*

【遊戯王】《ファイアウォール・ドラゴン》解説・考察!相互リンクでバウンス!?

公開日: : 最終更新日:2017/04/30 コラム ,

コード・オブ・ザ・デュエリスト◆ 予約はこちら
コード・オブ・ザ・デュエリスト(Amazon)
コード・オブ・ザ・デュエリスト(駿河屋)
コード・オブ・ザ・デュエリスト(楽天市場)

 

2017年4月15日、コード・オブ・ザ・デュエリスト(CODE OF THE DUELIST)が発売されます。

その「コードオブザデュエリスト」には、遊戯王VRAINS(ヴレインズ)の主人公「藤木遊作」が使用する《ファイアウォール・ドラゴン》が収録されます。

《ファイアウォール・ドラゴン》はどのようなモンスターで、どのような効果を持つのでしょうか。

今回は、《ファイアウォール・ドラゴン》を解説・考察していきたいと思います。

 

SPONCERD LINK

 

《ファイアウォール・ドラゴン》を解説・考察

ファイアウォール・ドラゴン

《ファイアウォール・ドラゴン》
リンクモンスター
光属性 サイバース族 ATK 2500/LINK-4
モンスター2体以上
(1):このカードがフィールドに表側表示で存在する限り1度だけ、このカードと相互リンクしているモンスターの数まで、自分または相手の、フィールド・墓地のモンスターを対象として発動できる。そのモンスターを持ち主の手札に戻す。この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードのリンク先のモンスターが、戦闘で破壊された場合、または墓地へ送られた場合に発動できる。手札からモンスター1体を特殊召喚する。

「コード・オブ・ザ・デュエリスト」に収録されるサイバース族リンクモンスターです。

カード名にPCのセキュリティで名高い「ファイアウォール」が入っています。「ファイヤーウォール・ドラゴン」ではありませんので、ご注意ください。

《ファイアウォール・ドラゴン》は、LINKは4と多めですが素材指定は全くなく、モンスター数も2体以上と意外とリンク召喚しやすそうです。

効果としては、①:表側表示で存在する限り1度だけ、相互リンクのモンスターの数まで、自分・相手のフィールド・墓地のカードを手札に戻す誘発即時効果と、②:リンク先のモンスターが戦闘で破壊or墓地に送られた時、手札からモンスターを特殊召喚する効果、の2つを持ちます。

それでは、2つの効果と、リンク召喚方法について解説・考察していきます。

 

《ファイアウォール・ドラゴン》効果①:相互リンクでバウンス

(1):このカードがフィールドに表側表示で存在する限り1度だけ、このカードと相互リンクしているモンスターの数まで、自分または相手の、フィールド・墓地のモンスターを対象として発動できる。そのモンスターを持ち主の手札に戻す。この効果は相手ターンでも発動できる。

新たに「相互リンク」という用語が登場しています。

「相互リンク」とはおそらく「リンクモンスター」同士の「リンクマーカー」が互いを向いている状態をさすと思われます。

そのため、《ファイアウォール・ドラゴン》の①の効果を活用するためには、狙って「相互リンク」を生み出す必要があります。

一番作りやすい「相互リンク」状態は、おそらく《リンク・スパイダー》だと思います。

リンク・スパイダー

《リンク・スパイダー》
リンクモンスター
地属性/ サイバース族/ ATK 1000 LINK-1 下
通常モンスター1体
①:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。手札からレベル4以下の通常モンスター1体をこのカードのリンク先に特殊召喚する。

《リンク・スパイダー》は通常モンスター1体でリンク召喚でき、「下」のリンクマーカーを持ちます。

《リンク・スパイダー》をエクストラモンスターゾーンに置き、その下に《ファイアウォール・ドラゴン》を置けば、「相互リンク」状態が成立します。

この「相互リンク」状態で発動できるバウンス効果は適用範囲が広く、相手の展開を広く妨害することができます。

相手の展開を妨害する「リンクモンスター」はまだまだ多くないため、最終盤面で目指すべき「リンクモンスター」だと思います。

 

《ファイアウォール・ドラゴン》効果②:リンク先墓地で特殊召喚

(2):このカードのリンク先のモンスターが、戦闘で破壊された場合、または墓地へ送られた場合に発動できる。手札からモンスター1体を特殊召喚する。

リンク先のモンスターが墓地に送られれば発動できますので、「メタルフォーゼ」や《ドラゴニックD》で容易に発動条件を満たすことができます。

特殊召喚できるモンスターにはレベル・種族などの制限もありませんので、さらなるリンク召喚につなげることができそうです。

 

《ファイアウォール・ドラゴン》リンク召喚方法

LINK-4 モンスター2体以上

リンク素材に条件はありませんが、LINKが4と多いため、「リンク召喚」には工夫が必要です。

《スケープ・ゴート》《ダンディライオン》《幻銃士》などのトークンを利用すると、「リンク召喚」に大きく近づきます。

《マスマティシャン》を召喚し《ダンディライオン》を墓地に遅れば、モンスターが3体になりますし、「リンク召喚」するだけであれば難しくはなさそうです。

 

「リンク召喚」に使える「トークン」についてはこちらの記事がオススメです。

リンク召喚に使える「トークン」関連カード20枚まとめ!

 

SPONCERD LINK

 

まとめ

切り込み隊長

いかがだったでしょうか。

藤木遊作の主力リンクモンスター《ファイアウォール・ドラゴン》を解説・考察してみました。

リンクは4と多めですが、素材指定がなく、「リンク召喚」が意外と狙いやすいリンクモンスターです。

相手の展開を妨害する効果も持っており、積極的に狙っていきたい「リンクモンスター」だと思います。

皆さんは、《ファイアウォール・ドラゴン》にどのような感想をお持ちでしょうか。

ぜひ、コメントで教えてくださいね。

引き続き、「コード・オブ・ザ・デュエリスト」に収録されているカードについて記事にしていきます。

それでは、またお会いしましょう。

 

「コード・オブ・ザ・デュエリスト」については、こちらの記事もオススメです。

「コードオブザデュエリスト」全収録カード一覧

→「コードオブザデュエリスト」の最新情報

 

「コード・オブ・ザ・デュエリスト」の予約はこちら

コード・オブ・ザ・デュエリスト

コード・オブ・デュエリスト(Amazon)

コード・オブ・デュエリスト(駿河屋)

コード・オブ・デュエリスト(楽天市場)

SPONCERD LINK

関連記事

  • 切り込み隊長

    「きりぶろ!」の管理人。(旧:遊戯王カードのメルカリ攻略だよ。)

    遊戯王の最新情報・高騰情報・最新デッキ・大会デッキレシピ・収録カードリストなどを解説・考察しています。

    遊戯王ブログとしては異例の月間200万PVを達成し、ブログランキング1位を獲得しました。

    好きなカードは《切り込み隊長》です。

    相互リンク・アンテナ登録・広告掲載などのお問い合わせはこちら

    ボタン こうなる
    Twitterに更新情報が届く
    follow us in feedly Feedlyに更新情報が届く
    人気ブログ投票 人気ブログに投票、僕が喜ぶ
  • トレーディングカード/ブロマイド販売 通販ショップの駿河屋 トレーディングカード/ブロマイド販売 通販ショップの駿河屋
PAGE TOP ↑