*

【遊戯王】「スターターデッキ2017」3箱合体デッキレシピ:回し方・強化改造方法を紹介!

スターターデッキ2017

2017年3月25日、スターターデッキ2017が発売されます。

「スターターデッキ2017」では、遊戯王VRAINS(ヴレインズ)の主人公「藤木遊作」が使用する「リンクモンスター」「サイバース族」のカードが収録されます。

また、汎用モンスター・魔法・罠の再録カードが非常に多く、初心者・復帰者にとってもおすすめのストラクチャーデッキになっています。

さてこのページでは、「スターターデッキ2017」を3箱合体させたデッキレシピを紹介していきます。

まだあまりカードを持っていない人でも構築できる【サイバース族】デッキです。

また、3箱合体デッキを強化する改造案も紹介していきます。

【サイバース族】デッキを作る上で参考にしてください。

 

SPONCERD LINK

 

「スターターデッキ2017」3箱合体デッキレシピ

スターターデッキ2017 リンクモンスター・サイバース族

「スターターデッキ2017」3箱合体のデッキレシピはこちらです。

モンスター20枚、魔法7枚、罠13枚の合計40枚で構築しました。

 

【メインデッキ】(43枚)

◆ モンスター(20枚)

  • 《ビットロン》2
  • 《ドラコネット》3
  • 《RAMクラウダー》2
  • 《リンクスレイヤー》3
  • 《幻殻竜》2
  • 《神獣王バルバロス》2
  • 《サイバー・ドラゴン》2
  • 《クリッター》2
  • 《エフェクト・ヴェーラー》2

◆ 魔法(7枚)

  • 《死者蘇生》1
  • 《ブラック・ホール》1
  • 《サイクロン》2
  • 《月の書》2
  • 《貪欲な壺》1

◆ 罠(13枚)

  • 《リビングデッドの呼び声》1
  • 《聖なるバリア -ミラーフォース-》2
  • 《激流葬》2
  • 《破壊輪》1
  • 《奈落の落とし穴》2
  • 《強制脱出装置》2
  • 《デモンズ・チェーン》2
  • 《魔宮の賄賂》1

【エクストラデッキ】(9枚)

  • 《デコード・トーカー》3
  • 《ハニーボット》3
  • 《リンク・スパイダー》3

▲ 目次に戻る

「スターターデッキ2017」3箱合体デッキの回し方

スターターデッキ2017

「スターターデッキ2017」3箱合体デッキ回し方を簡単に解説していきます。

「スターターデッキ2017」3箱合体デッキの戦略は、「高打点モンスターで戦い、魔法・罠で守る」です。

本来のデッキコンセプトとしては、「サイバース族を使いつつ、リンク召喚を活用しつつ、モンスターで戦い・守りつつ、魔法罠で守る」です。

しかし正直「スターターデッキ2017」の収録カードを使うなら、【罠ビート】(高打点下級モンスターを罠で守りつつ戦うデッキ)が一番強いと思います。

 

高打点下級モンスターで戦い、魔法・罠で守る

「スターターデッキ2017」3箱合体デッキレシピの基本戦略です。

まず、高打点の《リンクスレイヤー》《サイバー・ドラゴン》《幻殻竜》《神獣王バルバロス》を召喚・特殊召喚します。

《リンクスレイヤー》《サイバー・ドラゴン》は、通常リリースが必要ですが、条件が揃えば特殊召喚することができます。

リンク・スレイヤー

《リンクスレイヤー》
レベル5/ 地属性/ サイバース族 / 攻 2000/ 守 600
①:自分フィールドにモンスターが存在しない場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
②:1ターンに1度、手札を2枚まで捨て、捨てた数だけフィールドの魔法・罠カードを対象として発動できる。そのカードを破壊する。

《サイバー・ドラゴン/Cyber Dragon》
効果モンスター
星5/光属性/機械族/攻2100/守1600
(1):相手フィールドにモンスターが存在し、 自分フィールドにモンスターが存在しない場合、 このカードは手札から特殊召喚できる。

 

《幻殻竜》《神獣王バルバロス》は、召喚にリリースが必要ない2000打点・1900打点として活躍します。

幻殻竜げんかくりゅう/Mystery Shell Dragon》
通常モンスター
星4/闇属性/幻竜族/攻2000/守 0
別次元から突如として飛来した謎の生命体。 高い攻撃力と奇襲能力を併せ持つ。 その攻撃は対象物の神経を麻痺させ、強烈な幻覚症状を引き起こす。

神獣王しんじゅうおうバルバロス/Beast King Barbaros》
効果モンスター
星8/地属性/獣戦士族/攻3000/守1200
(1):このカードはリリースなしで通常召喚できる。
(2):このカードの(1)の方法で通常召喚したこのカードの元々の攻撃力は1900になる。
(3):このカードはモンスター3体をリリースして召喚する事もできる。
(4):このカードがこのカードの(3)の方法で召喚に成功した場合に発動する。 相手フィールドのカードを全て破壊する。

 

次は、魔法・罠を使って相手の動きを妨害します。

《月の書》《聖なるバリア -ミラーフォース-》《激流葬》《破壊輪》《奈落の落とし穴》《強制脱出装置》《デモンズ・チェーン》《魔宮の賄賂》と、非常に優秀な魔法・罠が揃っています。

つきしょ/Book of Moon》
速攻魔法
(1):フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを裏側守備表示にする。

せいなるバリア -ミラーフォース-/Mirror Force》
通常罠
(1):相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。 相手フィールドの攻撃表示モンスターを全て破壊する。

激流葬

激流葬げきりゅうそう/Torrential Tribute》
通常罠
(1):モンスターが召喚・反転召喚・特殊召喚された時に発動できる。 フィールドのモンスターを全て破壊する。

破壊輪はかいりん/Ring of Destruction》
通常罠(制限カード)
「破壊輪」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):相手ターンに、相手LPの数値以下の攻撃力を持つ 相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 その表側表示モンスターを破壊し、 自分はそのモンスターの元々の攻撃力分のダメージを受ける。 その後、自分が受けたダメージと同じ数値分のダメージを相手に与える。

奈落ならくとしあな/Bottomless Trap Hole》
通常罠
(1):相手が攻撃力1500以上のモンスターを 召喚・反転召喚・特殊召喚した時に発動できる。 その攻撃力1500以上のモンスターを破壊し除外する。

強制脱出装置きょうせいだっしゅつそうち/Compulsory Evacuation Device》
通常罠
(1):フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを持ち主の手札に戻す。

《デモンズ・チェーン/Fiendish Chain》
永続罠
フィールドの効果モンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、 その表側表示モンスターは攻撃できず、効果は無効化される。 そのモンスターが破壊された時にこのカードは破壊される。

 

魔宮まきゅう賄賂わいろ/Dark Bribe》
カウンター罠
(1):相手が魔法・罠カードを発動した時に発動できる。 その発動を無効にし破壊する。 相手はデッキから1枚ドローする。

 

大会で使われるようなデッキが相手でなければ、基本的にこの戦術で十分戦えるはずです。

この基本戦術に加え、新規カードの使い方も解説していきます。

▲ 目次に戻る

《リンク・スレイヤー》が強い!

新規カードの中では、《リンク・スレイヤー》が格段に強いです。

リンク・スレイヤー

《リンクスレイヤー》
レベル5/ 地属性/ サイバース族 / 攻 2000/ 守 600
①:自分フィールドにモンスターが存在しない場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
②:1ターンに1度、手札を2枚まで捨て、捨てた数だけフィールドの魔法・罠カードを対象として発動できる。そのカードを破壊する。

自分フィールドにモンスターが存在しなければ手札から特殊召喚でき、魔法・罠を破壊する効果を持ちます。

召喚権を使うことなくフィールドに出すことができ、攻撃力が2000もありますので相手の下級モンスターを倒すことができます。

また、伏せカードを破壊することもできますので、まさに万能モンスターと言えるでしょう。

そして、《リンク・スレイヤー》はサイバース族ですので、《RAMクラウダー》で蘇生が可能です。

RAMクラウダー

《RAMクラウダー》
レベル4/ 光属性/ サイバース族/ ATK1800/ DEF1000
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドのモンスター1体をリリースし、自分の墓地のサイバース族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。

《RAMクラウダー》は、モンスターをリリースすることで、墓地のサイバース族を特殊召喚できます。

自身をリリースすることもでき、簡単に墓地の《リンク・スレイヤー》を蘇生させることができます。

このように「スターターデッキ2017」3箱合体デッキでは、【罠ビート】の基本戦術に加え《リンクスレイヤー》を何度も特殊召喚する戦術が取れます。

▲ 目次に戻る

「リンクモンスター」のリンク召喚方法

スターターデッキ2017

「リンクモンスター」のリンク召喚方法を解説します。

「リンクモンスター」は、リンク数のモンスターを墓地に送る(リンク素材)ことで、エクストラデッキから「リンク召喚」できます。

また「リンク素材」は、「リンクモンスター」ごとに指定があります。

「スターターデッキ2017」に収録されている「リンクモンスター」のリンク召喚方法を1体ずつ解説していきます。

 

「リンクモンスター」「リンク召喚」自体についてはこちらのページで解説しています。

【新マスタールール】『リンク召喚』を公式サイトが解説!

 

《リンク・スパイダー》をリンク召喚したい場合

リンク・スパイダー

《リンク・スパイダー》
リンクモンスター
地属性/ サイバース族/ ATK 1000 LINK-1 下
通常モンスター1体
①:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。手札からレベル4以下の通常モンスター1体をこのカードのリンク先に特殊召喚する。

《リンク・スパイダー》LINK1・リンク素材「通常モンスター1体」でリンク召喚できます。

「スターターデッキ2017」3箱合体デッキでは、《ビットロン》1体でリンク召喚できます。

ビット・ロン

《ビットロン》
通常モンスター
レベル2/ 地属性/ サイバース族 ATK200/ DEF

 

《ビットロン》1体だけでリンク召喚できますので、リンク召喚は簡単でしょう。

 

《ハニー・ボット》をリンク召喚したい場合

ハニーボット

《ハニーボット》
リンクモンスター
光属性/ サイバース族/ ATK 1900 LINK-2 左/右
サイバース族モンスター2体
①:このカードのリンク先のモンスターは効果の対象にならず、戦闘では破壊されない。

《ハニーボット》LINK2・リンク素材「サイバース族モンスター2体」でリンク召喚できます。

《ドラコネット》は召喚時、レベル2以下の通常モンスターを特殊召喚でき、サイバース族の《ビットロン》を特殊召喚できます。

これでサイバース族モンスターを揃えることができましたので、《ハニーボット》がリンク召喚可能です。

ドラコネット

《ドラコネット》
レベル3/ 闇属性/ サイバース族 / 攻 1400/ 守 1200
①:このカードが召喚に成功した時に発動できる。手札・デッキからレベル2以下の通常モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。

ビット・ロン

《ビットロン》
通常モンスター
レベル2/ 地属性/ サイバース族 ATK200/ DEF

 

《デコード・トーカー》をリンク召喚したい場合

デコード・トーカー

《デコード・トーカー》
リンクモンスター
闇属性/ サイバース族/ ATK 2300 LINK-3 上/左下/右下
効果モンスター2体以上
①:このカードの攻撃力は、このカードのリンク先のモンスターの数×500アップする。
②:自分フィールドのカードを対象とする相手の魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、このカードのリンク先の自分のモンスター1体をリリースして発動できる。その発動を無効にし破壊する。

《デコード・トーカー》LINK3・リンク素材「効果モンスター2体以上」でリンク召喚できます。

《サイバー・ドラゴン》(or《リンク・スレイヤー》)を手札から特殊召喚し、先ほどの《ドラコネット》を召喚、《ビットロン》を特殊召喚します。

ドラコネットビット・ロン

 

そして、《ビットロン》1体で《リンク・スパイダー》をリンク召喚します。

ドラコネットリンク・スパイダー

これで、《サイバー・ドラゴン》《ドラコネット》《リンク・スパイダー》の効果モンスター3体が揃いましたので、《デコード・トーカー》がリンク召喚できます。

▲ 目次に戻る

SPONCERD LINK

 

「スターターデッキ2017」3箱合体デッキ 強化・改造方法

最後に、「スターターデッキ2017」3箱合体デッキの強化・改造方法を紹介していきます。

「スターターデッキ2017」の強化・改善方法は2つの方針あります。

  • 方針①:「サイバース族」「リンク召喚」中心
  • 方針②:「罠ビート」中心

それぞれの方針の解説と、強化・改善方法を紹介します。

 

方針①:「サイバース族」「リンク召喚」中心

リンクモンスター

「サイバース族」「リンク召喚」を中心とする強化・改善方法です。

ただ今の所、「サイバース族」「リンク召喚」を中心としたデッキの開拓はされていません。

様々なカードを組み合わせたオリジナルのデッキを組むことになり、構築の難易度は高めです。

「リンク召喚」と相性が良いカードを3枚紹介します。

《BF-朧影のゴウフウ》《サイバース・ガジェット》《スケープ・ゴート》です。

BFブラックフェザー朧影おぼろかげのゴウフウ/Blackwing – Gofu the Vague Shadow》
特殊召喚・チューナー・効果モンスター
星5/闇属性/鳥獣族/攻 0/守 0
このカードは通常召喚できない。 自分フィールドにモンスターが存在しない場合に特殊召喚できる。
(1):このカードが手札からの特殊召喚に成功した時に発動できる。 自分フィールドに「朧影トークン」(鳥獣族・闇・星1・攻/守0)2体を特殊召喚する。 このトークンはリリースできず、S素材にできない。
(2):このカードとチューナー以外のモンスター1体以上を自分フィールドから除外し、 そのレベルの合計と同じレベルを持つ 自分の墓地の「BF」Sモンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターをチューナー扱いとして特殊召喚する。

《BF-朧影のゴウフウ》手札から特殊召喚できる、モンスターです。

その時トークンを2体特殊召喚でき、1枚でリンク3モンスターがリンク召喚できます。

 

《サイバース・ガジェット》
効果モンスター
星4/光属性/サイバース族/ATK 1400/DEF 300
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚に成功した時、自分の墓地のレベル2以下のモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。
②:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。自分フィールドに「ガジェット・トークン」(サイバース族・光属性・レベル2・攻守0)1体を特殊召喚する。

《サイバース・ガジェット》は、Vジャンプ2017年5月号に付属したサイバース族です。

召喚時、墓地のレベル2以下モンスターを特殊召喚でき、墓地に送られた場合もトークンを特殊召喚できます。

「サイバース族」ということに加え、トークンも出せるということで、リンク召喚とも相性が良いです。

 

《スケープ・ゴート/Scapegoat》
速攻魔法
このカードを発動するターン、自分はこのカードの効果以外ではモンスターを召喚・反転召喚・特殊召喚できない。
(1):自分フィールドに「羊トークン」(獣族・地・星1・攻/守0)4体を守備表示で特殊召喚する。 このトークンはアドバンス召喚のためにはリリースできない。

《スケープ・ゴート》は、トークンを特殊召喚する速攻魔法カードです。

4体も特殊召喚できますので、様々なリンクモンスターにつなげることができます。

 

「リンクモンスター」と相性の良いカードリンク召喚に使える「トークン」関連カードはこちらの記事にまとめていますので、構築を考えている方はぜひ参考にしてください。

「リンクモンスター」と相性の良いカードまとめました!

リンク召喚に使える「トークン」関連カード20枚まとめ!

 

また、次のパックコード・オブ・ザ・デュエリストで「サイバース族」「リンク召喚」関連カードが追加されますので、パックの発売を待つのをおすすめします。

コード・オブ・ザ・デュエリスト

「コード・オブ・ザ・デュエリスト」の収録カードはこちらにまとめています。

「コードオブザデュエリスト」全収録カード一覧

▲ 目次に戻る

方針②:「罠ビート」中心

罠ビート

「罠ビート」を中心とする強化・改善方法です。

「罠ビート」は、強力な下級モンスター・罠カードを活用するデッキでした。

そのため、より強い下級モンスター・罠カードを入れることで、「スターターデッキ2017」を強化することができます。

まず、下級モンスターとしては、《ライオウ》《フォッシル・ダイナ・パキケファロ》がおすすめです。

両方とも、相手の動きを大きく妨害する効果を持ちますので、このモンスターを守ることができれば、デュエルをかなり有利に進めることができます。

 

《ライオウ/Thunder King Rai-Oh》
効果モンスター
星4/光属性/雷族/攻1900/守 800
このカードが自分フィールド上に表側表示で存在する限り、 お互いにドロー以外の方法でデッキからカードを手札に加える事はできない。 また、自分フィールド上に表側表示で存在するこのカードを墓地に送る事で、 相手モンスター1体の特殊召喚を無効にし破壊する。

《フォッシル・ダイナ パキケファロ/Fossil Dyna Pachycephalo》
効果モンスター
星4/地属性/岩石族/攻1200/守1300
(1):このカードがリバースした場合に発動する。 フィールドの特殊召喚されたモンスターを全て破壊する。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、 お互いにモンスターを特殊召喚できない。

 

次に罠カードとしては、《神の宣告》《神の警告》《神の通告》がおすすめです。

3枚とも相手の展開を大きく妨害することができる罠カードです。

《神の通告》は再販がされておらず1000円以上するカードですが、《神の宣告》《神の警告》は再販も多く100〜200円くらいで手に入るはずです。

 

かみ宣告せんこく/Solemn Judgment》
カウンター罠(制限カード)
(1):LPを半分払って以下の効果を発動できる。
●魔法・罠カードが発動した時に発動できる。 その発動を無効にし破壊する。
●自分または相手がモンスターを召喚・反転召喚・特殊召喚する際に発動できる。 それを無効にし、そのモンスターを破壊する。

かみ警告けいこく/Solemn Warning》
カウンター罠(制限カード)
(1):2000LPを払って以下の効果を発動できる。
●モンスターを特殊召喚する効果を含む、 モンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時に発動できる。 その発動を無効にし破壊する。
●自分または相手がモンスターを召喚・反転召喚・特殊召喚する際に発動できる。 それを無効にし、そのモンスターを破壊する。

かみ通告つうこく/Solemn Strike》
カウンター罠
(1):1500LPを払って以下の効果を発動できる。
●モンスターの効果が発動した時に発動できる。 その発動を無効にし破壊する。
●自分または相手がモンスターを特殊召喚する際に発動できる。 その特殊召喚を無効にし、そのモンスターを破壊する。

 

以上が、「スターターデッキ2017」3箱合体デッキの強化・改善方法でした。

 

初心者・復帰者におすすめの「安くて・強いデッキ」は、こちらの記事にまとめています。

【初心者 復帰】「安くて強いデッキ」とは?おすすめデッキまとめ!

▲ 目次に戻る

SPONCERD LINK

 

まとめ

切り込み隊長

いかがだったでしょうか。

「スターターデッキ2017」3箱合体デッキのデッキレシピと、その回し方・強化改造方法を紹介しました。

個人的には、「サイバース族」「リンク召喚」に特化するよりも、「罠ビート」に特化した方が強くなるのではと思っています。

次のパック「コード・オブ・ザ・デュエリスト」が発売されば、「サイバース族」「リンク召喚」の戦略の幅も広がりそうです。

引き続き「スターターデッキ2017」について記事にしていきます。

それでは、またお会いしましょう。

 

スターターデッキ2017についてはこちらの記事もオススメです。

「スターターデッキ2017」全収録カード一覧まとめ

「スターターデッキ2017」は買うべき?収録内容を評価・考察

「スターターデッキ2017」初動価格ランキング!

 

その他の「3箱合体デッキレシピ」はこちらです。

3箱合体デッキレシピ
サイバース・リンク
サイバース・リンク
スターターデッキ2017
スターターデッキ2017
恐獣の鼓動
恐獣の鼓動
ペンデュラム・エボリューション
ペンデュラム・
エボリューション

 

スターターデッキ2017◆ 予約はこちら
スターターデッキ2017(Amazon)
スターターデッキ2017(駿河屋)
スターターデッキ2017(楽天市場)

▲ 目次に戻る

SPONCERD LINK

関連記事

  • 切り込み隊長

    「きりぶろ!」の管理人。(旧:遊戯王カードのメルカリ攻略だよ。)

    遊戯王の最新情報・高騰情報・最新デッキ・大会デッキレシピ・収録カードリストなどを解説・考察しています。

    遊戯王ブログとしては異例の月間200万PVを達成し、ブログランキング1位を獲得しました。

    好きなカードは《切り込み隊長》です。

    相互リンク・アンテナ登録・広告掲載などのお問い合わせはこちら

    ボタン こうなる
    Twitterに更新情報が届く
    follow us in feedly Feedlyに更新情報が届く
    人気ブログ投票 人気ブログに投票、僕が喜ぶ
PAGE TOP ↑