので特に問題ありません。

 

サーチ、手札からの特殊召喚をふんだんに

ギアギアントX

フィールド、墓地にそろえるということはサーチ、リクルート、墓地送り、といろいろな方法が挙げられますが、このデッキではサーチをメインに構築しています。

上記の《B-バスター・ドレイク》《ユニオン格納庫》はもちろんのこと、「ABC」関連カード以外でも《ギアギガント X》の効果も有効ですね。

ただ、「手札ばかり増えても意味がない」と思う方もいると思います。

そのために《ゴールド・ガジェット》《シルバー・ガジェット》のような、手札からの特殊召喚をサポートするカードを採用しています。

《ゴールド・ガジェット》or《シルバー・ガジェット》を召喚 →手札の「ABC」モンスターを特殊召喚 →2体で《ギアギガント X》をエクシーズ召喚。効果で「ABC」モンスターをサーチ

といった流れを駆使して「ABC」モンスター3種類をそろえていきます。

 

「ABC」とリンク召喚の相性

デコード・トーカー

新ルールに移行してからエクストラデッキからの特殊召喚の枠を増やすには、リンク召喚でマーカーを増やさなければいけなくなりました。

《デコード・トーカー》はLINK3のモンスターなのでマーカーは多いですが、やはりコストも多めです。

このデッキではフィールドに3体のモンスターを並べることは《A-アサルト・コア》《C-クラッシュ・ワイバーン》や《ゴールド・ガジェット》《シルバー・ガジェット》の効果をうまく活かせればできないことではないです。

最高の状態としては、

《A-アサルト・コア》《B-バスター・ドレイク》《C-クラッシュ・ワイバーン》をフィールドにそろえて、3体で《デコード・トーカー》をリンク召喚。→墓地の《A-アサルト・コア》《B-バスター・ドレイク》《C-クラッシュ・ワイバーン》を除外して《ABC-ドラゴン・バスター》を融合召喚。

といった流れができれば文句なしです。

今まででしたら3体そろえても《ABC-ドラゴン・バスター》1体しか出せませんでしたが、攻撃力2800になるモンスターももれなくついてくるのはとても心強いですね。

 

《銀河戦士》の採用

銀河戦士

このデッキ唯一のレベル5モンスターである《銀河戦士》ですが、地味に相性抜群です。

光属性・機械族モンスターなのでユニオンモンスターの装備が可能であり、そもそも自身の特殊召喚条件は手札の光属性モンスターを墓地へ送ることなので簡単い特殊召喚できます。

また、属性・種族が「ABC」や「ガジェット」と一致するので、《トランスターン》でも特殊召喚が可能です。

自身の効果による特殊召喚、《トランスターン》による特殊召喚は、コストに「ABC」モンスターを使えば効果の発動につながりますし、特殊召喚に成功した時に別の《銀河戦士》をサーチできるので、さらに展開していくこともできます。

《銀河戦士》を2体並べても《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》を出すことができるので相手の妨害に一役買ってくれることでしょう。

 

SPONCERD LINK

 

まとめ

鳩鷺(はとさぎ)

いかがだったでしょうか。

もともと展開力のあるデッキタイプであり、《ユニオン格納庫》が1枚返ってきたことによりさらに安定度が増した印象を受けました。

「ABC」関連カードはストラクチャーデッキを買えば一通りそろいますが、店頭での購入はすこし難しいかもしれませんね。

興味のある方は、ぜひ作ってみてください。

引き続き、「環境情報」について記事にしていきます。

それでは、またお会いしましょう。

 

新制限で活躍したデッキは、幾つか解説しています。

【新制限】『WWマジェスペクター』大会優勝!デッキレシピ・回し方解説!

【新制限】『恐竜真竜皇竜星』デッキ大会優勝!デッキレシピ・回し方を解説!

【新制限】『十二獣』が好成績!「ブルホーン」禁止でも戦える!?

【新制限】『WW魔導召喚獣真竜』大会優勝!「真竜」環境は終わらない?

 

2017年7月環境で活躍しそうなデッキは、こちらでまとめています。

【新制限環境】2017年7月以降、大会で活躍しそうな強いデッキまとめ!

【2017年7月環境】2017年7月の環境トップデッキは!?大会入賞デッキレシピまとめ!

 

今回の記事は「鳩鷺(はとさぎ)」さんが書きました。ブログライター(記事投稿者)はこちらで募集しています。

【Webライター募集】当ブログの記事を書いてくれる方を募集します。

 

SPONCERD LINK

関連記事

  • 切り込み隊長

    「きりぶろ!」の管理人。(旧:遊戯王カードのメルカリ攻略だよ。)

    遊戯王の最新情報・高騰情報・最新デッキ・大会デッキレシピ・収録カードリストなどを解説・考察しています。

    遊戯王ブログとしては異例の月間200万PVを達成し、ブログランキング1位を獲得しました。

    好きなカードは《切り込み隊長》です。

    相互リンク・アンテナ登録・広告掲載などのお問い合わせはこちら

    ボタン こうなる
    Twitterに更新情報が届く
    follow us in feedly Feedlyに更新情報が届く
    人気ブログ投票 人気ブログに投票、僕が喜ぶ
PAGE TOP ↑