*

【遊戯王】禁止制限改訂予想(2017年1月):緩和候補カードを22枚まとめてみました!

SPONCERD LINK

公開日: : 最終更新日:2017/03/12 コラム ,

2016年12月17日に「Vジャンプ2017年2月号」が発売されます。

 

limit regulation

予約はこちら
Vジャンプ2017年2月号(Amazon)
Vジャンプ2017年2月号(楽天ブックス)

 

このVジャンプでは、付録として《破壊竜ガンドラーギガ・レイズ》が収録されます。

今の所効果・ステータスともに不明です。

そして、デュエリストに取って非常に重要な情報が掲載されます。

そう、禁止制限改訂(リミットレギュレーション)です。

「規制」されそうなカードは以下記事にまとめています。

【遊戯王】禁止制限改訂予想(2017年1月):規制候補カードを21枚まとめてみました!

 

今回は、2017年1月の禁止制限改訂で「緩和」されそうなカードを網羅的に22枚まとめてみました。

あくまでも「網羅的」ですので、全てが緩和されるというわけではなく、この中からどれかが緩和されるといったイメージで見ていただければと思います。

網羅的に記載することによって、前回10月の制限改訂では以下8枚を予想することができました。

  • 《聖なる魔術師》
  • 《アーティファクト-モラルタ》
  • 《光天使スローネ》
  • 《甲虫装機 ダンセル》
  • 《慧眼の魔術師》
  • 《クリッター》
  • 《サウザンド・アイズ・サクリファイス》
  • 《光の援軍》
  • 《堕ち影の蠢き》

この緩和候補リストを、ぜひ予想の参考にお使いください。

それでは、早速始めていきましょう。

 

 

SPONCERD LINK

 

禁止制限改訂(リミットレギュレーション)とは

2017年1月の緩和候補を予想する前に、禁止制限改訂についておさらいしましょう。

おさらいする内容は以下の3つです。

  • 禁止制限改訂の目的
  • 禁止制限改訂で緩和されるカード
  • 2016年10月の禁止制限改訂(リミットレギュレーション)

 

禁止制限改訂の目的

禁止制限改訂の目的はこちらの記事に記載しています。

【遊戯王】禁止制限改訂予想(2017年1月):規制候補カードを21枚まとめてみました!

 

禁止制限改訂で緩和されるカード

規制緩和されるカードは、今までの経験上である程度特徴が分かっています。

以下の3つです。

  • 昔の環境デッキに用いられたカード
  • 一度緩和されたカード(段階緩和)
  • エラッタされたカード

 

2016年10月の禁止制限改訂(リミットレギュレーション)

最後のおさらいとして、現在の禁止制限カードを見ておきましょう。

2016年10月の禁止制限カード一覧はこちらです。

この中から、2017年1月の緩和カードが決定します。

 

◆ 禁止カード 

  • 《イレカエル》
  • 《ヴィクトリー・ドラゴン》
  • 《エルシャドール・ネフィリム》
  • 《焔征竜-ブラスター》
  • 《Emダメージ・ジャグラー》
  • 《Emヒグルミ》
  • 《EMモンキーボード》
  • 《巌征竜-レドックス》
  • 《旧神ノーデン》
  • 《黒き森のウィッチ》
  • 《ゴヨウ・ガーディアン》
  • 《サイバーポッド》
  • 《処刑人-マキュラ》
  • 《ゼンマイハンター》
  • 《D-HERO ディスクガイ》
  • 《星守の騎士 プトレマイオス》
  • 《同族感染ウィルス》
  • 《No.16 色の支配者ショック・ルーラー》
  • 《瀑征竜-タイダル》
  • 《氷結界の龍 ブリューナク》
  • 《ファイバーポッド》
  • 《フィッシュボーグ-ガンナー》
  • 《魔導サイエンティスト》
  • 《メンタルマスター》
  • 《八汰烏》
  • 《ラヴァルバル・チェイン》
  • 《嵐征竜-テンペスト》
  • 《レスキューキャット》
  • 《レベル・スティーラー》
  • 《悪夢の蜃気楼》
  • 《いたずら好きな双子悪魔》
  • 《押収》
  • 《大嵐》
  • 《苦渋の選択》
  • 《強引な番兵》
  • 《強奪》
  • 《強欲な壺》
  • 《心変わり》
  • 《サンダー・ボルト》
  • 《次元融合》
  • 《生還の宝札》
  • 《洗脳-ブレインコントロール》
  • 《大寒波》
  • 《蝶の短剣-エルマ》
  • 《天使の施し》
  • 《早すぎた埋葬》
  • 《ハリケーン》
  • 《マスドライバー》
  • 《魔導書の神判》
  • 《未来融合-フューチャー・フュージョン》
  • 《突然変異》
  • 《遺言状》
  • 《異次元からの帰還》
  • 《王宮の弾圧》
  • 《王宮の勅命》
  • 《第六感》
  • 《ダスト・シュート》
  • 《血の代償》
  • 《刻の封印》
  • 《ライフチェンジャー》
  • 《ラストバトル!》

◆ 制限カード 

  • 《A・ジェネクス・バードマン》
  • 《E・HERO エアーマン》
  • 《E・HERO シャドー・ミスト》
  • 《EMドクロバット・ジョーカー》
  • 《EMペンデュラム・マジシャン》
  • 《PSYフレームロード・Ω》
  • 《重爆撃禽 ボム・フェネクス》
  • 《終末の騎士》
  • 《召喚僧サモンプリースト》
  • 《深海のディーヴァ》
  • 《聖なる魔術師》
  • 《ダーク・アームド・ドラゴン》
  • 《ダンディライオン》
  • 《TG ハイパー・ライブラリアン》
  • 《デビル・フランケン》
  • 《深淵の暗殺者》
  • 《影霊衣の術士 シュリット》
  • 《ネクロフェイス》
  • 《爆竜剣士イグニスターP》
  • 《彼岸の悪鬼 スカラマリオン》
  • 《彼岸の旅人 ダンテ》
  • 《氷結界の龍 トリシューラ》
  • 《封印されしエクゾディア》
  • 《封印されし者の右足》
  • 《封印されし者の右腕》
  • 《封印されし者の左足》
  • 《封印されし者の左腕》
  • 《ブリューナクの影霊衣》
  • 《魔界発現世行きデスガイド》
  • 《マジェスペクター・ユニコーン》
  • 《メタモルポット》
  • 《ユニコールの影霊衣》
  • 《竜剣士ラスターP》
  • 《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》
  • 《異次元からの埋葬》
  • 《一時休戦》
  • 《インフェルニティガン》
  • 《おろかな埋葬》
  • 《儀式の準備》
  • 《緊急テレポート》
  • 《継承の印》
  • 《原初の種》
  • 《機殻の生贄》
  • 《死者蘇生》
  • 《増援》
  • 《ソウル・チャージ》
  • 《超融合》
  • 《手札抹殺》
  • 《貪欲な壺》
  • 《影霊衣の反魂術》
  • 《ハーピィの羽根帚》
  • 《汎神の帝王》
  • 《ブラック・ホール》
  • 《ペンデュラム・コール》
  • 《マスク・チェンジ・セカンド》
  • 《霞の谷の神風》
  • 《名推理》
  • 《揺れる眼差し》
  • 《リミッター解除》
  • 《竜呼相打つ》
  • 《竜の渓谷》
  • 《ワン・フォー・ワン》
  • 《虚無空間》
  • 《神の警告》
  • 《神の宣告》
  • 《停戦協定》
  • 《破壊輪》
  • 《マジカル・エクスプロージョン》

◆ 準制限カード 

  • 《アーティファクト-モラルタ》
  • 《イビリチュア・ガストクラーケ》
  • 《甲虫装機 ダンセル》
  • 《海皇の竜騎隊》
  • 《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》
  • 《慧眼の魔術師》
  • 《DDスワラル・スライム》
  • 《DDラミア》
  • 《氷結界の虎王ドゥローレン》
  • 《光天使スローネ》
  • 《マスマティシャン》
  • 《馬頭鬼》
  • 《輪廻天狗》
  • 《神の写し身との接触》
  • 《真帝王領域》
  • 《連鎖爆撃》
  • 《モンスターゲート》

 

SPONCERD LINK

 

 

禁止制限改訂(リミットレギュレーション)緩和候補カード

それでは、禁止制限改訂(リミットレギュレーション)のおさらいも終わりましたので、2017年1月の制限改訂の緩和候補のカードを紹介します。

禁止・制限・準制限カードからそれぞれ予想していきます。

  • 規制緩和カード(禁止カード部門)
  • 規制緩和カード(制限カード部門)
  • 規制緩和カード(準制限カード部門)

 

規制緩和カード(禁止カード部門)

limit regulation

まずは、禁止カードからの緩和カードです。

禁止カードから緩和されるカードは、深い理由があるわけではなく、KONAMIのさじ加減によるところが大きいです。

そのため、緩和予想は非常に困難です。

あげるとしたら、以下の6枚になるかなと思います。

  • 《エルシャドール・ネフィリム》
  • 《Emダメージ・ジャグラー》
  • 《ゴヨウ・ガーディアン》
  • 《同族感染ウィルス》
  • 《サンダー・ボルト》
  • 《洗脳-ブレインコントロール》

 

《エルシャドール・ネフィリム》は、「シャドール」使いの願望枠ですね。

このカードがあると、光属性の墓地送り手段が容易になってしまい、個人的には難しいかなと思っています。

 

《Emダメージ・ジャグラー》は、【EMEm】の名残で禁止カードになっています。

ただ、【EM】は非常に厳しく規制されており、今は大会で見ることはありません。

そのため、戻してあげてもいいのかなと思っています。

 

《ゴヨウ・ガーディアン》《同族感染ウィルス》《サンダー・ボルト》《洗脳-ブレインコントロール》は、長らく禁止が続いているカードです。

ただ、「今となっては」という印象があります。

実際いくつかのカードは海外TCG環境では緩和されています。

万が一緩和されると値段が一気に上がりますので集めておくといいかもしれません。

 

規制緩和カード(制限カード部門)

limit regulation

次は、制限カードからの緩和です。規制緩和としては最も重要な緩和です。

あげてみると以下の6枚になります。

  • 《聖なる魔術師》
  • 《彼岸の悪鬼 スカラマリオン》
  • 《彼岸の旅人 ダンテ》
  • 《ペンデュラム・コール》
  • 《竜の渓谷》
  • 《マスク・チェンジ・セカンド》

 

《聖なる魔術師》は、2016年10月に禁止カードから緩和されたカードです。

一度緩和されたカードは段階的に緩和されていく傾向がありますので、準制限になる可能性が高そうです。

 

《彼岸の悪鬼 スカラマリオン》《彼岸の旅人 ダンテ》は、2016年上半期に活躍した【彼岸】デッキのキーカードです。

現在、環境から【彼岸】が見事に消え去っていることから、緩和してあげてもいいのかもしれません。

 

《ペンデュラム・コール》は、【EM竜剣士】徹底規制の際に巻き添えを食らった「魔術師」カードです。

12月23日には「魔術師」をテーマとしたストラク「ペンデュラムエボリューション」が発売されます。

そのため、このタイミングで緩和される可能性はありそうです。

 

《竜の渓谷》は、本来【ドラグニティ】で採用されるカードです。

ただ、ドラゴン族全般のデッキで採用され、長らく規制されています。

現在、ドラゴン族テーマ【青眼】もあまり活躍していないようですし、戻してあげてもいいかもしれません。

 

《マスク・チェンジ・セカンド》は、【彼岸】デッキを始めとする様々なデッキに採用されたことから規制されています。

ただ、「今更《E・HERO ダーク・ロウ》が出てきたところで、、、」といった印象でしょうか。

戻してもいいのですが、緩和を望んでいるデッキもないことから微妙なところです。

 

規制緩和カード(準制限カード部門)

limit regulation

最後は、準制限カードからの緩和カードです。

この緩和は「段階緩和」が多く、2016年10月に緩和したカードのほとんどに可能性があります。

以下10枚をあげました。

  • 《アーティファクト-モラルタ》
  • 《甲虫装機 ダンセル》
  • 《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》
  • 《慧眼の魔術師》
  • 《光天使スローネ》
  • 《マスマティシャン》
  • 《神の写し身との接触》
  • 《真帝王領域》
  • 《モンスターゲート》
  • 《輪廻天狗》

前回の制限改訂で緩和されたカードたちが中心です。

前回緩和されたカードは、すべて強力な効果を持っているのですが、「2枚がいいなら3枚でもいいんじゃないか」という印象があります。

例えば、《アーティファクト-モラルタ》は「AF出張」として様々なデッキに採用されますが、「モラルタを3枚入れるか」と言われれば1,2枚十分です。

この理屈がほとんどのカードに当てはまると思います。

個人的には【メタル甲虫装機】を組んでいますので、《甲虫装機 ダンセル》が緩和されて欲しいです。

 

《輪廻天狗》は、常に緩和候補に上がっています。

海外先行カードでして、そもそも日本では3枚使える状態を経験していません。

緩和してもいいですが、緩和しなくても全然構わない、そんなカードです。

 

SPONCERD LINK

 

禁止制限改訂(リミットレギュレーション)緩和候補一覧

以上をまとめると、2017年1月の緩和候補は以下22枚になります。

◆ 禁止→制限

  • 《エルシャドール・ネフィリム》
  • 《Emダメージ・ジャグラー》
  • 《ゴヨウ・ガーディアン》
  • 《同族感染ウィルス》
  • 《サンダー・ボルト》
  • 《洗脳-ブレインコントロール》

◆ 制限→準制限or無制限

  • 《聖なる魔術師》
  • 《彼岸の悪鬼 スカラマリオン》
  • 《彼岸の旅人 ダンテ》
  • 《ペンデュラム・コール》
  • 《竜の渓谷》
  • 《マスク・チェンジ・セカンド》

◆ 準制限→無制限

  • 《アーティファクト-モラルタ》
  • 《甲虫装機 ダンセル》
  • 《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》
  • 《慧眼の魔術師》
  • 《光天使スローネ》
  • 《マスマティシャン》
  • 《神の写し身との接触》
  • 《真帝王領域》
  • 《モンスターゲート》
  • 《輪廻天狗》

以上まとめてみましたが。あくまでも網羅的に並べただけですので、全てのカードが緩和されるわけではありません。

予想の際に参考にしていただければと思います。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

2017年1月の禁止制限改訂(リミットレギュレーション)の緩和候補を網羅的に22枚まとめてみました。

禁止カード・制限カード・準制限カードからそれぞれ緩和候補を挙げてみました。

1月の禁止制限改訂ですので、緩和されるカードもそれほど多くないです。

《聖なる魔術師》と準制限9人衆のうち何枚かが緩和されるくらいが妥当かなと思います。

皆さんの予想はいかがでしょうか。

この一覧をぜひお役立てください。

 

【関連記事】

【遊戯王】禁止制限改訂予想(2017年1月):規制候補カードを21枚まとめてみました!

【遊戯王】10月のリミットレギュレーション(禁止制限改訂)フラゲ!あれ、神の通告は?

【遊戯王】まもなく10月の禁止制限改訂!緩和候補23枚をまとめました【リミットレギュレーション予想】

 

limit regulation

予約はこちら
Vジャンプ2017年2月号(Amazon)
Vジャンプ2017年2月号(楽天ブックス)

SPONCERD LINK

関連記事

  • 切り込み隊長

    「きりぶろ!」の管理人。(旧:遊戯王カードのメルカリ攻略だよ。)

    遊戯王の情報を調べるのが好きで、毎日ブログ・wiki・youtubeを見まくっています。

    このブログでは、集めた遊戯王の情報をまとめて、テーマの特徴・デッキの作り方・大会デッキレシピなどを中心に書いています。

    好きなカードは《切り込み隊長》。好きなデッキは「ライトロード」「剣闘獣」です。

    ブログランキングに参加しています。応援頂けると嬉しいです。

    応援ボタン

    広告をご掲載いただける企業・個人の方も募集しています。お気軽にお問い合わせください。(実績あり)

    お問い合わせ

  • トレーディングカード/ブロマイド販売 通販ショップの駿河屋
PAGE TOP ↑