*

【遊戯王 新制限環境】『WWブラックマジシャン』大会優勝デッキレシピ・回し方を解説!

遊戯王の新制限の環境情報です。大会優勝した【WWブラックマジシャン(WWブラマジ)】のデッキレシピ・回し方を解説したページです。

『WWブラック・マジシャン』大会優勝デッキレシピ・回し方

 

こんにちは、「鳩鷺(はとさぎ)」です。

いよいよ7月からリミットレギュレーションが改訂され、良くも悪くも様々なデッキに影響を与えることになります。

あまり「真竜」環境には変化ないかもしれませんが・・・

そんな中、新制限での大会で【ブラック・マジシャン】デッキが見事優勝を果たしました。

今回紹介する構築は「WW」を組み合わせた【WWブラックマジシャン(WWブラマジ)】デッキになります。

最初期からあるカードのテーマがまさかの優勝です!

【ブラマジ】もついに環境入りなのか!?

ぜひ新制限での構築の参考にしてみてください。

 

SPONCERD LINK

 

【WWブラックマジシャン】大会優勝デッキレシピ

新制限適用の大会で優勝した【WWブラックマジシャン】のデッキレシピはこちらです。

『WWブラック・マジシャン』大会優勝デッキレシピ

【メインデッキ】(40枚)

◆モンスター(24枚)

  • 3《ブラック・マジシャン》
  • 3《マジシャンズ・ロッド》
  • 3《幻想の見習い魔導師》
  • 3《WW-アイス・ベル》
  • 2《WW-グラス・ベル》
  • 1《WW-スノウ・ベル》
  • 3《灰流うらら》
  • 3《幽鬼うさぎ》
  • 3《増殖するG》

◆ 魔法(10枚)

  • 1《イリュージョン・マジック》
  • 3《黒の魔導陣》
  • 3《コズミック・サイクロン》
  • 3《ルドラの魔導書》

◆ 罠(6枚)

  • 3《マジシャンズ・ナビゲート》
  • 3《永遠の魂》

【エクストラデッキ】不明

【サイドデッキ】不明

※カードショップすぱいらる亀有店 非公認大会(新制限)個人戦 06月15日

 

【WWブラック・マジシャン】大会優勝デッキを解説

それでは、この【WWブラック・マジシャン】デッキの解説をしていきます。

「ブラック・マジシャン」は「WW」と同じ魔法使い族のテーマではありますが、シナジーはあるのでしょうか?

そのあたりも詳しく見ていきましょう。

 

強化された【ブラマジ】

ブラック・マジシャン

基本的な展開は、《ブラック・マジシャン》関連サポートカードを活かしていきます。

初代『遊☆戯☆王』の主人公が使っているだけあって、なんの効果も持たない通常モンスター《ブラック・マジシャン》ですが、最近になって専用サポートカードが増えたためかなり強化されました。

 

黒の魔導陣

キーカードはズバリ《黒の魔導陣》

①の効果で、発動時にデッキトップ3枚の中に《ブラック・マジシャン》のカード名が記された魔法・罠カードか《ブラック・マジシャン》があった場合、手札に加えることができ、非常に優秀です。

サポートカードは基本、《ブラック・マジシャン》のカード名が記されているので、よっぽどのことがない限り加えられないということはないと思います。

加える対象指定に制限がないので、同名カードがあっても加えられますし、このカード自体は《マジシャンズ・ロッド》の召喚時効果でサーチすることも可能です。

 

②の効果で、自分フィールドに《ブラック・マジシャン》が召喚・特殊召喚された場合、相手フィールドのカード1枚を対象にとって除外することができます。

この効果は《ブラック・マジシャン》が出て来さえすれば相手ターンでも発動できるので、高頻度で使っていくことでしょう。

そのために、《マジシャンズ・ナビゲート》や《永遠の魂》といった《ブラック・マジシャン》を特殊召喚できるカードをガン済みで採用しています。

 

攻撃力2500を誇っている《ブラック・マジシャン》でも、それを相手モンスターが上回り倒せないようなら、除去してしまえばこっちのものです。

サポートカードのサーチも豊富で、《幻想の見習い魔導師》や《イリュージョン・マジック》で《ブラック・マジシャン》をサーチおよびサルベージしていくことも重要なポイントになります。

 

どの効果をつかってもデッキからの特殊召喚にどれも対応していないので、なんとかして手札に加えるか墓地にいてもらう必要があるわけです。

ちなみに、デッキからリクルートしてくる《黒魔術のカーテン》がありますが、発動したターンは召喚・反転召喚・特殊召喚ができなくなるというかなりの制約が生じるので、不採用になります。

 

「WW」との相性は?

ww(ウィンド・ウィッチ)

このデッキでは「WW(ウィンド・ウィッチ)」モンスターが採用されています。

「同じ魔法使い族だから相性いいのかな?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

正直に言いますけど、これと言って何かするわけじゃないです。

特になくても【ブラック・マジシャン】デッキ自体は回るんですよね・・・

されど、採用しているのにはわけがあります。

それは召喚権を使わないで《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》が出せるということ。

 

もともとこのデッキは高打点の《ブラック・マジシャン》で殴っていくスタイルのデッキなので、エクストラデッキを多用しないタイプのデッキとなります。

それに《ブラック・マジシャン》自身は通常モンスターのため、全く耐性がないので攻撃力を上回るだけで確実に負けます。

《青眼の白龍》クラスの攻撃力を持っているモンスターなんて、もはやインフレですからね。

そのため、3000の壁を越えていくための高打撃要員として、かつ破壊耐性持ちの《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》が必要になります。

今回の紹介ではエクストラデッキが全くもって不明のため、何が採用されているのか定かではありませんが、「WW」モンスター3種類の枚数からして《クリアウィング・シンクロ・ドラゴン》《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》あたりはまず入っていると断言できるでしょう。

 

ルドラの魔導書

他の使い道として、《ルドラの魔導書》のコストとして活用します。

自分フィールドにモンスターが存在しない場合に《WW-アイス・ベル》を特殊召喚→《ルドラの魔導書》のコストにし2ドローと言う動きが可能です。

 

その他、自分フィールドの3体のうち、2体をリリースして《ブラック・マジシャン》を通常召喚ということも一応できます。ほぼやりませんが。

「WW」は召喚権は使わないですが、そもそも【ブラック・マジシャン】デッキの方も召喚権を使わないのでむしろ余るくらいです。

逆に言えば特殊召喚がメインのデッキとなるので、《虚無空間》は天敵になります。

 

エクストラデッキ、サイドデッキの考察

クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン

エクストラデッキでは、上記でも述べたように《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》は確実に採用されていることでしょう。

【ブラック・マジシャン】デッキ関連では《幻想の黒魔導師》《虚空の黒魔導師》《マジマジ☆マジシャンギャル》などを入れてみるのもいいかと思います。

サイドデッキでは、やはり環境デッキの対策が基本となりますが、メインデッキの段階で手札誘発系御三家の《灰流うらら》《幽鬼うさぎ》《増殖するG》はガン済みなのは無難といったところですし、魔法・罠除去カードを《コズミック・サイクロン》にしているあたり、少なくとも【真竜】を意識しています。

下手に入れ替えると【ブラック・マジシャン】枠が回らなくなるので、サイドチェンジしなくてもいいかもしれませんね。

 

※それそれ何を入れているのか不明なので、あくまで鳩鷺の独断と偏見です。

 

SPONCERD LINK

 

まとめ

鳩鷺(はとさぎ)

いかがだったでしょうか。

初期から登場していたカードがテーマとして強化されたことで、優勝できるまでのパワーを身に付けることができました。

かなりの頻度で《ブラック・マジシャン》は再録されていますので、レアリティを気にしなければ比較的安価に手に入れられます。

気になる方はぜひ【ブラック・マジシャン】デッキを組んでみてください。

引き続き、「環境情報」について記事にしていきます。

それでは、またお会いしましょう。

 

2017年7月環境で活躍しそうなデッキは、こちらでまとめています。

【新制限環境】2017年7月以降、大会で活躍しそうな強いデッキまとめ!

【2017年7月環境】2017年7月の環境トップデッキは!?大会入賞デッキレシピまとめ!

 

今回の記事は「鳩鷺(はとさぎ)」さんが書きました。ブログライター(記事投稿者)はこちらで募集しています。

【Webライター募集】当ブログの記事を書いてくれる方を募集します。

 

「ブラック・マジシャン」が収録されているパックはこちらです。

SPONCERD LINK

関連記事

  • 切り込み隊長

    「きりぶろ!」の管理人。(旧:遊戯王カードのメルカリ攻略だよ。)

    遊戯王の最新情報・高騰情報・最新デッキ・大会デッキレシピ・収録カードリストなどを解説・考察しています。

    遊戯王ブログとしては異例の月間200万PVを達成し、ブログランキング1位を獲得しました。

    好きなカードは《切り込み隊長》です。

    相互リンク・アンテナ登録・広告掲載などのお問い合わせはこちら

    ボタン こうなる
    Twitterに更新情報が届く
    follow us in feedly Feedlyに更新情報が届く
    人気ブログ投票 人気ブログに投票、僕が喜ぶ
PAGE TOP ↑