*

【遊戯王 環境】『マスクHERO』デッキ大会優勝!デッキレシピ・回し方を解説!

公開日: : 最終更新日:2017/11/17 環境デッキ考察&レシピ , ,

遊戯王の新制限の環境情報です。大会優勝した【マスクHERO】のデッキレシピ・回し方を解説したページです。

『マスクHERO』大会優勝デッキレシピ・回し方

 

こんにちは、「鳩鷺(はとさぎ)」です。

7月からのリミットレギュレーション変更により、多くのデッキがいろいろな意味で影響を受けています。

大打撃を食らっているデッキも多くありますが、そんな中かなり活躍しているデッキの1つに【HERO】デッキがあります。

今回はそのデッキタイプに含まれる【マスクHERO】が大会で見事優勝を果たしました。

新制限では融合が環境に食い込めるのか?!

ぜひ新制限での構築の参考にしてみてください。

 

◆ 「環境情報」おすすめ記事

 

◆ 2017年10月環境の【マスクHERO】

 

SPONCERD LINK

 

【マスクHERO】大会優勝デッキレシピ

【マスクHERO】大会優勝デッキレシピ

新制限の大会で優勝した【マスクHERO】のデッキレシピはこちらです。

【メインデッキ】(41枚)

◆ モンスター(12枚)

  • 1《V・HERO ヴァイオン》
  • 2《E・HERO エアーマン》
  • 1《E・HERO シャドー・ミスト》
  • 1《E・HERO バブルマン》
  • 1《E・HERO ブレイズマン》
  • 1《召喚僧サモンプリースト》
  • 2《E・HERO オネスティ・ネオス》
  • 3《エフェクト・ヴェーラー》

◆ 魔法(22枚)

  • 3《E-エマージェンシーコール》
  • 1《強欲で貪欲な壺》
  • 1《死者蘇生》
  • 1《増援》
  • 3《ヒーローアライブ》
  • 2《ブラック・ホール》
  • 1《融合》
  • 2《禁じられた聖槍》
  • 1《禁じられた聖杯》
  • 3《コズミック・サイクロン》
  • 1《星遺物を巡る戦い》
  • 3《マスク・チェンジ》

◆ 罠(7枚)

  • 1《激流葬》
  • 2《聖なるバリア -ミラーフォース-》
  • 1《虚無空間》
  • 2《リビングデッドの呼び声》
  • 1《神の宣告》

【エクストラデッキ】(15枚)

  • 2《M・HERO ダーク・ロウ》
  • 1《M・HERO ブラスト》
  • 1《V・HERO アドレイション》
  • 1《E・HERO アブソルートZero》
  • 1《M・HERO アシッド》
  • 1《M・HERO 闇鬼》
  • 1《M・HERO カミカゼ》
  • 1《深淵に潜む者》
  • 1《鳥銃士カステル》
  • 1《No.101 S・H・Ark Knight》
  • 1《No.39 希望皇ホープ》
  • 1《No.85 クレイジー・ボックス》
  • 1《H-C エクスカリバー》
  • 1《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》

【サイドデッキ】(15枚)

  • 3《速攻のかかし》
  • 3《増殖するG》
  • 1《ハーピィの羽根帚》
  • 3《強制脱出装置》
  • 2《次元障壁》
  • 2《タイフーン》
  • 1《醒めない悪夢》

※第36回デュエルオフ会 非公認大会 個人戦 7月17日(月)

 

【マスクHERO】大会優勝デッキを解説

【マスクHERO】大会優勝デッキを解説

さっそく、この【マスクHERO】デッキの解説をしていきます。

構成としては「HERO」を主体としたデッキの融合召喚先に「M・HERO」を取り入れたタイプになります。

個人的には「どちらにせよ【HERO】デッキなのでは?」と思うところではありますが・・・

それでは、【マスクHERO】デッキをどのように回していくのか、詳しく見ていきましょう。

 

「HERO」の力で素材or融合魔法をサーチ

V・HERO ヴァイオン

「HERO」モンスターで頻繁に採用されているカードはサーチ効果が優秀なものばかりです。

もちろん、このデッキでもそれらのカードが取り入れられているわけです。

主に使用するカードを紹介します。

  • 《V・HERO ヴァイオン》
    :召喚・特殊召喚に成功した場合に「HERO」モンスターを墓地へ送る+墓地の「HERO」モンスターを除外することで《融合》をサーチ。
  • 《E・HERO エアーマン》
    :召喚・特殊召喚成功時に自身以外の「HERO」モンスターの数まで、フィールド上の魔法・罠カードを選んで破壊or「HERO」モンスターをサーチ。
  • 《E・HERO シャドー・ミスト》
    :特殊召喚に成功した場合に「チェンジ」速攻魔法をサー+墓地へ送られた場合、自身以外の「HERO」モンスターをサーチ。
  • 《E・HERO ブレイズマン》
    :召喚・特殊召喚に成功した場合に《融合》をサーチ+デッキから「E・HERO」モンスター墓地へ送って、そのモンスターと同じ属性・攻撃力・守備力になる。

これらの効果により1体の召喚or特殊召喚から逆転につなげる可能性がでてくるわけです。

「HERO」モンスター自身の効果でサーチするほかに《E-エマージェンシーコール》を使用することで、欲しい「HERO」モンスターを持ってくることができます。

 

「E・HERO」モンスターを特殊召喚する

上記でピックアップして紹介した「E・HERO」モンスターは、召喚・特殊召喚することで効果が発動できます。

なので必然的に特殊召喚するカードの採用が多くなります。

 

ヒーローアライブ

専用魔法カードである《ヒーローアライブ》は、ライフポイントを半分失うも、好きな「E・HERO」モンスターをリクルートできるので、場がガラ空きの状態でも展開を進めていくことができます。

「E・HERO」モンスターを特殊召喚した際の展開例として

  • ①:《ヒーローアライブ》で《E・HERO エアーマン》を特殊召喚。
  • ②:《E・HERO エアーマン》効果で、《V・HERO ヴァイオン》をサーチ。
  • ③:《V・HERO ヴァイオン》通常召喚、(1)効果で《E・HERO シャドー・ミスト》を墓地に送る。
  • ④:《E・HERO シャドー・ミスト》(2)効果で「HERO」サーチ。
  • ⑤:《V・HERO ヴァイオン》(2)効果で墓地の《E・HERO シャドー・ミスト》を除外して《融合》をサーチ。

といった流れができるので、すぐさま融合召喚につなげていくことができます。

《E・HERO エアーマン》は通常召喚でも効果は発動できますが、どちらかと言えば特殊召喚された方が後の展開につなげやすいです。

《V・HERO ヴァイオン》はデッキからサーチ・リクルートできますので1枚のみ採用です。

 

召喚僧サモンプリースト

また下級「HERO」モンスターは幸いにもすべてレベル4なので、《召喚僧サモンプリースト》で特殊召喚が可能です。

サーチ可能な《融合》や《マスク・チェンジ》は魔法カードなので複数枚手札に所持している場合、《召喚僧サモンプリースト》の効果コストとしても申し分ありません。

この場合、レベル4モンスターが2体並ぶのでランク4エクシーズモンスターにつなげるのも選択肢の1つになるでしょう。

 

SNo.39希望皇ホープ・ザ・ライトニング

ランク4では定番になっている《No.39 希望皇ホープ》からの《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》のほか、《鳥銃士カステル》《No.101 S・H・Ark Knight》といった強力なモンスターの採用もみられます。

メインデッキは戦士族モンスターでほとんど構築されているので、《H-C エクスカリバー》を出せるのもポイントですね。

 

《E・HERO オネスティ・ネオス》の採用

E・HERO オネスティ・ネオス

主に融合「HERO」モンスターを駆使して戦うスタイルですが、強力な効果を持つ代わりにちょっと攻撃力が物足りないところ。

そこを補ってくれるのが《E・HERO オネスティ・ネオス》です。

『20th ANNIVERSARY PACK 1st WAVE』で登場したばかりのこのカードですが、手札から捨てることで、フィールドの「HERO」モンスター1体の攻撃力をターン終了時まで2500ポイントもアップさせます。

まさに「E・HERO」版《オネスト》といったところ。

自身が「E・HERO」モンスターのため《E・HERO エアーマン》や《E-エマージェンシーコール》でサーチ可能です。

《E・HERO エアーマン》でサーチしてそのまま使用すると、それだけでATK4300にまで跳ね上がります。

これは採用するしかありませんね。

ちなみに、《オネスト》と併用することが可能なので、《E・HERO ネオス》のような光属性・「HERO」モンスターの攻撃力を爆発的に向上させることもできます。

 

《E・HERO バブルマン》の採用

E・HERO バブルマン

《E・HERO バブルマン》も採用されています。

こちらは特殊召喚効果を活用しランク4エクシーズに繋げることができ、《E・HERO アブソルートZero》の融合素材である水属性要因としても活躍することができます。

 

【HERO】デッキについては、こちらの記事もおすすめです。

「HERO’s STRIKE」3箱合体デッキ解説!デッキレシピ・回し方・強化案など

 

SPONCERD LINK

 

まとめ

鳩鷺(はとさぎ)

いかがだったでしょうか。

デッキの構築として「M・HERO」をメインとして戦うデッキなので「マスク」型となっていましたね。

最近では「HERO」を使用される方も増えているので、大会で見かける機会も多いと思います。

気になった方はぜひ【HERO】デッキを作ってみてください。

引き続き、「HERO」「環境情報」について記事にしていきます。

それでは、またお会いしましょう。

 

◆ 「環境情報」おすすめ記事

 

この記事を書いた人
鳩鷺(はとさぎ)@hatosagi

鳩鷺(はとさぎ)
きりぶろ!のライター。遊戯王の環境情報やアニメのあらすじをまとめている。
鳩鷺さんの記事
きりぶろライター募集中

 

【HERO】デッキを作ろうと考えている方へ

E・HERO

【HERO】デッキのキーカードは、「ストラクチャーデッキ HERO’s STRIKE」にほとんど収録されています。Amazonなら送料無料です。

 

遊戯王の最新商品

遊戯王最新商品情報

遊戯王の最新商品は、Amazonでほとんど最安で予約できます。送料も無料です。

現在予約開始されている遊戯王最新商品はこちらです。

  • 【11/21】 Vジャンプ2018年1月号
  • 【11/25】 リンクヴレイズパック
  • 【12/9】 ストラクチャーデッキ パワーコード・リンク
  • 【12/23】 リンクヴレインズボックス

 

【11/21】 Vジャンプ2018年1月号

Vジャンプ2018年1月号

2017年12月9日、最新のVジャンプ2018年1月号が発売されます。

付録カードは《サモン・ソーサレス》。Amazonで、定価・送料無料で予約されています。

【予約】Vジャンプ2018年1月号(Amazon)送料無料

 

在庫がない場合、こちらの通販サイトも探してみてください。

【予約】Vジャンプ2018年1月号(楽天ブックス)送料無料

【予約】Vジャンプ2018年1月号(セブンネット)コンビニ受取で送料無料

【予約】Vジャンプ2018年1月号(紀伊国屋書店)

 

【11/25】 リンクヴレイズパック

リンクヴレイズパック(LINK VRAINS PACK)

2017年11月25日、最新パック「リンクヴレイズパック(LINK VRAINS PACK)」が発売されます。

Amazonで、定価・送料無料で予約されています。

【予約】LINK VRAINS PACK(Amazon)送料無料

 

【12/9】 ストラクチャーデッキ パワーコード・リンク

遊戯王OCG デュエルモンスターズ ストラクチャーデッキ パワーコード・リンク

2017年12月9日、最新ストラク「ストラクチャーデッキ パワーコード・リンク」が発売されます。

Amazonで、定価・送料無料で予約されています。

【予約】ストラクチャーデッキ パワーコード・リンク(Amazon)送料無料

 

【12/23】 リンクヴレインズボックス

リンクヴレインズボックス(LINK VRAINS BOX)

2017年12月23日、最新商品「リンクヴレインズボックス(LINK VRAINS BOX)」が発売されます。

Amazonで予約されていますがすでにプレミア価格がついています。他通販サイトも同じ状況なようです。

【予約】LINK VRAINS BOX(Amazon)プレミア価格

 

値段が高すぎる場合、こちらの通販サイトも探してみてください。

【予約】リンクヴレインズボックス(楽天市場)

【予約】リンクヴレインズボックス(Yahoo!ショッピング)

SPONCERD LINK

関連記事

  • 遊戯王カード 買取サイトランキング

    遊戯王カードの買取サイトランキング。高額買取・簡単さ・買取実績の3つの観点から、おすすめの買取サイトを紹介しています。

    ⇒ 遊戯王買取サイト おすすめランキング

     

    遊戯王カードを高く売る方法まとめ

    遊戯王カードを高く売る方法のまとめ。高く売るために知っておくべき知識や、高く売れるおすすめのサイト・ツールを紹介しています。

    遊戯王カードを高く売る方法

     

    遊戯王カードを安く買う方法まとめ

    遊戯王カードを安く買う方法のまとめ。カード相場の調べ方やAmazon・楽天市場・メルカリのお得テクニックを紹介しています。

    遊戯王カードを安く買う方法




  • 「きりぶろ!」の管理人。(旧:遊戯王カードのメルカリ攻略だよ。)

    遊戯王の最新情報・環境情報・高騰情報をまとめ、最新パック・ストラクチャーデッキの収録カードリストも最速更新しています。

    また、最新デッキテーマと相性の良いカード・回し方・デッキレシピなども解説・考察しています。

    遊戯王ブログとしては異例の月間200万PVを達成し、ブログランキング1位も獲得しています。

    Twitter メルマガ 人気ブログ投票
    お問い合わせ
PAGE TOP ↑