*

【デュエルリンクス】「エイジオブディスカバリー」は買うべき?当たり10枚を解説!

公開日: : 最終更新日:2017/02/03 デュエルリンクス ,

「エイジオブディスカバリー」は買うべきでしょうか。当たりカード10枚を解説しました。

「エイジオブディスカバリー」は「海」をテーマとした新パック(BOX)で、表紙には《海竜-ダイダロス》が描かれています。

新たに40枚の新規カードが登場しています。

さて、新パックが出たのはいいのですが、そもそもこのパックは買うべきなのでしょうか。

また、どのカードが当たりと言っていいのでしょうか。

それぞれ解説していきます。

 

 

SPONCERD LINK

 

「エイジオブディスカバリー(AGE OF DISCOVERY)」とは

age-of-discovery

新パック「エイジオブディスカバリー」は、「海」をテーマとしたパックです。

全パック数は80パックです。

全収録カード40種は、UR(ウルトラレア)2種、SR(スーパーレア)8種、R(レア)14種、N(ノーマル)16種で構成されています。

収録カードとしては、水属性モンスターや水サポートの魔法・罠カードが多数収録されています。

また、《雷魔神サンガ》《水魔神スーガ》《風魔神ヒューガ》の「三魔神」や、《迷える子羊》《道連れ》といった汎用魔法・罠カードも収録されています。

「エイジオブディスカバリー」は買うべきなのか、以下の順番で簡単にまとめていきます。

  • 「エイジオブディスカバリー」収録カード一覧
  • 「エイジオブディスカバリー」当たりカード解説
  • 「エイジオブディスカバリー」は買うべき?

 

「エイジオブディスカバリー」収録カード一覧

まずは「エイジオブディスカバリー」の収録カード一覧をおさらいしましょう。

収録カードの一覧を、全収録カード・レアカードの順番に以下に示しました。

 

「エイジオブディスカバリー」全収録カード一覧(40種)

◆ モンスター(29種)

  • 海竜-ダイダロス UR
  • カンツウツボ SR
  • 味方殺しの女騎士 SR
  • ハリマンボウ SR
  • 黄泉へ渡る船 SR
  • 黒龍の雛 SR
  • 水魔人スーガ R
  • 風魔神ヒューガ R
  • 雷魔神サンガ R
  • ナチュルガーディアン R
  • 暴風小僧 R
  • ヒゲアンコウ R
  • ウェポンサモナー R
  • 逆ギレパンダ R
  • 満ち潮のマーマン R
  • 王室前のガーディアン R
  • サイレントアビス N
  • 幻影のゴラ亀 N
  • ブリザードウォリアー N
  • グラスファントム N
  • 首領亀 N
  • 魔力吸収球体 N
  • ピクシーガーディアン N
  • デスハムスター N
  • 軍隊ピラニア N
  • スターボーイ N
  • 深海の大ウナギ N
  • 氷結界の番人ブリズド N
  • ラージマウス N

◆ 魔法(6種)

  • 強欲なウツボ SR
  • 迷える子羊 SR
  • コストダウン SR
  • 大波小波 R
  • 頼もしき守護者 R
  • 水神の護符 N

◆ 罠(5種)

  • 道連れ UR
  • 白兵戦 R
  • 白衣の天使 R
  • 儀水鏡の反魂術 N
  • オーバーウェルム N

 

「エイジオブディスカバリー」レアカード一覧(10種)

◆ UR(ウルトラレア:全2種)

  • 海竜-ダイダロス 
  • 道連れ 

◆ SR(スーパーレア:全8種)

  • カンツウツボ
  • 味方殺しの女騎士
  • ハリマンボウ
  • 黄泉へ渡る船
  • 黒龍の雛
  • 強欲なウツボ
  • 迷える子羊
  • コストダウン

 

「エイジオブディスカバリー」レア・当たりカード解説

次に、「エイジオブディスカバリー」のレアカードを解説していきます。

収録されるUR・SR10枚を解説し、今回の当たりカードはどれなのか考えてみました。

 

《海竜-ダイダロス》(UR)

海竜リバイアドラゴン-ダイダロス/Levia-dragon – Daedalus》
効果モンスター
星7/水属性/海竜族/攻2600/守1500
自分フィールド上に存在する「海」を墓地に送る事で、このカード以外のフィールド上のカードを全て破壊する。

フィールド魔法「海」を墓地に送ることでフィールドのカードを全て破壊します。

レベルが7なので《生け贄人形》での特殊召喚を狙いやすく、《大波小波》による特殊召喚も狙えます。

攻撃力も2600なので、「カジキ」デッキでは強力なフィニッシャーとして活躍します。

 

《道連れ》(UR)

道連みちづれ/Michizure》
通常罠
フィールド上に存在するモンスターが自分の墓地へ送られた時に発動する事ができる。フィールド上に存在するモンスター1体を破壊する。

モンスターが自分の墓地に送られた時、フィールドのモンスターを破壊できます。

汎用性が広く、多くのデッキに採用できます。

ぜひとも手に入れたいURです。

 

《カンツウツボ》(SR)

《カンツウツボ/Piercing Moray》
効果モンスター
星4/水属性/魚族/攻1500/守 500
1ターンに1度、自分のメインフェイズ時にこのカード以外の自分フィールド上の魚族・海竜族・水族モンスター1体をリリースして発動できる。このカードの攻撃力は600ポイントアップする。また、このカードが守備表示モンスターを攻撃した時、その守備力を攻撃力が超えていれば、その数値だけ相手ライフに戦闘ダメージを与える。

魚族・海竜族・水族をリリースすることで攻撃力が600上がる効果と、守備貫通効果を持ちます。

メリット効果を2つを持つにもかかわらず攻撃力が1500と高いです。

「カジキ」のデッキでは積極的に採用したいカードです。

 

《味方殺しの女騎士》(SR)

味方殺みかたごろしの女騎士おんなきし/The Unfriendly Amazon》
効果モンスター
星4/地属性/戦士族/攻2000/守1000
自分のスタンバイフェイズ毎に、このカードを除く自分のフィールド上モンスター1体を生け贄に捧げなければ、このカードを破壊する。

自分スタンバイフェイズにモンスターをリリースしなければ自壊します。

攻撃力が2000と非常に高く、次の自分ターンまではかなりの強さを発揮します。

《迷える子羊》などを使用する、モンスターを確保しやすいデッキで活躍しそうです。

 

《ハリマンボウ》(SR)

《ハリマンボウ/Needle Sunfish》
効果モンスター
星3/水属性/魚族/攻1500/守 100
このカードが墓地へ送られた時、相手フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択して発動する。選択した相手モンスターの攻撃力は500ポイントダウンする。

墓地に送られると、相手モンスター1体の攻撃力を500下げることができます。

フィールド以外にも、手札・デッキから墓地に送られても効果が発揮できます。

攻撃力も1500と低くなく、「カジキ」デッキ以外にも様々なデッキで活躍します。

「SR」の中では手に入れたいカードと言えます。

 

《黄泉へ渡る船》(SR)

黄泉よみわたふね/Yomi Ship》
効果モンスター
星3/水属性/水族/攻 800/守1400
このカードが戦闘によって破壊され墓地に送られた時、このカードを破壊したモンスターを破壊する。

戦闘で破壊された時、破壊したモンスターを破壊する効果を持ちます。

どんなモンスターでも破壊できる強みがありますが、破壊するモンスターを選ぶことはできません。

確実に破壊したい場合は、自爆特攻をする必要があります。

攻撃力は800と、ギリギリアタッカーとして動かせるラインです。

使えそうで、使いづらいモンスターだと思います。

 

《黒龍の雛》(SR)

黒竜こくりゅうひな/Black Dragon’s Chick》
効果モンスター
星1/闇属性/ドラゴン族/攻 800/守 500
自分フィールド上に表側表示で存在するこのカードを墓地へ送って発動できる。手札から「真紅眼の黒竜」1体を特殊召喚する。

自身を墓地に送り、手札から《真紅眼の黒竜》を特殊召喚できます。

レベル7モンスターを出すのにリリースが1体で済みますので、《真紅眼の黒竜》がかなり出しやすくなります。

ただ、《真紅眼の黒竜》の攻撃力は2400と最上級モンスターとしては少し足りないので、頻繁に使われるカードではなさそうです。

 

《強欲なウツボ》(SR)

強欲ごうよくなウツボ/Moray of Greed》
通常魔法
手札の水属性モンスター2体をデッキに戻してシャッフルする。その後、デッキからカードを3枚ドローする。

手札の水属性モンスタ−2体をデッキに戻し3ドローする魔法カードです。

カードの総数は増えていませんが、1枚のデッキ圧縮をすることができます。

「カジキ」のデッキでは活躍しうるカードですが、必須カードではありません。

 

《迷える子羊》(SR)

まよえる仔羊こひつじ/Stray Lambs》
通常魔法
このカードを発動する場合、このターン内は召喚・反転召喚・特殊召喚できない。自分フィールド上に「仔羊トークン」(獣族・地・星1・攻/守0)を2体守備表示で特殊召喚する。

トークンを2体特殊召喚します。ただ、このターン召喚・反転召喚・特殊召喚ができません。

様々な召喚が封じられますが、実は「セット」ができます。

そのため、《青眼の白龍》や《風魔神ヒューガ》を始めとする「三魔神」の召喚の役立ちます。

このカードを活用した【ヒューガアイズ】というデッキも存在し、今回のSRではぜひとも手に入れたいカードです。

 

《コストダウン》(SR)

《コストダウン/Cost Down》
通常魔法
(1):手札を1枚捨てて発動できる。このターン、自分の手札のモンスターのレベルを2つ下げる。

手札を1枚捨て、手札のモンスターのレベルを2つ下げる魔法カードです。

レベル5,6モンスターならばリリースなしで、レベル7,8モンスターならリリース1体で召喚できるようになります。

ただ、手札コストがあり、使うだけだと2枚のアド損になります。

 

「エイジオブディスカバリー」の当たりカードは?

以上を踏まえると、「当たりカード」は以下の3枚になると思います。

  • 《道連れ》
  • 《ハリマンボウ》
  • 《迷える子羊》

これら3枚は、今後様々なデッキで活躍できそうです。

《道連れ》は、ほぼ全てのデッキに採用できる破壊罠カードです。

《ハリマンボウ》は、どの【スタンダード】に入れても活躍します。

《迷える子羊》は、環境デッキに近い【ヒューガアイズ】で採用されます。

 

SPONCERD LINK

 

「エイジオブディスカバリー」は買うべき?

age-of-discovery

さてレアカードの内容を踏まえて、「エイジオブディスカバリー」は買うべきなのでしょうか。

結論としては、必須ではないですが「買っておくといい」です。

《道連れ》《ハリマンボウ》《迷える子羊》は今後様々なデッキで活躍が見込まれますし、ノーマル・レアで収録されているカードにも使えるカードが多いです。

《水魔人スーガ》《風魔神ヒューガ》《雷魔神サンガ》は、《青眼の白龍》にも引けを取らない最上級モンスター。

《ウェポンサモナー》《満ち潮のマーマン》《王室前のガーディアン》は、簡単に手に入る1600、1650打点。

《デスハムスター》は、壁にもなり、リリース要員としても活躍できます。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

「エイジオブディスカバリー」は買うべきなのか、おすすめの当たりカードを含め解説しました。

このパックでは、様々なデッキで採用できる強力なカードが入っていますし、ノーマル・レアにも使いやすいカードが多数入っています。

そのため、デュエルキングを目指す上ではぜひ買っておきたいパックといえそうです。

やっぱり新しいパックが出るとデュエル環境が盛り上がりますね。

KONAMIさんには頻繁に新パックを出して欲しいです。

次のパック解放を楽しみに待ちましょう。

 

「デュエルリンクス」についてはこちらの記事もオススメです。

「フレイムオブザタイラント」当たりランキング!おすすめカード7枚!

レジェンドデュエリスト11人出現条件まとめ!キース、リシド、イシズ、梶木の出し方

新パックAGE OF DISCOVERY(エイジ・オブ・ディスカバリー)公開!収録カード一覧

カテゴリ「デュエルリンクス」記事一覧

 

◆ 予約はこちら
【予約】20th ANNIVERSARY PACK 2nd WAVE BOX(Amazon)
【予約】20th ANNIVERSARY PACK 2nd WAVE BOX(駿河屋)
【予約】20th ANNIVERSARY PACK 2nd WAVE BOX(楽天市場)

◆ 収録カード一覧はこちら
「20thアニバーサリーパック2nd wave」全収録カード一覧

SPONCERD LINK

関連記事

  • 切り込み隊長

    「きりぶろ!」の管理人。(旧:遊戯王カードのメルカリ攻略だよ。)

    遊戯王の情報を調べるのが好きで、毎日ブログ・wiki・youtubeを見まくっています。

    このブログでは、集めた遊戯王の情報をまとめて、テーマの特徴・デッキの作り方・大会デッキレシピなどを中心に書いています。

    好きなカードは《切り込み隊長》。好きなデッキは「ライトロード」「剣闘獣」です。

    ブログランキングに参加しています。応援頂けると嬉しいです。

    応援ボタン

    広告をご掲載いただける企業・個人の方も募集しています。お気軽にお問い合わせください。(実績あり)

    お問い合わせ

  • トレーディングカード/ブロマイド販売 通販ショップの駿河屋
PAGE TOP ↑