*

【遊戯王】「ヴァレット」デッキはどう作る?回し方・デッキレシピ徹底解説!

公開日: : 最終更新日:2017/07/09 最新デッキ考察&レシピ ,

遊戯王の【ヴァレット】デッキについてまとめたページです。カード効果・回し方・デッキレシピ・相性の良いカードなど考察しています。

【ヴァレット】デッキ 回し方・デッキレシピ

 

2017年7月8日に、遊戯王の最新パックサーキット・ブレイクが発売されます。

このパックにて、新たに『ヴァレット』というテーマが登場します。

このページでは、新規テーマ「ヴァレット」のカード効果をまとめて考察し、「ヴァレット」がどのようなテーマなのか解説します。

そして、相性の良いカード・デッキの回し方・サンプルデッキレシピなどを紹介していきます。

【ヴァレット】のデッキ構築の参考にしてください。

 

SPONCERD LINK

 

「ヴァレット」とは

ヴァレットとは

「ヴァレット」とは、「サーキット・ブレイク」で新たに登場したテーマです。

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)で、ハノイの騎士のリーダー「リボルバー」が使用する、闇属性・ドラゴン族モンスターです。

共通効果として以下の2つを持っています。自分モンスターを破壊し、弾丸のように発射する効果を持っているようです。

◆ 『ヴァレット』共通効果

  • ①:フィールドのこのカードを対象とするリンクモンスターの効果が発動した時に発動できる。このカードを破壊する。その後〜〜(固有効果)〜〜
  • ②:フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。デッキから「ヴァレット」モンスター1体を特殊召喚する。

▲ 目次に戻る

「ヴァレット」の戦術・戦い方

ヴァレットの戦い方・戦術

リンクモンスター《ヴァレルロード・ドラゴン》で自分の「ヴァレット」モンスターを対象とし、「ヴァレット」モンスターの①の効果を発動していきます。

それぞれ、発動できる効果はこちらです。

  • 《アネスヴァレット・ドラゴン》:モンスター1体、攻撃不可・効果無効
  • 《オートヴァレット・ドラゴン》:魔法・罠1枚墓地に送る
  • 《マグナヴァレット・ドラゴン》:モンスター1枚墓地に送る

そして、破壊した「ヴァレット」モンスターは、エンドフェイズに新たな「ヴァレット」を特殊召喚できます。

イメージ的には、「弾丸を消費し発射、その後弾丸を装填する」と考えるとわかりやすいと思います。

▲ 目次に戻る

「ヴァレット」カード効果解説・使い方

ヴァレット

「ヴァレット」カードの効果・使い方を1枚ずつ解説していきます。

現在、メインモンスター3体・リンクモンスター1体・魔法2枚が判明しています。

◆ メインモンスター

  • 《アネスヴァレット・ドラゴン》
  • 《オートヴァレット・ドラゴン》
  • 《マグナヴァレット・ドラゴン》

◆ リンクモンスター

  • 《リローダー・ドラゴン》[リンク2]
  • 《ヴァレルロード・ドラゴン》[リンク4]

◆ 魔法

  • 《スクイブドロー》
  • 《クイック・リボルブ》

 

《アネスヴァレット・ドラゴン》

アネスヴァレット・ドラゴン ノーマル 遊戯王 サーキット・ブレイク cibr-jp009 《アネスヴァレット・ドラゴン》
効果モンスター
星1/闇属性/ドラゴン族/攻0/守 2200
このカード名の①②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールドのこのカードを対象とするリンクモンスターの効果が発動した時に発動できる。このカードを破壊する。その後フィールドの表側表示モンスター1体を選ぶ。そのモンスターは攻撃出来ず、効果は無効化される。
②:フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。デッキから「アネスヴァレット・ドラゴン」以外の「ヴァレット」モンスター1体を特殊召喚する。

【効果概要・使い方・役割】

  • 弾丸効果:リンクモンスターの対象となると自爆、モンスター1体の攻撃・効果を封じる
  • 装填効果:破壊されると、エンドフェイズに「ヴァレット」特殊召喚

【ヴァレット】デッキでは、相手の展開を妨害する「ヴァレット」モンスターです。

《ヴァレルロード・ドラゴン》の効果対象にすることで、相手モンスターの攻撃・効果発動を止めることができます。

ただ、攻撃力が0なのが難点。

 

《オートヴァレット・ドラゴン》

オートヴァレット・ドラゴン ノーマル 遊戯王 サーキット・ブレイク cibr-jp010 《オートヴァレット・ドラゴン》
効果モンスター
星3/闇属性/ドラゴン族/攻1600/守 1000
このカード名の①②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールドのこのカードを対象とするリンクモンスターの効果が発動した時に発動できる。このカードを破壊する。その後フィールドの魔法・罠カード1体を選んで墓地に送る。
②:フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。デッキから「オートヴァレット・ドラゴン」以外の「ヴァレット」モンスター1体を特殊召喚する。

【効果概要・使い方・役割】

  • 弾丸効果:リンクモンスターの対象となると自爆、魔法・罠1枚選んで墓地に送る
  • 装填効果:破壊されると、エンドフェイズに「ヴァレット」特殊召喚

【ヴァレット】デッキでは、魔法&罠除去・アタッカーとして活躍します。

《ヴァレルロード・ドラゴン》の効果対象にすることで、自分・相手ターン問わず魔法・罠が破壊できます。

攻撃力も1600とそこそこ高く、アタッカーとしても使えます。

 

《マグナヴァレット・ドラゴン》

マグナヴァレット・ドラゴン ノーマル 遊戯王 サーキット・ブレイク cibr-jp011 《マグナヴァレット・ドラゴン》
効果モンスター
星4/闇属性/ドラゴン族/攻1800/守 1200
このカード名の①②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールドのこのカードを対象とするリンクモンスターの効果が発動した時に発動できる。このカードを破壊する。その後フィールドのモンスター1体を選んで墓地に送る。
②:フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。デッキから「マグナヴァレット・ドラゴン」以外の「ヴァレット」モンスター1体を特殊召喚する。

【効果概要・使い方・役割】

  • 弾丸効果:リンクモンスターの対象となると自爆、モンスター1体選んで墓地に送る
  • 装填効果:破壊されると、エンドフェイズに「ヴァレット」特殊召喚

【ヴァレット】デッキでは、モンスター除去・アタッカーとして活躍します。

《ヴァレルロード・ドラゴン》の効果対象にすることで、相手モンスターを墓地に送ることができます。

攻撃力も1800と高く、アタッカーとしても優秀です。

 

《リローダー・ドラゴン》

リローダー・ドラゴン 《リローダー・ドラゴン》
闇属性/ドラゴン族/ ATK1800
【LINK-2:左/右】
「ヴァレット」モンスター2体
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカード以外の自分フィールドのリンクモンスター1体を対象として手札から「ヴァレット」モンスター1体を、そのカードのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターはリンク素材にできず、エンドフェイズに破壊される。
②:このカードが戦闘で破壊され墓地へ送られた時、自分の墓地の「ヴァレット」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。

【効果概要・使い方・役割】

  • ①:自分以外のリンクモンスターのリンク先に、手札「ヴァレット」特殊召喚
  • ②:戦闘で破壊されると、墓地「ヴァレット」回収

【ヴァレット】デッキでは、「ヴァレット」2体でリンク召喚できるお手軽リンクモンスターとして使います。

手札から「ヴァレット」を特殊召喚する効果を持っていますが、他にもリンクモンスターが必要なため、発動機会は多くありません。

2つ目の効果も、戦闘で破壊される必要があり、こちらも使える機会は少ないでしょう。

リンク素材は「ヴァレット」2体とお手軽なので、リンクマーカーを広げるなど一応使い道はあります。

エクストラデッキには1枚入れておけば十分でしょう。

このカードは、Vジャンプ2017年9月号の応募者全員サービス「LINK VRAINS EDITION」で手に入ります。

 

《ヴァレルロード・ドラゴン》

ヴァレルロード・ドラゴン ウルトラレア 遊戯王 サーキット・ブレイク cibr-jp042 《ヴァレルロード・ドラゴン》
リンク 闇属性 ドラゴン族
ATK 3000/LINK -4
【リンクマーカー:右・右下・左・左下】
効果モンスター3体以上
(1):このカードはモンスターの効果の対象にならない。
(2):1ターンに1度、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力・守備力は500ダウンする。この効果の発動に対して相手はカードの効果を発動できない。この効果は相手ターンでも発動できる。
(3):このカードが相手モンスターに攻撃するダメージステップ開始時に発動できる。その相手モンスターをこのカードのリンク先に置いてコントロールを得る。そのモンスターは次のターンのエンドフェイズに墓地へ送られる。

【効果概要・使い方・役割】

  • ①:モンスター効果の対象にならない
  • ②:モンスター1体の攻守を500ダウン(相手ターン発動可能)
  • ③:相手モンスターに攻撃する開始時、相手モンスターのコントロールを得る。エンドフェイズに墓地へ送る。

【ヴァレット】デッキでは、「ヴァレット」モンスターを発射できる、フィニッシャーとして活躍します。

②の効果で「ヴァレット」モンスターを発射していきます。

また、モンスター効果の対象にならず、攻撃するときに相手モンスターを奪えるということで、単純に優秀です。

ただ、リンク4のこのカードをどのようにリンク召喚するギミックが必要です。

《ヴァレルロード・ドラゴン》徹底考察!「ヴァレット」の切り札リンク4モンスター!

 

《スクイブドロー》

スクイブ・ドロー レア 遊戯王 サーキット・ブレイク cibr-jp055 《スクイブ・ドロー》
速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分フィールドの「ヴァレット」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを破壊し、自分はデッキから2枚ドローする。

【効果概要・使い方・役割】

  • フィールドの「ヴァレット」を破壊し、2ドロー。

【ヴァレット】デッキでは、重要なドローソースです。

「ヴァレット」モンスターの弾丸効果は使えませんが、エンドフェイズに特殊召喚効果が使えますので、ほぼノーコストでドロー効果が使えます。

 

《クイック・リボルブ》

遊戯王 / クイック・リボルブ(スーパーレア) / CIBR-JP056 / CIRCUIT BREAK(サークット・ブレイク) 《クイック・リボルブ》
速攻魔法
①:デッキから「ヴァレット」モンスター1体を特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターは攻撃できず、エンドフェイズに破壊される。

【効果概要・使い方・役割】

  • デッキから「ヴァレット」特殊召喚。攻撃不可。エンドフェイズ破壊

【ヴァレット】デッキでは、「ヴァレット」モンスターの展開を支えます。

特殊召喚した「ヴァレット」モンスター《ヴァレルロード・ドラゴン》の弾丸やリンク素材として使えます。

また、速攻魔法ですので、小回りが効くカードになっています。

▲ 目次に戻る

【ヴァレット】公式サンプルデッキレシピ

【ヴァレット】公式サンプルデッキレシピ

【ヴァレット】デッキの公式サンプルデッキレシピを紹介します。

Vジャンプ2017年7月号に載っていたものです。

「真竜皇」と組み合わせた【真竜皇ヴァレット】デッキのようですね。

《灰流うらら》3積みと言うことで、ガチガチ具合が伺えます。

 

【メインデッキ】(40枚)

◆ モンスター(23枚)

  • 《マグナヴァレット・ドラゴン》3
  • 《オートヴァレット・ドラゴン》3
  • 《アネスヴァレット・ドラゴン》3
  • 《スニッフィングドラゴン》3
  • 《ゲートウェイ・ドラゴン》3
  • 《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》1
  • 《真竜皇アグニマズドV》3
  • 《怒炎壊獣ドゴラン》1
  • 《灰流うらら》3

◆ 魔法(14枚)

  • 《スクイブ・ドロー》3
  • 《クイック・リボルブ》3
  • 《死者蘇生》1
  • 《テラフォーミング》3
  • 《ドラゴニックD》3
  • 《ブラックホール》1

◆ 罠(3枚)

  • 《戦線復帰》3

【エクストラデッキ】(15枚)

  • 《ヴァレルロード・ドラゴン》2
  • 《ファイアウォール・ドラゴン》1
  • 《トポロジック・ボマー・ドラゴン》1
  • 《星杯戦士ニンギルス》1
  • 《デコード・トーカー》2
  • 《電影の騎士ガイアセイバー》1
  • 《アカシック・マジシャン》1
  • 《ツイン・トライアングル・ドラゴン》3
  • 《プロキシー・ドラゴン》3

 

【ヴァレット】デッキのデッキレシピは、こちらにまとめています。

『ヴァレット(リボルバー)』デッキ:デッキレシピ4つまとめ!ペンデュラム・剛鬼など

▲ 目次に戻る

SPONCERD LINK

 

【ヴァレット】デッキの回し方・動き

【ヴァレット】デッキの回し方・動きを解説していきます。

基本的な2つの回し方を紹介します。

 

回し方①:「ヴァレット」を対象に効果発動、自壊効果を発動!

ヴァレットデッキ 回し方①

「ヴァレット」モンスターを対象に効果を発動し、「ヴァレット」の自壊効果を発動させましょう。

【ヴァレット】デッキは、この効果を活用し、相手を妨害・相手カードを墓地に送っていきます。

  • 《アネスヴァレット・ドラゴン》:モンスター1体、攻撃不可・効果無効
  • 《オートヴァレット・ドラゴン》:魔法・罠1枚墓地に送る
  • 《マグナヴァレット・ドラゴン》:モンスター1枚墓地に送る

 

回し方②:魔法を活用し、「ヴァレット」を特殊召喚 and 2ドロー

ヴァレットデッキ 回し方②

魔法カードを活用し、「ヴァレット」モンスターを特殊召喚したり、ドロー効果を発動させましょう。

《クイック・リボルブ》は、デッキから「ヴァレット」を特殊召喚でき、エンドフェイズに破壊します。

《スクイブドロー》は、「ヴァレット」を破壊し、2ドローできます。

破壊された「ヴァレット」はエンドフェイズに、別の「ヴァレット」を特殊召喚できますので、アドバンテージを失うことはありません。

 

「ヴァレット」公式解説動画

「ヴァレット」の各カードの解説・動かし方は、公式動画でも解説されています。

▲ 目次に戻る

「ヴァレット」相性の良いカード

ドラゴニックD

次に、「ヴァレット」と相性の良いカードを紹介していきます。

「闇属性」「ドラゴン族」「破壊」「リンク召喚」ということで、相性の良さそうなカードを並べてみました。

 

《ゲートウェイ・ドラゴン》

ゲートウェイ・ドラゴン 《ゲートウェイ・ドラゴン》
星4 闇 ドラゴン族 1600/1400
このカード名の①の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
①:相手フィールドにリンクモンスターが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
②:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。手札からレベル4以下のドラゴン族・闇属性モンスター1体を特殊召喚する。

【効果概要・相性の良い点】

《ゲートウェイ・ドラゴン》は、「サーキット・ブレイク」で登場する闇属性・ドラゴン族モンスターです。

相手フィールドにリンクモンスターがいれば特殊召喚でき、1ターンに1度手札からレベル4以下のドラゴン族・闇属性モンスターを特殊召喚できます。

「ヴァレット」モンスターは、レベル4以下のドラゴン族・闇属性ですので、特殊召喚に対応しています。

また、闇属性・ドラゴン族と言う点も共通しており、相性の良さそうなカードです。

 

《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》

遊戯王カード 20AP-JP047 レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン パラレル 遊☆戯☆王ARC-V [20th ANNIVERSARY PACK 1st WAVE] 《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》 
効果モンスター(制限カード)
星10/闇属性/ドラゴン族/攻2800/守2400
(1):このカードは自分フィールドの表側表示のドラゴン族モンスター1体を除外し、手札から特殊召喚できる。
(2):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
自分の手札・墓地から「レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン」以外のドラゴン族モンスター1体を選んで特殊召喚する。

【効果概要・相性の良い点】

《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》は、墓地の「ヴァレット」モンスターを蘇生することができます。

「ヴァレット」モンスターはドラゴン族で統一されており、《ヴァレルロード・ドラゴン》をも蘇生することができます。

闇属性というのも共通しています。

 

《ツイン・トライアングル・ドラゴン》

ツイン・トライアングル・ドラゴン 《ツイン・トライアングル・ドラゴン》
リンク 闇属性 ドラゴン族
ATK 1200/LINK 2
【リンクマーカー:右・下】
トークン以外のレベル4以下のドラゴン族のモンスター2体
①:このカードがリンク召喚に成功した時、500LPを払い、自分の墓地のレベル5以上のモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターをこのカードのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、このターン攻撃できない。

【効果概要・相性の良い点】

《ツイン・トライアングル・ドラゴン》は、「サーキット・ブレイク」で登場する闇属性・ドラゴン族のリンク2モンスターです。

レベル4以下のドラゴン族2体でリンク召喚でき、リンク召喚成功時、墓地のレベル5以上のモンスターを蘇生できます。

「ヴァレット」モンスターはリンク素材に対応しており、さらなるリンク召喚につなげることができそうです。

 

《闇の誘惑》

遊戯王カード SPDS-JP044 闇の誘惑 ノーマル 遊☆戯☆王ARC-V [デステニー・ソルジャーズ] 誘惑
通常魔法
(1):自分はデッキから2枚ドローし、その後手札の闇属性モンスター1体を除外する。 手札に闇属性モンスターが無い場合、手札を全て墓地へ送る。

【効果概要・相性の良い点】

《闇の誘惑》は、2ドローし、闇属性モンスターを除外する魔法カードです。

「ヴァレット」は闇属性で統一されていますので、2ドローが可能です。

「ヴェレット」は闇属性ですのでドローソースとして利用できます。

 

《貪欲な壺》

遊戯王カード SR03-JP032 貪欲な壺 ノーマル 遊☆戯☆王ARC-V [STRUCTURE DECK R -機械竜叛乱-] 貪欲
通常魔法(制限カード)
(1):自分の墓地のモンスター5体を対象として発動できる。 そのモンスター5体をデッキに加えてシャッフルする。 その後、自分はデッキから2枚ドローする。

【効果概要・相性の良い点】

《貪欲な壺》は、墓地のモンスターを5枚デッキに戻し、2ドローする魔法カードです。

墓地にたまった「ヴァレット」モンスターをデッキに戻せるため、相性が良いです。

 

《ドラゴニックD》

遊戯王カード MACR-JP053 ドラゴニックD ノーマル 遊☆戯☆王ARC-V [マキシマム・クライシス] 《ドラゴニック
フィールド魔法
(1):フィールドの「真竜」モンスターの攻撃力・守備力は300アップする。
(2):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、 アドバンス召喚した「真竜」モンスターはそれぞれ1ターンに1度だけ戦闘では破壊されない。
(3):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。 このカード以外の自分の手札・フィールドのカード1枚を選んで破壊し、 デッキから「真竜」カード1枚を手札に加える。

【効果概要・相性の良い点】

《ドラゴニックD》は、「ヴァレット」モンスターを破壊し、「真竜」をサーチできます。

「ヴァレット」モンスターは、フィールドで破壊されてもエンドフェイズに別の「ヴァレット」を特殊召喚できますので、アドバンテージを失いません。

また、同様に「真竜皇」とも相性が良さそうです。

 

《激流葬》

遊戯王カード ST17-JP035 激流葬(ノーマル)遊戯王VRAINS [STARTER DECK 2017] 激流葬
通常罠
(1):モンスターが召喚・反転召喚・特殊召喚された時に発動できる。 フィールドのモンスターを全て破壊する。

【効果概要・相性の良い点】

《激流葬》は、相手の展開を妨害しつつ、「ヴァレル」の効果を発動できます。

ただ、場合によっては《ヴァレルロード・ドラゴン》も一緒に流れてしまうので、注意が必要です。

 

「ヴァレット」と相性の良いカードは、こちらでさらにまとめています。

「ヴァレット」を強化する!相性の良いカード25枚まとめ!

▲ 目次に戻る

SPONCERD LINK

 

「ヴァレット」が収録されるパック

「ヴァレット」は2017年7月8日発売の「サーキット・ブレイク」に収録されています。

すでに、Amazon・楽天市場で予約が開始されています。

サーキット・ブレイク予約

「サーキット・ブレイク」(Amazon)

「サーキット・ブレイク」(楽天市場)

▲ 目次に戻る

「ヴァレット」まとめ

切り込み隊長

いかがだったでしょうか。

「サーキット・ブレイク」で初登場した「ヴァレット」について、カード効果・回し方・デッキレシピ・相性の良いカードなどまとめてみました。

下級モンスターが破壊されてもアドを失わないため、ガジェットのような動きできそうです。

また、環境デッキ「真竜」との相性も良いため、今後化けそうなテーマです。

引き続き、「サーキット・ブレイク」「ヴァレット」について記事にしていきます。

それでは、またお会いしましょう。

 

「ヴァレット」デッキについては、こちらの記事にまとめています。

「ヴァレット」を強化する!相性の良いカード25枚まとめ!

『ヴァレット(リボルバー)』デッキ:デッキレシピ4つまとめ!ペンデュラム・剛鬼など

 

 

   「サーキット・ブレイク」収録テーマ解説
ヴァレット
ヴァレット
オルターガイスト
メタファイズ
オルターガイスト
クローラー
オルターガイスト
オルターガイスト


▲ 目次に戻る

SPONCERD LINK

関連記事

  • 切り込み隊長

    「きりぶろ!」の管理人。(旧:遊戯王カードのメルカリ攻略だよ。)

    遊戯王の最新情報・高騰情報・最新デッキ・大会デッキレシピ・収録カードリストなどを解説・考察しています。

    遊戯王ブログとしては異例の月間200万PVを達成し、ブログランキング1位を獲得しました。

    好きなカードは《切り込み隊長》です。

    相互リンク・アンテナ登録・広告掲載などのお問い合わせはこちら

    ボタン こうなる
    Twitterに更新情報が届く
    follow us in feedly Feedlyに更新情報が届く
    人気ブログ投票 人気ブログに投票、僕が喜ぶ
PAGE TOP ↑