*

【遊戯王 環境】『クローラー』デッキ:大会優勝デッキレシピ解説!《カオスポッド》採用!?

公開日: : 最終更新日:2017/11/17 環境デッキ考察&レシピ ,

遊戯王の新制限の環境情報です。大会優勝した【クローラ―】のデッキレシピ・回し方を解説したページです。

『クローラー』デッキ:大会優勝デッキレシピ・回し方

 

こんにちは、「鳩鷺(はとさぎ)」です。

「サーキット・ブレイク」が発売され、様々な新しいテーマが誕生しました。

そんな中、その新規テーマの1つである【クローラ―】が大会で見事優勝を果たしました。

以前も大会準優勝が報告されていましたが、今回は《カオスポッド》を採用した優勝デッキレシピとなっています。

まだ発売して間もないですが、いきなり環境に組み込めるのか?

ぜひ、【クローラー】デッキの構築の参考にしてみてください。

 

◆ 「環境情報」おすすめ記事

 

SPONCERD LINK

 

【クローラー】大会優勝デッキレシピ

大会で優勝した【クローラー】のデッキレシピはこちらです。

『クローラー』大会優勝デッキレシピ

【メインデッキ】(41枚)

◆モンスター(19枚)

  • 3《クローラー・アクソン》
  • 3《クローラー・グリア》
  • 2《クローラー・スパイン》
  • 3《クローラー・デンドライト》
  • 3《クローラー・ランヴィエ》
  • 3《クローラー・レセプター》
  • 1《星遺物-『星鎧』》
  • 1《カオスポッド》

◆魔法(11枚)

  • 2《星遺物を巡る戦い》
  • 2《月の書》
  • 1《死者蘇生》
  • 1《貪欲な壺》
  • 2《サイクロン》
  • 3《星遺物に差す影》

◆罠(11枚)

  • 3《聖なるバリア -ミラーフォース-》
  • 3《メタバース》
  • 3《星遺物の傀儡》
  • 1《神の警告》
  • 1《神の宣告》

【エクストラデッキ】(11枚)

  • 3《エクスクローラー・クオリアーク》
  • 2《エクスクローラー・シナプシス》
  • 3《エクスクローラー・ニューロゴス》
  • 1《クリアウィング・シンクロ・ドラゴン》
  • 1《月華竜 ブラック・ローズ》
  • 1《ブラック・ローズ・ドラゴン》

【サイドデッキ】(15枚)

  • 2《亡龍の戦慄-デストルドー》
  • 2《天岩戸》
  • 2《エネミーコントローラー》
  • 2《ブラック・ホール》
  • 3《禁じられた聖杯》
  • 1《王宮の勅命》
  • 3《強制脱出装置》

※ カードラボなんば店  非公認大会(個人戦)7月17日

 

【クローラー】大会優勝デッキを解説

クローラー

さっそく、この【クローラー】デッキの解説をしていきます。

『「クローラー」なんて新しく出たばかりでよく知らないよ』という方のために軽く説明します。

「クローラー」は、7月8日に発売された「CIRCUIT BREAK(サーキット・ブレイク)」で登場した地属性・昆虫族のテーマになります。

メインデッキの「クローラー」モンスターは全てレベル2のリバースモンスターで、エクストラデッキの「クローラー」モンスターはリンク2のリンクモンスターに統一されています。

カード名は神経系に関する用語からなってますね。

それでは、どう戦っていくのか見ていきましょう

 

「クローラー」の展開

「クローラー」の展開

このデッキ構成としては、何も混ざっていない、まごうことなき純【クローラー】デッキといったところですね。

主な戦法として「クローラー」モンスターのリバース効果で下地を作り、「クローラー」リンクモンスターで一気に攻めていきます。

メインデッキに入る「クローラー」モンスターのリバース効果をまとめると、このようになります。

  • 《クローラー・アクソン》:フィールドの魔法・罠カード1枚を対象にして破壊。
  • 《クローラー・スパイン》:モンスター1体破壊
  • 《クローラー・グリア》:手札・墓地「クローラー」特殊召喚
  • 《クローラー・レセプター》:「クローラー」モンスターサーチ
  • 《クローラー・ランヴィエ》:墓地「クローラー」2体まで手札へ
  • 《クローラー・デンドライト》:デッキモンスター1体墓地へ

 

また上記の「クローラー」モンスターは、表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合に、同名カード以外の「クローラー」モンスター2体をデッキから裏側守備表示で特殊召喚するという共通効果を持っています。

相手が《ブラック・ホール》なんて発動してくれたら、それはもう虫のようにウジャウジャ湧いて出て来ます(まぁ虫なんですけどw)

これらのモンスターで耐えつつ、リンク召喚につなげていきます。

 

「クローラー」リンクモンスター

「クローラー」リンクモンスターの効果をまとめると、このようになります。

  • 《エクスクローラー・シナプシス》:リンク先の「クローラー」モンスターの攻・守を300アップ+戦闘破壊耐性と2回攻撃を付与。
  • 《エクスクローラー・ニューロゴス》:リンク先の「クローラー」モンスターの攻・守を300アップ+戦闘破壊耐性と戦闘ダメージ倍加を付与。
  • 《エクスクローラー・クオリアーク》:自分フィールドの「クローラー」モンスターの数によって効果変動。
    2体以上→自分フィールドのモンスターの攻・守を300アップ。
    4体以上→相手はバトルフェイズ中に効果を発動できない。
    6体以上→自分のモンスターは直接攻撃できる。

《エクスクローラー・シナプシス》と《エクスクローラー・ニューロゴス》を相互リンクさせれば戦闘破壊されない壁になりますし、大量展開して《エクスクローラー・クオリアーク》を含む「クローラー」モンスターを6体並べることができれば、ワンキル(1Kill)も可能です。

 

より詳しい「クローラー」デッキの解説は、こちらのページで行なっています。

「クローラー」デッキはどう作る?回し方・デッキレシピ徹底解説!

 

《カオスポッド》の採用

カオス・ポッド

何を隠そうこのデッキ、今まで「相性が良いよ」と言われ続けていた《ワーム・ベイト》や《ADチェンジャー》などが入っていません。

その代わりに《カオスポッド》が採用されています。

このカード自体は他の好相性カードの代用になりませんが、地味に強力な効果を持っています。

「クローラー」モンスター同様、リバース効果モンスターで、フィールド上のモンスターを全て持ち主のデッキに戻し、その数と同じ数のモンスターが出るまでデッキをめくり、その中からレベル4以下のモンスターを全て裏側守備表示で特殊召喚するというもの。

「クローラー」モンスター全てレベル2のリバースモンスターですし、メインデッキに入っているモンスターのほとんどが「クローラー」モンスターなので、自分のデッキにはあまりデメリットがないです。

《カオスポッド》の効果でめくったレベル4以下のモンスター以外のカードは全て墓地へ捨てるので、相手のデッキによってはかなりのデッキ破壊につながることもあります。

これだけでも相手に大打撃を食らわせることができるかもしれません。

「クローラー」リンクモンスターには、相手の効果でフィールドから離れたりor戦闘で破壊された場合に、墓地の「クローラー」モンスター2体を裏側守備表示で特殊召喚する効果があるので、自分の場に複数体並ぶ状況はかなり多いです。

たくさん「クローラー」モンスターを出し、その分デッキに戻して大量展開をしていきましょう。

《星遺物-『星鎧』》が手札にあれば、リバース効果にチェーンして特殊召喚すれば、デッキに戻す枚数も1枚増えます。(ダメージステップは無理ですけど)

 

《ワーム・ベイト》の不採用

ワーム・ベイト

上記でも述べていますが、「クローラー」と相性が良いと言われる《ワーム・ベイト》を採用していません。

《ワーム・ベイト》は、自分フィールド上に昆虫族モンスターが表側表示で存在する場合、自分フィールド上に昆虫族の「ワームトークン」2体を特殊召喚する効果を持っています。

このデッキ自体は「クローラー」モンスターのリバース効果による展開がメインで、そこまでリンク召喚にトークンを必要としていないため不採用と考えられます。

効果で特殊召喚される「ワームトークン」では《エクスクローラー・ニューロゴス》をリンク召喚できませんしね。

 

空いているエクストラデッキの枠

神騎セイントレア

エクストラデッキは15枚まで入れられるのに4枚ほど枠が空いています。

せっかくですから相性がいいカードを入れておきたいですね。

《神騎セイントレア》や《ダイガスタ・フェニクス》などのランク2エクシーズを採用してみるのもいいかと思います。

SPONCERD LINK

 

まとめ

鳩鷺(はとさぎ)

いかがだったでしょうか。

リバース効果モンスターは発動タイミングが遅い分、今一つなこともありますが、「クローラー」は蘇生効果をもっており、展開によっては逆転につなげていけるテーマでしたね。

ネットなどでよく言われている相性が良いカードを使うとまた違った動きができるので、「クローラー」というテーマ自体奥が深いですね。

みなさんも興味のある方は是非、【クローラー】デッキを作ってみてください。

引き続き、「クローラー」「環境情報」について記事にしていきます。

それでは、またお会いしましょう。

 

「クローラー」関連記事

「クローラー」デッキについては、こちらの記事にまとめています。

【遊戯王】「クローラー」デッキはどう作る?回し方・デッキレシピ徹底解説!

【遊戯王】『クローラー』デッキ:デッキレシピ4つまとめ!リンク召喚・トークン特化など

【遊戯王】「クローラー」デッキを強化する!相性の良いカード24枚まとめ!

 

◆ 「環境情報」おすすめ記事

 

この記事を書いた人
鳩鷺(はとさぎ)@hatosagi

鳩鷺(はとさぎ)
きりぶろ!のライター。遊戯王の環境情報やアニメのあらすじをまとめている。
鳩鷺さんの記事
きりぶろライター募集中

 

【クローラー】デッキを作ろうと考えている方へ

クローラー

【クローラー】デッキのキーカードは、「サーキット・ブレイク」にほとんど収録されています。Amazonなら送料無料です。

 

遊戯王の最新商品

遊戯王最新商品情報

遊戯王の最新商品は、Amazonでほとんど最安で予約できます。送料も無料です。

現在予約開始されている遊戯王最新商品はこちらです。

  • 【11/21】 Vジャンプ2018年1月号
  • 【11/25】 リンクヴレイズパック
  • 【12/9】 ストラクチャーデッキ パワーコード・リンク
  • 【12/23】 リンクヴレインズボックス

 

【11/21】 Vジャンプ2018年1月号

Vジャンプ2018年1月号

2017年12月9日、最新のVジャンプ2018年1月号が発売されます。

付録カードは《サモン・ソーサレス》。Amazonで、定価・送料無料で予約されています。

【予約】Vジャンプ2018年1月号(Amazon)送料無料

 

在庫がない場合、こちらの通販サイトも探してみてください。

【予約】Vジャンプ2018年1月号(楽天ブックス)送料無料

【予約】Vジャンプ2018年1月号(セブンネット)コンビニ受取で送料無料

【予約】Vジャンプ2018年1月号(紀伊国屋書店)

 

【11/25】 リンクヴレイズパック

リンクヴレイズパック(LINK VRAINS PACK)

2017年11月25日、最新パック「リンクヴレイズパック(LINK VRAINS PACK)」が発売されます。

Amazonで、定価・送料無料で予約されています。

【予約】LINK VRAINS PACK(Amazon)送料無料

 

【12/9】 ストラクチャーデッキ パワーコード・リンク

遊戯王OCG デュエルモンスターズ ストラクチャーデッキ パワーコード・リンク

2017年12月9日、最新ストラク「ストラクチャーデッキ パワーコード・リンク」が発売されます。

Amazonで、定価・送料無料で予約されています。

【予約】ストラクチャーデッキ パワーコード・リンク(Amazon)送料無料

 

【12/23】 リンクヴレインズボックス

リンクヴレインズボックス(LINK VRAINS BOX)

2017年12月23日、最新商品「リンクヴレインズボックス(LINK VRAINS BOX)」が発売されます。

Amazonで予約されていますがすでにプレミア価格がついています。他通販サイトも同じ状況なようです。

【予約】LINK VRAINS BOX(Amazon)プレミア価格

 

値段が高すぎる場合、こちらの通販サイトも探してみてください。

【予約】リンクヴレインズボックス(楽天市場)

【予約】リンクヴレインズボックス(Yahoo!ショッピング)

SPONCERD LINK

関連記事

  • 遊戯王カード 買取サイトランキング

    遊戯王カードの買取サイトランキング。高額買取・簡単さ・買取実績の3つの観点から、おすすめの買取サイトを紹介しています。

    ⇒ 遊戯王買取サイト おすすめランキング

     

    遊戯王カードを高く売る方法まとめ

    遊戯王カードを高く売る方法のまとめ。高く売るために知っておくべき知識や、高く売れるおすすめのサイト・ツールを紹介しています。

    遊戯王カードを高く売る方法

     

    遊戯王カードを安く買う方法まとめ

    遊戯王カードを安く買う方法のまとめ。カード相場の調べ方やAmazon・楽天市場・メルカリのお得テクニックを紹介しています。

    遊戯王カードを安く買う方法




  • 「きりぶろ!」の管理人。(旧:遊戯王カードのメルカリ攻略だよ。)

    遊戯王の最新情報・環境情報・高騰情報をまとめ、最新パック・ストラクチャーデッキの収録カードリストも最速更新しています。

    また、最新デッキテーマと相性の良いカード・回し方・デッキレシピなども解説・考察しています。

    遊戯王ブログとしては異例の月間200万PVを達成し、ブログランキング1位も獲得しています。

    Twitter メルマガ 人気ブログ投票
    お問い合わせ
PAGE TOP ↑