*

【遊戯王】「コードオブザデュエリスト」初動相場ランキング!当たりはどのカード!?

公開日: : 最終更新日:2017/04/27 高騰・相場情報

コード・オブ・ザ・デュエリスト

2017年4月15日、「コード・オブ・ザ・デュエリスト(CODE OF THE DUELIST:COTD)」が発売されました。

「コード・オブ・ザ・デュエリスト」には、遊戯王VRAINS(ヴレインズ)に登場するリンク召喚を中心としたカードが多数収録されます。

また、遊戯王ARC-V(アークファイブ)で活躍した、「覇王龍」「エグゼクティブDD」も全て収録されています。

新規テーマとしては「星杯(せいはい)」「トワイライトロード」「トリックスター」「剛鬼(ごうき)」が登場し、既存テーマとしては「捕食植物(プレデター・プランツ)」「魔導」などが強化されました。

全収録カード・全レアリティはすでに判明しています。

「コード・オブ・ザ・デュエリスト」を買うかどうか迷っている人のためには、おすすめカードを紹介しています。

さて、ついに「コード・オブ・ザ・デュエリスト」が発売されましたが、「コード・オブ・ザ・デュエリスト」の1番の当たりカード(トップレア)はどのカードなのでしょうか。

そこで今回は、「コード・オブ・ザ・デュエリスト」に収録されているレアカードの初動相場(価格・値段)を調べてみました。

ランキング形式で発表していきます。

ぜひ「コード・オブ・ザ・デュエリスト」購入の参考にしてください。

 

ちなみに、ショップの買取金額はこちらにまとめています。

「コード・オブ・ザ・デュエリスト」買取価格まとめ!いくらで売れる?

 

SPONCERD LINK

 

「コード・オブ・ザ・デュエリスト」レアカード

コード・オブ・ザ・デュエリスト

まずはじめに、「コード・オブ・ザ・デュエリスト」に収録されているレアカードをおさらいしましょう。

「コード・オブ・ザ・デュエリスト」のスーパーレア・ウルトラレア・ノーマルレアは、この20枚です。

 

◆ ウルトラレア 6種

  • 《戒めの龍》
  • 《ファイアウォール・ドラゴン》
  • 《剛鬼ザ・グレート・オーガ》
  • 《トリックスター・ホーリーエンジェル》
  • 《トポロジック・ボマー・ドラゴン》
  • 《星杯戦士ニンギルス》

◆ スーパーレア 10種

  • 《サイバース・ウィザード》
  • 《サルベージェント・ドライバー》
  • 《クラッキング・ドラゴン》
  • 《トワイライトロード・シャーマン ルミナス》
  • 《DDD怒涛大王エグゼクティブ・シーザー》
  • 《星杯剣士アウラム》
  • 《電影の騎士ガイアセイバー》
  • 《ルドラの魔導書》
  • 《キャッスル・リンク》
  • 《絶縁の落とし穴》

◆ ノーマルレア 4種

  • 《雷仙神》
  • 《パーリィナイツ》
  • 《ディフェンスゾーン》
  • 《変則ギア》

 

それでは、この20枚からショップ平均価格400円以上の7枚ランキング形式で発表していきます。

そして、この7枚のカードは「当たり」カードと言っていいと思います。

参考にする価格・相場は、「遊戯王☆カード検索」のショップ平均価格を利用しています。

それでは、7位からの発表です。

 

7位:《トポロジック・ボマー・ドラゴン》442円/ 494円/ 1,195円

《トポロジック・ボマー・ドラゴン》
闇属性/ サイバース族/ リンク/ 効果/ ATK 3000/ LINK-4 (上・左下・下・右下)
効果モンスター2体以上
①:このカードがモンスターゾーンに存在し、フィールドのリンクモンスターのリンク先にこのカード以外のモンスターが特殊召喚された場合に発動する。お互いのメインモンスターゾーンのモンスターを全て破壊する。このターン、このカード以外の自分モンスターは攻撃できない。
②:このカードが相手モンスターを攻撃したダメージ計算時に発動する。その相手モンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。

第7位は、ショップ平均価格442円で《トポロジック・ボマー・ドラゴン》です

《トポロジック・ボマー・ドラゴン》は、LINK4のリンクモンスターであり、リンク先にモンスターが特殊召喚された時、メインフィールドのモンスターを全て破壊する効果を持っています。

《スケープ・ゴート》罠モンスターなどで意図的に特殊召喚すれば、フリーチェーンで《ブラック・ホール》を打つことができます。

しかも、この効果はターン制限がありませんので、何かと悪用できそうです。

全体破壊を持っている唯一のリンクモンスターであり、今後多くにデッキで採用されそうです。

そのため、7位の当たりカードとなりました。

 

6位:《星杯剣士アウラム》492円/ 1,287円

《星杯剣士アウラム》 
リンク・効果モンスター
炎属性/サイバース族/攻2000
【LINK-2:左下/右下】
「星杯」モンスター×2
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードの攻撃力は、自分の墓地の「星遺物」モンスターの種類×300アップする。
(2):このカードのリンク先の自分の「星杯」モンスター1体をリリースし、そのモンスター以外の自分の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターをこのカードのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。
(3):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。手札から「星杯」モンスター1体を特殊召喚する。

第6位は、ショップ平均価格492円で《星杯剣士アウラム》 です。

《星杯剣士アウラム》は、LINK2の「星杯」リンクモンスターです。

【星杯】デッキでは必須カードであり、2枚は採用したいリンクモンスターです。

そのため、6位の当たりカードとなりました。

 

5位:《星杯戦士ニンギルス》536円/ 581円/ 1,092円

《星杯戦士ニンギルス》
戦士族 リンク 効果 地 LINK-3 ATK 2500
リンクモンスター2体以上
このカードの①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。このカードのリンク先の「星杯」モンスターの数だけ、自分はデッキからドローする。
②:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。自分及び相手フィールドのカードを1枚ずつ選んで墓地へ送る。
③:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。手札から「星杯」モンスター1体を特殊召喚する。

第5位は、ショップ平均価格536円で《星杯戦士ニンギルス》です。

《星杯戦士ニンギルス》は、LINK3の「星杯」リンクモンスターです。

「星杯」と名が付いていますが、リンク素材に「星杯」は必要としません。

そして、相手フィールドのカードを墓地に送る除去効果を持っているため、多くのデッキに採用できる汎用リンクモンスターです。

このように【星杯】デッキ以外でも活躍の場があるため、5位の当たりカードになりました。

 

4位:《ルドラの魔導書》688円/ 1,793円

《ルドラの魔導書》
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):「ルドラの魔導書」以外の自分の手札・フィールドの「魔導書」カード1枚または自分フィールドの魔法使い族モンスター1体を墓地へ送り、自分はデッキから2枚ドローする。

第4位は、ショップ平均価格688円で《ルドラの魔導書》です。

《ルドラの魔導書》は、魔法使い族、特に「魔導」専用の魔法カードです。

「魔導書」or魔法使い族をコストに2ドローする効果を持ちます。

【魔導】デッキは過去環境デッキであり、このカードの登場により環境に復帰する可能性があるため、このカードの価値を上げています。

また、魔法使い族全般で使える効果なため、使えるデッキも多いです。

そのため、4位の当たりカードとなりました。

 

3位:《ファイアウォール・ドラゴン》746円/ 844円/ 2,567円/ 1,425円

《ファイアウォール・ドラゴン》
リンクモンスター
光属性 サイバース族 ATK 2500/LINK-4 上/右/左/下
モンスター2体以上
(1):このカードがフィールドに表側表示で存在する限り1度だけ、このカードと相互リンクしているモンスターの数まで、自分または相手の、フィールド・墓地のモンスターを対象として発動できる。そのモンスターを持ち主の手札に戻す。この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードのリンク先のモンスターが、戦闘で破壊された場合、または墓地へ送られた場合に発動できる。手札からモンスター1体を特殊召喚する。

第3位は、ショップ平均価格746円で《ファイアウォール・ドラゴン》です.

《ファイアウォール・ドラゴン》はLINK4のリンクモンスターで、アニメ遊戯王VRAINSの主人公「藤木遊作」のエースモンスターです。

相互リンクの数だけ、自分・相手のフィールド・墓地のカードを手札に戻す効果を持っており、リンクモンスターの中では唯一1枚で相手の展開を妨害できるモンスターです。

素材指定は全くなく、全てのデッキで活躍する可能性があります。

そのため、3位の当たりカードとなりました。

 

2位:《電影の騎士ガイアセイバー》864円/ 1,612円

《電影の騎士ガイアセイバー》
リンクモンスター【LINK-3:左/右/下】
地属性/ 機械族/ ATK 2600
モンスター2体以上

第2位は、ショップ平均価格864円で《電影の騎士ガイアセイバー》です。

《電影の騎士ガイアセイバー》は、LINK3のリンクモンスターです。

効果は持っておりませんが、リンク素材指定が全くなく、多くのデッキに採用できます。

LINK数も《ファイアウォール・ドラゴン》より少ないため、より汎用的なリンクモンスターと言えます。

そのため、2位の当たりカードとなりました。

 

そして、栄えある「コード・オブ・ザ・デュエリスト」当たりカードの1位は、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1位:《トワイライトロード・シャーマン ルミナス》867円/ 2,226円

《トワイライトロード・シャーマン ルミナス》
星3 闇属性 魔法使い族 ATK/1000 DEF/1000
①:1ターンに1度、自分の手札・墓地から「ライトロード」モンスター1体を除外し、「トワイライトロード・シャーマン ルミナス」以外の除外されている自分の「ライトロード」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。
②:1ターンに1度、このカード以外の自分の「ライトロード」モンスターの効果が発動した場合に発動する。自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。

第1位は、ショップ平均価格867円で《トワイライトロード・シャーマン ルミナス》です。

《トワイライトロード・シャーマン ルミナス》は、除外されている「ライトロード」を特殊召喚できる「トワイライトロード」モンスターです。

「ライトロード」が闇堕ちした「トワイライトロード」は非常に人気が高く、《トワイライトロード・シャーマン ルミナス》はほぼ3積みされます、

また、レアリティは当たりにくいスーパーレアです。

そのため、今回1番の当たりカードとなりました。

シークレットレアのショップ平均価格は、2000円を超えているようです。

 

【番外編】《砂塵の大嵐》

《砂塵の大嵐》
通常罠
このカードを発動するターン、自分はバトルフェイズを行えない。
①:フィールドの魔法・罠カードを2枚まで対象として発動できる。そのカードを破壊する。

番外編は、《砂塵の大嵐》です。

ノーコストで魔法・罠カードを破壊できるため、非常に汎用的です。

そのため、字レアのカードではありますが、ショップ平均価格349円となかなかの当たりカードです。

 

SPONCERD LINK

 

全レアカードのショップ平均価格まとめ

コード・オブ・ザ・デュエリスト 当たり

「コード・オブ・ザ・デュエリスト」の全レアカードのショップ平均価格をまとめました。

400円以上のトップ7太字で示しています。

 

◆ ウルトラレア

  • 《戒めの龍》317円/ 377円/ 1,313円
  • 《ファイアウォール・ドラゴン》746円/ 844円/ 2,567円/ 1,425円
  • 《剛鬼ザ・グレート・オーガ》179円/ 230円/ 547円
  • 《トリックスター・ホーリーエンジェル》321円/ 401円/ 1,176円
  • 《トポロジック・ボマー・ドラゴン》442円/ 494円/ 1,195円
  • 《星杯戦士ニンギルス》536円 581円/ 1,092円

◆ スーパーレア

  • 《サイバース・ウィザード》124円/ 402円
  • 《サルベージェント・ドライバー》135円/ 428円
  • 《クラッキング・ドラゴン》134円/ 370円
  • 《トワイライトロード・シャーマン ルミナス》864円/ 2,226円
  • 《DDD怒涛大王エグゼクティブ・シーザー》141円/ 487円
  • 《星杯剣士アウラム》492円/ 1,287円
  • 《電影の騎士ガイアセイバー》867円/ 1,612円
  • 《ルドラの魔導書》688円 /1,793円
  • 《キャッスル・リンク》193円/ 575円
  • 《絶縁の落とし穴》261円/ 740円

◆ ノーマルレア

  • 《雷仙神》320円
  • 《パーリィナイツ》269円
  • 《ディフェンスゾーン》227円
  • 《変則ギア》172円

 

「コード・オブ・ザ・デュエリスト」の当たり

以上を踏まえると、今回の一番の当たり(トップレア)は《ライトロード・シャーマン ルミナス》(シークレット、シク)です。

そして「当たり」と言えるのは、400円以上の値段がついたこの7枚です。

  • 《ファイアウォール・ドラゴン》[ウルトラ]
  • 《トポロジック・ボマー・ドラゴン》[ウルトラ]
  • 《星杯戦士ニンギルス》[ウルトラ]
  • 《トワイライトロード・シャーマン ルミナス》[スーパー]
  • 《星杯剣士アウラム》[スーパー]
  • 《電影の騎士ガイアセイバー》[スーパー]
  • 《ルドラの魔導書》[スーパー]

 

トップ4である《ファイアウォール・ドラゴン》《トワイライトロード・シャーマン ルミナス》《電影の騎士ガイアセイバー》《ルドラの魔導書》のシークレットレアが当たれば、当たり箱だと言っていいと思います。

 

SPONCERD LINK

 

まとめ

切り込み隊長

いかがだったでしょうか。

「コード・オブ・ザ・デュエリスト」の収録カードの価格相場を、ランキング形式でまとめました。

今回の一番の当たりは、《ライトロード・シャーマン ルミナス》のシークレットレアのようですね。

他にも、《ファイアウォール・ドラゴン》《トポロジック・ボマー・ドラゴン》《星杯戦士ニンギルス》《星杯剣士アウラム》《電影の騎士ガイアセイバー》《ルドラの魔導書》も400円以上の値段がついていますので、「当たり」と言っていいと思います。

皆さんの開封結果はいかがだったでしょうか。

まだ「コード・オブ・ザ・デュエリスト」を買っていない方は、このランキングをぜひ参考にしてみてくださいね。

引き続き、「コード・オブ・ザ・デュエリスト」について記事にしていきます。

それでは、またお会いしましょう。

 

「コードオブザデュエリスト」については、こちらの記事もオススメです。

「コードオブザデュエリスト」収録カード一覧まとめ【画像・効果付きリスト】

「コード・オブ・ザ・デュエリスト」買取価格まとめ!いくらで売れる?

 

「コードオブザデュエリスト」のテーマについては、こちらにまとめています。

『星杯(せいはい)』はどんなデッキ?カード効果・特徴をまとめて解説!

『トリックスター』はどんなデッキ?カード効果・特徴をまとめて解説!

『剛鬼(ごうき)』はどんなデッキ?カード効果・特徴をまとめて解説!

『トワイライトロード』はどんなデッキ?カード効果・特徴をまとめて解説!

 

「コード・オブ・ザ・デュエリスト」の購入はこちら

コード・オブ・ザ・デュエリスト

コード・オブ・ザ・デュエリスト(Amazon)

コード・オブ・ザ・デュエリスト(駿河屋)

コード・オブ・ザ・デュエリスト(楽天市場)

SPONCERD LINK

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • トレーディングカード/ブロマイド販売 通販ショップの駿河屋
  • ◆ 遊戯王相場・高騰情報まとめあんてな
    koto

    ◆遊戯王最新情報・デッキ考察あんてな
    遊戯王アンテナ

  • 切り込み隊長

    このサイトの管理人。

    遊戯王の情報を調べるのが好きで、毎日ブログ・wiki・youtubeを見まくっています。

    このブログでは、集めた遊戯王の情報をまとめて、テーマの特徴・デッキの作り方・大会デッキレシピなどを中心に書いています。

    好きなカードは《切り込み隊長》。好きなデッキは「ライトロード」と「剣闘獣」です。

  • 広告枠

    広告をご掲載いただける企業・個人の方を募集しています。(実績あり)

    お気軽にお問い合わせください。

    お問い合わせ

PAGE TOP ↑