*

【遊戯王】「トワイライトロードデッキ」はどう動く?回し方・展開方法を徹底解説!

公開日: : 最終更新日:2017/05/21 最新デッキ考察&レシピ

トワイライトロード コード・オブ・ザ・デュエリスト

2017年4月15日、コード・オブ・ザ・デュエリストが発売され、新テーマトワイライトロードが登場します。

既存テーマ「ライトロード」が闇落ちしたということで、「トワイライトロード」を回してみたい・動かしてみたいという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、【トワイライトロード】デッキの回し方・展開方法を解説していきたいと思います。

【トワイライトロード】デッキの参考にしていただければ嬉しいです。

 

 

SPONCERD LINK

 

【トワイライトロード】デッキの目的

トワイライトロード

「トワイライトロード」の目的は、墓地・除外に「トワイライトロード」「ライトロード」を溜め、《裁きの龍》《戒めの龍》を特殊召喚することです。

裁きの龍ジャッジメント・ドラグーン/Judgment Dragon》
特殊召喚・効果モンスター
星8/光属性/ドラゴン族/攻3000/守2600
このカードは通常召喚できない。 自分の墓地の「ライトロード」モンスターが4種類以上の場合のみ特殊召喚できる。
(1):1000LP払って発動できる。 このカード以外のフィールドのカードを全て破壊する。
(2):自分エンドフェイズに発動する。 自分のデッキの上からカードを4枚墓地へ送る。

《戒めの龍(パニッシュメント・ドラグーン)》
特殊召喚モンスター
レベル8/ 闇属性/ ドラゴン族/ ATK 3000/ DEF 2600
このカードは通常召喚できない。除外されている自分の「ライトロード」モンスターが4種類以上の場合のみ特殊召喚できる。
①:1ターンに1度、1000LPを払って発動できる。「ライトロード」モンスター以外の、お互いの墓地のカード及び表側表示で除外されているカードを全て持ち主のデッキに戻す。この効果は相手ターンでも発動できる。
②:1ターンに1度、自分の「ライトロード」モンスターの効果が発動した場合に発動する。自分のデッキの上からカードを4枚墓地へ送る。

《裁きの龍》は墓地に「ライトロード」が4種類以上いる時、《戒めの龍》は除外ゾーンに「ライトロード」が4種類いる時、手札から特殊召喚できます。

「トワイライトロード」では、モンスターを大量に墓地に送り、「トワイライトロード」や《妖精伝姫-シラユキ》などで除外することで、墓地・除外ゾーンを肥やしていきます。

 

「トワイライトロード」については、こちらにまとめています。

『トワイライトロード』デッキ:カード効果まとめ+解説・考察!

 

【トワイライトロード】デッキの回し方・展開

序盤①:《ソーラーエクスチェンジ》《光の援軍》《闇の誘惑》でドロー・サーチ

《ソーラー・エクスチェンジ/Solar Recharge》
通常魔法
(1):手札から「ライトロード」モンスター1体を捨てて発動できる。 自分はデッキから2枚ドローする。 その後、自分のデッキの上からカードを2枚墓地へ送る。

ひかり援軍えんぐん/Charge of the Light Brigade》
通常魔法
(1):自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送って発動できる。 デッキからレベル4以下の「ライトロード」モンスター1体を手札に加える。

やみ誘惑ゆうわく/Allure of Darkness》
通常魔法
(1):自分はデッキから2枚ドローし、その後手札の闇属性モンスター1体を除外する。 手札に闇属性モンスターが無い場合、手札を全て墓地へ送る。

まずは、専用魔法カード《ソーラーエクスチェンジ》《光の援軍》を使って、ドロー・サーチをしていきます。

また、「トワイライトロード」は闇属性で統一されていますので、《闇の誘惑》も活躍します。

使うだけで墓地・除外ゾーンが肥えていきますので、使わない手はありません。

 

序盤②:《ライトロード・セイント ミネルバ》エクシーズ召喚

《ライトロード・セイント ミネルバ/Minerva, the Exalted Lightsworn》
エクシーズ・効果モンスター
ランク4/光属性/天使族/攻2000/守 800
レベル4モンスター×2
「ライトロード・セイント ミネルバ」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。 自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。 その中に「ライトロード」カードがあった場合、 その数だけ自分はデッキからドローする。
(2):このカードが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。 自分のデッキの上からカード3枚を墓地へ送る。 その中に「ライトロード」カードがあった場合、 その数までフィールドのカードを選んで破壊できる。

レベル4モンスターを2体並べ、ランク4《ライトロード・セイント ミネルバ》をエクシーズ召喚しましょう。

《ライトロード・セイント ミネルバ》は、能動的にデッキからカードを墓地に送ることができ、ドロー効果と破壊効果も持つ非常にバランスの取れたモンスターです。

レベル4モンスター2体を並べるためには、《フォトン・スラッシャー》《ゴブリンドバーグ》《H・C 強襲のハルベルト》などが役立ちます。

 

中盤①:《妖精伝姫-シラユキ》で展開妨害・除外

妖精伝姫フェアリーテイル-シラユキ/Fairy Tail – Snow》
効果モンスター(準制限カード)
星4/光属性/魔法使い族/攻1850/守1000
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、 相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを裏側守備表示にする。
(2):このカードが墓地に存在する場合、 自分の手札・フィールド・墓地からこのカード以外のカード7枚を除外して発動できる。 このカードを墓地から特殊召喚する。 この効果は相手ターンでも発動できる。

《妖精伝姫-シラユキ》は、墓地からカードを除外することで特殊召喚でき、相手モンスターを裏側守備表示にできる効果を持ちます。

相手の展開を妨害しつつ、《戒めの龍》の条件を満たすことができますので、早めに墓地に送っておきたいカードです。

《妖精伝姫-シラユキ》を墓地に送るカードとしては、《おろかな埋葬》《ブリリアント・フュージョン》が使えます。

 

中盤②:《ライトロード・サモナー ルミナス》《ライトロード・シャーマン ルミナス》で「ライトロード」特殊召喚

《ライトロード・サモナー ルミナス/Lumina, Lightsworn Summoner》
効果モンスター
星3/光属性/魔法使い族/攻1000/守1000
(1):1ターンに1度、手札を1枚捨て、 自分の墓地のレベル4以下の「ライトロード」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを特殊召喚する。 (2):自分エンドフェイズに発動する。 自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。

《トワイライトロード・シャーマン ルミナス》
効果モンスター
星3/闇属性/魔法使い族/攻1000/守1000
(1):1ターンに1度、自分の手札・墓地から「ライトロード」モンスター1体を除外し、 「トワイライトロード・シャーマン ルミナス」以外の除外されている自分の「ライトロード」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを特殊召喚する。
(2):1ターンに1度、このカード以外の自分の「ライトロード」モンスターの効果が発動した場合に発動する。 自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。

墓地・除外ゾーンが肥えてくると、《ライトロード・サモナー ルミナス》《ライトロード・シャーマン ルミナス》が大活躍します。

《ライトロード・サモナー ルミナス》墓地の「ライトロード」を特殊召喚でき、《ライトロード・シャーマン ルミナス》除外されている「ライトロード」を特殊召喚できます。

それぞれ、名称指定のないターン1効果ですので、「ルミナス」A効果→「ルミナス」B特殊召喚→「ルミナス」B効果→「ルミナス」C特殊召喚→「ルミナス」C効果→・・・と「ルミナス」を並べることができます。

「ルミナス」2体でランク3エクシーズができますし、チューナーである《ライトロード・アサシン ライデン》or《ライトロード・アーチャー フェリス》を特殊召喚すれば《ライトロード・アーク ミカエル》などのレベル7シンクロができます。

また、単に「ライトロード」を並べておくだけでも、大量の墓地肥やしができます。

 

終盤:《裁きの龍》《戒めの龍》を特殊召喚

墓地・除外ゾーンに「ライトロード」が4種類になれば、《裁きの龍》《戒めの龍》を特殊召喚します。

ともに攻撃力が3000あり、効果も強力です。

ほぼ1kill(ワンキル)に近い展開ができると思います。

 

【トワイライトロード】デッキの展開ギミック

最後に、【トワイライトロード】デッキの展開ギミックを紹介します。

これらの展開ギミックは、必須カードではありませんが、活用すればかなり強力な展開をすることができます。

 

展開ギミック①:《隣の芝刈り》

となり芝刈しばかり/That Grass Looks Greener》
通常魔法
(1):自分のデッキの枚数が相手よりも多い場合に発動できる。 デッキの枚数が相手と同じになるように、自分のデッキの上からカードを墓地へ送る。

《隣の芝刈り》は、自分のデッキ枚数が相手のデッキと同じになるように、デッキの上からカードを墓地に送る魔法カードです。

デッキ枚数を60枚にしておけば、20枚近くのカードを一気に墓地に送ることができます。

 

展開ギミック②:《同胞の絆》

同胞どうほうきずな/Ties of the Brethren》
通常魔法
このカードを発動するターン、自分はバトルフェイズを行えない。
(1):2000LPを払い、自分フィールドのレベル4以下のモンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターと同じ種族・属性・レベルでカード名が異なるモンスター2体を デッキから特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。 このカードの発動後、ターン終了時まで自分はモンスターを特殊召喚できない。

《同胞の絆》は、自分フィールドのモンスターと同じレベル・属性・種族のモンスターを2体特殊召喚する魔法カードです。

「ライトロード」には、レベル4・光属性・戦士族のモンスターが多く、一気に「ライトロード」を並べ墓地を肥やすができます。

特に、《ライトロード・ウォリアー ガロス》ドロー効果も持っているため、アドを獲得することもできます。

 

展開ギミック③:《捕食植物オフリス・スコーピオ》

捕食植物プレデター・プランツオフリス・スコーピオ》
効果モンスター
星3/闇属性/植物族/攻1200/守 800
「捕食植物オフリス・スコーピオ」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、 手札からモンスター1体を墓地へ送って発動できる。 デッキから「捕食植物オフリス・スコーピオ」以外の 「捕食植物」モンスター1体を特殊召喚する。

《捕食植物オフリス・スコーピオ》は、手札のモンスターを1枚捨て、デッキから「捕食植物」を特殊召喚できる効果を持ちます。

そして、このカード1枚から《ミセス・レディエント》+「クラウンブレード」を揃える展開ギミックが存在します。

エクストラデッキを多用できる「ライトロード」と相性の良い展開ギミックです。

《捕食植物オフリス・スコーピオ》のリンク召喚展開!《ミセス・レディエント》と「クラブレ」が揃う!?

 

その他「トワイライトロード」と相性の良いカードはこちらにまとめています。

『トワイライトロード』相性の良いオススメ強化カード23枚まとめ!

 

SPONCERD LINK

 

まとめ

切り込み隊長

いかがだったでしょうか。

新パック「コード・オブ・ザ・デュエリスト」で登場する「トワイライトロード」のデッキの回し方・展開方法を解説しました。

【トワイライトロード】デッキを動かす時の参考になれば嬉しいです。

引き続き、「トワイライトロード」について記事にしていきます。

それでは、またお会いしましょう。

 

「トワイライトロード」については、こちらの記事もオススメです。

『トワイライトロード』デッキ:カード効果まとめ+解説・考察!

『トワイライトロード』相性の良いオススメ強化カード23枚まとめ!

『トワイライトロード』はどう作る?:デッレシピ・デッキ構築を解説!

 

「コード・オブ・ザ・デュエリスト」の予約・購入はこちら

トワイライトロード コード・オブ・ザ・デュエリスト

コード・オブ・ザ・デュエリスト(Amazon)

コード・オブ・ザ・デュエリスト(駿河屋)

コード・オブ・ザ・デュエリスト(楽天市場)

SPONCERD LINK

関連記事

  • 切り込み隊長

    「きりぶろ!」の管理人。(旧:遊戯王カードのメルカリ攻略だよ。)

    遊戯王の最新情報・高騰情報・最新デッキ・大会デッキレシピ・収録カードリストなどを解説・考察しています。

    遊戯王ブログとしては異例の月間200万PVを達成し、ブログランキング1位を獲得しました。

    好きなカードは《切り込み隊長》です。

    相互リンク・アンテナ登録・広告掲載などのお問い合わせはこちら

    ボタン こうなる
    Twitterに更新情報が届く
    follow us in feedly Feedlyに更新情報が届く
    人気ブログ投票 人気ブログに投票、僕が喜ぶ
PAGE TOP ↑