*

【遊戯王】「コード・オブ・ザ・デュエリスト」は買うべき?おすすめ当たりカード・テーマ紹介!

公開日: : 最終更新日:2017/04/27 コラム

コード・オブ・ザ・デュエリスト

2017年4月15日に、10期の新パック「コード・オブ・ザ・デュエリスト」が発売されます。

さて、早速ですが、「コード・オブ・ザ・デュエリスト」は買うべきなのでしょうか。

そこで今回は、おすすめの当たりカードおすすめデッキテーマを紹介していきます。

購入を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

「コード・オブ・ザ・デュエリスト」の初動価格・当たりカード・買取価格はこちらにまとめています。

「コードオブザデュエリスト」初動相場ランキング!当たりはどのカード!?

「コード・オブ・ザ・デュエリスト」買取価格まとめ!いくらで売れる?

 

SPONCERD LINK

 

「コード・オブ・ザ・デュエリスト」収録カード一覧

遊戯王VRAINS 主人公カード

まず、「コード・オブ・ザ・デュエリスト」に判明している収録カード・レアカードをおさらいしましょう。

 

【コード・オブ・ザ・デュエリスト収録カード一覧】

  • COTD-JP001《サイバース・ウィザード》
  • COTD-JP002《バックアップ・セクレタリー》
  • COTD-JP003《スタック・リバイバー》
  • COTD-JP004《ランチャー・コマンダー》
  • COTD-JP005《サルベージェント・ドライバー》
  • COTD-JP006《トリックスター・リリーベル》
  • COTD-JP007《トリックスター・マンジュシカ》
  • COTD-JP008《トリックスター・キャンディナ》
  • COTD-JP009《剛鬼ツイストコブラ》
  • COTD-JP010《剛鬼スープレックス》
  • COTD-JP011《剛鬼ライジングスコーピオ》
  • COTD-JP012《ハックワーム》
  • COTD-JP013《ジャック・ワイバーン》
  • COTD-JP014《クラッキング・ドラゴン》
  • COTD-JP015《覇王眷竜オッドアイズ》
  • COTD-JP016《捕食植物パンクシアオーガ》
  • COTD-JP017《DDヴァイス・テュポーン》
  • COTD-JP018《星杯を戴く巫女》
  • COTD-JP019《星杯に選ばれし者》
  • COTD-JP020《星杯に誘われし者》
  • COTD-JP021《星杯の守護竜》
  • COTD-JP022《星杯の妖精リース》
  • COTD-JP023《星遺物-『星杯』》
  • COTD-JP024《トワイライトロード・ジェネラル ジェイン》
  • COTD-JP025《トワイライトロード・ソーサラー ライラ》
  • COTD-JP026《トワイライトロード・シャーマン ルミナス》
  • COTD-JP027《トワイライトロード・ファイター ライコウ》
  • COTD-JP028《戒めの龍》
  • COTD-JP029《レスキューフェレット》
  • COTD-JP030《ランカの蟲惑魔》
  • COTD-JP031《切れぎみ隊長》
  • COTD-JP032《トレジャー・パンダー》
  • COTD-JP033《ゾンビーナ》
  • COTD-JP034《Re:EX》
  • COTD-JP035《影星軌道兵器ハイドランダー》
  • COTD-JP036《雷仙神》
  • COTD-JP037《パーリィナイツ》
  • COTD-JP038《覇王眷竜スターヴヴェノム》
  • COTD-JP039《覇王眷竜クリアウィング》
  • COTD-JP040《DDD疾風大王エグゼクティブ・アレクサンダー》
  • COTD-JP041《覇王眷竜ダークリベリオン》
  • COTD-JP042《DDD怒涛大王エグゼクティブ・シーザー》
  • COTD-JP043《ファイアウォール・ドラゴン》
  • COTD-JP044《トリックスター・ホーリーエンジェル》
  • COTD-JP045《剛鬼ザ・グレート・オーガ》
  • COTD-JP046《トポロジック・ボマー・ドラゴン》
  • COTD-JP047《星杯竜イムデューク》
  • COTD-JP048《星杯神楽イヴ》
  • COTD-JP049《星杯剣士アウラム》
  • COTD-JP050《星杯戦士ニンギルス》
  • COTD-JP051《電影の騎士ガイアセイバー》
  • COTD-JP052《ミセス・レディエント》
  • COTD-JP053《トリックスター・ライトステージ》
  • COTD-JP054《剛鬼再戦》
  • COTD-JP055《エアークラック・ストーム》
  • COTD-JP056《スマイル・ユニバース》
  • COTD-JP057《星遺物との邂逅》
  • COTD-JP058《星遺物の加護》
  • COTD-JP059《闇の進軍》
  • COTD-JP060《黄昏の双龍》
  • COTD-JP061《緊急救急救命レスキュー》
  • COTD-JP062《ルドラの魔導書》
  • COTD-JP063《鈍重》
  • COTD-JP064《ブーギートラップ》
  • COTD-JP065《キャッスル・リンク》
  • COTD-JP066《ディフェンスゾーン》
  • COTD-JP067《スリーストライク・バリア》
  • COTD-JP068《トリックスター・リンカーネイション》
  • COTD-JP069《パルス・ボム》
  • COTD-JP070《覇王の逆鱗》
  • COTD-JP071《星遺物の導き》
  • COTD-JP072《トワイライト・イレイザー》
  • COTD-JP073《黄昏の交衣》
  • COTD-JP074《暗黒界の洗脳》
  • COTD-JP075《絶縁の落とし穴》
  • COTD-JP076《砂塵の大嵐》
  • COTD-JP077《戦線復帰》
  • COTD-JP078《無償交換》
  • COTD-JP079《無差別崩壊》
  • COTD-JP080《変則ギア》

 

【レアカード一覧】

◆ ウルトラレア(6/6種)

  • 《戒めの龍》
  • 《ファイアウォール・ドラゴン》
  • 《剛鬼ザ・グレート・オーガ》
  • 《トリックスター・ホーリーエンジェル》
  • 《トポロジック・ボマー・ドラゴン》
  • 《星杯戦士ニンギルス》

◆ スーパーレア(10/10種)

  • 《サイバース・ウィザード》
  • 《サルベージェント・ドライバー》
  • 《クラッキング・ドラゴン》
  • 《トワイライトロード・シャーマン ルミナス》
  • 《DDD怒涛大王エグゼクティブ・シーザー》
  • 《星杯剣士アウラム》
  • 《電影の騎士ガイアセイバー》
  • 《ルドラの魔導書》
  • 《キャッスル・リンク》
  • 《絶縁の落とし穴》

◆ 字レア(18/ 18種)

  • 《トリックスター・キャンディナ》
  • 《剛鬼ライジングスコーピオ》
  • 《覇王眷竜オッドアイズ》
  • 《星杯の妖精リース》
  • 《星遺物-『星杯』》
  • 《レスキューフェレット》
  • 《切れぎみ隊長》
  • 《覇王眷竜スターヴヴェノム》
  • 《覇王眷竜クリアウィング》
  • 《DDD疾風大王エグゼクティブ・アレクサンダー》
  • 《覇王眷竜ダークリベリオン》
  • 《星杯神楽イヴ》
  • 《ミセス・レディエント》
  • 《闇の進軍》
  • 《緊急救急救命レスキュー》
  • 《ブーギートラップ》
  • 《砂塵の大嵐》
  • 《無償交換》

◆ ノーマルレア(4/4種)

  • 《雷仙神》
  • 《パーリィナイツ》
  • 《ディフェンスゾーン》
  • 《変則ギア》

 

「コード・オブ・ザ・デュエリスト」に収録されるカードの画像・効果はこちらにまとめています。

「コードオブザデュエリスト」収録カード一覧

 

この中から、おすすめの当たりカードおすすめのデッキテーマをご紹介していきます。

 

「コード・オブ・ザ・デュエリスト」おすすめ当たりカード

コード・オブ・ザ・デュエリスト 当たり

私が紹介する「コード・オブ・ザ・デュエリスト」おすすめの当たりカードはこの8枚です。

それぞれ、簡単に解説していきます。

  • 《ファイアウォール・ドラゴン》(ウルトラ)
  • 《トポロジック・ボマー・ドラゴン》(ウルトラ)
  • 《星杯戦士ニンギルス》(ウルトラ)
  • 《トワイライトロード・シャーマン ルミナス》(スーパー)
  • 《電影の騎士ガイアセイバー》(スーパー)
  • 《ルドラの魔導書》(スーパー)
  • 《ミセス・レディエント》(字レア)
  • 《砂塵の大嵐》(字レア)

 

《ファイアウォール・ドラゴン》(ウルトラ)

《ファイアウォール・ドラゴン》
リンクモンスター
光属性 サイバース族 ATK 2500/LINK-4 上/右/左/下
モンスター2体以上
(1):このカードがフィールドに表側表示で存在する限り1度だけ、このカードと相互リンクしているモンスターの数まで、自分または相手の、フィールド・墓地のモンスターを対象として発動できる。そのモンスターを持ち主の手札に戻す。この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードのリンク先のモンスターが、戦闘で破壊された場合、または墓地へ送られた場合に発動できる。手札からモンスター1体を特殊召喚する。

《ファイアウォール・ドラゴン》は、LINK4のリンクモンスターです。

相互リンクの数だけ、フィールド・墓地のモンスターを手札に戻す誘発即時効果を持ち、相手の展開の妨害・自分の展開の補助を行うことができます。

リンク素材に指定もなく、様々なデッキに使用できる汎用リンクモンスターです。

リンク召喚のデッキを持つなら1枚は持っておきたい当たりカードと言えます。

《ファイアウォール・ドラゴン》解説・考察!相互リンクでバウンス!?

 

《トポロジック・ボマー・ドラゴン》(ウルトラ)

《トポロジック・ボマー・ドラゴン》
闇属性/ サイバース族/ リンク/ 効果/ ATK 3000/ LINK-4 (上・左下・下・右下)
効果モンスター2体以上
①:このカードがモンスターゾーンに存在し、フィールドのリンクモンスターのリンク先にこのカード以外のモンスターが特殊召喚された場合に発動する。お互いのメインモンスターゾーンのモンスターを全て破壊する。このターン、このカード以外の自分モンスターは攻撃できない。
②:このカードが相手モンスターを攻撃したダメージ計算時に発動する。その相手モンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。

《トポロジック・ボマー・ドラゴン》は、LINK4のリンクモンスターです。

効果モンスター2体以上でリンク召喚できます。

リンク先にモンスターが特殊召喚された時、メインモンスターゾーンのモンスターを全て破壊する効果を持ちます。

この破壊効果はターン制限がありませんので、特殊召喚するたびにモンスターを全破壊できます。

《スケープ・ゴート》や罠モンスターなど、相手ターンにモンスターを特殊召喚すれば、相手の展開を大きく妨害することができます。

リンク素材に指定もないため、今後広く活躍する当たりリンクモンスターになりそうです。

 

《星杯戦士ニンギルス》(ウルトラ)

《星杯戦士ニンギルス》
戦士族 リンク 効果 地 LINK-3 ATK 2500
リンクモンスター2体以上
このカードの①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。このカードのリンク先の「星杯」モンスターの数だけ、自分はデッキからドローする。
②:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。自分及び相手フィールドのカードを1枚ずつ選んで墓地へ送る。
③:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。手札から「星杯」モンスター1体を特殊召喚する。

《星杯戦士ニンギルス》は、LINK3のリンクモンスターです。

自分・相手フィールドのカードを1枚ずつ選んで墓地に送る効果を持ちます。

対象を取らず、相手カードを墓地に送れるため、非常に高い除去能力を持っています。

またリンク素材もリンクモンスター2体とシンプルなため、多くのデッキでリンク召喚が可能です。

こちらも、リンク召喚のデッキを持つなら1枚は持っておきたい当たりカードです。

 

《トワイライトロード・シャーマン ルミナス》(スーパー)

《トワイライトロード・シャーマン ルミナス》
星3 闇属性 魔法使い族 ATK/1000 DEF/1000
①:1ターンに1度、自分の手札・墓地から「ライトロード」モンスター1体を除外し、「トワイライトロード・シャーマン ルミナス」以外の除外されている自分の「ライトロード」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。
②:1ターンに1度、このカード以外の自分の「ライトロード」モンスターの効果が発動した場合に発動する。自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。

《トワイライトロード・シャーマン ルミナス》は、除外ゾーンから「ライトロード」を特殊召喚できます。

【トワイライトロード】デッキでは、最も大事な「トワイライトロード」モンスターで、複数積みが必要になります。

また、スーパーレアでの収録になり、需要が高いカードでしょう。

そのため、今回のテーマカードの中では当たりカードと言えそうです。

『トワイライトロード』デッキ:カード効果まとめ+考察!

 

《電影の騎士ガイアセイバー》(スーパー)

《電影の騎士ガイアセイバー》
リンクモンスター【LINK-3:左/右/下】
地属性/ 機械族/ ATK 2600
モンスター2体以上

《電影の騎士ガイアセイバー》は、LINK3のリンクモンスターです。

素材指定が全くなく、モンスター3体を墓地に遅ればすぐにリンク召喚できます。

エクストラデッキに余裕があるテーマでは、とりあえず入れておけば役立つ可能性があります。

デュエリストなら1枚は持っておきたいため、当たりカードと言えます。

 

《ルドラの魔導書》(スーパー)

《ルドラの魔導書》
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):「ルドラの魔導書」以外の自分の手札・フィールドの「魔導書」カード1枚または自分フィールドの魔法使い族モンスター1体を墓地へ送り、自分はデッキから2枚ドローする。

《ルドラの魔導書》は、「魔導」専用の魔法カードです。

手札・フィールドの「魔導書」or自分フィールドの魔法使い族を墓地に送り、2ドローする効果を持ちます。

魔法使い族を主体とするほとんどのデッキに採用できる汎用的なカードです。

特に【魔導】デッキはこのカードで大幅に強化されており、もしかしたら環境デッキに返り咲くかもしれません。

この期待から一時的に値段が上がりそうなため、当たりカードと言えます。

 

《ミセス・レディエント》(字レア)

《ミセス・レディエント》
リンクモンスター【LINK-2:左下/右下】
地属性/ 獣族/ ATK 1400
地属性モンスター×2体
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、フィールドの地属性モンスターの攻撃力・守備力は500アップし、風属性モンスターの攻撃力・守備力は400ダウンする。
②:このカードが戦闘・効果で破壊された場合、自分の墓地の地属性モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。

《ミセス・レディエント》は、LINK2リンクモンスターです。

地属性2体でリンク召喚でき、リンクマーカーが自分側に2つ出ているため、汎用的なリンクモンスターとして活躍します。

地属性のデッキならば1枚は入れておきたいカードです。

字レアではありますが、デッキごとに持っておきたいカードです。

 

《砂塵の大嵐》(字レア)

《砂塵の大嵐》
通常罠
このカードを発動するターン、自分はバトルフェイズを行えない。
①:フィールドの魔法・罠カードを2枚まで対象として発動できる。そのカードを破壊する。

《砂塵の大嵐》は、魔法・罠を2枚破壊する通常罠カードです。

《ツインツイスター》の相互互換であり、「アーティファクト」など、デッキによってはこちらに部が上がります。

非常に汎用的ですので、オススメの字レアです。

 

「コード・オブ・ザ・デュエリスト」おすすめデッキテーマ

トリックスター

財前 葵(ざいぜんあおい)

「トリックスター」は、遊戯王VRAINS(ヴレインズ)の「財前葵(ざいぜんあおい)」が使用する光属性・天使族のテーマです。

200ダメージをチクチク与えつつ、リンク召喚で戦うデッキです。

『トリックスター』はどんなデッキ?カード効果・特徴をまとめて解説!

 

剛鬼

鬼塚 豪(おにづかごう)

「剛鬼(ごうき)」は、遊戯王VRAINS(ヴレインズ)の「鬼塚豪(おにづかごう)」が使用する地属性・戦士族のテーマです。

守備力0ですが、フィールドから墓地に送られると「剛鬼」カードをサーチでき、モンスターを絶えず戦うことができます。

『剛鬼(ごうき)』はどんなデッキ?カード効果・特徴をまとめて解説!

 

トワイライトロード

トワイライトロード

「トワイライトロード」は、光属性テーマ「ライトロード」が闇属性になったOCGオリジナルテーマです。

墓地と除外ゾーンを活用し、攻撃力3000の《裁きの龍》《戒めの龍》を特殊召喚し、戦います。

下級モンスターのスペックも高く、シンクロ・エクシーズも使いこなす、非常にバランスの良いテーマです。

『トワイライトロード』はどんなデッキ?カード効果・特徴をまとめて解説!

 

星杯

星杯(せいはい)カード

「星杯(せいはい)」は、通常モンスターのリンク召喚を得意とするOCGオリジナルテーマです。

連続でリンク召喚を行い、先行で「エクストラリンク」を達成できるほどの展開力を持ちます。

リンクモンスターが追加されるたびに強化される、今後注目のテーマです。

『星杯(せいはい)』はどんなデッキ?カード効果・特徴をまとめて解説!

 

SPONCERD LINK

 

まとめ

切り込み隊長

いかがだったでしょうか。

「コード・オブ・ザ・デュエリスト」を買うかどうか迷ってい方のために、おすすめの当たりカード・おすすめデッキテーマを紹介しました。

個人的には、ほぼ必須級のリンクモンスターが収録されており、アニメキャラの2つのデッキ、そして魅力的な2つのOCGオリジナルデッキが収録されるということで、激アツのパックです。

この記事が、みなさんの「コード・オブ・ザ・デュエリスト」を買うべきかを考える判断材料になれば嬉しいです。

引き続き、「コード・オブ・ザ・デュエリスト」についても記事にしていきます。

それでは、またお会いしましょう。

 

画像・効果付きの収録カード一覧はこちらをご覧ください。

「コードオブザデュエリスト」収録カード一覧まとめ【画像・効果付きリスト】

 

「コードオブザデュエリスト」についてはこちらもおすすめです。

「コードオブザデュエリスト」初動相場ランキング!当たりはどのカード!?

「コード・オブ・ザ・デュエリスト」買取価格まとめ!いくらで売れる?

「コード・オブ・ザ・デュエリスト」は買うべき?おすすめ当たりカード・テーマ紹介!

 

「コードオブザデュエリスト」のテーマはこちらにまとめています。

『星杯(せいはい)』はどんなデッキ?カード効果・特徴をまとめて解説!

『トリックスター』はどんなデッキ?カード効果・特徴をまとめて解説!

『剛鬼(ごうき)』はどんなデッキ?カード効果・特徴をまとめて解説!

『トワイライトロード』はどんなデッキ?カード効果・特徴をまとめて解説!

 

「コード・オブ・ザ・デュエリスト」の予約はこちら

コード・オブ・ザ・デュエリスト

コード・オブ・ザ・デュエリスト(Amazon)

コード・オブ・ザ・デュエリスト(駿河屋)

コード・オブ・ザ・デュエリスト(楽天市場)

SPONCERD LINK

関連記事

  • 切り込み隊長

    「きりぶろ!」の管理人。(旧:遊戯王カードのメルカリ攻略だよ。)

    遊戯王の最新情報・高騰情報・最新デッキ・大会デッキレシピ・収録カードリストなどを解説・考察しています。

    遊戯王ブログとしては異例の月間200万PVを達成し、ブログランキング1位を獲得しました。

    好きなカードは《切り込み隊長》です。

    相互リンク・アンテナ登録・広告掲載などのお問い合わせはこちら

    ボタン こうなる
    Twitterに更新情報が届く
    follow us in feedly Feedlyに更新情報が届く
    人気ブログ投票 人気ブログに投票、僕が喜ぶ
PAGE TOP ↑