*

【遊戯王】「サブテラー(Subterror)デッキ」とは?回し方・相性の良いカードまとめ!

公開日: : 最終更新日:2017/09/11 最新デッキ考察&レシピ , ,

遊戯王の最新テーマ「サブテラー(Subterror)」についてまとめたページです。

「サブテラー(Subterror)デッキ」とは?回し方・相性の良いカード

 

2017年9月9日、最新パック「エクストラパック2017」が発売されます。

そして、海外先行テーマ「SPYRAL」「サブテラー」の2テーマが日本に初登場します。

この機に新規テーマを組みたい方も多いと思いますので、今回は「サブテラー」について解説していきたいと思います。

「サブテラー」のモンスター・魔法・罠を解説し、「サブテラー」がどのようなテーマなのか紹介します。

また、回し方・動かし方やデッキレシピ・相性の良いカードなども解説・考察していきます。

ぜひ、【サブテラー】デッキ構築の参考にしてください。

 

「エクストラパック2017」で登場するテーマは、それぞれ解説しています。

エクストラパック2017収録テーマ解説
SPYRAL
SPYRAL
サブテラー
サブテラー
ヴェンデット
ヴェンデット
F.A.
F.A.

 

もくじ

SPONCERD LINK

 

「サブテラー」とは

「サブテラー」とは

「サブテラー(Subterror)」は、遊戯王TCG「The Dark Illusion」でカテゴリ化されたテーマです。

「地下都市伝説」をモチーフとしたテーマで、上級モンスターがリバース効果を持つと言う珍しい特徴があります。

「サブテラー」と言う名前は、「subterranean(地下)」と「terror(恐怖)」を組見合わせたものでしょう。

属性は地属性で統一され、レベルは1〜12まで1体ずつ存在しています。

モンスターの名称は、下級モンスター「サブテラー(Subterror Nemesis)」、上級モンスター「サブテラーマリス(Subterror Behemoth)」となっています。

 

サブテラーマリス

上級モンスター「サブテラーマリス」は、全てリバース効果を持っており、特殊召喚効果・裏側守備表示になる共通効果を持っています。

◆ 「サブテラーマリス」共通効果

  • ①:このカードがリバースした場合に発動できる。(固有効果)
  • ②:自分フィールドの表側表示モンスターが裏側表示になった時、 自分フィールドに表側表示モンスターが存在しない場合に発動できる。 このカードを手札から守備表示で特殊召喚する。
  • ③:自分メインフェイズに発動できる。 このカードを裏側守備表示にする(1ターンに1度のみ)。

現在、モンスター12体・リンクモンスター1体・魔法2枚・罠2枚が登場しており、エクストラモンスターは登場していません。

「サブテラー」カード一覧

◆ 「サブテラー」モンスター

  • 《サブテラーの妖魔》
  • 《サブテラーの刀匠》
  • 《サブテラーの射手》
  • 《サブテラーの戦士》
  • 《サブテラーマリス・アクエドリア》
  • 《サブテラーマリス・アルラボーン》
  • 《サブテラーマリス・リグリアード》
  • 《サブテラーマリス・グライオース》
  • 《サブテラーマリス・ボルティニア》
  • 《サブテラーマリス・ジブラタール》
  • 《サブテラーマリス・エルガウスト》
  • 《サブテラーマリス・バレスアッシュ》

◆ 「サブテラー」リンクモンスター

  • 《サブテラーマリスの妖魔》

◆「サブテラー」魔法

  • 《サブテラーの激闘》
  • 《地中界シャンバラ》

◆「サブテラー」罠

  • 《サブテラーマリスの潜伏》
  • 《サブテラーの決戦》

▲ 目次に戻る

「サブテラー」の回し方・戦術

「サブテラー」の回し方・戦術

さて、「サブテラー」はどのように戦うテーマなのでしょうか。

「サブテラー」の特徴をザックリ紹介すると、こんなテーマになっています。

◆「サブテラー」特徴

  • 特徴①:レベル1「サブテラー」は、手札・フィールドから「サブテラー」を裏守備にする効果を持つ
  • 特徴②:上級「サブテラー」は、「サブテラー」が裏守備になると手札から特殊召喚でき、自ら裏守備になる効果・リバース効果を持つ。
  • 特徴③:フィールド魔法・通常罠は、「サブテラー」を表にしたり裏にしたりする効果を持つ。

 

そのため「サブテラー」の回し方・戦術は、このような流れになります。

◆「サブテラー」回し方

  • 回し方①:レベル1「サブテラー」の効果で自身を裏守備にする
  • 回し方②:「サブテラー」が裏守備になったので、上級「サブテラー」特殊召喚、同じ要領で手札の「サブテラー」を並べる
  • 回し方③:魔法・罠で「サブテラー」のリバース効果を何度も活用

 

「サブテラー」のリバース効果には、モンスターを除外したり、セットカードを複数枚破壊したり、モンスターの攻撃力を0にしたりする効果があります。

これらのリバース効果を使い、相手を翻弄していきましょう。

受動的な動きにも見えますが、リバースモンスターは上級モンスターであり、軒並み攻撃力が高いです。

このように「サブテラー」は、地味かつ豪快という面白い動きで勝利を目指します。

▲ 目次に戻る

SPONCERD LINK

 

「サブテラー」カード画像・効果解説

「サブテラー」カード画像・効果解説

次は、「サブテラー」のモンスター・魔法・罠の画像・効果を紹介していきます。

1枚ずつ簡単に解説していきます。

 

《サブテラーの妖魔》

サブテラーの妖魔 《サブテラーの妖魔》 
効果モンスター
星1/地属性/魔法使い族/攻 800/守 500
「サブテラーの妖魔」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手が魔法・罠・モンスターの効果を発動した時、 自分の手札・フィールドのこのカードを墓地へ送り、 自分フィールドの「サブテラー」モンスター1体を対象として発動できる。 その発動を無効にする。 その後、対象のモンスターを裏側守備表示にする。
(2):自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを裏側守備表示にし、 自分の手札・墓地から「サブテラー」モンスター1体を選んで表側守備表示または裏側守備表示で特殊召喚する。

【主な効果・役割・使い方】

  • ①:手札・フィールドから墓地に送り、「サブテラー」1体裏守備。相手のモンスター効果・魔法・罠無効。(名称ターン1)
  • ②:「サブテラー」1体裏守備、手札・墓地の「サブテラー」表or裏守備特殊召喚(名称ターン1)

《サブテラーの妖魔》は、「サブテラー」を裏守備にできる手札誘発モンスターです。

「サブテラー」を裏守備にしつつ、相手カードを無効化できる効果はあまりに強力です。

「サブテラーマリス」を裏守備にしリバース効果が発動可能になり、手札の「サブテラーマリス」の特殊召喚効果も発動できます。

【サブテラー】デッキでは展開の起点となり、文句なしの3積み確定のモンスターです。

 

《サブテラーの刀匠》

サブテラーの刀匠 サブテラーの刀匠》 
効果モンスター
星2/地属性/獣戦士族/攻 100/守2000
(1):自分フィールドの裏側表示モンスター1体のみを対象とする魔法・罠・モンスターの効果を相手が発動した時、 または自分フィールドの裏側表示モンスターが相手モンスターの攻撃対象になった時、 手札・フィールドのこのカードを墓地へ送り、そのモンスター以外の自分フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。 その対象を正しい対象となるそのモンスターに移し替える。
(2):自分フィールドに裏側表示モンスターが存在する限り、このカードは戦闘・効果では破壊されない。

【主な効果・役割・使い方】

  • ①:裏側守備が効果・攻撃対象になった時、手札・フィールドから墓地へ送り、対象を移し換える
  • ②:裏側守備が存在する時、戦闘・効果で破壊されない。

《サブテラーの刀匠》は、裏側守備を守る手札誘発モンスターです。

ただ、裏側守備はそもそも対象に取りにくく、裏守備になっている「サブテラーマリス」は守備力が高いため、効果を活かせる機会は少ない。

「サブテラー」はサーチが容易なので、入れるなら1枚くらいかな。

 

《サブテラーの射手》

サブテラーの射手 サブテラーの射手》 
効果モンスター
星3/地属性/天使族/攻1600/守1400
「サブテラーの射手」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに他の「サブテラー」モンスターが存在する場合、 このカードが相手の裏側守備表示モンスターに攻撃したダメージステップ開始時に発動できる。 そのモンスターを持ち主のデッキに戻す。
(2):フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた場合に発動できる。 デッキから「サブテラー」モンスター1体を表側守備表示または裏側守備表示で特殊召喚する。

【主な効果・役割・使い方】

  • ①:他の「サブテラー」が存在する場合、裏側守備モンスターに攻撃すると、デッキバウンス
  • ②:フィールドから戦闘・効果で破壊されると、「サブテラー」表側or裏側守備でリクルート

《サブテラーの射手》は、「サブテラー」万能リクルーターです。

戦闘・効果で破壊されると発動できるリクルート効果は、条件がゆるく、なかなか強力。

レベル制限もなく、裏守備も可能なので、いきなり最上級の「サブテラーマリス」のリバース効果に繋げられる。

①のデッキバウンス効果は、使えたらラッキーくらい。

【サブテラー】デッキでは、比較的重要なモンスターとなり、2枚くらいは入れても良さそうです。

 

《サブテラーの戦士》

サブテラーの戦士 《サブテラーの戦士》
効果モンスター
星4/地属性/戦士族/攻1800/守1200
「サブテラーの戦士」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):デッキから「サブテラー」モンスター1体を墓地へ送って発動できる。 元々のレベルの合計が墓地へ送った「サブテラー」モンスターのレベル以上になるように、 このカードと自分フィールドの他のモンスターを1体以上リリースし、 墓地へ送った「サブテラー」モンスターを表側守備表示また裏側守備表示で特殊召喚する。 この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードが墓地に存在し、「サブテラーマリス」モンスターがリバースした場合に発動できる。 このカードを墓地から特殊召喚する。

【主な効果・役割・使い方】

  • ①:デッキから「サブテラー」を墓地に送り、レベル以上となるよう自身+他モンスターリリースし、墓地に送った「サブテラー」特殊召喚(名称ターン1、誘発即時)
  • ②:「サブテラー」リバース効果発動した場合、自己蘇生(名称ターン1)

《サブテラーの戦士》は、条件付きの「サブテラー」リクルーターです。

1つ目の効果は少しややこしいが、フィールドから自身とモンスターをリリースし、デッキから「サブテラー」を特殊召喚できると考えれば良い。

相手ターンでも使える誘発即時効果なので、エスケープとして使える効果。

墓地から自己蘇生効果も持つので、何度もエスケープ効果が活用できる。

ただ、墓地に1枚入れば十分なので、採用枚数としては1~2枚が妥当かな。

 

《サブテラーマリス・アクエドリア》

サブテラーマリス・アクエドリア サブテラーマリス・アクエドリア》
リバース・効果モンスター
星5/地属性/海竜族/攻1400/守2600
「サブテラーマリス・アクエドリア」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリバースした場合、自分フィールドの「サブテラーマリス」モンスターの数だけ、 フィールドにセットされたカードを対象として発動できる。 そのカードを破壊する。
(2):自分フィールドの表側表示モンスターが裏側表示になった時、 自分フィールドに表側表示モンスターが存在しない場合に発動できる。 このカードを手札から守備表示で特殊召喚する。
(3):自分メインフェイズに発動できる。 このカードを裏側守備表示にする(1ターンに1度のみ)。

【主な効果・役割・使い方】

  • ①:リバース:「サブテラーマリス」の数、セットカード破壊
  • ②:自分モンスターが裏守備になり、表側モンスターが存在しない場合、手札から守備表示で特殊召喚
  • ③:自身を裏側守備表示にする(ターン1)

《サブテラーマリス・アクエドリア》は、セットカードを複数枚破壊できるモンスターです。

「サブテラーマリス」は、固有のリバース効果と、手札から特殊召喚する効果・自身を裏守備にする共通効果を持ちます。

《サブテラーマリス・バレスアッシュ》などで相手モンスターを裏守備にすれば、適用範囲が一気に広がり、コンボとしては強力。

「サブテラー」の中では唯一、魔法・罠を破壊でき、しかも複数枚破壊できる可能性を持っている。

ただ、「サブテラーマリス」と同じ枚数破壊しなければならず、ちょっと使いづらさもある。

【サブテラー】デッキでは、1〜2枚の採用になりそう。

 

《サブテラーマリス・アルラボーン》

サブテラーマリス・アルラボーン サブテラーマリス・アルラボーン》 
リバース・効果モンスター
星6/地属性/アンデット族/攻2400/守1600
「サブテラーマリス・アルラボーン」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリバースした場合に発動できる。 このターン、自分フィールドの「サブテラー」カードは相手の効果では破壊されない。
(2):自分フィールドの表側表示モンスターが裏側表示になった時、 自分フィールドに表側表示モンスターが存在しない場合に発動できる。 このカードを手札から守備表示で特殊召喚する。
(3):自分メインフェイズに発動できる。 このカードを裏側守備表示にする(1ターンに1度のみ)。

【主な効果・役割・使い方】

  • ①:リバース:「サブテラー」はこのターン相手の効果で破壊されない
  • ②:自分モンスターが裏守備になり、表側モンスターが存在しない場合、手札から守備表示で特殊召喚
  • ③:自身を裏側守備表示にする(ターン1)

《サブテラーマリス・アルラボーン》は、「サブテラー」を破壊から守るモンスターです。

リバース効果で「サブテラー」を守ることができるが、「サブテラー」は表側にするカードが多くなく、このカードに使うのは結構もったいない。

「サブテラー」を守るなら、《神の宣告》などのカウンター罠の方が圧倒的に使いやすいだろう。

【サブテラー】デッキの採用優先度としては低め。

 

《サブテラーマリス・リグリアード》

サブテラーマリス・リグリアード サブテラーマリス・リグリアード》 
リバース・効果モンスター
星7/地属性/爬虫類族/攻2000/守2700
「サブテラーマリス・リグリアード」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリバースした場合、 相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを除外する。
(2):自分フィールドの表側表示モンスターが裏側表示になった時、 自分フィールドに表側表示モンスターが存在しない場合に発動できる。 このカードを手札から守備表示で特殊召喚する。
(3):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。 このカードを裏側守備表示にする(1ターンに1度のみ)。

【主な効果・役割・使い方】

  • ①:リバース:相手モンスター1体除外
  • ②:自分モンスターが裏守備になり、表側モンスターが存在しない場合、手札から守備表示で特殊召喚
  • ③:自身を裏側守備表示にする(ターン1)

《サブテラーマリス・リグリアード》は、モンスターを除外できるモンスターです。

リバース効果が非常にシンプルで、モンスターを除外することができます。

「サブテラーマリス」の中では最もアドバンテージを取りやすく、【サブテラー】デッキではこのカードの効果を多用することになる。

ただ、攻撃力が2000と少し心もとないのが欠点。

【サブテラー】デッキでは、2〜3枚積みたいモンスター。

 

《サブテラーマリス・グライオース》

サブテラーマリス・グライオース サブテラーマリス・グライオース》 
リバース・効果モンスター
星8/地属性/水族/攻2600/守2500
「サブテラーマリス・グライオース」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリバースした場合に発動できる。 デッキからカード1枚を墓地へ送る。
(2):自分フィールドの表側表示モンスターが裏側表示になった時、 自分フィールドに表側表示モンスターが存在しない場合に発動できる。 このカードを手札から守備表示で特殊召喚する。
(3):自分メインフェイズに発動できる。 このカードを裏側守備表示にする(1ターンに1度のみ)。

【主な効果・役割・使い方】

  • ①:リバース:デッキからカード1枚墓地に送る
  • ②:自分モンスターが裏守備になり、表側モンスターが存在しない場合、手札から守備表示で特殊召喚
  • ③:自身を裏側守備表示にする(ターン1)

《サブテラーマリス・グライオース》 は、《おろかな埋葬》効果を持つモンスターです。

ただ、「サブテラー」は墓地に送りたいモンスターは《-/サブテラーの戦士》くらいで、このカードを使ってまで墓地に送るかというと、微妙な評価。

【サブテラー】デッキでの採用優先度は高くない。

 

《サブテラーマリス・ボルティニア》

サブテラーマリス・ボルティニア 《サブテラーマリス・ボルティニア》 
リバース・効果モンスター
星9/地属性/雷族/攻1900/守3000
「サブテラーマリス・ボルティニア」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリバースした場合、相手フィールドの裏側表示モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターのコントロールを次の相手エンドフェイズまで得る。
(2):自分フィールドの表側表示モンスターが裏側表示になった時、 自分フィールドに表側表示モンスターが存在しない場合に発動できる。 このカードを手札から守備表示で特殊召喚する。
(3):自分メインフェイズに発動できる。 このカードを裏側守備表示にする(1ターンに1度のみ)。

【主な効果・役割・使い方】

  • ①:リバース:相手裏側モンスターコントロール奪取
  • ②:自分モンスターが裏守備になり、表側モンスターが存在しない場合、手札から守備表示で特殊召喚
  • ③:自身を裏側守備表示にする(ターン1)

《サブテラーマリス・ボルティニア》は、裏側守備のコントロールを奪うモンスターです。

コントロール奪取は一見強そうだが、裏守備のみとなっており、条件を揃えるのが難しい。

この効果を使うより、《サブテラーマリス・リグリアード》 で直接除外した方が安定感がありそう。

ちなみに、守備力が3000と妙に高い。

【サブテラー】デッキで採用するなら0〜1枚ぐらいが妥当かな。

 

《サブテラーマリス・ジブラタール》

サブテラーマリス・ジブラタール 《サブテラーマリス・ジブラタール》 
リバース・効果モンスター
星10/地属性/岩石族/攻2800/守2100
「サブテラーマリス・ジブラタール」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリバースした場合に発動できる。 手札から「サブテラー」モンスター1体を捨て、自分はデッキから2枚ドローする。
(2):自分フィールドの表側表示モンスターが裏側表示になった時、 自分フィールドに表側表示モンスターが存在しない場合に発動できる。 このカードを手札から守備表示で特殊召喚する。
(3):自分メインフェイズに発動できる。 このカードを裏側守備表示にする(1ターンに1度のみ)。

【主な効果・役割・使い方】

  • ①:リバース:手札「サブテラー」捨て2ドロー
  • ②:自分モンスターが裏守備になり、表側モンスターが存在しない場合、手札から守備表示で特殊召喚
  • ③:自身を裏側守備表示にする(ターン1)

《サブテラーマリス・ジブラタール》 は、「サブテラー」専用の手札交換モンスター。

1枚捨て2枚ドローと言うことで墓地を肥やしつつキーカードを揃えられそうだが、「サブテラー」はあまり墓地を活用しないため意外と必須カードではない。

ただ、攻撃力は2800となかなか高いので、アタッカーとしても活躍できる。

【サブテラー】デッキでの採用枚数は1〜3枚で構築次第だと思う。

 

《サブテラーマリス・エルガウスト》

サブテラーマリス・エルガウスト 《サブテラーマリス・エルガウスト》 
リバース・効果モンスター
星11/地属性/悪魔族/攻3000/守1400
「サブテラーマリス・エルガウスト」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリバースした場合、 フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターが守備表示の場合は表側攻撃表示にし、 そのモンスターの攻撃力を0にする。
(2):自分フィールドの表側表示モンスターが裏側表示になった時、 自分フィールドに表側表示モンスターが存在しない場合に発動できる。 このカードを手札から守備表示で特殊召喚する。
(3):自分メインフェイズに発動できる。 このカードを裏側守備表示にする(1ターンに1度のみ)。

【主な効果・役割・使い方】

  • ①:リバース:モンスター1体を攻撃表示にし、攻撃力0
  • ②:自分モンスターが裏守備になり、表側モンスターが存在しない場合、手札から守備表示で特殊召喚
  • ③:自身を裏側守備表示にする(ターン1)

《サブテラーマリス・エルガウスト》は、攻撃力を0にするモンスターです。

一見強そうだが、攻撃力を0にするくらいなら《サブテラーマリス・リグリアード》 で直接除外した方が手っ取り早い。

ただ、攻撃量が3000あるので、アタッカーとしては優秀そうです。

【サブテラー】デッキでは、1〜2枚の採用になりそう。

 

《サブテラーマリス・バレスアッシュ》

サブテラーマリス・バレスアッシュ 《サブテラーマリス・バレスアッシュ》 
リバース・効果モンスター
星12/地属性/炎族/攻3000/守1800 「サブテラーマリス・バレスアッシュ」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリバースした場合に発動できる。 このカード以外のフィールドの表側表示モンスターを全て裏側守備表示にする。
(2):自分フィールドの表側表示モンスターが裏側表示になった時、 自分フィールドに表側表示モンスターが存在しない場合に発動できる。 このカードを手札から守備表示で特殊召喚する。
(3):自分メインフェイズに発動できる。 このカードを裏側守備表示にする(1ターンに1度のみ)。

【主な効果・役割・使い方】

  • ①:リバース:自身以外の全表側モンスター裏側守備
  • ②:自分モンスターが裏守備になり、表側モンスターが存在しない場合、手札から守備表示で特殊召喚
  • ③:自身を裏側守備表示にする(ターン1)

《サブテラーマリス・バレスアッシュ》は、《皆既日蝕の書》を内蔵したモンスターです。

相手モンスターを一気に無力化しつつ、《サブテラーの射手》 のデッキバウンス・《サブテラーマリス・アクエドリア》のセット破壊、《サブテラーマリス・ボルティニア》 のコントロール奪取につなげられる。

攻撃力も3000と、「サブテラーマリス」の中では、《サブテラーマリス・リグリアード》に次ぐ重要カードとなる。

【サブテラー】では、1枚〜3枚採用するモンスターだろう。

 

《サブテラーマリスの妖魔》

サブテラーマリスの妖魔 《サブテラーマリスの妖魔》
地属性/ 幻竜族/ ATK 2000
LINK-2【リンクマーカー:左下・右下】
リバースモンスター2体
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードの攻撃力は、このカードのリンク素材とした「サブテラー」モンスターの元々のレベルの合計x100アップする。
②:自分メインフェイズに発動できる。デッキからリバースモンスター1体を墓地へ送り、手札からモンスター1体をこのカードのリンク先に裏側守備表示で特殊召喚する。
③:1ターンに1度、このカードのリンク先のモンスターがリバースした場合に発動できる。自分のデッキ・墓地からリバースモンスター1体を選んで手札に加える。

【主な効果・役割・使い方】

  • ①:リンク素材の「サブテラー」のレベルx100 攻撃力アップ
  • ②:デッキからリバース1体を墓地送り、手札からリンク先にモンスターを裏守備で特殊召喚(名称ターン1)
  • ③:リンク先でリバースした場合、デッキ・墓地からリバース1体を手札に

《サブテラーマリスの妖魔》は、リバースモンスターを特殊召喚・サーチできる「サブテラー」リンクモンスターです。

デッキからリバースモンスターを墓地に送るだけで、手札のモンスターを特殊召喚でき、レベル制限がないため、高レベルの「サブテラーマリス」を簡単に特殊召喚できます。

「サブテラー」はリバースがほとんどを占めますので、墓地に送るコストも困らないでしょう。

また、リンク先でリバース効果が発動した時の効果も強力で、次々とリバースモンスターを用意していくことができます。

リンク素材もリバースモンスター2体と非常に緩く《サブテラーの戦士》や「サブテラーマリス」の特殊召喚効果を使えば、簡単にリンク召喚できます。

《地中界シャンバラ》《サブテラーの決戦》 がすでにあれば、リンク召喚後、手札の「サブテラーマリス」特殊召喚、リバース効果発動、《サブテラーマリスの妖魔》のサーチ効果発動とスムーズに繋げることができます。

リバースモンスターとリンク召喚は若干相性は悪いですが、【サブテラー】デッキでは非常に活躍するリンクモンスターになるでしょう。

 

《サブテラーの激闘》

サブテラーの激闘 《サブテラーの激闘》 
永続魔法
(1):自分フィールドの「サブテラー」モンスターの攻撃力・守備力は、フィールドの裏側表示モンスターの数×500アップする。
(2):1ターンに1度、自分の「サブテラー」モンスターが相手に戦闘ダメージを与えた時、 「サブテラーの激闘」以外の自分の墓地の「サブテラー」カード1枚を対象として発動できる。 そのカードを手札に加える。

【主な効果・役割・使い方】

  • ①:「サブテラー」攻守は、裏守備の数x500アップ
  • ②:「サブテラー」が戦闘ダメージを与えた時、「サブテラー」回収

《サブテラーの激闘》は、「サブテラー」を回収する永続魔法です。

戦闘ダメージを与えなければ、回収効果が使えないので、使いにくさは否めない。

回収するなら、手札誘発である《サブテラーの妖魔》を回収したい。

【サブテラー】デッキでは採用枚数は0〜2といったところか。

 

《地中界シャンバラ》

地中界シャンバラ 《地中界シャンバラ》 
フィールド魔法
「地中界シャンバラ」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):このカードの発動時の効果処理として、 デッキから「サブテラー」モンスター1体を手札に加える事ができる。
(2):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。 自分フィールドの裏側守備表示の「サブテラー」モンスター1体を選んで表側攻撃表示または表側守備表示にする。
(3):1ターンに1度、相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。 自分フィールドの裏側守備表示の「サブテラー」モンスター1体を選んで表側攻撃表示または表側守備表示にする。 その後、その攻撃を無効にできる。

【主な効果・役割・使い方】

  • ①:発動時、「サブテラー」モンスターサーチ
  • ②:裏守備「サブテラー」を、表側攻撃表示or守備表示にする
  • ③:相手攻撃宣言時、裏守備「サブテラー」を、表側攻撃表示or守備表示にする

《地中界シャンバラ》 は、サーチ・攻守変更効果を持った最強フィールド魔法です。

最近流行りの発動時サーチ効果を内蔵しており、「サブテラー」の攻守変更効果を持っています。

サーチ効果は、「サブテラー」モンスターだけとなっており、魔法・罠はサーチ対象外となっています。

「サブテラー」はリバース効果を持つに関わらず攻守を変える効果が少なく、完全にこのフィールド魔法に依存することになる。

「サブテラー」を表にし、どんどんリバース効果を発動していきましょう。

【サブテラー】デッキでは文句なしの3積み必須カード。

 

《サブテラーマリスの潜伏》

サブテラーマリスの潜伏 《サブテラーマリスの潜伏》
通常罠
(1):自分の墓地の「サブテラー」モンスター1体を除外して発動できる。 このターン、自分フィールドの裏側守備表示モンスターは効果では破壊されず、相手の効果の対象にならない。
(2):フィールドのこのカードが効果で破壊された場合に発動できる。 デッキから「サブテラー」モンスター1体を手札に加える。
(3):墓地のこのカードを除外し、自分フィールドの「サブテラー」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを裏側守備表示にする。

【主な効果・役割・使い方】

  • ①:墓地の「サブテラー」モンスター除外で発動、裏側守備モンスターは効果で破壊されず、効果対象にならない
  • ②:破壊されると「サブテラー」モンスターサーチ
  • ③:墓地から除外し、「サブテラー」裏守備に

《サブテラーマリスの潜伏》は、破壊・対象体制を与える罠カードです。

破壊・対象体制を与える効果は、弱くないが、必須でもないという印象。

どちらかというと、③の墓地から発動できる《月の書》効果の方が活用できる。

ただ、それであれば、相手モンスターも裏守備にできる《月の書》で良さそう。

破壊されると「サブテラー」モンスターをサーチする効果も持っているので、《サブテラーマリス・アクエドリア》で自ら破壊するのも有効な戦術。

【サブテラー】デッキでの採用枚数は0〜2枚になるかな。

 

《サブテラーの決戦》

サブテラーの決戦 《サブテラーの決戦》 
通常罠
(1):以下の効果から1つを選んで発動できる。 発動後このカードは墓地へ送らず、そのままセットする。
●フィールドの裏側守備表示の「サブテラー」モンスター1体を選んで表側攻撃表示または表側守備表示にする。
●フィールドの表側表示の「サブテラー」モンスター1体を選んで裏側守備表示にする。
●フィールドの「サブテラー」モンスター1体を選び、 その攻撃力・守備力はターン終了時まで、そのモンスターの元々の攻撃力と守備力の合計の数値となる。
●このターン、「サブテラー」カードの発動した効果は無効化されない。

【主な効果・役割・使い方】

  • ①:1つ選んで発動。発動後再びセット
    ●裏守備「サブテラー」を攻撃表示or表守備
    ●表「サブテラー」を裏守備
    ●「サブテラー」攻守を守攻分アップ
    ●「サブテラー」効果は無効化されない

《サブテラーの決戦》は、何度も発動できる《月の書》《太陽の書》です。

発動後セットすることになるので、《くず鉄のかかし》のように毎ターン発動する事ができます。

《月の書》《太陽の書》の両方の効果を内蔵しており、「サブテラー」の表示形式に応じて使い分けていく事ができます。

「サブテラー」のキーカードとなりますので、2〜3枚入れておきたい罠カードです。

▲ 目次に戻る

「サブテラー」デッキレシピ

カードの解説が終わりましたので、実際の【サブテラー】のデッキレシピを紹介していきます。

 

【サブテラー】デッキレシピ①:サブテラー体験会

「サブテラーデッキ体験会」で使用されたサンプルデッキレシピを紹介します。

『サブテラー』デッキ体験会デッキレピ

【メインデッキ】(40枚)

◆ モンスター(22枚)

  • 《サブテラーの戦士》2
  • 《サブテラーの射手》2
  • 《サブテラーの刀匠》1
  • 《サブテラーの妖魔》3
  • 《サブテラーマリス・バレスアッシュ》1
  • 《サブテラーマリス・エルガウスト》1
  • 《サブテラーマリス・ジブラタール》2
  • 《サブテラーマリス・ボルティニア》1
  • 《サブテラーマリス・グライオース》1
  • 《サブテラーマリス・リグリアード》3
  • 《サブテラーマリス・アルラボーン》1
  • 《サブテラーマリス・アクエドリア》1
  • 《デス・ラクーダ》2

◆「サブテラー」魔法(13枚)

  • 《地中界シャンバラ》3
  • 《サブテラーの激闘》1
  • 《皆既日食の書》
  • 《森のざわめき》
  • 《死者蘇生》
  • 《おろかな埋葬》
  • 《ツインツイスター》
  • 《テラ・フォーミング》
  • 《ハーピィの羽根箒》
  • 《ワン・フォー・ワン》

◆「サブテラー」罠(5枚)

  • 《サブテラーの決戦》2
  • 《サブテラーマリスの潜伏》1
  • 《砂塵のバリア-ダスト・フォース-》

◆ 「サブテラー」リンクモンスター(5枚)

  • 《サブテラーマリスの妖魔》3
  • 《ミセス・レディエント》1
  • 《竜巻竜》1

 

全ての「サブテラー」モンスターを採用しており、「サブテラー」の様々な動きを体験できるデッキレシピになっています。

この構築を中心に「サブテラー」モンスターの数を調整し、相性の良いモンスター・魔法・罠を追加していけば、【サブテラー】デッキの完成です。

 

【サブテラー】デッキレシピ②:大会優勝

大会で優勝を果たした【サブテラー】のデッキレシピを紹介します。

【サブテラー】大会優勝デッキレシピ

【メインデッキ】(40枚)

◆ モンスター(22枚)

  • 《サブテラーの妖魔》3
  • 《サブテラーの射手》3
  • 《サブテラーの戦士》3
  • 《サブテラーマリス・アルラボーン》1
  • 《サブテラーマリス・リグリアード》2
  • 《サブテラーマリス・グライオース》1
  • 《サブテラーマリス・ジブラタール》3
  • 《サブテラーマリス・エルガウスト》2
  • 《真竜皇リトスアジムD》2
  • 《灰流うらら》2

◆ 魔法(12枚)

  • 《地中界シャンバラ》3
  • 《サブテラーの激闘》2
  • 《コズミック・サイクロン》2
  • 《テラ・フォーミング》2
  • 《ブラック・ホール》1
  • 《ワン・フォー・ワン》1
  • 《おろかな埋葬》1

◆ 罠(6枚)

  • 《つり天井》1
  • 《メタバース》1
  • 《神の通告》2
  • 《サブテラーの最終決戦》2

【エクストラデッキ】(12枚)

  • 《ミセス・レディエント》1
  • 《コード・トーカー》3
  • 《サブテラーマリスの妖魔》2
  • 《超弩級砲塔列車グスタフ・マックス》1
  • 《No.89 電脳獣ディアブロシス》1
  • 《幻獣機ドラゴサック》1
  • 《竜巻竜》1
  • 《No.35 ラベノス・タランチュラ》1
  • 《No.77 ザ・セブン・シンズ》1

【サイドデッキ】(10枚)

  • 《サブテラーマリス・リグリアード》1
  • 《サブテラーマリス・バレスアッシュ》1
  • 《増殖するG》2
  • 《ハーピィの羽箒》1
  • 《ツインツイスター》2
  • 《メタバース》1
  • 《砂塵のバリア‐ダスト・フォース》2

 

《真竜皇リトスアジムD》の採用が特徴的です。

詳しいデッキレシピの解説は、こちらのページで行なっています。

【遊戯王 環境】『サブテラー』デッキ大会優勝!「真竜皇」採用のデッキレシピを解説!

 

【サブテラー】デッキレシピ③:大会準優勝

大会で準優勝した【サブテラー】のデッキレシピを紹介します。

【サブテラー】大会準優勝デッキレシピ

【メインデッキ】(40枚)

◆ モンスター(23枚)

  • 《灰流うらら》3
  • 《増殖するG》2
  • 《サブテラーの射手》3
  • 《サブテラーの妖魔》3
  • 《サブテラーの戦士》3
  • 《サブテラーマリス・アクエドリア》2
  • 《サブテラーマリス・リグリアード》2
  • 《サブテラーマリス・グライオース》1
  • 《サブテラーマリス・ジブラタール》2
  • 《サブテラーマリス・バレスアッシュ》2

◆ 魔法(12枚)

  • 《テラ・フォーミング》2
  • 《地中界シャンバラ》3
  • 《強欲で貪欲な壺》2
  • 《スケープ・ゴート》3
  • 《簡易融合》2

◆ 罠(5枚)

  • 《サブテラーの決戦》2
  • 《神の通告》2
  • 《神の警告》1

【エクストラデッキ】 15枚

  • 《サウザンド・アイズ・サクリファイス》1
  • 《カルボナーラ戦士》1
  • 《召喚獣ライディーン》1
  • 《ABC‐ドラゴン・バスター》1
  • 《No.41 泥睡魔獣バグースカ》1
  • 《源竜星‐ボウテンコウ》1
  • 《リンク・スパイダー》2
  • 《ミセス・レディエント》1
  • 《サブテラーマリスの妖魔》3
  • 《星杯戦士ニンギルス》1
  • 《デコード・トーカー》1
  • 《ヴァレルロード・ドラゴン》1

【サイドデッキ】(15枚)

  • 《増殖するG》1
  • 《百万喰らいのグラットン》3
  • 《浮幽さくら》3
  • 《月の書》3
  • 《ツインツイスター》2
  • 《拮抗勝負》3

 

《スケープ・ゴート》《簡易融合》の採用が特徴的です。

詳しいデッキレシピの解説は、こちらのページで行なっています。

【遊戯王 環境】『サブテラー』デッキ初日大会準優勝!デッキレシピ・回し方を解説!

 

「サブテラー」相性の良いカード

次は、「サブテラー」と相性の良いカードを紹介します。

 

《聖占術姫タロットレイ》

遊戯王カード CPD1-JP035 聖占術姫タロットレイ スーパーレア 遊戯王アーク・ファイブ [コレクターズパック 運命の決闘者編] 《聖占術姫タロットレイ》 
儀式・効果モンスター
星9/光属性/天使族/攻2700/守1200
「聖占術の儀式」により降臨。
「聖占術姫タロットレイ」の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できず、相手ターンでも発動できる。
(1):フィールドの裏側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを表側攻撃表示にする。
(2):フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを裏側守備表示にする。
(3):自分エンドフェイズに発動できる。自分の手札・墓地のリバースモンスター1体を選んで裏側守備表示で特殊召喚する。

【主な効果・相性の良い点】

《聖占術姫タロットレイ》 は、リバースモンスターを表側・裏側にしたり、蘇生したりできる儀式モンスターです。

上級「サブテラー」モンスターはリバースモンスターで統一されており、「サブテラー」の力をさらに引き出す事ができます。

ただ、儀式モンスターなため、専用の構築が必要になります。

このモンスターを採用したデッキは、【占術姫サブテラー】と呼ばれています。

 

《ワン・フォー・ワン》

遊戯王カード SD30-JP028 ワン・フォー・ワン ノーマル 戯王アーク・ファイブ [STRUCTURE DECK -ペンデュラム・ドミネーション-] 《ワン・フォー・ワン》 
通常魔法(制限カード)
(1):手札からモンスター1体を墓地へ送って発動できる。手札・デッキからレベル1モンスター1体を特殊召喚する。

【主な効果・相性の良い点】

《ワン・フォー・ワン》 は、デッキからレベル1モンスターを特殊召喚する魔法カードです。

キーカードである《サブテラーの妖魔》を特殊召喚できるため、非常に相性が良いです。

 

《底なし落とし穴》

遊戯王カード TDIL-JP076 底なし落とし穴(スーパーレア)遊戯王アーク・ファイブ [ザ・ダーク・イリュージョン] 《底なし落とし穴》 
通常罠
(1):相手がモンスターの召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。そのモンスターを裏側守備表示にする。この効果で裏側守備表示になったモンスターは表示形式を変更できない。

【主な効果・相性の良い点】

《底なし落とし穴》 は、召喚・反転召喚・特殊召喚したモンスターを裏守備にする罠カードです。

モンスターを裏守備にすることで、《サブテラーの射手》 のデッキバウンス・《サブテラーマリス・アクエドリア》のセット破壊、《サブテラーマリス・ボルティニア》 のコントロール奪取の効果を発動させる事ができ、相性が良いです。

 

「サブテラー」と相性の良いカードは、こちらの記事にまとめています。

【遊戯王】『サブテラー』デッキを強化する!相性の良いカード22枚まとめ!

 

【サブテラー】対策・メタカード

【サブテラー】デッキ相手に優位に戦える、対策カード・メタカードを紹介します。

 

《聖なる輝き》

【遊戯王シングルカード】 《ビギナーズ・エディション1》 聖なる輝き ノーマル be1-jp084 《聖なる輝き》
永続罠
このカードがフィールド上に存在する限り、モンスターをセットする事はできない。また、モンスターをセットする場合は表側守備表示にしなければならない。(引用:遊戯王公式データベース

《聖なる輝き》は、互いにモンスターのセットを封じる永続罠カードです。

「サブテラー」の基本的な動きである、「裏側守備表示」を封じることができるため、「サブテラー」のほとんどの展開を止めることができます。

「サブテラー」には魔法・罠を破壊するギミックがほとんどないため、このカード1枚でデュエルを終わらせてしまうかもしれません。

 

《ダーク・シムルグ》

遊戯王OCG ダーク・シムルグ スーパーレア TRC1-JP023-SR 遊戯王アーク・ファイブ [THE RARITY COLLECTION] 《ダーク・シムルグ》
効果モンスター
①:自分の墓地から闇属性モンスター1体と風属性モンスター1体を除外して発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。
②:このカードが墓地に存在する場合、手札から闇属性モンスター1体と風属性モンスター1体を除外して発動できる。このカードを墓地から特殊召喚する。
③:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、このカードの属性は「風」としても扱う。
④:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手はカードをセットできない。(引用:遊戯王公式データベース

《ダーク・シムルグ》は、フィールドに存在する限り、相手のセットを封じることができます。

モンスターのセットに加え、魔法・罠のセットも封じることができ、発動後セットし直す《サブテラーの決戦》も封じることができます。

ただ、召喚条件として墓地の闇属性・風属性のモンスターを除外する必要があり、採用できるデッキが限られます。

 

そのほか、【サブテラー】デッキの対策カードは、こちらの記事にまとめています。

【遊戯王】『サブテラー』対策・メタカード8枚まとめ!裏守備・リバースを封じるには?

 

「サブテラー」公式解説動画

サブテラーの基本的な戦術・戦い方・活用方法は、公式解説動画で紹介されています。

「リバース効果とは」というところから解説しており、「サブテラー」について簡単に理解することができます。

▲ 目次に戻る

SPONCERD LINK

 

まとめ

切り込み隊長

いかがだったでしょうか。

「エクストラパック2017」に収録される「サブテラー」カードの画像・効果をまとめて解説し、相性の良いカードも紹介しました。

「サブテラー」は上級モンスター+リバース効果のテーマで、豪快かつ地味な摩訶不思議なデッキとなっています。

イラストも惹かれるものがあり、人気のテーマとなりそうです。

今後、デッキレシピ・回し方なども追記していきます。

引きつづき、「サブテラー」「エクストラパック2017」について記事にしていきます。

それでは、またお会いしましょう。

 

「エクストラパック2017」で登場するテーマは、それぞれ解説しています。

エクストラパック2017収録テーマ解説
SPYRAL
SPYRAL
サブテラー
サブテラー
ヴェンデット
ヴェンデット
F.A.
F.A.

 

「サブテラー」を組もうと考えている方へ

サブテラーマリスの妖魔

「サブテラー」は『エクストラパック2017』に収録されています。定価以下・送料無料で予約できます。

『エクストラパック2017』全収録カードリスト

▲ 目次に戻る

SPONCERD LINK

関連記事

  • 遊戯王カード 安く買う方法

    遊戯王カード 高く売る方法




  • 切り込み隊長

    「きりぶろ!」の管理人。(旧:遊戯王カードのメルカリ攻略だよ。)

    遊戯王の最新情報・高騰情報・最新デッキ・大会デッキレシピ・収録カードリストなどを解説・考察しています。

    遊戯王ブログとしては異例の月間200万PVを達成し、ブログランキング1位を獲得しました。

    好きなカードは《切り込み隊長》です。

    相互リンク・アンテナ登録・広告掲載などのお問い合わせはこちら

    ボタン こうなる
    Twitterに更新情報が届く
    follow us in feedly Feedlyに更新情報が届く
    人気ブログ投票 人気ブログに投票、僕が喜ぶ

  • 遊戯王の買取なら「トレトク」がオススメ!

    とりあえず申し込めば梱包キットが届きます。あとは、ダンボールにカードを詰めるだけ。

    今なら、創業20周年で買取金額20%アップ!

     

  • 遊戯王カード 安く買う方法

    遊戯王カード 高く売る方法

PAGE TOP ↑