*

【遊戯王】禁止制限改訂予想(2017年4月):規制候補カード18枚まとめ!

公開日: : 最終更新日:2017/06/06 コラム ,

2017年3月21日に「Vジャンプ2017年5月特大号」が発売されます。

Vジャンプ2017年5月号

◆ 予約はこちら
Vジャンプ2017年5月特大号(Amazon)

 

このVジャンプで、2017年4月の「禁止制限改訂(リミットレギュレーション)」が発表されます。

発売まで迫っているということで、今回は2017年4月の禁止制限改訂で規制されそうなカードを網羅的に18枚まとめてみました。

「禁止制限改訂」の緩和候補カードは以前まとめています。

あくまでも「網羅的」ですので、全てが規制されるというわけではなく、この中からどれかが規制されるといったイメージで見ていただければと思います。

ぜひ、禁止制限改訂の予想にお役立てください。

 

(追記)

2017年4月の「リミットレギューレション」が判明しました!

【遊戯王フラゲ】「リミットレギュレーション(禁止制限改訂)」判明!十二獣2枚禁止!

 

 

SPONCERD LINK

 

禁止制限改訂とは

まず、2017年4月の禁止制限改訂を予想する前に、禁止制限改訂について簡単におさらいしておきましょう。

おさらい内容は以下の4つです。

  • 「禁止制限改訂」とは
  • 「禁止制限改訂」の目的
  • 「禁止制限改訂」で規制されるカードの特徴
  • 2017年1月の禁止・制限カード(リミットレギュレーション)

 

①:「禁止制限改訂」とは

禁止制限改訂は、遊戯王カードの禁止・制限・準制限リスト(リミットレギュレーション)を決める改訂です。

遊戯王カードでは、同じカードをデッキに3枚まで採用できます。

しかし、中には枚数が規制されているカードが存在し、それが禁止・制限・準制限カードと呼ばれます。

この禁止・制限・準制限カードを決めるべく行われる改訂が「禁止制限改訂」なわけです。

そして、この「禁止制限改訂」は1月、4月、7月、12月の年に4回行われます。

 

②:「禁止制限改訂」の目的

「禁止制限改訂」の目的を一言で示すなら「健全な環境でデュエルを楽しんでもらうため」です。

そのため、健全な環境を破壊する強すぎるカードを定期的に規制しておくわけです。

公式ページにも禁止制限改訂の目的が掲載されていますので、予想の参考にお使いください。

◆ 基本的な選定理由

遊戯王OCGにおいては過去に発売された全てのカードが使用可能であり、今後も新しいカード・商品が追加されていく、というゲームの環境下において慎重に検討しております。
また、検討の際には、世界中のプレイヤーが遊んでいる事も十分に考慮に入れた上で行われます。
適用される「禁止・制限・準制限カード」は基本的に以下の観点から選定していますが、恒久的なものではありません。

  • ゲームバランスを維持し、遊戯王OCG全体の活性化を促すプレイ環境を作り出す事
  • デッキの選択肢やプレーの幅を広げる事
  • デュエルの駆け引きの要素が激減するようなカード・コンボへの一定の規制
  • プレイヤーが一方的に有利になる状況を作り出すカードへの一定の規制
  • 現状の環境下ではプレイヤーが対処・対策がしづらいカードについての一定の規制
  • デュエルの進行に支障をきたすようなカードへの一定の規制
  • 大会での使用を考慮した際に、規制をかけるべきと判断されるカードへの規制

 (公式ホームページより引用)

 

③:「禁止制限改訂」で規制されるカードの特徴

「禁止制限改訂」で規制されるカードの特徴は、今までの傾向からある程度分かっています。

規制されるほとんどのカードは以下の3種類のどれかに当たります。

  • 環境デッキパーツ
    (環境デッキで使われるキーカード)
  • 汎用パワーカード
    (多くのデッキで使われる強力な汎用カード)
  • ワンキル・ハンデス・ループなどに関するカード

これら3つに当たるカードは「健全な環境」を破壊するため、規制される可能性が高いです。

逆に、規制されにくいカードの特徴は以下の3つです。

  • 最近発売したカード
  • 今後再販されるカード
  • KONAMIがプッシュしているテーマ

これら2つの性質を考えることで、禁止制限改訂内容を予想することができます。

 

④:2017年1月の禁止制限カード一覧(リミットレギュレーション)

最後のおさらいとして、現在の禁止制限カードを見ておきましょう。

2017年1月の禁止制限カード一覧はこちらです。

 

◆ 禁止カード 

  • 《イレカエル》
  • 《ヴィクトリー・ドラゴン》
  • 《エルシャドール・ネフィリム》
  • 《焔征竜-ブラスター》
  • 《Emダメージ・ジャグラー》
  • 《Emヒグルミ》
  • 《EMモンキーボード》
  • 《巌征竜-レドックス》
  • 《旧神ノーデン》
  • 《黒き森のウィッチ》
  • 《サイバーポッド》
  • 《処刑人-マキュラ》
  • 《ゼンマイハンター》
  • 《D-HERO ディスクガイ》
  • 《星守の騎士 プトレマイオス》
  • 《同族感染ウィルス》
  • 《No.16 色の支配者ショック・ルーラー》
  • 《瀑征竜-タイダル》
  • 《ファイバーポッド》
  • 《フィッシュボーグ-ガンナー》
  • 《マジェスペクター・ユニコーン》
  • 《魔導サイエンティスト》
  • 《メンタルマスター》
  • 《八汰烏》
  • 《ラヴァルバル・チェイン》
  • 《嵐征竜-テンペスト》
  • 《レベル・スティーラー》
  • 《悪夢の蜃気楼》
  • 《いたずら好きな双子悪魔》
  • 《押収》
  • 《大嵐》
  • 《苦渋の選択》
  • 《強引な番兵》
  • 《強奪》
  • 《強欲な壺》
  • 《心変わり》
  • 《サンダー・ボルト》
  • 《次元融合》
  • 《生還の宝札》
  • 《大寒波》
  • 《蝶の短剣-エルマ》
  • 《天使の施し》
  • 《早すぎた埋葬》
  • 《ハリケーン》
  • 《マスドライバー》
  • 《魔導書の神判》
  • 《突然変異》
  • 《遺言状》
  • 《異次元からの帰還》
  • 《王宮の弾圧》
  • 《第六感》
  • 《ダスト・シュート》
  • 《血の代償》
  • 《刻の封印》
  • 《ライフチェンジャー》
  • 《ラストバトル!》

◆ 制限カード 

  • 《A・ジェネクス・バードマン》
  • 《E・HERO エアーマン》
  • 《E・HERO シャドー・ミスト》
  • 《EMドクロバット・ジョーカー》
  • 《EMペンデュラム・マジシャン》
  • 《ゴヨウ・ガーディアン》
  • 《PSYフレームロード・Ω》
  • 《重爆撃禽 ボム・フェネクス》
  • 《終末の騎士》
  • 《召喚僧サモンプリースト》
  • 《深海のディーヴァ》
  • 《SRベイゴマックス》
  • 《ダーク・アームド・ドラゴン》
  • 《TG ハイパー・ライブラリアン》
  • 《デビル・フランケン》
  • 《深淵の暗殺者》
  • 《影霊衣の術士 シュリット》
  • 《ネクロフェイス》
  • 《爆竜剣士イグニスターP》
  • 《彼岸の悪鬼 スカラマリオン》
  • 《彼岸の旅人 ダンテ》
  • 《氷結界の虎王ドゥローレン》
  • 《氷結界の龍 トリシューラ》
  • 《氷結界の龍 ブリューナク》
  • 《封印されしエクゾディア》
  • 《封印されし者の右足》
  • 《封印されし者の右腕》
  • 《封印されし者の左足》
  • 《封印されし者の左腕》
  • 《ブリューナクの影霊衣》
  • 《魔界発現世行きデスガイド》
  • 《メタモルポット》
  • 《餅カエル》
  • 《ユニコールの影霊衣》
  • 《竜剣士ラスターP》
  • 《レスキューキャット》
  • 《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》
  • 《異次元からの埋葬》
  • 《一時休戦》
  • 《インフェルニティガン》
  • 《炎舞-「天キ」》
  • 《おろかな埋葬》
  • 《儀式の準備》
  • 《緊急テレポート》
  • 《継承の印》
  • 《原初の種》
  • 《機殻の生贄》
  • 《死者蘇生》
  • 《洗脳-ブレインコントロール》
  • 《増援》
  • 《ソウル・チャージ》
  • 《超融合》
  • 《手札抹殺》
  • 《貪欲な壺》
  • 《影霊衣の反魂術》
  • 《ハーピィの羽根帚》
  • 《汎神の帝王》
  • 《ブラック・ホール》
  • 《ペンデュラム・コール》
  • 《マスク・チェンジ・セカンド》
  • 《霞の谷の神風》
  • 《未来融合-フューチャー・フュージョン》
  • 《名推理》
  • 《ユニオン格納庫》
  • 《揺れる眼差し》
  • 《リミッター解除》
  • 《竜呼相打つ》
  • 《竜の渓谷》
  • 《ワン・フォー・ワン》
  • 《虚無空間》
  • 《王宮の勅命》
  • 《神の警告》
  • 《神の宣告》
  • 《停戦協定》
  • 《破壊輪》
  • 《マジカル・エクスプロージョン》

◆ 準制限カード 

  • 《アーティファクト-モラルタ》
  • 《イビリチュア・ガストクラーケ》
  • 《海皇の竜騎隊》
  • 《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》
  • 《慧眼の魔術師》
  • 《聖なる魔術師》
  • 《ダンディライオン》
  • 《DDスワラル・スライム》
  • 《DDラミア》
  • 《輪廻天狗》
  • 《真帝王領域》
  • 《連鎖爆撃》
  • 《モンスターゲート》

 

SPONCERD LINK

 

禁止制限改訂の規制候補カード

それでは、禁止制限改訂・リミットレギュレーションのおさらいも終わりましたので、2017年4月の制限改訂の規制候補のカードを紹介します。

まず禁止制限カードになりやすい、環境デッキに採用されるカードをデッキごとにまとめていきます。

2017年1月の環境デッキはこの7つです。

()の中は、使用数を表しています。

  • 1位:【十二獣】 (208)
  • 2位:【真竜】 (76)
  • 3位:【インフェルノイド】 (37)
  • 4位:【召喚獣】(35)
  • 5位:【メタルフォーゼ】 (22)
  • 6位:【魔術師】 (19)
  • 7位:【Kozmo】 (11)

それでは、デッキごとに規制候補カードを網羅的に紹介していきます。

 

十二獣

十二獣

「十二獣(じゅうにしし)」は、現環境で圧倒的な使用率を誇っています。

そのため、厳しめの規制がかかると思われます。

「十二獣」の規制候補カードはこちらです。

  • 《十二獣モルモラット》
  • 《十二獣の会局》
  • 《十二獣ブルホーン》
  • 《十二獣ドランシア》

 

十二獣モルモラット

《十二獣モルモラット》は、「十二獣」の戦犯とも言えるモンスターです。

このカードの存在でランク4が簡単に立ってしまい、多くのデッキに出張されました。

効果の性質上、「制限」は厳しいですが、個人的にはなんだかんだ悪用されそうなので、制限にしてしまっていいのではと思っています。

 

十二獣の会局

《十二獣の会局》は、「十二獣」モンスターをノーコストで特殊召喚できる、万能カードです。

《SRベイゴマックス》が制限カードであることを踏まえると、環境デッキの特殊召喚カードは規制するべきでしょう。

ただ、《十二獣モルモラット》が制限・準制限になれば、【十二獣】デッキは大幅に弱体化する(はず)ですので、規制されない可能性もあると思います。

 

十二獣ブルホーン ドランシア

《十二獣ブルホーン》《十二獣ドランシア》は、「十二獣」の汎用エクシーズモンスターです。

【十二獣】デッキの多くに2枚ずつ投入されていましたし、制限に規制すれば、かなりの痛手になると思います。

 

「十二獣」については、こちらの記事がオススメです。

『純十二獣』デッキレシピ:大会優勝・入賞デッキまとめ

『リンク召喚』を活用した「十二獣」先行展開

→ 「十二獣」と相性の良いカード

「十二獣」最新情報

 

真竜

真竜

「真竜(しんりゅう)」は、「十二獣」に次いで高い使用率を誇ります。

ただ、登場したのが最近ということもあり、今回はスルーされそうです。

「真竜」の規制候補カードはこちらです。

  • 《真竜剣皇マスターP》
  • 《ドラゴニックD》

 

真竜剣皇マスターP

《真竜剣皇マスターP》は、【真竜】デッキのフィニッシャーです。

簡単にモンスター効果・魔法・罠の耐性を得ることができ、相手ターンに破壊効果も持ち、非常に強力です。

ただ、収録されている「マキシマムクライシス」が1月発売ということもあり、まだ規制されないだろうなとは思います。

 

ドラゴニックD

《ドラゴニックD》は、「真竜」のフィールド魔法です。

手札のモンスターを破壊しつつサーチを行うことができ、【真竜】以外のデッキにも出張されています。

ただ、こちらも発売間もないということで、規制される可能性は薄そうです。

 

「真竜」については、こちらの記事もオススメです。

「真竜」まとめ

『真竜』デッキレシピ:大会優勝・入賞デッキまとめ

「真竜」相性の良いカード

「真竜」デッキ:デッキ構築・回し方

「真竜」対策カード

「真竜」最新情報

 

インフェルノイド

インフェルノイド

「インフェルノイド」は、大会での使用するは多めですが、《灰流うらら(はるうらら)》登場後使用数が激減しています。

そう考えると、あまり厳しく規制する必要はないかなと思います。

「インフェルノイド」の規制候補カードはこちらです。

  • 《隣の芝刈り》
  • 《煉獄の狂宴》
  • 《妖精伝姫-シラユキ》

 

隣の芝刈り

《隣の芝刈り》は、自分のデッキを10枚単位で削ることができる魔法カードです。

1度発動に成功してしまえば、莫大な墓地アドバンテージを得ることができます。

【インフェルノイド】を環境にのし上げたカードであり、今後も悪さをしそうなカードです。

ただ、このカードによって「60枚デッキ」という新たなジャンルが生まれ、デュエルシーンが多彩になりました。

個人的には、残してもいいかなというカードです。

 

煉獄の狂宴

《煉獄の狂宴》は、デッキから「インフェルノイド」を大量に特殊召喚できる罠カードです。

必須カード・キーカードというわけでもないのですが、「インフェルノイド」は規制が難しく、規制するならこのカードになるのかなと思います。

 

妖精伝姫-シラユキ

《妖精伝姫-シラユキ》は、墓地から特殊召喚できる妨害モンスターです。

その効果は非常に厄介で、このカードを規制することで「インフェルノイド」を大幅に弱体化させることができます。

ただ、「コードオブザデュエリスト」で登場する「トワイライトロード」と非常に相性が良いため、規制の可能性は高くなさそうです。

 

「インフェルノイド」については、こちらの記事もオススメです。

「インフェルノイド」 大会デッキレシピまとめ

→ 「インフェルノイド」の最新情報

 

召喚獣

召喚獣

「召喚獣(しょうかんじゅう)」は、使用率が4番目に高いテーマではありますが、新マスタールール」の影響で弱体化が予想されます。

そのため、あまり規制をかける必要はないかと思います。

一応「召喚獣」の規制候補カードをあげるとこちらになります。

  • 《召喚師アレイスター》
  • 《召喚魔術》

 

「召喚獣」については、こちらの記事がオススメです。

『召喚獣』大会デッキレシピまとめ

「召喚獣」と相性の良いカード

「召喚獣」最新情報

 

メタルフォーゼ

メタルフォーゼ

「メタルフォーゼ」は、「ザ・ダークイリュージョン」登場し常に大会で結果を残しています。

ただ、新マスタールールの影響をモロに受けますし、単純な規制カードも見当たりませんので、今回はスルーかなと思います。

 

「メタルフォーゼ」については、こちらの記事がオススメです。

「メタルフォーゼ」デッキレシピまとめ

「メタルフォーゼ」最新情報

 

魔術師

魔術師

「魔術師」は、「ストラクチャーデッキ -ペンデュラム・エボリューション-」で登場し、大会ではある程度の結果を残しています。

ただ「メタルフォーゼ」同様、「新マスタールール」で弱体化されますので、規制は必要ないかなと思います。

 

「魔術師」については、こちらの記事がオススメです。

「魔術師」カードまとめ

『魔術師』デッキレシピ:大会優勝・入賞デッキまとめ

「魔術師」デッキ:回し方・デッキ構築

「魔術師」最新情報

 

Kozmo

Kozmo(コズモ)

「Kozmo(コズモ)」は、それほど大会で猛威を振るったテーマではありません。

ただエクストラデッキを活用しないため、新マスタールール」「リンク召喚」適用後も問題なく展開することができます。

海外では《Kozmo- ダーク・シミター》が制限なこともあり、以下のうちに規制をかけてもいいかもしれません。

 

「Kozmo」については、こちらの記事もオススメです。

『Kozmo』デッキレシピ:大会優勝・入賞デッキまとめ

「Kozmo」最新情報

 

壊獣

壊獣

「壊獣」は、大会では単体では用いられず、《妨げられた壊獣の眠り》ととも出張される形をとります。

採用率も高めで、フィールドを一掃するという効果も凶悪なため、《妨げられた壊獣の眠り》は規制される可能性はありそうです。

 

汎用カード

禁止制限改訂 汎用カード

「禁止制限改訂」では、環境デッキカードに加え、汎用カードも規制されます。

2017年1月に高い使用率を誇った汎用カードはこちらのカードです。

  • 《強欲で貪欲な壺》
  • 《神の通告》
  • 《次元障壁》
  • 《虚無空間》
  • 《テラフォーミング》

それぞれ、「今」規制する必要はありませんが、もしかしたら規制がかかるかもしれません。

新マスタールールも登場しますので、読めないところです。

 

SPONCERD LINK

 

禁止制限改訂ー規制候補カード一覧

以上をまとめると、2017年1月の規制候補は以下18枚になります。

  • 《十二獣モルモラット》
  • 《十二獣の会局》
  • 《十二獣ブルホーン》
  • 《十二獣ドランシア》
  • 《真竜剣皇マスターP》
  • 《ドラゴニックD》
  • 《隣の芝刈り》
  • 《妖精伝姫-シラユキ》
  • 《煉獄の狂宴》
  • 《召喚師アレイスター》
  • 《召喚魔術》
  • 《Kozmo- ダーク・シミター》
  • 《妨げられた壊獣の眠り》
  • 《強欲で貪欲な壺》
  • 《神の通告》
  • 《次元障壁》
  • 《虚無空間》
  • 《テラフォーミング》

 

かなりの枚数をあげましたが、これら全てが規制されるわけではなく、規制される可能性があるカードとして紹介しました。

個人的には、《十二獣モルモラット》《十二獣の会局》さえ規制すれば納得できます。

 

SPONCERD LINK

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

2017年4月の禁止制限改訂(リミットレギュレーション)の規制候補を網羅的に21枚まとめてみました。

7つの環境デッキと汎用カードから考えることで、規制されそうなカードを網羅的にまとめています。

緩和候補カードは、こちらにまとめていますので、合わせてご覧ください。

禁止制限改訂予想(2017年4月):緩和候補カード22枚まとめ!

 

皆さんはどのカードが規制されると思いますか。

ぜひ、コメントにて皆さんの予想を聞かせてください。

引き続き、「禁止制限改訂」「リミットレギュレーション」について記事にしていきます。

それでは、またお会いしましょう。

 

「禁止制限改訂」「リミットレギュレーション」についてはこちらの記事もオススメです。

リミットレギュレーション(2017年7月禁止制限改訂):規制予想カード25枚まとめ!

禁止制限改訂予想(2017年4月):緩和候補カード22枚まとめ!

 

Vジャンプ2017年5月号

◆ 予約はこちら
Vジャンプ2017年5月特大号(Amazon)

SPONCERD LINK

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 遊戯王カード 安く買う方法

    遊戯王カード 高く売る方法




  • 切り込み隊長

    「きりぶろ!」の管理人。(旧:遊戯王カードのメルカリ攻略だよ。)

    遊戯王の最新情報・高騰情報・最新デッキ・大会デッキレシピ・収録カードリストなどを解説・考察しています。

    遊戯王ブログとしては異例の月間200万PVを達成し、ブログランキング1位を獲得しました。

    好きなカードは《切り込み隊長》です。

    相互リンク・アンテナ登録・広告掲載などのお問い合わせはこちら

    ボタン こうなる
    Twitterに更新情報が届く
    follow us in feedly Feedlyに更新情報が届く
    人気ブログ投票 人気ブログに投票、僕が喜ぶ

  • 遊戯王の買取なら「トレトク」がオススメ!

    とりあえず申し込めば梱包キットが届きます。あとは、ダンボールにカードを詰めるだけ。

    今なら、創業20周年で買取金額20%アップ!

     

  • 遊戯王カード 安く買う方法

    遊戯王カード 高く売る方法

PAGE TOP ↑