*

【遊戯王】『捕食植物(プレデタープランツ)』相性の良いカード15枚まとめました!

【捕食植物(プレデタープランツ)】デッキと相性の良いカードをまとめるページです。

捕食植物(プレデタープランツ)

「フュージョンエンフォーサーズ」で新規「捕食植物(プレデタープランツ)」が多数収録され、【捕食植物】デッキが構築可能になりました。

そこで今回は、「捕食植物」と相性のいいカードをまとめてみました。

【捕食植物】デッキの構築にお役立てください。

 

SPONCERD LINK

 

「捕食植物(プレデタープランツ)」とは

pdredetaer

まずは、「捕食植物」がどのようなテーマなのか、おさらいしましょう。

「捕食植物」とは、アニメ遊戯王ARC-Vでユーリが使用する闇属性・植物族で統一されたテーマです。

融合召喚を得意とし、捕食カウンターを乗せることで効果を発動していきます。

基本的な動きは以下です。

  • 《捕食植物セラセニアント》:「捕食植物」をサーチ
  • 《捕食植物オフリス・スコーピオ》:「捕食植物」リクルート
  • 《捕食植物ダーリング・コブラ》:「融合」「フュージョン」サーチ
  • 《捕食植物フライ・ヘル》《捕食植物スピノ・ディオネア》:捕食カウンターを乗せる
  • 《捕食植物サンデウ・キンジー》:融合効果
  • 《捕食植物キメラフレシア》《捕食植物ドラゴスタペリア》《グリーディー・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》:フィニッシャー
  • 《プレデター・プランター》《捕食接き木》:「捕食植物」蘇生

 

この中で特にとなるのが、融合効果を持つ《捕食植物サンデウ・キンジー》です。

そのため、《捕食植物サンデウ・キンジー》を早くサーチ・リクルートし、融合素材をうまく用意することが求められます。

この観点で、「捕食植物」と相性のいいカードを紹介していきます。

 

「捕食植物」効果まとめ

ちなみに「捕食植物」全ての効果をまとめると以下のようになります。

優先度高いモンスター太字にしています。

 

◆ 下級モンスター

  • 《捕食植物セラセニアント》[星1]
    破壊されると「プレデター」サーチ
  • 《捕食植物コーディセップス》[星1]
    墓地から「捕食植物」2体蘇生
  • 《捕食植物スキッド・ドロセーラ》[星2]
    フィールドを離れると「捕食カウンター」バラ撒き
  • 《捕食植物サンデウ・キンジー》[星2]
    相手モンスターと融合
  • 《捕食植物フライ・ヘル》[星2]
    捕食カウンター置く、ダメステ前モンスター破壊
  • 《捕食植物プテロペンテス》[星3]
    コントロール奪取
  • 《捕食植物オフリス・スコーピオ》[星3]
    デッキから「捕食植物」特殊召喚
  • 《捕食植物ダーリング・コブラ》[星3]
    特殊召喚成功時、「融合」「フュージョン」サーチ
  • 《捕食植物スピノ・ディオネア》[星4]
    捕食カウンター置く、戦闘破壊できると「捕食植物」リクルート
  • 《捕食植物モーレイ・ネペンテス》[星4]
    攻撃力アップ、LP回復

◆ 上級モンスター

  • 《捕食植物ドロソフィルム・ヒドラ》[星5]
    相手モンスターリリース、墓地から戦闘補助

◆ 融合モンスター

  • 《捕食植物キメラフレシア》[星7]
    モンスター除外、戦闘最強、墓地へ行くと「融合」サーチ
  • 《捕食植物ドラゴスタペリア》[星8]
    捕食カウンター乗せる、捕食カウンターのモンスター効果無効
  • 《グリーディー・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》[星10]
    相手モンスター攻撃力0+効果無効、破壊されるとブラホ+自己蘇生

◆ 魔法

  • 《プレデター・プランター》[永続]
    「捕食植物」蘇生、効果無効
  • 《捕食接き木》[装備]
    「捕食植物」蘇生

◆ 罠

  •  《捕食惑星》[永続]
    特定条件で「プレデター」サーチ、墓地から融合効果発動

 

これらのカードのうち、太字で示した「捕食植物」カードの効果を紹介しておきます

 

《捕食植物サンデウ・キンジー》

《捕食植物サンデウ・キンジー》
効果モンスター
植物族/ 闇/ レベル2/ 攻撃力600/ 守備力 200
「捕食植物サンデウ・キンジー」の②の効果は1ターンに1度だけしか使用できない。
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分が融合素材とする捕食カウンターが置かれたモンスターの属性は闇属性として扱う。
②:自分メインフェイズに発動できる。闇属性の融合モンスターカードによって決められた、フィールドのこのカードを含む融合素材モンスターを自分の手札・フィールド及び相手フィールドの捕食カウンターが置かれたモンスターの中から選んで墓地へ送り、その融合モンスタ−1体をエクストラデッキから融合召喚する。

 

《捕食植物オフリス・スコーピオ》

捕食植物プレデター・プランツオフリス・スコーピオ》
効果モンスター
星3/闇属性/植物族/攻1200/守 800
「捕食植物オフリス・スコーピオ」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、 手札からモンスター1体を墓地へ送って発動できる。 デッキから「捕食植物オフリス・スコーピオ」以外の 「捕食植物」モンスター1体を特殊召喚する。

《捕食植物オフリス・スコーピオ》を使った展開方法は、こちらで解説しています。

新規「捕食植物」3枚を考察!展開すると「十二獣」につながる!?

 

《捕食植物ダーリング・コブラ》

捕食植物プレデター・プランツダーリング・コブラ》
効果モンスター
星3/闇属性/植物族/攻1000/守1500
「捕食植物ダーリング・コブラ」の効果はデュエル中に1度しか使用できない。
(1):このカードが「捕食植物」モンスターの効果で特殊召喚に成功した場合に発動できる。 デッキから「融合」魔法カードまたは「フュージョン」魔法カード1枚を手札に加える。

 

《捕食植物キメラフレシア》

捕食植物プレデター・プランツキメラフレシア》
融合・効果モンスター
星7/闇属性/植物族/攻2500/守2000
「捕食植物」モンスター+闇属性モンスター
(1):1ターンに1度、このカードのレベル以下のレベルを持つ フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを除外する。
(2):このカードが相手の表側表示モンスターと戦闘を行う攻撃宣言時に発動できる。 ターン終了時まで、その相手モンスターの攻撃力は1000ダウンし、 このカードの攻撃力は1000アップする。
(3):このカードが墓地へ送られた場合、次のスタンバイフェイズに発動できる。 デッキから「融合」魔法カードまたは「フュージョン」魔法カード1枚を手札に加える。

 

《捕食植物ドラゴスタペリア》

《捕食植物ドラゴスタペリア》
融合モンスター
闇属性/ 星8/ 植物族 ATK/2700 DEF/1900
融合モンスター+闇属性モンスター
①:1ターンに1度、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターに捕食カウンターを1つ置く。捕食カウンターが置かれたレベル2以上のモンスターのレベルは1になる。この効果は相手ターンでも発動できる。
②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手が発動した捕食カウンターが置かれているモンスターの効果は無効化される。

 

《グリーディー・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》

《グリーディー・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》
融合・効果モンスター
星10/闇属性/ドラゴン族/攻3300/守2500
「捕食植物」モンスター+元々のレベルが8以上の闇属性モンスター
このカードは融合召喚でのみエクストラデッキから特殊召喚できる。
(1):1ターンに1度、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 ターン終了時まで、そのモンスターの元々の攻撃力は0になり効果は無効化される。
(2):このカードが破壊され墓地へ送られた場合に発動する。 フィールドのモンスターを全て破壊する。 その後、自分の墓地のレベル8以上の闇属性モンスター1体を除外してこのカードを墓地から特殊召喚できる。

 

《捕食接き木》

捕食接ぎ木プレデター・グラフト
装備魔法
(1):自分の墓地の「捕食植物」モンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。 そのモンスターを特殊召喚し、このカードを装備する。 このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは破壊される。

 

SPONCERD LINK

 

「捕食植物」相性のいいカード

それでは、「捕食植物」と相性のいいカードを紹介・解説します。

以下の15枚です。

  • 《ローンファイア・ブロッサム》
  • 《イービルソーン》
  • 《夜薔薇の騎士》
  • 《ダーク・クリエイター》
  • 《パワー・ツール・ドラゴン》
  • 《D-HERO ディアボリックガイ》
  • 《十二獣モルモラット》
  • 《超栄養太陽》
  • 《再融合》
  • 《闇の誘惑》
  • 《魔玩具補綴》
  • 《影依融合》
  • 《簡易融合》
  • 《ブリリアント・フュージョン》
  • 《ポリノシス》

1枚ずつ解説していきます。

 

《ローンファイア・ブロッサム》

《ローンファイア・ブロッサム/Lonefire Blossom》
星3/炎属性/植物族/攻 500/守1400
1ターンに1度、自分フィールド上に表側表示で存在する植物族モンスター1体をリリースして発動できる。デッキから植物族モンスター1体を特殊召喚する。

言わずと知れた植物族モンスターです。

自分フィールドの植物族モンスターをリリースすることで、デッキから植物族モンスターを特殊召喚する効果を持ちます。

このリリース対象は自身でも構いません。

このカード1枚で《捕食植物サンデウ・キンジー》を特殊召喚することが可能です。

 

《イービル・ソーン》

《イービル・ソーン/Evil Thorn》
効果モンスター
星1/闇属性/植物族/攻 100/守 300
このカードをリリースして発動する。相手ライフに300ポイントダメージを与え、自分のデッキから「イービル・ソーン」を2体まで表側攻撃表示で特殊召喚する事ができる。この効果で特殊召喚した「イービル・ソーン」は効果を発動する事ができない。

自身をリリースすることで、デッキから《イービル・ソーン》を2体特殊召喚することができます。

《超栄養太陽》と相性が非常によく、デッキ圧縮をしつつ、《ローンファイア・ブロッサム》につなげることができます。

そして、《ローンファイア・ブロッサム》から《捕食植物サンデウ・キンジー》をリクルートすれば、《イービル・ソーン》と《捕食植物サンデウ・キンジー》で《スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》を融合召喚することができます。

また、1枚でもランク1の《森羅の姫芽宮》をエクシーズ召喚することもできますし、《ポリノシス》のリリース要員として使用することもできます。

何かと使い道が多いカードです。

 

《夜薔薇の騎士》

plant

夜薔薇の騎士ナイトローズナイト/Twilight Rose Knight》
チューナー(効果モンスター)
星3/闇属性/戦士族/攻1000/守1000
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、相手は植物族モンスターを攻撃対象に選択する事はできない。このカードが召喚に成功した時、手札からレベル4以下の植物族モンスター1体を特殊召喚する事ができる。

召喚時、手札からレベル4以下の植物族モンスターを特殊召喚することができるチューナーモンスターです。

レベル4植物を特殊召喚すれば、《パワー・ツール・ドラゴン》をシンクロ召喚することもできますし、《捕食植物サンデウ・キンジー》を特殊召喚すれば、《スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》を融合召喚することもできます。

 

《ダーク・クリエイター》

《ダーク・クリエイター/The Dark Creator》
効果モンスター
星8/闇属性/雷族/攻2300/守3000
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地に闇属性モンスターが5体以上存在し、自分フィールド上にモンスターが存在しない場合に特殊召喚できる。
1ターンに1度、自分の墓地の闇属性モンスター1体をゲームから除外する事で、自分の墓地の闇属性モンスター1体を選択して特殊召喚する。

墓地に闇属性が5体以上いる場合特殊召喚でき、墓地の闇属性モンスターを特殊召喚する効果を持ちます。

レベルが8なため、墓地の《捕食植物サンデウ・キンジー》を蘇生し融合すれば、《グリーディー・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》を融合召喚する事ができます。

《グリーディー・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》を召喚したいデッキでは、大活躍してくれるでしょう。

 

《D-HERO ディアボリックガイ》

D-HEROデステニーヒーロー ディアボリックガイ/Destiny HERO – Malicious》
効果モンスター
星6/闇属性/戦士族/攻 800/守 800
(1):墓地のこのカードを除外して発動できる。 デッキから「D-HERO ディアボリックガイ」1体を特殊召喚する。

墓地から除外することで、《D-HERO ディアボリックガイ》をデッキから特殊召喚する効果を持ちます。

闇属性であり、何度も特殊召喚できることから、「捕食植物」の融合素材として活用できます。

また、 《D-HERO ディアボリックガイ》を素材とすることで、《D-HEROデッドリーガイ》が融合召喚でき、さらに別の《D-HERO ディアボリックガイ》とエクシーズ召喚する事で《永遠の淑女ベアトリーチェ》までつなげることが可能です。

《D-HERO ディアボリックガイ》は、【捕食D-HERO】デッキを組む上でキーカードとなります。

 

《十二獣モルモラット》

十二獣じゅうにししモルモラット/Zoodiac Ratpier》
効果モンスター
星4/地属性/獣戦士族/攻 0/守 0
(1):このカードが召喚に成功した場合に発動できる。 デッキから「十二獣」カード1枚を墓地へ送る。 (2):このカードを素材として持っている、 元々の種族が獣戦士族のXモンスターは以下の効果を得る。
●1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。 手札・デッキから「十二獣モルモラット」1体を特殊召喚する。

「十二獣」の展開のキーカードです。

《捕食植物オフリス・スコーピオ》の効果で《捕食植物ダーリング・コブラ》を特殊召喚する事で、ランク3《M.X-セイバー インヴォーカー》がエクシーズ召喚できますので、《十二獣モルモラット》を特殊召喚し、「十二獣」展開へつなげる事が可能です。

採用すれば間違いなく強くなりますが、「捕食植物」のよさが「十二獣」に消されてしまう可能性があります。

 

《パワー・ツール・ドラゴン》

《パワー・ツール・ドラゴン/Power Tool Dragon》
シンクロ・効果モンスター
星7/地属性/機械族/攻2300/守2500
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
1ターンに1度、自分のメインフェイズ時に発動できる。デッキから装備魔法カードを3枚選んで相手に見せ、相手はその中からランダムに1枚選ぶ。相手が選んだカード1枚を自分の手札に加え、残りのカードをデッキに戻す。
また、装備魔法カードを装備したこのカードが破壊される場合、代わりにこのカードに装備された装備魔法カード1枚を墓地へ送る事ができる。

レベル7シンクロモンスターです。

1ターンに1度、デッキから装備魔法をランダムに手札に加える事ができます。

【捕食植物】デッキでは、《捕食接ぎ木》《再融合》《D・D・R》《薔薇の刻印》という装備魔法がサーチできます。

また、《グローアップ・バルブ》とシンクロすることで、《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》へとつなぐことができます。

1枚入れておくと、役立つモンスターです。

 

《超栄養太陽》

plant

超栄養太陽ちょうえいようたいよう/Super Solar Nutrient》
永続魔法
自分フィールド上のレベル2以下の植物族モンスター1体をリリースして発動できる。
リリースしたモンスターのレベル+3以下のレベルを持つ植物族モンスター1体を、手札・デッキから特殊召喚する。
このカードがフィールド上から離れた時、そのモンスターを破壊する。そのモンスターがフィールド上から離れた時、このカードを破壊する。

レベル2以下の植物族モンスターをリリースし、デッキから植物族モンスターをリクルートする効果です。

【捕食植物】デッキでは、《ローンファイア・ブロッサム》《捕食植物サンデウ・キンジー》のどちらかを召喚する必要があるので、このカードは重宝されます。

リリース対象としては、《捕食植物サンデウ・キンジー》《捕食植物セラセニアント》《イービル・ソーン》《グローアップ・バルブ》《スポーア》などがいますので、腐ることは少ないでしょう。

 

《再融合》

再融合さいゆうごう/Re-Fusion》
装備魔法
(1):800LPを払い、自分の墓地の融合モンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。そのモンスターを特殊召喚し、このカードを装備する。このカードが破壊された時にそのモンスターは除外される。

墓地の融合モンスターを特殊召喚する装備魔法です。

《捕食植物キメラフレシア》の効果でサーチができ、なおかつ墓地の《捕食植物キメラフレシア》を蘇生することができます。

装備魔法なため、《パワー・ツール・ドラゴン》の効果でもサーチ出来ますので、1枚入れておくと活躍しそうです。

 

《闇の誘惑》

やみ誘惑ゆうわく/Allure of Darkness》
通常魔法
(1):自分はデッキから2枚ドローし、その後手札の闇属性モンスター1体を除外する。手札に闇属性モンスターが無い場合、手札を全て墓地へ送る。

言わずと知れた、闇属性専用ドローソースです。

「捕食植物」は全て闇属性モンスターなため、腐ることは少ないでしょう。

また、除外されたモンスターは《D・D・R》《虚空海竜リヴァイエール》で特殊召喚できますので、除外されたモンスターも無駄にはなりません。

 

《魔玩具補綴》

魔玩具補綴デストーイ・パッチワーク
通常魔法
「魔玩具補綴」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):デッキから「融合」1枚と「エッジインプ」モンスター1体を手札に加える。

デッキから《融合》と「エッジインプ」モンスターをサーチする魔法カードです。

1枚で《融合》と闇属性融合素材をサーチできるため、単純に強いです。

また、《エッジインプ・チェーン》をサーチし融合素材にすれば、《エッジインプ・チェーン》の効果でさらに《魔玩具補綴》をサーチする事ができます。

《融合賢者》や《沼地の魔神王》を入れるのであれば、《魔玩具補綴》を入れたほうがよさそうです。

 

《影依融合》

影依融合シャドール・フュージョン/Shaddoll Fusion》
通常魔法
「影依融合」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の手札・フィールドから「シャドール」融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。エクストラデッキから特殊召喚されたモンスターが相手フィールドに存在する場合、自分のデッキのモンスターも融合素材とする事ができる。

「シャドール」専用のデッキ融合カードです。デッキから融合することができます。

「シャドール」とは融合テーマ+闇属性ということで非常に相性がいいです。

そのため、【シャドール捕食植物】はデッキ構築の一つの答えだと思います。

欠点があるとすれば、値段が1枚2000円を超えることでしょうか。。。

(追記)

「20th アニバーサリーパック2nd WAVE」で再録が決定しました。

《影依融合(シャドールフュージョン》再録決定!

 

《簡易融合》

簡易融合インスタントフュージョン/Instant Fusion》
通常魔法
「簡易融合」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):1000LPを払って発動できる。 レベル5以下の融合モンスター1体を 融合召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターは攻撃できず、 エンドフェイズに破壊される。

1000LPを払うことで、レベル5以下の融合モンスターを特殊召喚できます。

《捕食植物ドラゴスタペリア》融合素材に「融合モンスター」が必要ですが、《簡易融合》を使うことで簡単に「融合モンスター」を特殊召喚できます。

《サウザンド・アイズ・サクリファイス》を特殊召喚すれば、相手モンスターを除去しつつ、《捕食植物ドラゴスタペリア》の融合召喚を狙うことができます。

また、《捕食植物ダーリング・コブラ》の効果でサーチが可能です。

 

《ブリリアント・フュージョン》

《ブリリアント・フュージョン/Brilliant Fusion》
永続魔法
「ブリリアント・フュージョン」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):このカードの発動時に自分のデッキから 「ジェムナイト」融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、 その融合モンスター1体を、攻撃力・守備力を0にしてエクストラデッキから融合召喚する。 このカードがフィールドから離れた場合にそのモンスターを破壊する。
(2):1ターンに1度、手札の魔法カード1枚を捨てて発動できる。 このカードの効果で特殊召喚したモンスターの攻撃力・守備力は相手ターン終了時まで元々の数値分アップする。

デッキから融合素材を墓地に送り「ジェムナイト」を融合できる魔法カードです。

《捕食植物ダーリング・コブラ》でサーチが可能なため、相性が良いです。

《ブリリアント・フュージョン》は《ジェムナイト・セラフィ》を融合召喚することで、光属性モンスターを墓地に送りつつ、召喚権を増やすことができます。

そのため、様々なコンボに活用できます。

 

《ポリノシス》

《ポリノシス/Pollinosis》
カウンター罠
自分フィールド上の植物族モンスター1体をリリースして発動できる。魔法・罠カードの発動、モンスターの召喚・特殊召喚のどれか1つを無効にし破壊する。

植物族モンスターをリリースすることで、魔法・罠・モンスターの召喚・特殊召喚を無効にし破壊します。

【捕食植物】デッキでは、《捕食植物ドラゴスタペリア》《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》のような相手の動きを制限するカードがありますので、《神の宣告》《神の警告》《神の通告》の神様シリーズとともに積んでおけば、非常に厄介な布陣を作ることができます。

リリース要員も、《イービル・ソーン》《グローアップ・バルブ》《スポーア》などを活用できます。

 

SPONCERD LINK

SPONCERD LINK

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 【きりこみたいちょー】

    このサイトの管理人。《切り込み隊長》が好き。

  • ◆ 遊戯王相場・高騰情報まとめあんてな
    koto

    ◆遊戯王最新情報・デッキ考察あんてな
    遊戯王アンテナ

  • yugioh-mercari
PAGE TOP ↑