*

【遊戯王 環境】『ガスタ』デッキ大会優勝!デッキレシピ・回し方を解説!

公開日: : 最終更新日:2017/11/17 環境デッキ考察&レシピ ,

遊戯王の新制限の環境情報です。大会優勝した【ガスタ】のデッキレシピ・回し方を解説したページです。

『ガスタ』デッキ大会優勝!デッキレシピ・回し方

 

こんにちは、「鳩鷺(はとさぎ)」です。

早いものでもう8月になりましたが、みなさんは新制限に慣れましたか?

7月から施行されたリミットレギュレーションの変更により、影響を受けたデッキは数多くあります。

そんな中、【ガスタ】デッキが見事大会優勝を果たしました。

『え、「ガスタ」ってなに?胃腸薬?』って思う方も多いはず。

ぜひ新制限での構築の参考にしてみてください。

 

◆ 「環境情報」おすすめ記事

 

SPONCERD LINK

 

【ガスタ】大会優勝デッキレシピ

新制限の大会で優勝した【ガスタ】のデッキレシピはこちらです。

【ガスタ】大会優勝デッキレシピ

【メインデッキ】(40枚)

◆ モンスター(34枚)

  • 3《ガスタの巫女 ウィンダ》
  • 3《ガスタ・ガルド》
  • 3《ガスタ・イグル》
  • 3《ガスタ・グリフ》
  • 3《ガスタの神裔 ピリカ》
  • 3《WW-アイス・ベル》
  • 3《WW-グラス・ベル》
  • 2《WW-スノウ・ベル》
  • 2《シルフィード》
  • 3《THE トリッキー》
  • 1《グローアップ・バルブ》
  • 3《音響戦士ギータス》
  • 1《音響戦士マイクス》
  • 1《音響戦士ベーシス》

◆ 魔法(6枚)

  • 2《手札断殺》
  • 1《緊急テレポート》
  • 1《死者蘇生》
  • 1《貪欲な壺》
  • 1《ワン・フォー・ワン》

◆ 罠(0枚)

【エクストラデッキ】(15枚)

  • 1《スターダスト・ドラゴン》
  • 2《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》
  • 1《クリアウィング・ファスト・ドラゴン》
  • 1《クリアウィング・シンクロ・ドラゴン》
  • 1《スターダスト・チャージ・ウォリアー》
  • 1《瑚之龍》
  • 2《ダイガスタ・スフィアード》
  • 1《ダイガスタ・ガルドス》
  • 1《HSRチャンバライダー》
  • 1《HSRマッハゴー・イータ》
  • 1《ダイガスタ・ファルコス》
  • 1《古神ハストール》
  • 1《霞鳥クラウソラス》

【サイドデッキ】(0枚)

※カードラボ八王子店 非公認大会 個人戦 7月12日(水)

 

【ガスタ】大会優勝デッキを解説

【ガスタ】大会優勝デッキを解説

さっそく、この【ガスタ】デッキの解説をしていきます。

構成としては、「ガスタ」を中心に「WW」「音響戦士(サウンドウォリアー)」のギミックを取り入れたデッキになっています。

まず、『「ガスタ」ってなんぞや?』という方のために軽く説明します。

「ガスタ」はアーケード機として稼働していた「DUEL TERMINAL(デュエルターミナル)」の第10弾である「インヴェルズの侵略!!」で登場した風属性のテーマになります。

簡単に言えば、時代が時代なもので、シンクロ次元な感じのデッキですね・・・

それでは、【ガスタ】デッキをどのように回していくのか、詳しく見ていきましょう。

 

「ガスタ」の基本展開

「ガスタ」の基本展開

基本的な回し方としては、効率よく「ガスタ」モンスターを墓地へ送って、デッキから「ガスタ」モンスターを特殊召喚するという流れになります。

主に使っていくのがこちらの3種類です。

  • 《ガスタの巫女 ウィンダ》:相手モンスターの攻撃による戦闘破壊時に、「ガスタ」チューナーモンスターをリクルート
  • 《ガスタ・ガルド》:フィールドから墓地へ送られた時に、レベル2以下の「ガスタ」モンスターをリクルート
  • 《ガスタ・イグル》:戦闘破壊され墓地へ送られた時に、チューナー以外のレベル4以下の「ガスタ」モンスターをリクルート

たとえ不利な状況でも、このうち1体でもフィールドいれば、相手からの戦闘で《ガスタの巫女 ウィンダ》→《ガスタ・ガルド》→《ガスタ・イグル》とリクルート効果は途切れません。

壁としても有効ですし、ターンが帰ってきてからの展開の起点にすることができます。

しかし、時の任意効果なのでタイミングを逃しやすいので、発動には注意が必要です。

かなり受動的な発動条件なので、こちらから展開していく流れにはならないのも欠点ですね。

 

《ガスタの神裔 ピリカ》がかなり優秀

ガスタの神裔 ピリカ

「ガスタ」カードのほとんどが「DUEL TERMINAL」で登場したものばかりですが、4年ほど経ってから新しく登場した《ガスタの神裔 ピリカ》もかなり優秀です。

召喚・特殊召喚成功時に風属性チューナー1体を蘇生する効果をもっているため、「ガスタ」に限らず、風属性の「WW」や「音響戦士」もテーマの壁を越えて利用可能です。

効果を発動したターンは風属性以外のモンスターを特殊召喚できなくなりますが、その点も風属性メインの構築のため問題ありません。

《ガスタの神裔 ピリカ》は《ガスタ・イグル》の効果対象な上、レベル3・サイキック族モンスターなので《緊急テレポート》でもリクルートが可能なのです。使用頻度はかなり高いでしょう。

墓地に《ガスタ・ガルド》がいるだけで《ダイガスタ・スフィアード》のシンクロ召喚につなげられるのは非常にありがたいです。

 

《ダイガスタ・スフィアード》を用いた戦法

ダイガスタ・スフィアード

《ダイガスタ・スフィアード》は、「ガスタ」モンスターの戦闘によって発生する自分への戦闘ダメージは代わりに相手が受けるという効果を持っています。

これが「ガスタ」のリクルート効果と相性がいいです。

自爆特攻しつつ、こちらはデッキから「ガスタ」モンスターを特殊召喚していけば、1ターンキルも可能になります。

《ダイガスタ・スフィアード》自身は戦闘では破壊されないので安心して自爆特攻できますし、最悪戦闘時の壁にもなります。

 

「WW」の採用

ww(ウィンド・ウィッチ)

「ガスタ」のみの構築だと今一つ展開力と攻撃力に欠けるので、それを補うために「WW」の採用が見られます。

どうしてもリクルーターの「ガスタ」モンスターを出すために通常召喚権を使ってしまうので、特殊召喚のみで《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》までつなげるコンボは邪魔しない上に、非常に強力です。

あまり多用すると【ガスタ】らしさがなくなってしまいがちですが、対処しきれないモンスター相手に使っていきましょう。

「ガスタ」も風属性テーマなので、効果使用後の制約にも引っかかりません。

シンクロ召喚をメインとする「ガスタ」ですが、レベル2チューナーを採用していないので、「ガスタ」のみでは《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》を出せないのがちょっと残念ですね。

 

特殊召喚モンスターで非チューナー枠を補う

THE トリッキー

上記で述べていますように、「ガスタ」に通常召喚権は必須です。

そのため、上級シンクロモンスターを出すためには別の方法でカバーしなくてはなりません。

このデッキでは《シルフィード》《THE トリッキー》を取り入れてます。

《シルフィード》は墓地の風属性モンスター1体をゲームから除外することで特殊召喚できますし、《THE トリッキー》は手札を1枚捨てるだけで特殊召喚できるので、両者とも比較的簡単に呼び出すことが可能です。

しかし「ガスタ」シンクロモンスターはチューナー以外のモンスターを「ガスタ」に指定しているので、《スターダスト・ドラゴン》や《クリアウィング・シンクロ・ドラゴン》のシンクロ召喚に使うことになるでしょう。

 

《ガスタ・グリフ》をコストに!

ガスタ・グリフ

「ガスタ」で能動的に動かせる数少ない手段として《ガスタ・グリフ》があります。

《ガスタ・グリフ》は、手札から墓地へ送られた場合に「ガスタ」をリクルートする効果があるので、手札コストなどでもタイミングを逃すことなく発動することができます。

この点を活かして様々なコンボに使われます。

 

①:《音響戦士ギータス》の効果コスト

音響戦士ギータス

《音響戦士ギータス》のペンデュラム効果により、手札1枚を捨てることで「音響戦士」モンスターをリクルートできます。

これにより、チューナーと非チューナーを出しやすい。

 

②:《THE トリッキー》の特殊召喚コスト

THE トリッキー

《THE トリッキー》の特殊召喚際にうまく捨てることができれば、それだけでシンクロ召喚につなげられます。

 

③:《手札断殺》で捨てる

手札断殺

本来なら3枚→2枚の手札交換になる《手札断殺》も、リクルート効果が発動すれば2.5くらいのアドバンテージにはなると思います。

 

SPONCERD LINK

 

まとめ

鳩鷺(はとさぎ)

いかがだったでしょうか。

ひとくくりに【ガスタ】といってもうまい具合に相性のいいカードを合わせていたので、意外にも強力なデッキに仕上がっていましたね。

このデッキではエクシーズモンスターやリンクモンスターが採用されていないので、これらを導入するとまた違った展開になるかもしれません。

風属性のマーカーが「ハの字」になっているリンクモンスターが登場すればより強化されることは間違いないですね。

気になった方はぜひ【ガスタ】デッキを作ってみてください。

引き続き、「環境情報」について記事にしていきます。

それでは、またお会いしましょう。

 

◆ 「環境情報」おすすめ記事

 

この記事を書いた人
鳩鷺(はとさぎ)@hatosagi

鳩鷺(はとさぎ)
きりぶろ!のライター。遊戯王の環境情報やアニメのあらすじをまとめている。
鳩鷺さんの記事
きりぶろライター募集中

 

遊戯王の最新商品

遊戯王最新商品情報

遊戯王の最新商品は、Amazonでほとんど最安で予約できます。送料も無料です。

現在予約開始されている遊戯王最新商品はこちらです。

  • 【11/21】 Vジャンプ2018年1月号
  • 【11/25】 リンクヴレイズパック
  • 【12/9】 ストラクチャーデッキ パワーコード・リンク
  • 【12/23】 リンクヴレインズボックス

 

【11/21】 Vジャンプ2018年1月号

Vジャンプ2018年1月号

2017年12月9日、最新のVジャンプ2018年1月号が発売されます。

付録カードは《サモン・ソーサレス》。Amazonで、定価・送料無料で予約されています。

【予約】Vジャンプ2018年1月号(Amazon)送料無料

 

在庫がない場合、こちらの通販サイトも探してみてください。

【予約】Vジャンプ2018年1月号(楽天ブックス)送料無料

【予約】Vジャンプ2018年1月号(セブンネット)コンビニ受取で送料無料

【予約】Vジャンプ2018年1月号(紀伊国屋書店)

 

【11/25】 リンクヴレイズパック

リンクヴレイズパック(LINK VRAINS PACK)

2017年11月25日、最新パック「リンクヴレイズパック(LINK VRAINS PACK)」が発売されます。

Amazonで、定価・送料無料で予約されています。

【予約】LINK VRAINS PACK(Amazon)送料無料

 

【12/9】 ストラクチャーデッキ パワーコード・リンク

遊戯王OCG デュエルモンスターズ ストラクチャーデッキ パワーコード・リンク

2017年12月9日、最新ストラク「ストラクチャーデッキ パワーコード・リンク」が発売されます。

Amazonで、定価・送料無料で予約されています。

【予約】ストラクチャーデッキ パワーコード・リンク(Amazon)送料無料

 

【12/23】 リンクヴレインズボックス

リンクヴレインズボックス(LINK VRAINS BOX)

2017年12月23日、最新商品「リンクヴレインズボックス(LINK VRAINS BOX)」が発売されます。

Amazonで予約されていますがすでにプレミア価格がついています。他通販サイトも同じ状況なようです。

【予約】LINK VRAINS BOX(Amazon)プレミア価格

 

値段が高すぎる場合、こちらの通販サイトも探してみてください。

【予約】リンクヴレインズボックス(楽天市場)

【予約】リンクヴレインズボックス(Yahoo!ショッピング)

SPONCERD LINK

関連記事

Comment

  1. 匿名 より:

    元々ガスタ使いだったのですが、環境の移り変わりについていけずにだいぶ前に使うのをやめてしまいました。しかし、この記事をみてまたガスタを使ってみようという気が起きました。ありがとうございます。参考にさせて頂きます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 遊戯王カード 買取サイトランキング

    遊戯王カードの買取サイトランキング。高額買取・簡単さ・買取実績の3つの観点から、おすすめの買取サイトを紹介しています。

    ⇒ 遊戯王買取サイト おすすめランキング

     

    遊戯王カードを高く売る方法まとめ

    遊戯王カードを高く売る方法のまとめ。高く売るために知っておくべき知識や、高く売れるおすすめのサイト・ツールを紹介しています。

    遊戯王カードを高く売る方法

     

    遊戯王カードを安く買う方法まとめ

    遊戯王カードを安く買う方法のまとめ。カード相場の調べ方やAmazon・楽天市場・メルカリのお得テクニックを紹介しています。

    遊戯王カードを安く買う方法




  • 「きりぶろ!」の管理人。(旧:遊戯王カードのメルカリ攻略だよ。)

    遊戯王の最新情報・環境情報・高騰情報をまとめ、最新パック・ストラクチャーデッキの収録カードリストも最速更新しています。

    また、最新デッキテーマと相性の良いカード・回し方・デッキレシピなども解説・考察しています。

    遊戯王ブログとしては異例の月間200万PVを達成し、ブログランキング1位も獲得しています。

    Twitter メルマガ 人気ブログ投票
    お問い合わせ
PAGE TOP ↑