*

【遊戯王 環境】「AFトリックスター魔導WW召喚獣デッキ(SWATI)」大会優勝デッキレシピ・回し方を解説!

トリックスター コード・オブ・ザ・デュエリスト

こんにちは、「鳩鷺(はとさぎ)」です。

4月に発売された「コード・オブ・ザ・デュエリスト」で新規テーマとなる「トリックスター」が登場しました。

こちらのカードを早速取り入れた【アーティファクトトリックスター魔導WW召喚獣】が大会優勝を果たしました。

デッキタイプ名が長すぎて、何が採用されているのか大まかには分かってしまいますが・・・

このページでは、大会で優勝をした【AFトリックスター魔導WW召喚獣】のデッキ構築・デッキレシピを解説していきます。

「そろそろ真竜にも飽きてきたな~」なんて思っている方、必見です!

 

 

SPONCERD LINK

 

【AFトリックスター魔導WW召喚獣】大会優勝デッキレシピ

AFトリックスター魔導WW召喚獣 デッキレシピ1

AFトリックスター魔導WW召喚獣 デッキレシピ2

大会優勝した【AFトリックスター魔導WW召喚獣】のデッキレシピはこちらです。

【メインデッキ】(41枚)

◆ モンスター(20枚)

  • 3《WW-アイス・ベル》
  • 3《召喚師アレイスター》
  • 2《トリックスター・キャンディナ》
  • 2《アーティファクト-モラルタ》
  • 1《WW-スノウ・ベル》
  • 3《灰流うらら》
  • 3《幽鬼うさぎ》
  • 3《WW-グラス・ベル》

◆ 魔法(14枚)

  • 1《死者蘇生》
  • 2《召喚魔術》
  • 2《テラ・フォーミング》
  • 1《ハーピィの羽根帚》
  • 3《ルドラの魔導書》
  • 1《超融合》
  • 1《トリックスター・ライトステージ》
  • 3《暴走魔法陣》

◆ 罠(7枚)

  • 3《アーティファクトの神智》
  • 2《激流葬》
  • 2《リビングデッドの呼び声》

【エクストラデッキ】(15枚)

  • 1《召喚獣メガラニカ》
  • 1《召喚獣カリギュラ》
  • 2《召喚獣ライディーン》
  • 1《召喚獣プルガトリオ》
  • 1《スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》
  • 2《召喚獣メルカバー》
  • 1《召喚獣エリュシオン》
  • 1《WW-ウィンター・ベル》
  • 1《クリアウィング・シンクロ・ドラゴン》
  • 1《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》
  • 1《スターダスト・ドラゴン》
  • 1《クリアウィング・ファスト・ドラゴン》
  • 1《プロキシー・ドラゴン》

【サイドデッキ】(15枚)

  • 3《増殖するG》
  • 2《アーティファクト-デスサイズ》
  • 2《怪粉壊獣ガダーラ》
  • 2《精神操作 》
  • 2《禁じられた聖杯》
  • 2《砂塵の大嵐》
  • 2《つり天井》

 

大会優勝【AFトリックスター魔導WW召喚獣】デッキを解説

AFトリックスター魔導WW召喚獣

それではこの【AFトリックスター魔導WW召喚獣】デッキの解説をしていきます。

デッキ使用者の方は頭文字をとって【SWATI】と命名していますが、今回はわかりやすさ重視で【AFトリックスター魔導WW召喚獣】とさせていただきます。

ちなみに、「SWATI」は各テーマの頭文字です。

  • S:Spellbook 「魔導」
  • W:Windwitch 「WW」
  • A:Artifact 「アーティファクト」
  • T:Trickstar 「トリックスター」
  • I:Invoked 「召喚獣」

内容としては【WW召喚獣】を基盤に「アーティファクト」「トリックスター」「魔導」を取り入れた形となっています。

早速、【AFトリックスター魔導WW召喚獣】の構築を詳しく見てきましょう。

 

【WW召喚獣】のタイプ別といった構築

基盤となるのは【WW召喚獣】の動き方になります。

《WW-アイスベル》1枚から《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》をシンクロ召喚し、使わない通常召喚権で《召喚師アレイスター》の効果を利用していきます。

遊戯王カード SPFE-JP026 召喚師アレイスター スーパーレア 遊☆戯☆王ARC-V [フュージョン・エンフォーサーズ]

この動きは【召喚獣真竜WW】のページでも紹介しているので、是非参考にしてみてください。

【召喚獣真竜WW】デッキ:新ルール大会優勝の構築・デッキレシピを解説!

 

新ルールに移行してからは《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》と「召喚獣」モンスターが2体並ぶことが難しくなりました。

相手リンクモンスターのリンクマーカーを利用し、そこにエクストラデッキからのモンスターを召喚していく展開も良いでしょう。

リンク召喚に縛りの無い汎用リンク2モンスターである《プロキシー・ドラゴン》を使って更に並べることも可能です。

 

「トリックスター」の採用

こちらのデッキでは《トリックスター・キャンディナ》を2枚、《トリックスター・ライトステージ》を1枚採用しています。

一言で言えば、「容易に確保できる光属性モンスター」といったところです。

《トリックスター・キャンディナ》は光属性のため、《召喚獣メルカバー》の融合素材に利用できます。

《トリックスター・キャンディナ》は「トリックスター」カードを、《トリックスター・ライトステージ》は「トリックスター」モンスターをそれぞれサーチすることができるので、デッキ圧縮を兼ねつつ、手札に《トリックスター・キャンディナ》を確保します。

そのまま《召喚獣メルカバー》の融合素材に、または《召喚獣メルカバー》の効果のコストにもなります。

【召喚獣】も【トリックスター】もサーチの基軸がフィールド魔法のため、最悪《テラ・フォーミング》が2枚引いていても

《トリックスター・ライトステージ》→《トリックスター・キャンディナ》をサーチ。

《暴走魔法陣》→《召喚師アレイスター》をサーチして通常召喚→《召喚魔術》をサーチ。

といった流れで《召喚獣メルカバー》を融合召喚することが可能です。

 

《ルドラの魔導書》によるドローソースの確保

このデッキ唯一の「魔導」要素である《ルドラの魔導書》が採用されています。

ルドラの魔導書 スーパーレア 遊戯王 コード・オブ・ザ・デュエリスト cotd-jp062

他に「魔導書」魔法カードが入っていないので《召喚師アレイスター》や「WW」モンスターを墓地に送ってドローします。

「召喚獣」や「WW」は手札の消費が激しいので、ドローソースを確保することで安定した動きをすることができます。

今までこの役割を担っていたカードに《ワンダー・ワンド》がありましたが、あちらは装備魔法カードのため《サイクロン》などに弱い部分がありました。

通常魔法のこちらを採用することで、その弱点を見事克服したということです。

この《ルドラの魔導書》を2枚採用しただけで【魔導】デッキと言っていいのか悩みどころではありますが、非常に優秀であることには違いありません。

 

SPONCERD LINK

 

まとめ

鳩鷺(はとさぎ)

いかかだったでしょうか。

あまりに長い名前なので、何をするのか分からない人もいたかもしれませんが、ベースである【WW召喚獣】の動きが分かれば使いこなせるはずですので、心配しなくて大丈夫です!

比較的、何らかのデッキに対して特出して強いと言うよりかは、何のデッキに対しても戦えるデッキといった構築だと思います。

皆様もぜひ、【召喚獣】デッキを作る際の参考にしてみてください。

引き続き、「環境情報」について記事にしていきます。

それでは、またお会いしましょう。

 

「召喚獣」については、こちらの記事もオススメです。

『召喚獣』相性の良いカード10枚まとめました!

「召喚獣」の影響で高騰・値上がりしたカードまとめました

『召喚獣』デッキレシピ:大会優勝・入賞デッキまとめ

 

「トリックスター」については、こちらの記事もオススメです。

「トリックスター」はどんなデッキ?回し方・デッキレシピ徹底解説!

 

「環境」については、こちらの記事もオススメです。

【2017年4月環境】遊戯王最強デッキランキング!大会で使われる強いデッキとは!?

【2017年4月環境】遊戯王大会優勝・入賞デッキレシピまとめ

【遊戯王 リンク召喚 環境】『新マスタールール』大会デッキテーマまとめ

SPONCERD LINK

関連記事

  • 切り込み隊長

    「きりぶろ!」の管理人。(旧:遊戯王カードのメルカリ攻略だよ。)

    遊戯王の最新情報・高騰情報・最新デッキ・大会デッキレシピ・収録カードリストなどを解説・考察しています。

    遊戯王ブログとしては異例の月間200万PVを達成し、ブログランキング1位を獲得しました。

    好きなカードは《切り込み隊長》です。

    相互リンク・アンテナ登録・広告掲載などのお問い合わせはこちら

    ボタン こうなる
    Twitterに更新情報が届く
    follow us in feedly Feedlyに更新情報が届く
    人気ブログ投票 人気ブログに投票、僕が喜ぶ
PAGE TOP ↑