*

【遊戯王 最新情報】《スリーバーストショット・ドラゴン》《弾帯城壁龍》《天火の牢獄》【エクストリーム・フォース収録】

公開日: : 最終更新日:2017/09/01 最新情報

遊戯王の最新パック「エクストリーム・フォース(EXTREME FORCE)」の最新情報です。

エクストリーム・フォース

 

2017年10月14日、最新パック「エクストリーム・フォース(EXTREME FORCE)」が発売されます。

先ほど、遊戯王.jpより最新情報が公開され、遊戯王VRAINSでリボルバーが使用した3枚のカードが新規収録判明しました!

《スリーバーストショット・ドラゴン》《弾帯城壁龍》《天火の牢獄》です。

 

SPONCERD LINK

ビットトレード

 

リボルバーのカード3枚が「エクストリーム・フォース」に収録判明!

「エクストリーム・フォース」に収録判明した《スリーバーストショット・ドラゴン》《弾帯城壁龍》《天火の牢獄》はこちらです。

スリーバーストショット・ドラゴン 《スリーバーストショット・ドラゴン》ウルトラレア
闇属性/ ドラゴン族/ ATK 2400【LINK-3:上/下/左】
トークン以外のモンスター2体以上
①:1ターンに1度、ダメージステップにモンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時に発動できる。その発動を無効にする。
②:このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。
③:このカードをリリースし、自分の墓地のリンク2以下のモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。その後、手札からレベル4以下のドラゴン族モンスター1体を特殊召喚できる。この効果はこのカードが特殊召喚したターンには発動できない。
弾帯城壁龍 《弾帯城壁龍(ベルトリンク・ウォール・ドラゴン)》
星6/ 地属性/ ドラゴン族/ ATK 0 DEF 2100
このカードは通常召喚できず、このカードの効果でのみ特殊召喚できる。
①:自分がリンク召喚に成功した時に発動できる。このカードを手札から特殊召喚し、このカードにカウンターを2つ置く。
②:お互いに、このカードのカウンターの数より多い数のリンクマーカーを持つモンスターをリンク召喚できず、リンクモンスター以外のモンスターは攻撃できない。
③:モンスターがリンク召喚された場合に発動する。このカードのカウンターを2つ取り除く。
④:自分・相手のスタンバイフェイズに発動する。このカードにカウンターを1つ置く。
天火の牢獄 《天火の牢獄》
フィールド魔法
①:フィールドのドラゴン族モンスターの守備力は300アップする。
②:お互いに、フィールドのリンクモンスターよりリンクマーカーの数が少ないリンクモンスターをリンク召喚できず、リンクモンスター以外のモンスターは攻撃できない。
③:フィールドにサイバース族リンクモンスターが2体以上存在する場合、以下の効果を適用する。
●サイバース族モンスターが発動した効果は無効化される。
●フィールドのサイバース族モンスターは攻撃できず、攻撃対象にならず、効果の対象にもならない。

 

リボルバーがアニメ使用したカードが一気にカード化されましたね。

《弾帯城壁龍》《天火の牢獄》は使いづらそうな印象ですが、《スリーバーストショット・ドラゴン》は守備貫通を持ったリンク3と見れば、汎用性は高いのではないでしょうか。

この調子で、アニメのカードをどんどんOCG化してほしいと思います。

引き続き、「エクストリーム・フォース」の最新情報を記事にしていきます。

それでは、またお会いしましょう。

 

『エクストリーム・フォース』の収録カードは、こちらのまとめています。

【遊戯王】『エクストリーム・フォース』全収録カードリスト・レアリティまとめ!

 

「遊戯王の最新情報」はこちらの記事にまとめています。

【遊戯王 最新情報まとめ】最新パック・ストラクの収録・付録カード一覧

 

SPONCERD LINK

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • SPONCERD LINK

  • 「きりぶろ!」の管理人。(旧:遊戯王カードのメルカリ攻略だよ。| キリブロ!)

    遊戯王の最新情報・環境情報・高騰情報をまとめ、最新パック・ストラクチャーデッキの収録カードリストも最速更新しています。

    また、最新デッキテーマと相性の良いカード・回し方・デッキレシピなども解説・考察しています。

    遊戯王ブログとしては異例の月間200万PVを達成し、ブログランキング1位も獲得しています。

    ライター募集 相互リンク お問い合わせ
    Twitter 人気ブログ投票
  • SPONCERD LINK

PAGE TOP ↑