*

【遊戯王 環境】『オルターガイスト』デッキ大会優勝!デッキレシピ・回し方解説!

遊戯王の環境情報です。大会準優勝した【オルターガイスト】デッキのデッキレシピ・回し方を解説したページです。

『オルターガイスト』大会優勝デッキレシピ

 

先日、最新パック「サーキット・ブレイク」が発売され、遊戯王VRAINSの「別所エマ」が使用する魔法使い族テーマオルターガイストが登場しました。

そして早速、この【オルターガイスト】デッキがある大会で優勝したようです。

今回は、大会優勝した【オルターガイスト】のデッキレシピと回し方を解説していきます。

ぜひ、【オルターガイスト】のデッキ構築の参考にしてください。

 

SPONCERD LINK

 

【オルターガイスト】大会優勝デッキレシピ

大会優勝した【オルターガイスト】のデッキレシピがこちらです。

『オルターガイスト』大会優勝デッキレシピ メイン

『オルターガイスト』大会優勝デッキレシピ サイド

【メインデッキ】(40枚)

◆ モンスター(15枚)

  • 《オルターガイスト・マリオネッター》3
  • 《オルターガイスト・シルキタス》3
  • 《オルターガイスト・メリュシーク》3
  • 《オルターガイスト・クンティエリ》3
  • 《怪粉壊獣ガダーラ》1
  • 《壊星壊獣ジズキエル》1
  • 《海亀壊獣ガメシエル》1

◆ 魔法(7枚)

  • 《コズミック・サイクロン》3
  • 《サイクロン》2
  • 《妨げられた壊獣の眠り》1
  • 《ブラック・ホール》1

◆ 罠(18枚)

  • 《オルターガイスト・カモフラージュ》2
  • 《オルターガイスト・プロトコル》2
  • 《強制脱出装置》3
  • 《聖なるバリア -ミラーフォース-》3
  • 《激流葬》2
  • 《奈落の落とし穴》2
  • 《神の通告》2
  • 《神の宣告》1
  • 《神の警告》1

【エクストラデッキ】(15枚)

  • 《セイクリッド・プレアデス》1
  • 《迅雷の騎士ガイアドラグーン》1
  • 《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》1
  • 《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》1
  • 《フレシアの蠱惑魔》1
  • 《召喚獣メルカバー》1
  • 《ABC-ドラゴン・バスター》1
  • 《PSYフレーム・ロード Ω》1
  • 《源竜星ボウテンコウ》2
  • 《トポロジック・ボマー・ドラゴン》1
  • 《星杯神楽イブ》1
  • 《バイナルソーサレス》2
  • 《オルターガイスト・プライムバンシー》1

【サイドデッキ】(15枚)

  • 《幽鬼うさぎ》3
  • 《スカル・マイスター》2
  • 《浮雪さくら》3
  • 《アーティファクト-ロンギヌス》2
  • 《ハーピィの羽根箒》1
  • 《精神操作》2
  • 《次元障壁》2

お宝あっとマーケットおゆみ野店 非公認大会優勝

【オルターガイスト】デッキ解説

【オルターガイスト】デッキ解説

それでは、大会優勝した【オルターガイスト】デッキの解説をしていきます。

今回の【オルターガイスト】デッキの特徴はこの4つです。

  • 「壊獣」の採用
  • 《コズミック・サイクロン》《サイクロン》のガン積み
  • 罠カード大量採用
  • 《パーソナルスプーフィング》の不採用

それぞれ解説していきます。

 

「壊獣」の採用

まず、「壊獣」モンスター3体と《妨げられた壊獣の眠り》が採用されています。

「壊獣」は相手モンスターをリリースし、相手フィールドに特殊召喚できるモンスター群で、破壊耐性などをもつ厄介なモンスターを問答無用で除去できます。

そして《オルターガイスト・シルキタス》のバウンス効果と非常に相性が良く、「壊獣」を手札に戻すことで、再度「壊獣」を活用することができます。

以前紹介した【オルターガイスト】デッキレシピまとめでも、「壊獣」はよく採用されていたので、「オルターガイスト」との相性の良さは折り紙付きです。

 

【オルターガイスト】デッキのデッキレシピは、こちらにまとめています。

『オルターガイスト』デッキ:デッキレシピ8つまとめ!WW・魔導・壊獣・真竜など

 

《コズミック・サイクロン》《サイクロン》のガン積み

コズミック・サイクロン

次に、《コズミック・サイクロン》が3枚・《サイクロン》2枚とガン積みされています。

これは、環境デッキの【真竜】【恐竜真竜竜星】の《ドラゴニックD》や、【ABC】デッキの《ユニオン格納庫》などの対策でしょう。

「オルターガイスト」は採用するカードに枠があり、罠カードで相手を徹底的に妨害して行くため、相手の序盤を止める《コズミック・サイクロン》《サイクロン》も採用されているようです。

 

罠カード大量採用

神の通告

そして、「神様」シリーズをはじめとする罠カードが大量に採用されています。

「オルターガイスト」は、罠カードを使った戦術を得意としています。

例えば《オルターガイスト・マリオネッター》は、召喚するだけで「オルターガイスト」罠がセットでき、《オルターガイスト・プロトコル》を発動すれば、すぐさまモンスター効果を無効にできるようになります。

その一方、「オルターガイスト」は専用罠カードの絶対数が少なく、「オルターガイスト」モンスターが戦闘に弱いという弱点を抱えています。

この弱点を、《神の通告》《神の宣告》《神の警告》などの「神様」カウンター罠、《聖なるバリア -ミラー・フォース》《強制脱出装置》《奈落の落とし穴》などの除去罠で埋めているようです。

ちなみに、《強制脱出装置》は「壊獣」とも相性が良いので優先的に採用した罠カードです。

 

《パーソナル・スプーフィング》の不採用

パーソナル・スプーフィング

最後に、「オルターガイスト」専用罠である《パーソナル・スプーフィング》が採用されていません。

《パーソナル・スプーフィング》は、フィールド・手札の「オルターガイスト」をデッキに戻し、「オルターガイスト」モンスターをサーチする永続罠カードです。

破壊されそうな「オルターガイスト」のサクリファイスエスケープに使ったり、手札の必要ない「オルターガイスト」を交換したりと、有用な一面もありますが、このカード自体はアドバンテージを得ることができません。

また、相手の展開を妨害するカードでもないため、そのほかの妨害系の罠カードに変えているようです。

私の【オルターガイスト】デッキでは、《パーソナル・スプーフィング》を重宝していたのですが、これを機に別の罠カードに変えようかなと思います。

 

SPONCERD LINK

 

まとめ

切り込み隊長

いかがだったでしょうか。

大会優勝した【オルターガイスト】デッキのデッキレシピ・回し方を解説しました。

相手の展開の妨害を得意とし、カード一枚一枚のスペックは高いのですが、カード自体の枚数が少なく、大会入賞まで時間がかかってしまいました。

ただ、アニメが進むにつれ新規カードも登場するでしょうし、今後も注目していきたいテーマだと思います。

私も【オルターガイスト】デッキを組んでいるので、今後が楽しみです。

引き続き、「オルターガイスト」について記事にしていきます。

それでは、またお会いしましょう。

 

「オルターガイスト」デッキについては、こちらの記事にまとめています。

「オルターガイスト」デッキとは?デッキレシピ・回し方を徹底解説!

「オルターガイスト」デッキを強化する!相性の良いカード14枚まとめ!

『オルターガイスト』デッキ:デッキレシピ8つまとめ!WW・魔導・壊獣・真竜など

 

SPONCERD LINK

関連記事

  • 切り込み隊長

    「きりぶろ!」の管理人。(旧:遊戯王カードのメルカリ攻略だよ。)

    遊戯王の最新情報・高騰情報・最新デッキ・大会デッキレシピ・収録カードリストなどを解説・考察しています。

    遊戯王ブログとしては異例の月間200万PVを達成し、ブログランキング1位を獲得しました。

    好きなカードは《切り込み隊長》です。

    相互リンク・アンテナ登録・広告掲載などのお問い合わせはこちら

    ボタン こうなる
    Twitterに更新情報が届く
    follow us in feedly Feedlyに更新情報が届く
    人気ブログ投票 人気ブログに投票、僕が喜ぶ
PAGE TOP ↑