*

【遊戯王】「星杯(せいはい)」デッキレシピまとめ!「ブリリアント」型・「ジェネクス」型など

公開日: : 最終更新日:2017/05/21 最新デッキ考察&レシピ , ,

星杯 コード・オブ・ザ・デュエリスト

2017年4月15日、コード・オブ・ザ・デュエリスト(CODE OF THE DUELIST)が発売されます。

この「コードオブザデュエリスト」には、リンク召喚テーマ星杯(せいはい)が登場します。

先日から【星杯】デッキ体験会が開催されており、参加した方も多いのではないでしょうか。

僕のブログのライターである「鳩鷺(はとさぎ)」さんもデッキ体験会に参加されたようで、体験会の感想を記事にしてくれています。

『星杯』デッキ体験会に参加した感想:ぶっちゃけ「星杯」って強いの?

 

さて、このデッキ体験会で、あるショップの方がオリジナルの「星杯」デッキを公開してくれています。

今回は【星杯】デッキのデッキレシピをまとめて紹介します。

【星杯】デッキの構築の参考にしてみてください。

 

 

SPONCERD LINK

 

【星杯】デッキレシピまとめ

星杯(せいはい)カード

 

デッキレシピ①:【ブリリアント星杯】

【メインデッキ】(40枚)

◆ モンスター(24枚)

  • 《星杯を戴く巫女》3
  • 《星杯に選ばれし者》3
  • 《星杯に誘われし者》3
  • 《星杯の守護竜》3
  • 《星杯の妖精リース》3
  • 《星遺物-『星杯』》3
  • 《レスキューラビット》3
  • 《ジェムナイト・ラズリー》2
  • 《BF-朧影のゴウフウ》1

◆ 魔法(15枚)

  • 《星遺物の加護》2
  • 《予想GUY》3
  • 《ブリリアント・フュージョン》3
  • 《ソウルチャージ》1
  • 《緊急テレポート》1
  • 《おろかな埋葬》1
  • 《死者蘇生》1
  • 《スケープ・ゴート》3

◆ 罠(1枚)

  • 《狡猾な落とし穴》

【エクストラデッキ】(15枚)

  • 《星杯竜イムデューク》3
  • 《リンクスパイダー》1
  • 《星杯神楽イヴ》3
  • 《星杯剣士アウラム》2
  • 《プロキシー・ドラゴン》1
  • 《ファイアウォール・ドラゴン》2
  • 《ジェムナイト・セラフィ》1
  • 《フレシアの蟲惑魔》

 

「星杯」デッキレシピの1つ目は、【ブリリアント星杯】デッキです。

《ブリリアント・フュージョン》は、「星杯」と非常に相性が良いです。

《星杯の妖精 リース》を墓地に送りつつ、《ジャムナイト・ラズリー》で墓地の「星杯」通常モンスターを回収できます。

星杯の妖精リース

さらに融合召喚した《ジェムナイト・セラフィ》で召喚権を増やせます。

【星杯】デッキは、《星遺物-『星杯』》のアドバンス召喚が展開の鍵を握りますので、召喚権の追加は非常に重要です。

星遺物-『星杯』

また、トークンを4体出せる《スケープ・ゴート》が3積みされています。

比較的オーソドックスな【ブリリアント星杯】デッキだと思います。

 

デッキレシピ②:【ブリリアント星杯】

【メインデッキ】(40枚)

◆ モンスター(24枚)

  • 《星杯を戴く巫女》3
  • 《星杯に選ばれし者》3
  • 《星杯に誘われし者》3
  • 《星杯の守護竜》3
  • 《星杯の妖精リース》3
  • 《星遺物-『星杯』》3
  • 《レスキューラビット》3
  • 《ジェムナイト・ラズリー》2
  • 《BF-朧影のゴウフウ》1

◆ 魔法(16枚)

  • 《星遺物の加護》3
  • 《予想GUY》3
  • 《闇の量産工場》2
  • 《ブリリアント・フュージョン》3
  • 《強欲で貪欲な壺》2
  • 《貪欲な壺》1
  • 《ソウルチャージ》1
  • 《緊急テレポート》1

◆ 罠(0枚)

【エクストラデッキ】(15枚)

  • 《星杯竜イムデューク》3
  • 《リンクスパイダー》1
  • 《星杯神楽イヴ》2
  • 《星杯剣士アウラム》2
  • 《プロキシー・ドラゴン》1
  • 《星杯戦士ニンギルス》1
  • 《デコード・トーカー》1
  • 《ファイアウォール・ドラゴン》2
  • 《ジェムナイト・セラフィ》1
  • 《ダイガスタ・エメラル》1

 

「星杯」デッキレシピの2つ目は、【ブリリアント星杯】デッキです。

1つ目のデッキとメインモンスターは同じですが、魔法カードに特徴があります。

こちらは、《闇の量産工場》《貪欲な壺》を採用しており、「星杯」モンスターを使いまわせる形になっています。

同様の目的で、ランク4エクシーズに《ダイガスタ・エメラル》も採用しています。

また、《強欲で貪欲な壺》が採用されている点も特徴でしょう。

 

デッキレシピ③:【ジェネクス星杯】

【メインデッキ】(40枚)

◆ モンスター(27枚)

  • 《ジェネクス・ウンディーネ》3
  • 《ジェネクス・コントローラー》2
  • 《水晶機巧-ローズニクス》2
  • 《星杯を戴く巫女》3
  • 《星杯に選ばれし者》3
  • 《星杯に誘われし者》3
  • 《星杯の守護竜》3
  • 《星杯の妖精リース》3
  • 《星遺物-『星杯』》3
  • 《レスキューラビット》1
  • 《BF-朧影のゴウフウ》1

◆ 魔法(13枚)

  • 《星遺物の加護》2
  • 《死者蘇生》1
  • 《ソウルチャージ》1
  • 《予想GUY》3
  • 《緊急テレポート》1
  • 《おろかな埋葬》1
  • 《貪欲な壺》1
  • 《闇の量産工場》1
  • 《スケープ・ゴート》2

◆ 罠(0枚)

【エクストラデッキ】(15枚)

  • 《星杯竜イムデューク》3
  • 《リンクスパイダー》2
  • 《電影の騎士ガイアセイバー》1
  • 《星杯神楽イヴ》2
  • 《星杯剣士アウラム》2
  • 《プロキシー・ドラゴン》1
  • 《星杯戦士ニンギルス》2
  • 《ファイアウォール・ドラゴン》2

 

「星杯」デッキレシピの3つ目は、【ジェネクス星杯】デッキです。

特徴は、何と言っても《ジェネクス・ウンディーネ》《ジェネクス・コントローラー》《水晶機巧-ローズニクス》の採用でしょう。

《ジェネクス・ウンディーネ》を召喚、効果でデッキから《水晶機巧-ローズニクス》を墓地に送ることで《ジェネクス・コントローラ》をサーチ。

墓地の《水晶機巧-ローズニクス》の効果でトークン1体を生成し、そのトークンを素材として《リンク・スパイダー》をリンク召喚します。

そして、《リンク・スパイダー》の効果で手札の《ジェネクス・コントローラ》を特殊召喚します。

これで、LINK3のリンクモンスターが召喚可能です。

通常モンスターとして《ジェネクス・コントローラ》もいますので、《星杯竜イムデューク》もリンク召喚できます。

星杯竜イムデューク

 

デッキレシピ④:【星杯】デッキ体験会

星杯デッキ 体験会

【メインデッキ】(40枚)

◆ モンスター(20枚)

  • 《星杯を戴く巫女》3
  • 《星杯に選ばれし者》3
  • 《星杯に誘われし者》3
  • 《星杯の守護竜》3
  • 《星杯の妖精リース》3
  • 《星遺物-『星杯』》3
  • 《レスキューフェレット》1
  • 《レスキューラビット》1

◆ 魔法(15枚)

  • 《星遺物との邂逅》2
  • 《星遺物の加護》3
  • 《死者蘇生》1
  • 《ソウルチャージ》1
  • 《苦渋の決断》1
  • 《予想GUY》1
  • 《緊急テレポート》1
  • 《ワン・フォー・ワン》1
  • 《増援》1
  • 《おろかな埋葬》1
  • 《貪欲な壺》1
  • 《ハーピィの羽根箒》1

◆ 罠(5枚)

  • 《星遺物の導き》2
  • 《絶縁の落とし穴》1
  • 《砂塵の大嵐》1
  • 《戦闘復帰》1

【エクストラデッキ】(15枚)

  • 《星杯竜イムデューク》2
  • 《星杯神楽イヴ》2
  • 《星杯剣士アウラム》2
  • 《星杯戦士ニンギルス》2
  • 《ファイアウォール・ドラゴン》2
  • 《電影の騎士ガイアセイバー》1
  • 《デコード・トーカー》1
  • 《ハニーボット》1
  • 《リンクスパイダー》1
  • 《プロキシー・ドラゴン》1

 

「星杯」デッキレシピの4つ目は、「星杯」デッキ体験会の【星杯】デッキです。

「星杯」カードを全体的に使いながら、「コード・オブ・ザ・デュエリスト」の新規カードも採用しています。

強さ的には微妙ですが、リンク召喚を学ぶ上ではよくできたデッキだと思います。

 

デッキレシピ⑤:【ブリリアント星杯】(大会優勝デッキ)

星杯デッキレシピ1

星杯デッキレシピ2

【メインデッキ】(40枚)

◆ モンスター(22枚)

  • 《星杯を戴く巫女》2
  • 《星杯に選ばれし者》1
  • 《星杯に誘われし者》2
  • 《星杯の守護竜》3
  • 《星杯の妖精リース》3
  • 《星遺物-『星杯』》3
  • 《ジェムナイト・ラズリー》2
  • 《増殖するG》3
  • 《灰流うらら》3

◆ 魔法(17枚)

  • 《星遺物の加護》2
  • 《ブリリアント・フュージョン》3
  • 《禁じられた聖杯》3
  • 《ソウルチャージ》1
  • 《おろかな埋葬》1
  • 《死者蘇生》1
  • 《ハーピィの羽根箒》1
  • 《強欲で貪欲な壺》1
  • 《貪欲な壺》

◆ 罠(1枚)

  • 《狡猾な落とし穴》

【エクストラデッキ】(15枚)

  • 《星杯竜イムデューク》3
  • 《聖杯戦士ニンギルス》2
  • 《リンクスパイダー》1
  • 《星杯神楽イヴ》3
  • 《星杯剣士アウラム》2
  • 《ファイアウォール・ドラゴン》2
  • 《ジェムナイト・セラフィ》1
  • 《トポロジック・ボマー・ドラゴン》1

 

「星杯」デッキレシピの5つ目は、実際に大会で優勝を果たした【ブリリアント星杯】デッキです。

今までの【星杯】デッキは「星杯」通常モンスターを9枚採用していましたが、このデッキレシピでは5枚のみ採用しています。

また、《増殖するG》《灰流うらら》《禁じられた聖杯》など、環境を意識した構築となっています。

 

SPONCERD LINK

 

まとめ

切り込み隊長
いかがだったでしょうか。

新パック「コード・オブ・ザ・デュエリスト」で登場する「星杯」のデッキレシピをまとめて紹介しました。

「星杯」は基本「星杯」カードを使いますが、「ブリリアント」や「ジェネクス」など出張パーツとも合わせて構築できるようです。

【星杯】デッキの参考になれば嬉しいです。

引き続き、「星杯」について記事にしていきます。

それでは、またお会いしましょう。

 

「星杯(せいはい)」についてはこちらの記事もオススメです。

『星杯(せいはい)』デッキ:カード効果まとめ+解説・考察!

『星杯(せいはい)』デッキ:回し方・展開方法を解説!

『星杯(せいはい)』相性の良いオススメ強化カード18枚まとめ!

「先行エクストラリンク」が『星杯』で達成できる!?展開ルートは?

 

「コード・オブ・ザ・デュエリスト」の予約はこちら

星杯 コード・オブ・ザ・デュエリスト

コード・オブ・ザ・デュエリスト(Amazon)

コード・オブ・ザ・デュエリスト(駿河屋)

コード・オブ・ザ・デュエリスト(楽天市場)

SPONCERD LINK

関連記事

  • 切り込み隊長

    「きりぶろ!」の管理人。(旧:遊戯王カードのメルカリ攻略だよ。)

    遊戯王の最新情報・高騰情報・最新デッキ・大会デッキレシピ・収録カードリストなどを解説・考察しています。

    遊戯王ブログとしては異例の月間200万PVを達成し、ブログランキング1位を獲得しました。

    好きなカードは《切り込み隊長》です。

    相互リンク・アンテナ登録・広告掲載などのお問い合わせはこちら

    ボタン こうなる
    Twitterに更新情報が届く
    follow us in feedly Feedlyに更新情報が届く
    人気ブログ投票 人気ブログに投票、僕が喜ぶ
PAGE TOP ↑